以前よりSONY(ソニー)から販売されると噂されているα7sⅢは、発売日や価格、機能に関して様々な噂が流れています。α7sⅢの前の機種は、高感度に強いことで人気でしたが、後継機のはどのような性能になるのでしょうか。この記事では、α7sⅢについての価格や発売日、性能の噂をまとめました。

α7sⅢの価格の噂は?

SONY(ソニー)から販売されるのを待ち望んでいる人は多いでしょう。何より高感度に強く、動画にも最適だった機種の後継機種だからです。そんなα7sⅢの価格をまとめました。もちろん噂であり、確定の値段ではないのでご注意ください。

 

α7sⅢの価格は 30万後半〜40万円

「およそこのくらいの金額だろう。」と予想している人はたくさんいますが、おそらく30万円後半から40万円くらいになると噂されています。何より価格についてはメーカーから発表もないので、カメラマニアの予想でしかありません。

 

α7Ⅲの発売時の価格が230,000円、α7RⅢの発売時の価格が369,000円ということを考えると、α7siiiも30万円後半〜40万で発売されることが予想できます。

ソニー α7siiiの発売日は?価格は?SONY α7sⅡの後継機の噂

 

SONYのカメラには、α7とα7Rとα7sの3つのシリーズがあります。すでにα7Ⅲとα7RⅢは発売されていて、ここから金額をだいたい予想できますね。

 

α7sⅢの価格はもっと安い34万円程度

しかし噂なので人によっては言い分が違います。何より個人主観の予想になっているので、価格がわかるのは発売されてからになりますね。

α7Ⅱ α7RⅡ α7SⅡ α7Ⅲ α7RⅢ α7SⅢ
初値 18万 42万 40万 22万 36万

 

α7SⅡはα7RⅡよりも若干お安い価格になっていましたので、α7SⅢも同様に34万円程度だと嬉しいところ。

α7SⅢの発表はいつ?気になる噂のスペックまとめ【α7SⅡ後継機】

 

34万円程度だとありがたいところでしょうか。α7RⅢがα7RⅡよりも低価格で販売されていたことから、前回よりも安くなることが予想されています。しかし今回のα7sⅢは、今までのソニーのカメラにはない新しいセンサーが搭載されるという噂があり、もっと高額になる可能性も否定できません。

 

α7sⅢの発売日の噂は?

α7sⅢを欲しいと考えている人にとってもっとも気になるのは発売日ですよね。発売日がわかれば前もってお金を溜め込んでおくことも可能ですから。しかし発売日についてもメーカーからの発表はいまだにない状態です。

発売日は2018年秋が有力だった

やはりソニーの最新カメラを待ち望んでいた人が多く、α7sⅢの発売日予想が度々行われていました。また発売日についてメーカーからの発表はなく、カメラファンの予想でしかありません。

発表日について、次のような噂がありましたが、予想は外れたようです。

 

α7sIII は早くて2018年9月のフォトキナ、あるいは、10月のNew York Photoショーで発表されると考えられる。
(8/30 SR3) 「α7S III が9月14日のIBC2018で発表される」という情報がある。この噂の裏付けは取れていない。しかし、2015年9月11日のIBCでα7S II が発表されているので、信じるに足るものだと思う。

ソニー 「α7S III」の噂まとめ − 積層型CMOSセンサーと540万ドットのEVFを搭載か?【随時更新】

 

2018年の秋頃に発表が予想されていました。しかし2019年の6月になっても、まだいつ発表になるのかわからない状況です。

 

発売日は2019年終わりごろになる?

そこで新たな予想が噂されています。それが2019年の終わり頃もしくは2020年の初め頃という噂になっています。

 

ソニーα7S III:ソニーは2機種のプロトタイプを開発している。1つは2018年中の発売を見込んで開発されたモデルだ。そして、もっと革新的なモデルが、2019年遅くか2020年初めに市場に投入される計画だ。

 

高性能なカメラが売れやすいのは、写真を撮りたいイベントがある時ですよね。2020年と言ったら東京オリンピックがあります。遅くても東京オリンピックには間に合わせるでしょう。

 

α7sⅢの機能、性能の噂は?

α7S IIIについてはさまざまな噂がありますが、その中でももっとも熱いのは、性能に関する噂です。何よりα7S IIIには、今までのカメラにはない新しいセンサーが搭載されるという噂もあります。

積層型イメージセンサーが搭載の噂

α7S IIIでは新たな新型のイメージセンサーが付くと噂されており、ほとんど多くの人がこのことについて言及しています。そのためほぼ確実と言えるでしょう。

 

新開発のメモリー一体1.0型積層型有効約2010万画素CMOSセンサーを搭載。高速信号処理回路を画素領域と別の層に配置することができる「積層構造」の採用により、処理回路部分が大幅に拡張され、信号処理のスピードが飛躍的に向上しました。

 

今までイメージセンサーが1枚で収まっていたところを、高速信号処理回路と画素領域にわけことで、信号の処理速度が格段に上がります。これにより高速で動く物体をとらえたときのゆがみが起こらないようになるのです。

α7S IIIに確実に搭載されるとは言えませんが、現段階で発表が遅れているのは、このイメージセンサーに時間がかかっているからと予想している人もいます。

 

560万EVFで高繊細の噂

今までとは比べ物にならないレベルに良くなります

α7Ⅱ α7RⅡ α7SⅡ α7Ⅲ α7RⅢ α7SⅢ
ドット数 236万 236万 236万 236万 368万 560万?
倍率 0.71倍 0.78倍 0.78倍 0.78倍 0.78倍


現像してから「あれ?なんか色みが違うな」というのを防いでくれるのです。EVFはミラーレスに使われるファインダーのことで、撮影しているものを液晶に映し出すものです。EVFが高いと実際に撮れる写真に近いものが撮影できます。

 

SONY初の4Kで60pの噂

いろんな人がα7S IIIについて噂しているなか、多く言われているのが、4Kで60pで動画の撮影ができるということです。今までの機種は4Kで撮影する場合、30pまでしか撮影できませんでした。

60pというのは1秒間に60フレームで撮影するということです。つまり30pよりも滑らかな動画が撮影可能ということになりますね。スローモーションも滑らかに動くことから60pで撮影している人が多くなっているでしょう。

フルサイズの4Kで60p撮影ができる唯一の動画機として、発売されることが期待できます。

 

ソニーのα7sシリーズは高感度に期待の噂

α7、α7R、α7Sと3つのシリーズが登場していますが、実はもっとも画素数が低いのがα7Sです。画素数が低いと画質が悪くなると思われがちですが、それは一概には言えません。α7Sの特徴は、画素数ではなく圧倒的な感度(ISO)になります。

α7sⅡでは、ISO409600という圧倒的な高感度でした。感度が高いと暗い中でも明暗がはっきりとした写真を取ることができます。発表が待ち遠しいα7sⅢの感度に変化はあるのでしょうか。カメラファンの間では期待感が高まっていますよ。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥210,747 (2019/12/08 01:44:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

その他SONYの気になる噂は?【未発表情報】

SONYでは、α7S III以外のカメラも高性能なものが販売されることが期待されています。特にα9Rの期待感はかなり高いです。こちらも発売日は未定です。

α9R は7200万画素?

1億画素の壁とも言われていますが、その壁も遠くないように感じますね。SONYから登場するα9Rは、7200万画素と超高画素で発売されると噂されています。

 

ソニーの新しい7200万画素グローバルシャッターのフルサイズセンサーの情報を知った。

 

α7S IIIを中心に記事を書いてきましたが、α7S IIIの画素数は3600万画素くらいか、それ以下とも噂されています。7200万画素とは、どのくらい鮮明な写真が撮れるのでしょうか。想像もできません。

 

SONYのカメラで8K が撮影可能に?

まだ新しい技術と思われている4Kですが、噂によるとSONYの新しいカメラでは、8Kが撮影可能になります。この新しいカメラというのがどこからなのかはわかりませんが、8Kについての情報はすでに公開されています。

 

・ソニーの新型8Kフルサイズセンサーの噂が掲載されています。
・この新しい情報は、α7S IIIやα9IIやα9Rのような将来のソニーのカメラでこれらのセンサーが実際に使用される可能性を高める。

 

まさかのα7S IIIにも搭載される?まだ4Kを60pで撮影できていないので、α7S IIIより先の搭載になりそうですが、発売日への期待が高まりますね。

 

α7sⅢの価格や発売日の噂まとめ

SONYのカメラファンならα7S IIIの登場が待ち遠しいでしょう。そして価格や発表日がまだ決まっていません。また性能もはっきりした情報が出ていないので、噂レベルで語るしかできません。

しかし4Kを60pで撮影できたり8Kを撮影できたりするのは、動画の未来を変えるものでもあります。いつ最新の情報が更新されているのかわかりませんので、気になる方は常に情報を集めるようにしましょう。

 

関連記事

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事