Adobe社が提供しているPremiere ProとPremiere Elementsは動画編集を目的としたソフトですが、できることに違いや特徴があります。そしてPremiere ProとPremiere Elementsの違いを理解せずに購入してしまう人も多いのが現状です。こちらの記事でAdobe社が提供している動画編集ソフトを比較して、あなたにピッタリのおすすめ動画編集ソフトを探しましょう。

 

Premiere ProとPremiere Elementsの価格・コストの違いは?

Premiere ProとPremiere Elementsは両方ともAdobe社から出ている動画編集ソフトです。同じ会社から出ている動画編集ソフトということですが、できることが違います。そのため価格にも差があります。(2019年8月の情報です。)

 

コストの違い1:月会費と買い切り

Premiere ProとPremiere Elementsの大きな違いは、月会費制買い切り型というところです。月会費制とはサブスクリプション型といい、Adobe社が提供しているソフトの多くが月会費制になっています。月会費制なのはPremiere Proが当てはまります。そのため使う期間が長いほど料金が増えていくシステムです。

Premiere Elementsはソフトをそのまま買うスタイルになっています。毎日や毎週のように使うならPremiere Proの方が、システムの更新もありますのでおすすめです。しかし家族のムービーを月に1回作る程度でしたら、Premiere Elementsの買い切り型の方が良いでしょう。

 

コストの違い2:Premiere Pro は月会費制で2,480円

気になるのがその値段ですよね。Premiere Proは毎月2,480円の月会費制になっています。1年間つかうことを想定した場合は、2,480×12ヶ月=29,760円となります。年間一括プランというものもあり、26,160円と少しだけ安いです。

またAdobe社のソフトは、動画編集ソフト以外にも優秀なソフトが多くあります。PhotoshopやAfter Effectsなどは動画を作るときにも役立つソフトです。これらのソフトを一括で使用できるコンプリートプランというものがあります。動画編集を本格的にやっていきたいと考えるなら、コンプリートプランもおすすめです。ただ毎月5,680円と非常に高価です。

 

コストの違い3:Premiere Elements は買い切りで17,800円

Premiere Elementsは買い切り型なので、1回お金を払ってしまえばその後にお金がかかることもありません。さらにPremiere Elementsは17,800円とPremiere Proを1年使うよりも断然お得なのです。

買ってしまえばずっと使い続けることができるソフトなので、価格に重点を置くならば非常におすすめです。

 

Premiere ProとPremiere Elementsの機能・特徴の違いは?

価格も気になるところでしたが、さらに気になるのはPremiere ProとPremiere Elementsの機能や特徴の違いですよね。同じAdobe社ですが、きっちりと比較することであなたに合う方を選ぶことができますよ。

 

特徴比較1:プロ向けか初心者向けか

Premiere ProとPremiere Elementsの特徴を一言で比較すると、プロ向けか初心者向けかということになります。Premiere Proがプロ向けになっていて、Premiere Elementsが初心者向けになります。もちろんPremiere Elementsが悪いという意味ではありません。

Premiere Proもある程度は直感的に使えるものでもあります。しかし色味を補正したりエフェクトつけたりするのが、面倒な動画編集ソフトです。動画製作者がこだわりを持って動画を作る場合は、Premiere Proがおすすめになりますが、使い方が難しいのが欠点でもあります。

Premiere Elementsは直感的に使えることはもちろん、自動で色味を補正したり、簡単に映画のような高品質な動画を作れることがメリットです。簡単にエフェクトなどを加えることができるので、比較的、初心者向けになります。しかし動画製作者がこだわりある動画を作りたいと思っても難しくなります。

 

特徴比較2:できないことはないPremiere Pro

「できないことはない」といえば大げさに聞こえてしまうでしょう。しかしAdobe社が提供するさまざまなソフトを使用すれば、Premiere Proに作れない映像はありません。また一般の人が手に入る動画編集ソフトの中では最高峰とも言われていて、プロの動画クリエイターの約9割がPremiere Proを使用するほど人気があります。

Premiere Proが他の動画編集ソフトと違うのは、トランジション(動画の切替)や色補正、エフェクトなどを細かいところまで設定できることです。思い描いたような動画を作ることができるソフトでもありますが、細かい設定までたくさんあるので、使用するのが非常に難しいです。ちなみに映画のシン・ゴジラでPremiere Proが使われました。

 

特徴比較3:直感的に使えるPremiere Elements

Premiere Elementsは直感的に使える動画編集ソフトです。編集方法にはクイック編集とエキスパート編集の2つがありますが、クイック編集は簡単に使えるので初心者にもありがたいですよね。

また映画のような特殊効果やエフェクトを簡単に付けることができ、その種類も豊富なことから評価が高いです。最近のPremiere Elementsでは、AI技術を利用して作品を作ることが可能になっています。起動しただけで動画を生成できるので、Premiere Proと比較すると簡単に使えることは間違いありません。

 

特徴比較4:常に最新バージョンのPremiere Pro

Premiere Proは月会費制でPremiere Elementsと比較すると高額に感じるでしょう。しかし月会費制であるため、常に最新バーションを利用することが可能です。日々新たな技術が生まれているので、新しい動画表現ができるのもPremiere Proのメリットです。

多くの動画クリエイターがPremiere Proを利用しているのは、できないことがないという理由だけでなく、最新の技術を取り入れて動画編集に幅を持たせることができるのも人気の理由になります。

 

特徴比較5:Adobe After Effects との関係性

動画編集ソフトとしてAdobe社が提供しているものの中に、After Effectsがあります。この編集ソフトはVFXなどと呼ばれる特殊な映像表現を作るためのソフトです。(Premiere ProとPremiere Elementsとは大きく違いがあります。)

実はAfter Effectsとの互換性が高いのはPremiere Proです特殊効果を使った映像をPremiere Proで編集して長い動画を作ることができます。しかしPremiere Elementsでは、After Effectsで作った動画を読み込むだけでかなり手間がかかります。

このようにAdobe社が提供している他のソフトとの互換性が高いのはPremiere Proです。動画表現に幅をもたせたいという人は、Premiere Elementsでは物足りない可能性もありますよ。

【結論】あなたにおすすめなのは...

「結局どっちを選べば良いのかわからない!」「細かい違いがそもそもわからない!」という人は簡単に以下のポイントを考えてみてください。何より両方には体験版がありますので、体験版を一度使っているのが良い方法ですよ。

高度な動画編集ソフトがいい!Premiere Proがおすすめ

Premiere Proで「できないことはない」と言いましたが、これはAdobe社が提供している多くのソフトを利用して初めて言えることになります。しかし今後動画編集を本格的にやりたい人や動画編集の仕事をしたい人は、Premiere Proを利用することをおすすめします。

何より仕事にしたいと思っている人はPremiere Proを使いましょうどの求人を見てみてもPremiere Elementsの使用経験で人を雇うところは非常に少ないです。しかしPremiere Proの経験は、趣味だけに止まらず仕事にもつながっていきます。

Premiereのダウンロードはこちらから!

 

簡単に映画みたいな動画を作りたい!Premiere Elementsがおすすめ

ちょっと面白い動画を作成したい人やホームビデオのような動画を作りたい人は、Premiere Elementsがおすすめです。特に月に1回くらいしか使うことがないという人は、Premiere Elementsが良いでしょう。

Premiere Proでできることの幅は広いのですが、非常にコストがかかるのがデメリットです。

簡単にエフェクトをつけられたり、動画編集に時間を割かれたくない人はPremiere Elementsを選びましょう。

 

動画編集ソフトの無料の体験版を利用しよう

と言っても実際に使ってみないとわからないですよね。Adobe社ではPremiere ProとPremiere Elementsの両方とも無料体験期間を設けています。Premiere Proは7日間Premiere Elementsは30日間無料で使うことができます。

これは2019年7月現在の情報です。期間については変わることもあるので、確認してから使うようにしましょう。何より一度使ってみて、使いやすい方から動画編集を始めるのがおすすめです。ぜひ無料期間で違いを比較してみましょう。

Premiereの体験版のダウンロードはこちらから!

 

Premiere ProとPremiere Elementsの違いを理解して自分にあった方をダウンロードしよう!

Adobe社が提供しているPremiere ProとPremiere Elementsは、両方とも動画を編集することを目的としたソフトです。目的が同じだからこそ迷うところですよね。しかしこの両者を一言で比較すると、プロ向けの動画編集ソフトか初心者向けの動画編集ソフトと言い表せます。

と言ってもできることの幅に違いがありますし、何より価格が違います。Premiere ProとPremiere Elementsを比較するためにも無料の体験版を利用して、あなたに合う動画編集ソフトを選ぶようにしましょう。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

 

 

おすすめの記事