adobe製品が安く使えるって本当?

Adobe CCは、PhotoShopやIllustratorなどのAdobe製品をサブスクリプションサブリスで利用することができるAdobe社のサービスです。

プランにもよりますが、通常月額で¥6,248、年間にすると¥72,336のコースが『デジハリのマスター講座』を受講することで45%オフという格安のお値段で使うことができます。

本当に安く利用できるのか、今回の記事では、デジハリのマスター講座の受講方法や使用期限などを一挙ご紹介いたします。

スポンサーリンク

デジハリのマスター講座でadobe CCが格安で使えるっと本当?

デジハリのマスター講座を受講することによってadobe CCは45%オフの¥39,980で利用可能です。正規購入方法の他にも学生プランなどがあり、法人でも使えますのでその方法をご紹介いたします。

adobeを正規料金で購入した場合

adobeを正規料金で購入

まずは、通常の正規料金で購入した場合との比較です。

コンプリートプランは、¥65,000以上という金額で販売されています。時期などによっても金額は変動しますが、デジハリのマスター講座を受けない以外にもお得に利用したいです。

12ヶ月版ではなく、24ヶ月版や36ヶ月版などの長期契約もあり、長期契約をすることで高い割引額を受けて利用することも可能です。

法人利用の場合

法人利用の場合

法人利用の場合はadobeが不定期に行なっているキャンペーンの対象外になることも多いです。

ですが法人での格安購入が可能なAdobeの公式サイトや、Amazonのタイムセールから値下げされたキャンペーンも行なっていますのでこまめにチェックしてみましょう。

後述にもありますが、デジハリのマスター講座を受講することで格安で利用することもできます。

 

adobeの学生・教職員向けのプランでお得に利用

デジハリのマスター講座を受けていなくても学生・教職員向けのプランの対象者は、通常よりもお得なプランがあります。

このプランを受けるには、学生か教職員である必要があります。

adobeの学生・教職員向けのプラン

●中学校、高等学校、高等専門学校、中等教育学校、特別支援学校、大学、専修学校などに在籍
●教職員として利用するには、上記の学校のほかに幼稚園や保育園、小学校の教員

である必要があります。

これらに在籍している場合は、学生・教職員向けのプランでadobe CCを従来の価格の65%オフという値段で利用することが可能です。

 

デジハリのマスター講座を受けてadobe CCを格安で利用

デジハリのマスター講座

本来は、学生もしくは教職員でなければ、学生向けプランを利用することはできません。

しかし、ここからがポイントです!adobeと契約を結んだスクールを受講することによってadobe CCを特別価格で利用することができます。

その一つにデジハリ(デジタルハリウッド)が提供しているオンラインスクールのAdobeマスター講座というものがあります。

こちらを受講することによって、年間¥39,980(税込)という格安の値段で、adobe CCを利用することが可能です。

▶︎デジハリオンラインスクールの申し込みはこちらから!

デジハリのマスター講座って誰でも受講できるの?

では、誰でもマスター講座を受講できるのでしょうか?講座と聞くと社会人などでは受講できないようなイメージがありますが、実は誰でも受講することが可能です。

通信講座はいつでも受講可能

いつでも受講可能

Adobe製品の6アプリ、合計46時間の講座を通信講座にて受講することができます。

1ヶ月という動画視聴期間に注意して受講する必要があります。デジハリのマスター講座ではadobe製品の使い方などを主に説明するため、講座内容としては少々物足りないところもあります。

が、初心者など使い方からしっかり学びたいからにはおすすめです。

また添削機能もついており、プロのクリエイターが個別に対応してくれます。提出は任意ですが、せっかく添削をしてもらえるチャンスなので利用する他はありません。

 

マスター講座の受講内容

デジハリのマスター講座で受講できるadobeソフトの内容には以下のものがあります。

Illustrator
ベクターイラストが描けるドロー系のアプリです。平面的な一枚もののページデザインに、特に優れています。直感的な操作は、他社の追随を許しません。基本操作から描写ツールやペンツールでの描写方法、レイヤーや文字の入力などが学べます。
Photoshop
画像の修正や加工をするアプリです。基本操作から画像の補正、画像の加工や文字の入力方法などを学べます。最近、特に進化してより使いやすくなりました。2021版の進化などにも注目してください。
After Effects
エフェクトや特殊効果を作れるadobeの動画編集アプリです。デジハリのマスター講座では画面説明からアニメーションの基本、アンカーポイントやイージングの説明、ロゴアニメ実践などを学べます。
Premiere
adobeの動画編集アプリです。素材の基本的な使い方から、素材の配置、タイトルやBGMの配置方法を学べます。aftereffectsが2Dアニメーションや特殊効果を作るのに適しているのに対して、premiereは、通常の撮影からの動画制作に最適なアプリです。
Dreamweaver
webページを簡単に制作可能なアプリケーションです。ここでは、webやHTMLの基礎をしっかりと学ぶことができます。
InDesign
印刷物の校正や編集をするために用いるアプリです。イラストレーターと違う点は、イラストレーターが平面デザインが得意であるのに対して、InDesignは、ページものを作るのに適しています。飾り枠やタイトルの作成方法、タブの設定なども学べます。

 

誰でも受講することができる

誰でも受講することができる

講座と聞くと社会人などでは受講できないようなイメージがあります。が、adobeのデジハリのマスター講座は、誰でも受講することができます。

受講方法は動画を視聴するだけなので、空いた時間でOK。

すでに社会人として働いている方でも、フリーランスで活躍している方でも、受講することが可能です。ただし法人や会社名義での申し込みはできませんので注意が必要です。

 

【実証】デジハリのマスター講座は、本当にadobe CCが安くなるのか?

デジハリのマスター講座を受講して45%オフで利用する

45%オフで利用

adobeのコンプリートプランですと通常であれば¥72,336になることもあります。

ですがデジハリのマスター講座を受講することにより変動はありますが、約45%オフの価格でコンプリートプランを利用することが可能です。

従来の学生・教員向けプランと比べると割引率は低いですが、それでも通常料金を払って利用するよりかなり格安で利用することができます。

 

なぜこんなに安く提供できるの?

では、どうして講座を受講できて、さらにadobe CCも安く利用できるのか?

adobeが認定しているプラチナスクールパートナーとしての学校はわずか4校しかありません。デジハリオンラインスクールはそのうちの一つです。

デジハリオンラインスクールがもつ信頼のもとで、安くadobe CCを利用することができています。

 

使用感に問題はない?通常版とどこか違うの?

通常版とどこか違うの?

アカデミック版ではありますが、通常版との違いはありません。

単体プランなどは利用できません。が、adobeのソフトを単体で2本以上契約する場合には、マスター講座を受講しての購入がオススメです。

使用感も問題なく、通常版とまったく同じように利用することが可能です。

 

デジハリでAdobe製品を購入するとデメリットがあるのか?

デジハリでadobe製品を購入するとどのようなメリットがあるのでしょうか。法人として利用ができない点やキャンセルに関してご紹介します。

法人としての利用が不可

法人としての利用が不可

個人としては商用利用の許可が出ています。

が、法人名義では申し込みが不可になっていることがデメリットとしてあげられます。

法人名義で利用したい場合はadobeが推奨している法人向けプランを購入する必要があります。

 

申し込み後のキャンセルが不可というデメリット

キャンセルが不可というデメリット

講座は通信教育になるため、クーリングオフの対象外になりますなので、キャンセルができないという点がデメリットとしてあげられます。

デジハリのマスター講座を一度申し込みをするとキャンセルができなくなってしまいます。

ですので、adobe CCが利用できる環境にあるかや、動画が視聴できる環境かを、事前にチェックしておきましょう。

 

受講動画の視聴はしなくてもOK

視聴はしなくてもOK

動画を視聴する時間がない…講座を見ることができない…そんな方でも大丈夫です。

じつは、講座の動画を視聴しなくてもadobe CCを安く使うことができます。2年目以降もただソフトを安く使いたいという理由で受講されている方もたくさんいます。

また、特に課題の提出もありませんので、ソフトを安く使うことを目的の場合だけでの受講も問題ありません。

 

adobe CCが安くなるのは一年だけ?ずっと使える?

上記のデジハリのマスター講座を受講することによってadobe CCを安く利用できる期間は1年間です。

ですので、2年目以降も安く継続して利用したい場合は、再度マスター講座に申し込む必要があります。

注意すべき点はアカデミック版で始めたソフトも、次年度の自動継続は通常価格になるため、手動で延長手続きを行う必要があります。

更新の時期に注意すれば、長期にわたってお得にadbe CCを利用することが可能です。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

Premiere Proのダウンロードはこちらから!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事