デジハリの講座からAdobeを学割で購入するデメリットは?

人気のオンラインWebデザインスクールである、デジタルハリウッド。

デジハリのAdobeマスター講座に入学すると、Adobeの学生版ライセンスを利用することができ、格安でAdobe Creative Croudが購入できるとされています。デジハリはたしかに評判は良いですが、デジハリでAdobeを購入するのにはデメリットも存在しています。

この記事では、そんなデジハリのデメリットと、Adobe公式サイトからAdobeを安く購入する方法についてご紹介します。

デジハリでAdobeを購入するデメリット

まずは、デジハリでAdobeを購入するデメリットについて解説していきます。

この記事はデジハリ・オンラインスクールについての記述であり、文部科学省認可を受けた「デジタルハリウッド大学」についての記事ではありませんのでご注意ください。

これからも格安料金でデジハリが契約できるかわからない!

そもそもデジハリのようなパソコンスクールは、Adobeの認定を受けたスクールだけがAdobe学生ライセンスでの購入ができるようになっています。

このAdobeによるパソコンスクールの認定の審査はかなり厳しく、過去には認定を受けていたスクールが、認定を受けられなくなったというケースもあります。

Adobeの認定を受けていなければ、学生ライセンスでの購入はできないので安くAdobeを買うことはできません。

そのため、デジハリがこの先もAdobeの認定パソコンスクールであるという保証はありません。

また、デジハリでは現在、割引キャンペーンを行うことで格安価格での購入を謳っていますが、キャンペーンはずっと続くものではありませんので、いつ契約しても最安値の格安料金で、というわけにはいきません。

 

2本以上のAdobeライセンスの契約ができない!

Adobeのライセンスは、2台のパソコンまではライセンス認証ができる仕様になっています。

つまり、3台以上のパソコンにAdobeをインストールしたい場合、または3台以上のパソコンで同時にアプリを開きたい場合には、複数のライセンス契約が必要になります。

しかし、デジハリでの購入は学生ライセンスでの購入扱いとなるのですが、学生ライセンスの性質上、2つ以上のライセンス契約は認められていません。

ですので、オフィス用のパソコン、出先用のパソコン、自宅用のパソコンと複数のパソコンでデザイン業務を行いたい場合には、デジハリを利用したAdobeの購入はおすすめできません。

 

デジハリは払い戻しキャンセルができない!

デジハリでAdobeを購入すると、払い戻し期間が設定されておらず、キャンセルを行うことができません。

一方、Adobe公式サイトからの購入であれば、購入から14日間は払い戻しのあるキャンセル期間が設定されています。

ですので、デジハリ経由で契約する際はキャンセルができない分、注意が必要です。

 

法人のAdobeグループ版は購入できない!

デジハリでAdobeの契約をする際、法人でのグループ版の契約はできません。

グループ版を利用すると、個人での購入に比べてお得にAdobeを利用できますし、Croudを使用できる容量も増えます。

また、グループ版を利用するとチームプロジェクトがしやすくなります。

デジハリを利用したAdobeの購入では、こうしたグループ版のメリットを利用できません。

ですので、企業での導入など、グループ版を利用したい場合は公式サイトからAdobeを購入しましょう。

 

Adobeを安く購入する方法

ここからは、デジハリを利用せずにAdobe公式サイトから安く購入する方法をご紹介します。

Adobe公式のセールを利用する

Adobe公式サイトでは、定期的にAdobeを割引価格で購入できるキャンペーンセールが実施されています。

公式サイトのセールは不定期で行われていて、2018年は5回、2019年には3回行われています。

割引セールではコンプリートプラン(Adobe CC)で20%オフ、単体プランで約40%オフの割引価格になっています。

このような割引セールを利用することで、コンプリートプランでは年間1万円ほど安くAdobeを利用できるお得な仕組みになっています。

公式サイトをマメにチェックして、お得な割引セールを見逃さないようにしましょう。

https://www.adobe.com/jp/downloads.html

Adobeの無料体験版を利用する

Adobeの多くのソフトには、7日間の期間限定の無料体験版が用意されています。

無料体験版に機能の制限はなく、実際に利用するソフトと同じ環境で同じ機能をお試しすることができます。

Adobeのソフトは割引セールを利用しても、年間を通して契約をするとそれなりの金額になり決して安い買い物ではありませんので、無料体験版を利用して事前にお試しをしておくことをおすすめします。

 

Adobeの無料体験版ダウンロードはこちらから!

Adobeは公式サイトからの購入がおすすめ!

ここまで、デジハリのデメリットやAdobeを安く購入する方法をご紹介してきました。

デジハリを利用するとAdobeを安く購入できる場合もありますが、デメリットもたしかに存在しています。

購入してから後悔しないようにするためにも、デジハリのデメリットをしっかり理解して、デメリットを少しでも感じるようであれば、安心なAdobe公式サイトからの購入をおすすめします。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事