Adobe Animateの使い方と初心者が学ぶ方法|オススメの参考書は?

Adobe Animateは、動画にアニメを活用できる優れもののソフト。

その割には、Adobe CCアプリの中でも、Adobe Animateの使い手は案外少ないイメージ。

これから動画は、実写だけでなく、アニメーションが主流になると言う予想もあります。

というわけで、今回の記事では、覚えておいて損はないAdobe Animateについて、その使い方と初心者が最短距離で学ぶ方法、初心者向けのオススメ参考書について調査してきました。

スポンサーリンク

Adobe Animateはどんなことができるアプリ?

Adobe Animateはどんなことができるアプリ?

Adobe Animateとはどんなことができるアプリなのか?

まずは、アプリの特徴についてです。

Illustratorで作ったキャラクターをアニメ化できる

Adobe Animateはアニメーション制作だけでなく、スクリプトの実装やイラストの作成も行えるアプリです。

Illustratorで作ったオリジナルキャラクターのイラストを、Adobe Animateを使ってアニメーション化することもできます。

また、Illustratorを使わなくても、Adobe Animate自体でのイラスト作成も可能です。

スクリプト実装もプリセットで簡単に

スクリプトの実装については、本来は専門知識が必要になる領域。

しかしながら、Adobe Animateにはスクリプトのためのプリセットが用意されています。

なので、コーディングの知識がなくても、簡単な使い方でアニメーションにスクリプトを実装可。WEBページに埋め込む際にとても便利です。

Adobe AnimateとAfterEffectsの違い

Adobe Creative Cloudのソフトには、AfterEffectsというソフトがあります。

After Effectsにも簡易的なアニメーション制作機能があって、たとえばロゴに動きをつけたような動きが作れます。

でも、Adobe Animateの方が、対応しているファイルフォーマットの種類が多いです。

なので、YouTube動画やWEBページ、SNS向けのGIF動画など、幅広い場面でのアニメーション制作で活用できるのが特徴です。

After Effectsの特徴

●映像特殊効果をメインにしたアプリ
●Premiere Proとセットで使われる
●アニメーション制作に最適化されていない

Adobe Animateの特徴

●アニメーション制作に特化している
●直感的な操作でアニメを作れる
●初心者でも使い方を習得しやすい

Adobe Animateの長所・短所は?

Adobe Animateの長所・短所は?

Adobe Animateの長所・短所について見ていきましょう。

Adobe Animateの長所は?

Adobe Animateのメリットは、他のAdobe Creative Cloudアプリとの連携面です。

例えば、Illustratorで作ったイラストをAdobe Animateでアニメーション化する場合、Illustratorで編集したレイヤー構造をそのままAdobe Animateに引き継げるという長所があります。

Photoshopでも同様に、画像のレイヤー構造を保ったままAdobe Animateでパーツごとにアニメ化することが可能です。

Adobe Animateを使うデメリットは?

Adobe Animateは、単体でも、一からアニメーション制作を行えます。

しかし、作ったアニメにアフレコを加えたりキャラクターに会話させたい場合は、音声編集アプリのAdobe Auditionを使わなければなりません。

Adobe CCの他のアプリの使い方を知らないと、連携するのが難しく、ソフト単独では、そのポテンシャルが最大限に発揮されない可能性もあります。

Adobe Animateはどんな人が使うといいのか?

Adobe Animateは、特にFlashアニメの制作をしたい方向きです。

Flashアニメを作る人向き

その理由は、Adobe Animateが、かつてラインナップにあったアプリ『Adobe Flash』の後継アプリだから、です。

Flashアニメ制作では、Adobe Flashや後継アプリのAdobe Animateが、多く使われています。

Flashアニメとは

Flashアニメは、一般的な作画によるアニメーション以外にも、CGのようにプログラミングでも制作できる点が特徴です。

Flashアニメ=プログラミングやコーディングを使って作られるアニメーションのこと。

Adobe Animateを使ったアニメ制作では、Illustratorを通して原作の絵をそのままアニメ化できるため、Flashアニメにした際に、原作により近い形でアニメ化できるメリットがあります。

>>>Adobe Animateを7日間無料体験してみる

Adobe Animateの使い方

Adobe Animateの使い方

Adobe Animateの使い方についてご紹介します。

新規作成

Adobe Animateを起動させたら、まず新規作成を行います。

画面下部に「新規ファイルをすばやく開始する」とありますが、これはFull HDやスマホ向けなど、目的に応じて選べるテンプレートの一部です。

特に目的が明確でない場合は、画面左側にある「新規作成」から作業をスタートさせるのがおすすめです。

ツールを使って描画する

新規作成ができると、ワークスペースが表示され作業を開始できるようになります。

IllustratorやPhotoshopで事前に素材を使っていない場合は、まずAdobe Animateでイラスト作成しましょう。

イラスト作成には、ワークスペース左に並ぶツールバーを使います。ペンやテキスト、図形などのツールを用いてイラストを描画してください。

タイムラインとフレーム

Adobe Animateのワークスペース下部には、タイムラインがあります。

タイムラインは左から右に進む時間軸です。

ここに素材を並べることでイラストを動かすことができるのです。

Adobe Animateのキーフレームとは?

Adobe Animateのタイムラインは、パートごとにフレーム(枠)が分けられます

ボールをバウンドさせるアニメを作る場合なら、ボールの開始位置、ボールが地面に着いた時、そしてボールが跳ね返る時と、それぞれ3つのフレームに分かれるのです。

そして、キーフレームを挿入することで、フレームの開始位置と終わりの位置を指定します。キーフレームの概念は、動画編集アプリPremiere Proをはじめ、ほかのAdobeアプリで頻出する概念と同じです。

初心者向け・Adobe Animateを学ぶには?

初心者向け・Adobe Animateを学ぶには?

初心者の方が、Adobe Animateの使い方を学ぶ方法をご紹介します。

初心者向けのチュートリアル

Adobe Animateについては、ホームページにAdobe Animateチュートリアルがあります。

さらに、Adobe Animateのアプリ自体にも初心者向けの使い方講座があるので、初めて使う方でも困らないでしょう。

Adobe Animateの初心者向けの使い方講座は、アプリの初回起動時に自動的に始まります。指示に従って作業を進めていけばOKです。

教科書が少ない

Adobe Animateを学ぶデメリットは、教科書など使い方を学習するための情報が少ない点です。

学習するためにインターネットで検索しても、おすすめの教科書や使い方の情報はあまりヒットしません。

YouTube動画がおすすめ

Adobe Animateの使い方を学ぶなら、YouTube動画を活用するのがおすすめです。

「Adobe Animate 使い方」や「Adobe Animate how to」のキーワードで検索すると、レクチャー動画がたくさん出てきます。

日本語だけでなく、海外の動画も大いに参考になるでしょう。英語が分からなくても、動画によるアプリ操作のレクチャーなので、理解するのは難しくありません。

初心者向けのオススメ参考書は?

初心者向けのオススメ参考書は?

教科書が少ないAdobe Animateですが、初心者がAdobe Animateを学ぶための本を探してみました。

参考にして下さい。

Adobe Animateの教科書4選

①[英語/書籍/Kindle]Adobe Animate 2022 for Creative Professionals
②[英語/書籍/Kindle]Adobe Animate Classroom in a Book(2021)
③[英語/書籍/Kindle]Adobe Animate Classroom in a Book(2022)
④[日本語/Kindleのみ]自主製作アニメの作り方9ステップで学べる教科書

①[英語/書籍/Kindle]Adobe Animate 2022 for Creative Professionals

こちらは、英語の書籍になります。

紙の書籍とKindle版の両方あるので、用途に応じて選べる形です。

プロフェッショナル向けとなっていますが、レビューでは、初心者向けの内容です。

created by Rinker
¥8,615 (2022/08/18 18:50:11時点 Amazon調べ-詳細)

②[英語/書籍/Kindle]Adobe Animate Classroom in a Book(2021)

こちらも英語の書籍で、紙の書籍とKindle版の両方があります。

レビューによると、中学・高校レベルの英語力で、内容は理解できます。

③[英語/書籍/Kindle]Adobe Animate Classroom in a Book(2022)

最新の2022年版Adobe Animate Classroom in a Book(2022)も発売されているので、最新版をお求めの方はこちらの方がいいでしょう。

④[日本語/Kindleのみ]自主製作アニメの作り方9ステップで学べる教科書

数少ない日本語で書かれた、Adobe Animateの書籍になります。

こちらはKindleのみで、Kindle Unlimitedなら無料で読める教科書です。

レビューによれば、初心者が期待する内容とは異なる可能性が高いようです。日本語である点はメリットですが、上に挙げた英語の教科書の方がおすすめできます。

Adobe Animateの使い方と初心者が学ぶ方法・まとめ

Adobe Animateの使い方と初心者が学ぶ方法・まとめ

Adobe Animateの使い方、特徴や初心者向けの本などについてご紹介しました。

Adobe Animateは、アニメーション制作に特化したアプリです。イラスト作成やスクリプト実装などもでき、一からアニメーション制作が可能です。

After Effectsの特徴

●映像特殊効果をメインにしたアプリ
●Premiere Proとセットで使われる
●アニメーション制作に最適化されていない

Adobe Animateの特徴

●アニメーション制作に特化している
●直感的な操作でアニメを作れる
●初心者でも使い方を習得しやすい

Adobe Animateの使い方は、まず新規作成したらツールでイラストを描画します。次に、タイムラインにキーフレームを挿入し、イラストをアニメーション化していくだけです。

Adobe Animateの教科書4選

①[英語/書籍/Kindle]Adobe Animate 2022 for Creative Professionals
②[英語/書籍/Kindle]Adobe Animate Classroom in a Book(2021)
③[英語/書籍/Kindle]Adobe Animate Classroom in a Book(2022)
④[日本語/Kindleのみ]自主製作アニメの作り方9ステップで学べる教科書

そのため、初心者の方がAdobe Animateの使い方を学ぶなら、本よりもYouTubeのレクチャー動画を活用されるがおすすめです。



今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

動画制作や映像・撮影機材・Adobe製品の専門メディア『VideoLab』

動画で副業を始めたいあなたへ

動画で副業を始めるならPremiere Pro動画で副業を始めるなら、動画編集ソフトは『Premiere Pro』一択です。その理由は、仕事を発注する側もほとんどPremiere Proを使っているから…。もしも違うソフトで作業をして、互換性のトラブルが発生したら、発注先にも迷惑がかかってしまうかもしれません。Premiere Proを使えば、それだけで、あなたの動画編集の効率と信頼性は、ワンランク上に見てもらえますよ。

 

まずは体験版でその価値を試してみませんか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事