Adobe Illustratorを無料で使う方法は?体験版ダウンロード方法とおすすめ代替ソフト3選。

Adobe Illustratorの代わりに使える代替えソフトとその評判。Illustratorの無料体験版ダウンロードと期間についてもご紹介。

この記事でわかること
●Illustratorを無料で使える方法はあるのか?
●Illustratorの代わりに使える代替ソフトはあるのか?とその評判。
●Illustratorの無料体験版について。

紙媒体のデザインはもちろん、いまやWebデザインから建築の分野などにも欠かせないツールとなっているAdobe Illustrator

でも、やっぱり高価なので、なんとか無料で使えないかと、考えている人もいますよね?

そこで、今回の記事では、イラストレーターの無料版についてと代替ソフトについて、お伝えします。

スポンサーリンク

Adobe Illustratorの無料ダウンロード方法は?

Adobe Illustrator

Adobeのソフトはどれも高額です(笑)。なので、なんとかIllustratorも無料で使える方法がないかを探している人も多いのではないでしょうか?

私は、20年以上前からAdobe製品を使っているヘビーユーザーです。今のAdobe IllustratorのバージョンはCCですが、その前のCSより、さらに前の5.0とか数字のバージョンで呼ばれていた頃からのユーザーです(苦笑)。

まずは、古参のユーザーとして、無料で使える可能性について、お話をさせてください。

 

Illustrator CS6を無料で使える人もいるのも事実

じつは、過去に、IllustratorCSを無料でダウンロードできたのは本当です。

これは、Adobe社が、自社製品をクラウド化して、Creative CloudAdobeCC)として商品化するにあたって、古い製品については、もうサポートをしない宣言をした際に、同時にライセンスの認証をすることをやめたことに起因します。

ライセンス認証を勝手にやめるので、今使っている人は使えなくってしまう可能性もあって、それで困る人もいると思うから、事前にシリアル番号を公開しますね。という内容のお知らせをAdobe社が出しました。

 

Adobe社が公開した内容は?

当時、Adobe社がお知らせした内容は以下です。

アドビは、技術的な問題のため、Acrobat 7 をはじめとする CS2 アプリケーションのライセンス認証サーバーを無効化しました。

これらの製品は 7 年以上前にリリースされもので、多くの最新オペレーティングシステム上では動作しないため、アドビは現在サポートしていません。

アドビは、サポートされていない過去のソフトウエアを使用しないよう強く推奨します。

CS2 または Acrobat 7 を正規に購入されたお客様で、現在もこれらの製品を継続して使用する必要がある場合に限り、ダウンロード時に入力するシリアル番号を使用することがあります。

引用:Adobe社公式

その頃、IllustratorCSは、まだ使っている人も多いソフトでした。なので、Illustratorを使いたいけど、予算的に購入を躊躇していた人々の間で、「やったぞ!Illustratorが無料で使える」ということで、話題になりました。

本当は、購入した人への救済処置のために、シリアル番号が公開されたわけですが、シリアル番号さえあれば、誰でも使える状況になってしまったので、実際には、正規の購入者じゃなくても、イラストレーターCSが、無料で使えるようになったわけです。

正規購入者以外の人が使うのは、違法ではないけど、かなりグレーな状況だったのです。

ただ、それもすでに過去の話。そのダウンロードできたそのサイトは、すでに見当たりません。(どこかにあったら、誰か教えてね(笑))

 

すでに時代遅れのイラレCSはおすすめできない

Adobe社が、現行サービスのAdobe Creative Cloudの提供を開始したのは、2012年6月です。その後、Adobe CSのサポートも2014年6月に終了しており、バージョンアップなどは、それ以降されていません。

また、2019年5月10日以降は、最新版以外のソフトの利用はできなくなり、現在はCSバージョンもAdobe社からはインストールはできなくなっています。

当時から使っている人で、なおかつ個人で楽しむために、CSバージョンのイラレを使う分には、なんの問題もありません。が、これからイラストレーターが欲しい。と考えている人には、オススメはできません。

その理由は下記の通りです。

 

イラレCSをオススメできない理由
●バグがあっても、サポートしてもらえない
●クライアントやデザイナーなど、Illustratorを使っているユーザーの多くが、すでにAdobeCCを標準ソフトにしており、CSバージョンで保存されたデータを提出しても互換性が保証されておらず、信頼できるデータ作成が困難。
●クリエイターとして、クライアントへの印象が悪い

 

CSで保存されたデータ自体が、かなり時代遅れですし、それを受け取った人が、ちゃんとデータを開けない可能性もあります。結果「この人に頼んで大丈夫?」と思われる可能性もあります。(私ならそう思う)

イラストレーターのような機能を使って、名刺やチラシを自作したいという目的を達成するためであれば、今からイラレCS6とかにしがみつくよりも、むしろイラストレーターと同じような機能を持った、代替ソフトをおすすめします。

 

Illustratorのおすすめ代替・無料ソフト3選

というわけで、Illustratorは、良いソフトだけど『やっぱり高価で手が出ない』という人のために(苦笑)、それに代わる無料ソフトはないのか?ということで、探してみました。

どのソフトもイラストを作る目的が、たとえば『WEBのアイコンを作りたい』というくらいのことであれば、問題なく、必要な目的を達成できます。

実際に使ってみたユーザーの感想もあるので、検討してください。

❶ LibreOffice Draw

LibreOffice Draw(リブレオフィス ドロー)は、Officeの流れから生まれたソフトです。

そのせいか、たとえばパワーポイントを使ったような使用感があります。イラストレーターとインデザイン(組ソフト)を合わせたみたいな感じです。

イラレのように図形を描いて、文字を載せたりして、チラシやアイコンを作ることができます。

エクセルなどで何かを描くよりも、こちらの方がずっと使いやすいでしょうね。何しろ無料だし(笑)。

ただし、問題点として、イラストレーターと違って、CMYKモードがありません。つまり、WEBでの使用には向いているけど、印刷用のデータを作るのは適していません。

また、3mmトンボを付けられないため、断ち落としができないため、その意味でも印刷用ではありません。

長所
●使用感がパワーポイントみたいで使いやすい。
●PDFやEPSに対応している。
短所
●CMYKに対応していない。
●3mmトンボ(裁ち落とし)には対応していない。

❷ Inkscape

Inkscapeは、Illustratorの代替ソフトとしては、割と有名なソフトで、ファンが多いです。Illustratorの代わりとして、十分おすすめできるくらいの機能が備わったソフトです。

なので、それなりに凝ったデザインでも、Inkscapeがあれば、問題なく作れます。機能的にもシンプルで、初めて使う人には、使い勝手良く、デザインができそうです。

これで無料はすごいな、、、って思いました。ネットにも好印象のコメントが多かったです。

好印象のコメントが多い一方で、自分的には、これまでIllustratorの操作に慣れてしまっていることもあり、逆にちょっと使いづらい印象でした。ショートカットや操作パネルの感じが違っているからです。

不満点としては、CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)に対応しておらず、印刷物の入稿には適していないことです。

長所
●シンプルで使い勝手が良い。
●Mac/Windowsで使える。
短所
●CMYKに対応していないため、印刷物の入稿には適していない。

❸ GravitDesigner

今回、試したソフトの中では、無料ソフトの中で、イラレの代わりに使えそうという点では、一番おすすめできる気がします。Twitterでも割と好印象なコメントが多かったです。

イラストレーターは、ベクター形式のドローソフト(線で描くソフトで、拡大しても画像が劣化してボケない)としては、勝手に1番優秀だと思っています。

GravitDesignerは、自分が使っているお気に入りソフトIllustratorの拡張子『.ai』形式が、読み込めてしまうという快挙(レイヤーは再現されなかったけど)を達成してしまいました!

パネルの感じもイラストレーターに似ていて、操作性も今回試した中で、一番近かったように思います。

『.ai』の形式が開ける、ということは、その形式で保存している素材サイトのものが使える、ということです。もちろん、完全再現できる訳ではなく、複雑なレイヤー構造になっているデータは、100%の再現はできません。

あと、残念なのは、有料版と無料版があって、無料版はCMYKには対応していないことです。お金を出せばCMYKモードが使えるので、印刷用データを作成するのにも使えます。

長所
●RGBとCMYKの両方に対応。
●イラレ.ai が開ける(レイヤーは不可)
短所
●無料版はCMYKに対応していない。
●無料版には、機能制限がある。

ただ、お金を出すのなら、やっぱりIllustratorの方が良いよね?って話になってしまうのでは?と気付いてしまいました(苦笑)。

Adobe Illustratorの無料ダウンロード方法は?

取り急ぎ、Illustratorの代替ソフトをご紹介しました。

でも「代替ソフトにお金を払うくらいなら、やっぱりイラレが欲しい」って思う人もいますよね。なので一応、Illustratorの体験版についても、記載しておきます。

体験版を無料でダウンロードする方法

Adobe Illustratorの無料体験版は、Adobeの公式ホームページからダウンロードすることができます。ダウンロードの際には、メールアドレスなどの個人情報が必要です。

Adobeにはさまざまなソフトがありますので、間違えの無いよう気をつけてIllustratorをダウンロードしましょう。

単品でのダウンロードのほかに、Adobeのすべてのソフトを利用できるCreative Cloud(Adobe CC)を体験することもできます。

Illustratorに限らず、さまざまなAdobeソフトを利用してみたい人は、こちらを試してみるのもよいでしょう。いずれにしても、Illustratorを無料で体験できるのは一度だけです。

〜7日間 無料体験版〜

無料体験期間を超えて継続して利用するには有料版を

無料体験期間を超えて継続利用

Adobe Illustratorをダウンロードする際に、クレジットカードなどの支払い情報を登録した場合には、無料体験期間を終えると、自動的に有料版に切り替わります。

支払い情報が確認できないと、ソフトが利用できなくなります。継続して利用するためには、必ず有料版で継続する必要があります。

違法ダウンロードなどで無料体験期間を終えても、無料で使い続けることは違法ですので、絶対にやめましょう。

 

無料体験版の期間はダウンロードから7日間

無料体験版の期間

無料体験版を利用できる期間は7日間です。実際のソフトの利用の有無にかかわらず、Adobe Illustratorをご自身のPCにダウンロードした日からカウントされますので注意しましょう。

Illustratorには多くの機能があります。初めは使い方がわからず、満足に機能を使いこなせないかもしれません。

Illustratorの機能を満喫するために、じっくりとソフトを試せる時間的余裕があるときにダウンロードするのがお勧めです。

 

有料でもみんなIllustratorを使う理由とは?

デザインに利用できるソフトは山ほどあります。でも、世界中のデザイナーが利用しているのは、Adobe Illustratorです。

Adobeのデザインソフトを使い続けるには、それなりの金額を払わなければいけませんが、なぜIllustratorは世界中で選ばれているのでしょうか?

ここでは、Illustratorを使うべき理由をご紹介します。

デザイン業界はAdobe Illustratorなしではやっていけない!

デザイン業界=Adobe Illustrator

何といっても、1番の理由は、Illustratorが、すでにデザイン業界の標準となっているということです。

Illustratorは、紙の印刷物からWebの世界まで、さまざまなデザインシーンで使われています。

特に、印刷物の入稿用データ「.ai」データは、Adobe Illustratorでしか開くことのできない標準の拡張子として、広く定着しています。

 

ほかのAdobeソフトとの連携が便利

ほかのAdobeソフトとの連携が便利

Adobeのソフトすべてに言えることとして、Illustrator以外のAdobeソフトとの連携が容易で便利ということが挙げられます。

たとえば、Illustratorで写真を含んだデザインを作る際、写真自体の色や形を調整するのは、Photoshopが便利です。

Photoshopで編集した写真を、わざわざ汎用的なデータで保存せず、そのままIllustratorに貼り付けることができるなど、ソフトを超えた連携は、Adobe製品に共通しているメリットです。

 

無料のAdobe Illustratorの体験版も試してみよう!

いまやデザインをするならなくてはならない存在のAdobe Illustrator

紙媒体からWeb、そして3Dまで、デザインの世界のありとあらゆることが、このAdobe Illustratorひとつでできます。

そんなAdobe Illustratorは、7日間の無料体験版が用意されています。まだ使ったことのない人も、お試しで、一度体験してみてはいかがでしょう?

Adobe Illustrator体験版で、あなたのデザインの世界を広げましょう!

Illustratorの無料体験版はこちら

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事