Illustrator(イラストレーター )は、デザイン作業には欠かせないソフトです。でも、できることが多すぎて、初心者には、つまづきポイントがいっぱいあります。

どこをどういじったらいいのか?途方に暮れる…という方も多いのでは?

そこで、今回の記事では、そういったつまづきポイントを押さえながら、『初心者向けのIllustratorの基本操作』や『イラレでできること』について、イラストレーターの使い方講座としてお伝えします。

新規ファイルの立ち上げ、文字の入れ方、写真の配置の初級編から、Adobe Illustratorの操作のポイントになるマスクの作成方法やレイヤー構造など、全部で15項目にわたってシリーズです。

今回は、そのうち

Illustratorの使い方|今回の内容
(1)新規作成とサイズの設定方法
(2)Illustrator文字の入れ方
(3)写真やイラストの配置

の3つをお伝えします。

スポンサーリンク

(1)新規作成とサイズの設定方法

Illustratorの作業は、ファイルの新規作成から始まります。

(1)新規作成する

イラストレーターを起動したら、「新規作成」をクリック。または、画面上部メニューバーの「ファイル」をプルダウンして「新規」を選びます。

慣れてきたら、「Ctrl+N」(macはCommand+N)のショートカットでも同じことができます。

イラレを立ち上げると自然にこの画面になって、どんなサイズのデザインをしたいか?を聞いてきます。

Illustrator・新規作成
最初の画面

まずはこの『アートボード』という”サイズ”を指定することからスタートです。たとえば暑中見舞いをデザインしたいなら、アートボードのサイズは、はがきを指定すればOKです!

Illustrator新規作成のポイント
(1)「新規作成」または「ファイル」→「新規作成」をクリック
(2)「作成」をクリックするとアートボードが表示され新規作成が完了
●「Ctrl+N」(macはCommand+N)のショートカットでも新規作成できる
●チラシ、ロゴ、名刺なら「印刷」
●WEBサイト向けなら「WEB」、スマホやタブレット向けなら「モバイル」を選ぶ
●「裁ち落とし」は全て「3mm」にするのがおすすめ

アートボードの大きさを決める

アートボードの大きさは、すでに用意されている「プリセット」にあれば、そこから選べばOK。

「プリセット」は「モバイル」「WEB」「印刷」の3種類があります。たとえばWEBを選ぶとその下にテンプレートとして「iPhoneX」などが表示されるので、そこから選びましょう。

アートボードの大きさを決める
目的別にサイズを選べます

WEBサイトで使うなら、モバイルから『iPhone X』や『HDTV1080』を選べばOKです。チラシ、ロゴ、名刺なら「印刷」から『A4』や『はがき』を選びます。

印刷用の設定

印刷用にデザインをしたいときは、次の3つを以下のようにします。

印刷用のポイント
●裁ち落とし=3mm
●カラーモード=CMYK(印刷用なら決してRGBにしない)
●ラスタライズ効果=300dpi(線数の2倍なので、理想は350dpiだけど300dpiでもOK)
印刷用の設定
印刷用に必須の項目

「裁ち落とし」という項目がありますが、これは印刷物の余白部分です。「裁ち落とし」の数値は全て「3mm」設定です。

(2)作成をクリックすれば作業完了

(2)作成をクリックすれば作業完了
サイズを選んで作成

サイズを決めたら、パネル下部の「作成」をクリックするとアートボードが表示され、新規作成が完了です。

作業を開始してからも、画面右のパネルを「プロパティ」に切り替えて、「アートボードを編集」をクリックすれば、簡単にアートボードに変更できます。

(2)Illustrator文字の入れ方

文字の入れ方は簡単です。説明すると長いけど、たいしたことありません。いじっていたら適当に文字は入れられます(笑)。

テキスト
(1)画面左のツールバーから「T」のアイコンを選ぶ
(2)入力したい部分にカーソルを合わせてクリックし、文字入力する
(3)ツールバーから黒い矢印の「選択ツール」を選ぶと入力した文字が確定される

イラストレーターで文字入力するには、画面左のツールバーから「T」(文字ツール)のアイコンを選びます。「T」にポインターを合わせると、縦書きなど文字ツールが表示されます。

Illustrator・文字の入れ方
Tを長押しする

普通の文字入力

普通の文字入力は、「T」(文字ツール)を選び、アートボード上をクリックして行います。「T」ツールでアートボードをクリックし、斜めに動かすと文字入力の範囲を指定できます。

そうすると下の画像のように、テキスト範囲を作ることができて便利です。

普通の文字入力
Tを動かしてとテキスト範囲を作る

「山路を登りながら」を消したい時

「山路を登りながら」を消したい時
最初に出てくる文字がある

Tをクリックすると、「山路を登りながら」と文字が表示される場合がされます。これはイラストレーター側で設定されたサンプルなので、気にせず、サクッと消去しましょう。

「山路を登りながら」を表示したくない時は、メニューバーの「編集」から「環境設定」で変更できます。

「テキスト」の項目にある「新規テキストオブジェクトにサンプルテキストを割り付け」のチェックを外してください。

パスに文字入力する

図形(オブジェクト)の中に文字入力する場合、あらかじめ作っておいた四角形や丸の端に『T』を合わせると、図形の中にだけ文字を打てるようになります。

また、「パス上文字ツール」は、図形に沿った文字入力に使います。

パスに文字入力する
パス上文字ツールでできること

図形(オブジェクト)や曲線は「パス」(オープンパス/クローズパス)と呼ばれ、文字入力前にあらかじめ作っておく必要があります。

パスに文字入力して赤い四角が表示された場合は、文字がパスからはみ出しておさまっていないという意味です。パスのサイズや、文字の位置を調整してください。

テキストの1文字だけ編集する

入力した文字の一部だけを編集したい場合は、「T」から「文字タッチツール」を選び、目的の文字にカーソルを合わせてクリックします。

編集長

編集長
ほら、カンタンでしょ?
テキストの1文字だけ編集する①
直したい文字を『T』で選択
テキストの1文字だけ編集する②
選択した文字を削除
テキストの1文字だけ編集する③
修正する

文字入力後に縦書きに変えたい

文字入力後に横書きから縦書きに変えたい時は、メニューバーの「書式」にある「組み方向」からできます。

文字入力後に縦書きに変えたい①
最初の文字を選択
文字入力後に縦書きに変えたい②
書式をプルダウン
文字入力後に縦書きに変えたい③
縦組みに変わる

テキストツールの役立つ便利機能

「T」ツール時に、Ctrl(macはCommand)を押している間だけ選択ツールになります。

テキストツールの役立つ便利機能①
Ctrl(macはCommand)を押すと選択ツールに変わる

フォントなど文字の設定については、「Ctrl+T」(macはCommand+T)のショートカットで文字パレットを呼び出すのが早いです。

テキストツールの役立つ便利機能②
便利なショートカットキー

(3)写真やイラストの配置

写真やイラストをイラストレーターに配置するには、2つの方法があります。

写真やイラストをデザインに挿入する

一つ目は、メニューバーの「ファイル」から「配置」を選ぶ方法です。写真やイラストのファイルを選び、「配置」をクリックします。

写真やイラストをデザインに挿入する①
「ファイル」から「配置」を選ぶ

二つ目は、使いたい写真やイラストを直接ドラッグ&ドロップする方法です。

写真やイラストをデザインに挿入する②
ファイルをドラッグ&ドロップ

Illustratorの使い方|初心者がつまづく基本操作をポイント別に① まとめ

Illustratorの使い方について、まずは新規作成から写真を配置するところまでお伝えしました。

まとめ
●新規作成では、作る目的に合わせてサイズや設定を行うこと
●文字の入れ方では、『T』マークを使ってできること
●写真やイラストの配置では、2つの方法があること

をご紹介しました。


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

動画制作や映像・撮影機材・Adobe製品の専門メディア『VideoLab』

>>Adobe公式サイトで Illustrator体験してみる

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事