イラストレーターの価格はいくら?

イラストレーターは、Adobe社の代表的ソフトのひとつ。平面系デザイナーにとっては、Photoshopと同列に並ぶ人気定番ソフトです。

無料で使える代替ソフトもたくさんあるけど、やっぱりイラレが一番いい!ってなると、やっぱり気になるのは、イラストレーターの価格です。

そこで今回の記事では、イラストレーターのお値段やお得な購入プラン、買い切り版はあるのか?代替ソフトは?などなど、イラストレーターについて、調査してみました。

この記事でわかること
●イラストレーターの正規価格と購入先別のお値段の比較
●お得な購入プランは?
●買い切り版は?
●代替ソフトは?
●無料のイラストレーターCS2のダウンロード方法とは?
●コンプリートプランを破格の割引価格の値段で買う方法
●すでに契約している人向け・更新時のお得な裏技

イラストレーターは欲しい。でも、予算がない!と諦めている人も、また、すでに契約してしまっている人も知っておきたい更新時に使えるお得な裏技情報をまとめました。

ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

イラストレーターの価格は?

まずは、公式サイトでイラストレーターを買った場合の価格を見てみましょう。

イラストレーターの購入価格(Adobe公式)

イラストレーターの単体プランの価格は、Adobe公式サイトからの購入では、2,728円/月です。

品名 契約プラン 月額(税込) 無料の体験期間
単体プラン 月払いのみ  2,728 円 7日間

Adobe公式サイトで、イラストレーターを購入した場合、年間払いはなく、月々の支払いのみになります。なので、もしも、年間払いでちょっとでも安く購入したいと思ったら、Amazonなど、別サイトから購入するのがおすすめです。

〜7日間無料 体験版あり〜

Amazonなどで購入する場合の価格は?

イラストレーターamazon

イラストレーターの単体プランは、Amazonでも購入が可能です。Amazonでの購入の方が、公式サイトで買うよりもちょっとだけお安くなります。

Amazonでイラストレーターを購入する場合は、1ヶ月ごとの月払いはなく、年間一括払いのみです。

決済後、すぐにダウンロードして使えるし、公式サイトの購入じゃないけど、ちゃんとした正規版で、機能的な制限もありません。

割引率は、30%とかなり大きな割引率です。

Amazonで購入した場合 20,160円 8,616円お得(30%オフ)

ほかにも、楽天市場やヤフーショッピングでも購入することが可能です。ただし、その都度、価格が変動するので、注意が必要です。ここに、ショップのリンクを載せておくので、その時々で、一番安いサイトを探してみてください。

また、7日間の無料体験はありません。注意しましょう。

イラストレーターのお得な購入プラン・3選

Adobe公式とamazon などで買った場合をお伝えしましたが、じつは、もうちょっとお得に買えるチャンスもあります。

IllustratorなどのAdobe製品をちょっとでも安い価格で買う方法として、次の3つの方法をオススメします。

イラストレーターを安く買う3つの方法
●Adobe公式サイトの割引セールで買う
●Amazonの割引セールで買う
●Adobeスクールパートナーのコンプリートプランを購入する

 

Adobe公式サイトの割引セール

Adobeの割引セールは、年に数回おこなわれます。今年もやっています。

■2021年のAdobe公式セール(現在7回)
1/5
~1/15
2/22
~3/5
3/29
~4/9
4/29
~5/7
5/24
~6/4
6/28
~7/12
8/23
〜9/3

2021年は、すでに7回セールが行われています。2021年は、Adobe社も広告予算を投入して、テレビCMなども打っていて、勝負をかけている感じです。

▼下記の人気ソフトもセールの対象になっています!

現在、セール中!
●Photoshop
●Illustrator
●Premiere Pro
●After Effects
●InDesign
●Animate
●Dreamweaver
●Audition

8/23〜9/3まで12日間限定のセール情報です。割引率と価格は以下の通りです。

単体プラン コンプリートプラン
価格 割引率 価格 割引率
価格 1,848円 32%オフ 3,960円 36%オフ
年間一括料金(初回購入者) 22,176円 22%オフ 47,520円 34%オフ
期間限定なので、お早めに!

Amazonの割引セールという手もある

Amazonでも割引セールがあります。

Adobe社がセールをしたときに、同じタイミングでAdobe製品の割引セールがあります。

Amazonでは、そのほかにも『プライムデー』など、独自セールもあるので、そのときにAdobe製品が割引になることもあるので、こちらも要チェックです。

■2021年のAmazonでのAdobe製品割引セール(計7回)/割引率はだいたい20〜40%くらいです
1/5
~1/15
2/22
~3/5
3/29
~4/9
4/29
~5/7
5/24
~6/4
6/28
~7/12
8/23
~

AmazonでのAdobeセールは、大元のAdobe社のキャンペーンとほぼ同じ。だけど、ちょっとだけ、こちらの方が期間が短いことが多いです。

>>こちらも要チェック●Amazon<Adobe製品ページ>

編集部デザイナー

編集部デザイナー
ただし、Amazonの独自セールでは、かならずAdobe製品も割引になるとは限りません

 

Illustratorの買い切り版(CSバージョン)の販売は終了

Illustrator CSバージョン

Illustrator CS6|Creative Suite学生・教職員版

 

定額制よりも買い切り版でソフトを手に入れた方が、お得な感じですよね?

でも、残念ながら、イラストレーターも買い切り版は、終了していて、購入することができません。

買い切り版はCS版まで

以前は、Adobe製品には、CS版(Creative Suite)という買い切り版がありました。

でも、2012年5月7日に、Adobe Creative Cloud(Adobe CC)が、発売されてから、9年以上が経過しています。

Creative Suite 6の発売と同じ日です

9年の間に、イラストレーターもPhotoshopも、毎年バージョンアップが繰り返されています。その都度、新しい機能がどんどん加わって進化を続けています。

なので、もし、買い切りでCS版を購入したとしても、かなりの型落ち製品になってしまっていることは否めません。

編集部デザイナー
パソコンのCPUも新しくなって、すでにMacでは、ソフトがサポート外で立ち上がりません!

中古販売は危険です

Amazonなどのネット上では、いまだに古いCS版が販売されています。最新版は定額制なので、ついつい買い切り版が欲しいとなってしまう気持ちもわかります。

でも、結論を言うと、絶対に古いCS版を買うのはやめた方が良いです!

理由は、3つあります。

中古品やCS版をオススメしない理由
●Adobe製品はライセンス版なので、中古品はライセンス違反の可能性が高いから
●現在のバージョンと互換性がなく、最新の機能が使えないから
●海賊版の可能性があり、パソコンにウィルスが混入する可能性が高いから

 

イラストレーターは、定額制のみ

イラストレーターの購入には、現在は、定額制(以下、サブスクリプション)しかありません。でも、料金がかかってしまっても、サブスクリプションには、メリットも大きいです。

✅ 常に最新の機能が使える
✅ 以前のバージョンが良ければ、古いバージョンも使える
✅ ずっとサポートされる
✅ 家とオフィス、マックとWindowsなど、1ライセンスで2台までインストールできる

買い切り版について、いろいろ調査しましたが、以上のような理由から、中古のCS版を買うことはやめましょう。

また、イラストレーターに限らず、Adobe製品に関しては、最新版のAdobe CC以外の選択肢はないと思った方が間違いありません。

イラストレーターの代替ソフトは?

そうはいっても、やっぱり価格が気になる!という方のために、代替ソフトについても調査しました。

VideoLab編集部がおすすめしているイラストレーターの代替ソフトは3つあります。

イラストレーターの代替ソフト3選
●LibreOffice Draw(リブレオフィス ドロー)
●Inkscape
●GravitDesigner

こちらについては、下記の記事に詳しく書いています。ぜひ、読んでみてください。

 

イラストレーターも使えるコンプリートプランを割引価格で買うには?

イラレを割引価格価格で買う方法

「イラストレーターしかAdobeのソフトは使わないよ!」という人は別にして、Illustratorを使うなら、やっぱりPhotoshopやAcrobat Proもあった方が便利です。

それならやっぱり、ソフトが全部使えるAdobe Creative Cloudコンプリートプランという選択肢が最有力!

お得だと思う理由は、簡単。

Adobe Creative Cloudのソフトは、ほとんどが月額2,478円(税込)で、2本使ったら、もう5,456円(2,478円 ×2本)。コンプリートプランは、月額6,428円なので、単体プラン2本とコンプリートプランの差は、たった972円だから、です。

Adobeの主要ソフトは、単品だとほとんど2,478円/月
Photoshop
Photoshopロゴ写真の色調補正や合成に使う画像編集ソフト
単体プラン= 2,728 円/月
Illustrator
Illustratorロゴチラシやポスターに適したデザインソフト
単体プラン= 2,728 円/月
InDesign
InDesignロゴ雑誌などページレイアウトに使うソフト
単体プラン= 2,728 円/月
Premiere Pro
Premiere ProロゴテレビやYouTubeで活躍。動画編集ソフト
単体プラン= 2,728 円/月
After Effects
After Effectsロゴインフォグラフィックなど特殊効果ソフト
単体プラン= 2,728 円/月
Aero
ノイズ除去からグの音声ソフト
単体プラン= 2,728 円/月
XD
Xdロゴ専門知識不要。WEBサイトのデザインソフト
単体プラン= 2,728 円/月
Dreamweaver
DreamweaverロゴHTML,CSSを用いたホームページ制作ソフト
単体プラン= 2,728 円/月
Dimension
Dimensionロゴイラレなどの2Dデザインを3D化するソフト
単体プラン= 2,728 円/月

月額972円の差は、とても大きく感じるかもしれません。

でも、仕事で使うものであれば、ちょっと無理をしてでも投資する価値は十分にあります。なぜなら、そのくらいの金額なら、あっという間に元が取れるからです。

クオリティ的にも安心だし、作業効率も良いですよ

イラストレーターとPhotoshopの2本よりもコンプリートプランが安くなる裏技!

コンプリートプランのお得さについて、その理由をお話ししてきました。

でもやっぱり、一円でも安くしたいという方のために、じつは、イラレとフォトショの2本購入の場合でも、コンプリートプランの方がお得になる買い方についてお伝えします。

じつはこんな買い方もあるのです。

単品プラン→3,806円(税込価格)/月=イラレ単品(2,728円)+フォトプラン(1,078円)
コンプリートプラン→3,331円(税込価格)/月=約40種類のソフトを使用可

もし、イラストレーターとPhotoshop(+Lightroom)の2つだけよりも、コンプリートプランの方が安い価格で購入できるという、とってもお得な裏技があったら嬉しくないですか?

それが、『Adobeスクールパートナープラン』を利用するという裏技です。

Adobeスクールパートナープランを利用する

Adobeスクールパートナープランとは、Adobe社が、自社製品を教材やトレーニングサービスのために、提供することを目的にしたオンラインスクールです。日本で、このスクールに認定されているのは、4校だけです。

■日本のAdobeスクールパートナー4校
●デジタルハリウッド
●パソコンスクールISA
●アドバンスクール
●ヒューマンアカデミー

この購入方法のポイントは、学生や教職員じゃない社会人でもOKということ。

イラレとPhotoshopの2本の組み合わせより、475円も安くなって、しかもAdobeのソフトが全部使える。それなら、こっちのプランの方が絶対お得ですよね(笑)。

前述した通り、仕事で使うなら、Adobeのソフトは絶対に必要だし、そもそもケチるとこじゃありません。クリエイティブの仕事は、投資としても、確実にリターンが取れる分野なので、投資しないのは、むしろ損です。

詳しくは▼こちらの記事が参考になります。4校のうち、VideoLab編集部としては、デジタルハリウッドの講座をオススメしています。

>>デジハリ公式:デジハリONLINE Adobeマスター講座

イラストレーターをすでに契約している人向け・更新時のお得な裏技

ここからは、すでに契約している方限定情報として、更新時限定の裏技をお伝えします。あまり知られていないのでご紹介します。

解約時の”引き止め”を活用する裏技

Adobe Creative Cloudコンプリートプランは解約時に、引き止めのメッセージが入ります。その”引き止め”を上手に利用する方法を使って、更新後の料金を割引できます。

Adobeアカウントの「プラン管理」でコンプリートプランを解約。解約理由として「価格が高すぎる」にチェックを入れる「続行」→ 「解約の確認」を選択。→ 「解約するとアプリの機能が利用できなくなる」というメッセージが出る。「続行」をクリックする→ 最終確認画面に進み、「解約する前に、もう一度ご検討ください」とメッセージが出て、下に割引プランが表示される→

すると「2カ月無料」と「初年度月額2,980円」のプランから、どちらかを選べる画面になります。

でもここからが本番です。

さきに「月額2,980円」を選んでおいて、その後、はじめから同じ手順で「2カ月無料」を選択することができます。つまり「2カ月無料」と「初年度月額2,980円」を、両方適用できる。という裏技です。

2,980円 ×10ヶ月分=29,800円

年間の計算にすると、29,800円となるので、現在、コンプリートプランを契約している方は、一度、試してみてください。

イラストレーターの価格はいくら?一番安くお得に買う方法・まとめ

というわけで、今回のまとめです。

イラストレーターの価格は?
●公式サイト=月々契約で、2,728円/月
●Amazon=公式サイトより30%オフ

 

イラストレーターのお得な購入プランは3つある
●Adobe公式サイトの割引セールで買う
●Amazonの割引セールで買う
●Adobeスクールパートナーのコンプリートプランを購入する

 

Illustratorの買い切り版(CSバージョン)の販売は終了
●買い切り版はCS版まで
●中古販売は危険
●結論は定額制のみ

 

イラストレーターの代替ソフトのオススメは3つ
●LibreOffice Draw(リブレオフィス ドロー)
●Inkscape
●GravitDesigner

 

イラストレーターも使えるコンプリートプランを割引価格で買うには?
●イラストレーターとPhotoshopの2本よりもコンプリートプランの方が安い
●Adobeスクールパートナープランを利用する

 

すでに契約済みで更新を視野に入れている人へ
●解約時の”引き止め”を活用する裏技がある

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事