フォトショップとイラストレーターの違いは?あなたの目的に合ったソフトはどっち?

Adobeの2大アプリケーションソフトである、Photoshop(フォトショップ)とIllustrator(イラストレーター)。

何が違うのか、どっちを購入すればいいのか、迷いますよね。

そんな人に向けてこの記事では、PhotoshopとIllustratorの2つのソフトの違いと、あなたに合ったおすすめソフトをご紹介していきます。

Adobe PhotoshopとIllustratorの違いとは?

まずは、PhotoshopとIllustratorの具体的な違いや、それぞれに向いている作業を解説していきます。

Photoshopとは?

Photoshopとは、Adobe社が販売している画像編集ソフトウェアです。

「フォトショ」と略されるこのソフトは、画像編集の能力に長けており、フォトグラファーからWebデザイナーまで、幅広いデザイナーが使用するクリエイター御用達のデザインソフトです。

Photoshopの使用には、Adobe公式サイトでのライセンス契約が必要です。

 

Illustratorとは?

Illustratorとは、Photoshopと同じAdobe社が販売を行う画像編集ソフトです。

Adobe Illustratorの頭文字をとって「Ai」とも呼ばれるこのソフトは、イラスト制作や広告レイアウトなどによく使われるデザインソフトです。

Illustratorを使う場合もPhotoshopと同じく、Adobe公式サイトでのライセンス契約が必要になります。

 

Photoshopは画像の加工が得意!

Photoshopができることは多岐にわたりますが、中でも得意なのは画像編集・処理の作業です。

画像に合成処理を施したり、色彩や色味の調整、細かいサイズの変更や切り抜きなどの作業が得意なため、フォトグラファーの人に使われることが多いです。

また、ガイドやグリッドを表示することができ、便利なレイヤー機能もそろっているので、Webデザインの分野においても多く使われています。

一方で、イラストの描画や大量の文字打ちはできないことはありませんが、どちらかというと不向きな作業になります。

 

Illustratorはイラストの描画やレイアウトが得意!

Illustratorはイラストや図形の描画が得意なソフトです。

ペンツールを使って作図ができ、できた図形やオブジェクトの線や形などを細かく調整できます。

そのため、イラスト制作やロゴデザイン制作の分野で多く活躍しています。

また、グリッドレイアウトを自由に組むことができるうえに、直感的なレイアウトがしやすいです。

そのため、広告やポスター、雑誌や名刺などの印刷物の作成は、レイアウトデザインの得意なIllustratorが多く使われています。

 

データ形式の違い|Photoshopはビットマップ方式!

PhotoshopとIllustratorでは、取り扱うデータ形式に違いがあります。

Photoshopでは、ビットマップ方式と呼ばれる画像方式が使われています。

ビットマップ方式とは、1ピクセルごとの点の集合体として画像を表示する方式です。

ビットマップの画像は無数の点の集合体なので、画像を拡大していくと画像が荒くなったり境界線がぼやけたりするため、あまりきれいではありません。

しかし、高い解像度の写真や大きなサイズの画像を扱う場合においては、再編処理が早くなりデータサイズを小さくできるというメリットがあります。

したがって、Photoshopでは画像の加工をすることが多いため、複雑な輪郭線や配色を持つ写真の加工に適した形式である、ビットマップ方式が採用されています。

さらにPhotoshopのビットマップ方式は、ピクセルで表示されているWebデザインとも相性が良いです。

 

データ形式の違い|Illustratorはベクタ方式!

Photoshopが点の集合体であるビットマップ方式を採用しているのに対して、Illustratorではベクタ方式と呼ばれるデータ形式を採用しています。

ベクタ方式は、点と点を結んだ線で画像を表示する方式です。

点ではなく線データでオブジェクトを構成するため、拡大しても画像が荒くなることは無く、くっきりとした画像を作成できます。

そのためロゴの作成においては画像が鮮明でくっきりと表示され、べた塗もしやすいベクタ方式のillustratorが多く使われています。

一方で、べた塗された図形の中にグラデーションを付けたり、細かい手描き風の表現をしたり、などといった作業は不得意です。

 

Photoshopは写真の加工やWebデザインが得意!

 

Photoshopは、先述したような特徴によって、以下のような作業に向いています。

 

・写真の合成・修正

・複雑なグラフィックの加工

・写真の明るさや色味などの細かい調整

・ピクセルで表示されるWebデザインの作成

・手描き風の表現

 

このように、Photoshopは主に写真の加工が得意分野のデザインツールです。

 

Illustratorはロゴの作成やDTPデザインが得意!

 

Illustratorは以下のような作業に向いています。

 

・ロゴマークの作成

・ポスターや広告などのなどのDTPデザイン(紙面デザイン)

・Webデザインの素材作成

・ペンツールを使ったイラストレーションの作成

・セル画などの、正確な線の表示が必要とされるデータの作成

 

このように、Illustratorはくっきりとしたロゴやイラストの制作や、紙面のレイアウト作業に向いています。

【結論】あなたにおすすめなのは...

PhotoshopとIllustratorのそれぞれの特徴と得意分野がわかったところで、次はあなたにおすすめのツールはどちらなのか、ケースごとにご紹介します。

WebデザインをするならPhotoshopがおすすめ!

Webデザインをする場合、Photoshopの利用がおすすめです。

Webデザインの制作過程では、最初にカンプと呼ばれる仮レイアウトを作り、その後詳細なデザインを作り込んでいきます。

このカンプやデザインの作成はIllustratorでもできるのですが、挿入する画像の調整や切り抜きなどの加工はPhotoshopにしかできません。

そのため、Webデザインのほとんどを一つのソフトで仕上げることができるため、WebデザインにはPhotoshopがおすすめです。

 

印刷物の制作にはIllustratorがおすすめ!

画像と文字を組み合わせてレイアウトを行う、広告やポスター、名刺などの印刷物の制作にはIllustratorが向いています。

Illustratorは直感的にレイアウトしやすいのに加え、画像や文字の整列・配置がしやすくなっています。

逆にPhotoshopには大量の文字を扱う作業や、整列・配置の作業は不得意な分野です。

そこで、くっきりとした画像表示と、細かなレイアウト調整の必要な印刷物の制作にはIllustratorが向いています。

 

本格的に制作をするならPhotoshopもIllustratorも必要!?

それぞれの作業に向いたソフトをご紹介しましたが、Webデザインでも印刷物の制作でも、本格的に行うにはPhotoshopとIllustratorの両方を横断して使用する必要があります。

具体的には、

 

・Webデザイン:カンプの作成と詳細デザインの作成 →Photoshop

        挿入するイラストの作成      →Illustrator

 

・印刷物の制作:画像の編集・加工         →Photoshop

        画像と文字のレイアウト      →Illustrator

 

というように、それぞれの作業にはそれぞれを得意とするソフトがあります。

そこで、得意な分野を生かしつつ、同時にPhotoshopとIllustratorを利用して制作していくことが重要になります。

 

Adobe CCのコンプリートプランへの加入がおすすめ!

PhotoshopとIllustratorを使うには、それぞれライセンス契約が必要です。

しかし、単体プランを2つ契約すると利用料がかなり高くなってしまいます。

そんな時は、Adobe CCコンプリートプランを利用することで、PhotoshopとIllustratorを含む20以上のアプリケーションソフトをお得に利用できます。

Adobeのソフトはそれぞれが得意分野に特化しており、用途に合わせてそれぞれのソフトを横断しながら同時に使用する必要があります。

Webデザインや印刷物の制作に限らず、どの分野でも様々なソフトを同時に使用することでハイクオリティな制作を行えますので、Adobe CCコンプリートプランに加入しておくことをおすすめします。

 

PhotoshopとIllustratorの違いを理解して自分にあった方を選ぼう!

ここまで、PhotoshopとIllustratorの違いや、それぞれに向いた作業をご紹介してきました。

まずは自分のしたい作業がどっちのソフトに適しているかをよく吟味して、自分に合ったほうを選びましょう。

Adobe CCコンプリートプランならどちらのソフトもお得に利用できるので、PhotoshopとIllustratorで迷ったときにはおすすめですよ。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事