iPhoneで動画撮影をする際きれいな録音ができず、外部マイクが欲しいと思ったことはありませんか?iPhoneで動画撮影をする時は、外部マイクがあるときれいな録音が可能になります。この記事ではおすすめの外部マイクを7つ紹介します。

iPhoneでの動画撮影に外部マイクが必要な理由は?

iPhoneでの動画撮影において外部マイクが必要な理由は、必要な音を確実に録音するためです。最近のiPhoneは、高性能なものがどんどん登場していますが、集音に関してはまだイマイチと言ったところ。そのために外部マイクが必要になります。外部マイクが必要な理由をよく知り、音声から高品質な動画作りをしていきましょう。

iPhoneのマイクは通話用の録音

iPhoneは電話をするための機械です。そのため通話のような音声の録音は綺麗に撮ることが可能になりますが、動画撮影のような録音には向いていません。動画を撮影するための機械ではないので仕方がないことです。

と言っても最近のiPhone7以降はマイクの性能も良くなっています。マイクが4つも内蔵されていて、周りの音を集音することができます。しかしiPhoneの内蔵マイクでは、きれいな録音がまだできていない状態です。きれいな録音を実現するためにも外部マイクを利用した録音が重要になってきます。

 

iPhoneの外部マイクなら用途に合わせた集音が可能

外部マイクのメリットは、用途に合わせた集音が可能だということです。例えば、ライブ会場の臨場感を録音したい場合や会議中の話し声をはっきりと録音したい場合などに合わせた集音が可能になります。

このように場面に合わせた録音はiPhoneでは難しいです。用途に合わせた録音をするために外部マイクがあると便利になります。

 

iPhone用の外部マイクを選ぶポイントは?

外部マイクは種類が豊富で、接続方法から集音の方法までさまざまな種類があります。テキトーに外部マイクを購入しないように、まずは自分に必要な外部マイクを選んでみましょう。

動画撮影用マイクはlightning接続で選ぶ

iPhoneの外部マイクの接続方法ですが、イヤホンジャックlightning接続があります。

イヤホンジャックとは、ヘッドホンやイヤホンで使用する際に用いるプラグのことですよね。lightningとは、iPhone独自のプラグです。最近のiPhoneでは、充電プラグやイヤホンのプラグなど、ほとんどの接続方法にlightningが使用されています。

iPhone7以降の機種を使っている方は、lightning接続の物を選ぶようにしてください。

 

動画撮影用マイクは録音の指向性で選ぶ

録音には指向性と呼ばれる、集音範囲を表すものがあります。指向性には以下のような区分けがされています。

・全指向性(無指向性)

・単一指向性

・超指向性

・双指向性

「全指向性」とは360度を集音します。そのため大きなライブ会場などでは、観客の声なども一緒に録音するために用いられることがあります。ただ全指向性は、使うタイミングが他のマイクと比べると比較的に少ないです。そのため初めて買う外部マイクには向いていないでしょう。

「単一指向性」は、前面方向の音を拾うことができます。多くの外部マイクが単一指向性である場合が多いです。そして外部マイクを持っていない人なら一つは持っておきたいマイクとも言えます。

「超指向性」は、単一指向性よりももっと範囲の狭いものです。特定の人物や動物が発する音をピンポイントで集音することができます。環境音が不要の場合に用いられるマイクです

「双指向性」は前方と後方を集音します。左右を集音しないので、ちょっと特殊なマイクとも言えます。特にラジオ収録などで用いられ、密閉された空間で使用されることが多いです。

指向性でマイクを選ぶ場合は、自分がどのような動画撮影をするかによって大きく変わってきます。人物に焦点を当てた動画なら単一指向性や超指向性マイクがおすすめです。動画の内容が、自然やライブなどの環境音を扱う場合は、全指向性マイクがおすすめになります。

 

iPhone用の外部マイクおすすめ7選!

ここではiPhone用の外部マイクを紹介します。中にはイヤホンジャックで接続するマイクも紹介していますが、最近のiPhoneにはイヤホンジャックが接続できないようになっていますよね。

そこで必要になってくるのが、lightningのヘッドフォンジャックアダプタです。イヤホンジャックをlightning接続として変換してくれるので、イヤホンジャックのマイクの場合は必要になります。注意ポイントなので覚えておきましょう。

おすすめの外部マイク1:オーディオテクニカ AT9913iS

オーディオテクニカは、イヤホンやヘッドホンなどでも有名な大手メーカーです。そのオーディオテクニカの中でもAT9913iSは、おすすめのモノラル外部マイクになります。AT9913iSは超指向性マイクで、マイクを向けた方向の音をしっかりと録音することが可能です。

またマイク自体にイヤホンを差し込むことができるため音を確認しながら動画撮影することもできます。値段も高くなく、しっかりとした音を捉えることができるので、おすすめの外部マイクになっています。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥4,008 (2019/10/14 01:34:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめの外部マイク2:オーディオテクニカ AT9901

こちらもオーディオテクニカのマイクですが、AT9913iSと違うのは、ステレオマイクだということです。安価ながら臨場感ある録音が可能になっていて、コンデンサーマイクのような大きなものではなく、ピンマイク型の小さいものなのも魅力のひとつです。

安価で臨場感あるステレオマイクを購入したいならオーディオテクニカのAT9901で、人物などの特定の音を拾いたいならモノラルマイクのAT9913iSがおすすめです。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥3,377 (2019/10/14 01:34:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめの外部マイク3:Peterson Mini Capsule Microphone

 

とにかくコンパクトでiPhoneの内蔵マイクより良い音質で録音できるマイクを探しているならPetersonのMini Capsule Microphoneがおすすめです。何よりも魅力的なのが、そのコンパクトさです。ウズラの卵程度の大きさで、録音できる持ち運び便利なマイクになります。

 

おすすめの外部マイク4:Powangle コンデンサーマイク

さまざまな用途に使いたいならPowangleのコンデンサーマイクがおすすめです。コンデンサーマイクなので、歌手などが歌うときに使うような大きなマイクになります。そのため動きながらの録音には向いていませんが、音楽の収録や会議の録音、ライブチャットなどでも利用しやすいマイクになっています。

小さな三脚スタンドにポップブロッカー(ノイズを軽減するもの)がついていて安価なので、最初に買うマイクとしてはおすすめできるマイクです。

 

 

おすすめの外部マイク5:シュア(SHURE) MV88A-A

シュアはマイクやオーディオ機材を扱う大手メーカーです。シュアのマイクはプロも愛用することが多いため、iPhone用の外付けマイクとしても良い性能のものが多く販売されています。その中から、MV88A-Aは特におすすめのマイクです。

正面の音を拾う単一指向性マイクに加えて、左右に双指向性のマイクも搭載されています。そのため前の方向の音を立体的に拾うことができます。また耐久性にも優れているということで、持ち運びもしやすいマイクです。ただ少々お値段が高くなっています。

 

おすすめの外部マイク6:ズーム(ZOOM) MSステレオマイク iQ7

「安価なマイクは嫌だけど高すぎて性能が低いのも嫌。」というわがままな方には、ズーム(ZOOM) のMSステレオマイク iQ7がおすすめです。1万円以内で購入できるマイクとしてはかなり性能が良いと言えます。

まずシュアのMV88A-Aと同じように、単一指向性と双指向性の両マイクが一体化したものになっています。そしてそのマイクが回転するので、好きな方向にマイクを向けることが可能なのです。そのため録音したい音をしっかりと捉えることが可能になります。

created by Rinker
ZOOM(ズーム)
¥9,007 (2019/10/14 01:34:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめの外部マイク7:IK Multimedia  iRig Mic Field IRG-M/F

野外での音楽撮影やライブ会場、ホームビデオなど多くの場面で力を発揮するのがIK Multimediaの iRig Mic Field IRG-M/Fです。ステレオマイクということで環境音をメインにした動画撮影が得意でもあります。

lightning端子で簡単につなげることができ、「iMovie」や「Garage Band」などのアプリとも連携が可能になっています。iPhoneユーザーなら使い勝手も良いマイクと言えるでしょう。

created by Rinker
IK Multimedia(アイケーマルチメディア)
¥12,000 (2019/10/14 13:46:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

iPhoneにもマイクを付けて動画撮影しよう!

iPhoneの外部マイクには、多くの種類があります。今回はその中でも特におすすめの7つのマイクを紹介しました。7つのマイクもそれぞれに特徴があり、得意な録音パターンがマイクによってそれぞれ違います。

そのためあなたがどのような動画撮影を行いたいかによって、必要なマイクも変わってきます。まずはどのようなマイクが必要などうかを判断することが、重要なマイク選びになりますよ。

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

 

 

おすすめの記事