吉田幸生
こんにちは!VideoLab編集部 吉田幸生です。

Androidスマホには内蔵マイクが備わっています。もちろん、それでも録音ができます。でも、外部マイクを取り付ければ、より高音質な録音ができます。

外部マイクを利用すると、たとえば風切り音を防止できたり、ハンズフリーで通話ができたり、たくさんのメリットがあります。

一方で、やっぱりなんでもいいというわけではありません。予算や性能、選び方など、押さえたいポイントがあります。

そこでこの記事では、スマホに外部マイクが必要な理由、外部マイクの用途別の選び方、おすすめの外部マイク7選をご紹介していきます。

この記事の下のほうに、製品のオススメ情報を記載していますので、そちらもご覧ください。

商品名 最安値
(全て税込)
Amazonレビュー 
Tikyskyビデオ マイク
DSLR用
59個の評価
FIFINE
クリップマイク
74個の評価
ZealSound
コンデンサー
スマホマイク
1,183個の評価
UHURU ガンマイク スマートフォンビデオマイクキットUHURU
スマートフォン
ビデオマイクキット
93個の評価
ZumYu USBコンデンサーマイク PC/スマホ対応ZumYu
USBコンデンサーマイク
PC/スマホ対応
3,558個の評価 
Arama 携帯電話ヘッドセット マイク付きArama 3.5mm
ヘッドセット
1,183個の評価 
WINTORY MG-1
ゲーミングイヤホン
2,315個の評価
スポンサーリンク

スマホに外部マイクが必要な理由は?

スマホには内蔵マイクが備わっているので、スマホ一台でも録音は可能です。

では、なぜ外部マイクが必要なのでしょうか?スマホに外部マイクを取り付けることのメリットをご紹介します。

外部マイクが必要な理由①|SN比を高める

高音質で録音

外部マイクを使う理由は、ズバリSN比を高めること!SN比とは、シグナルとノイズのそれぞれの略です。『S=シグナル』『N=ノイズ』です。

欲しい音はどちらかというと、当然『S=シグナル』です。ノイズはできるだけカットします。このとき、SとNの比率で、よりSの方が大きければ大きいほど、音質が良くなります。

外部マイクを取り付ける1番のメリットは、この『SN比』を高めること。つまりは、内蔵マイクより高音質な録音ができることです。

外部マイクが必要な理由②|録音専用のマイクではないから

録音専用のマイクではない

Androidに限らず、スマホ内蔵マイクは、録音に特化した高性能マイクではありません。

最新のスマホだと、かなり性能が良くて、そこそこ良い音で録れるのですが、スマホの機種によってかなり音質が低いこともあります。

また、動画撮影に欠かせないクリアな音を収録したい場合や、インタビューや音楽の録音などで、少しでも音質にこだわりたい場合には、やはり外部マイクが必要です。

外部マイクが必要な理由③|動画撮影時に風切り音を防止できる

風切り音を防止

外部マイクを使うことで、録音時に風切り音が入るのを防ぐことができます。

特に、風切り音を防止する部品であるウインドジャマーが付いたマイクを選ぶことで、より風切り音が入らないクリアな音声収録ができます。

スポーツの場面や自転車、バイクなどに乗って動きながら撮影する場合や、屋外で撮影・音声収録する際には、風切り音の防止ができる外部マイクの取り付けをおすすめします。

外部マイクが必要な理由④|ハンズフリーで通話・録音できる

ハンズフリーで通話・録音

イヤホンやヘッドセットと一体となった外部マイクを取り付けることで、ハンズフリーで通話・録音ができます。

運転中や外出先などで手が離せないとき、イヤホンやヘッドセットと一体化したマイクを使うことで、スマホで手をふさぐことなく通話・録音ができます。

また、自分の口の近くまでアームを伸ばして録音できるので、オンライン会議やゲーム実況などの場面で、自分の音声だけをクリアに収録したい時に使えます。

【用途別】スマホ用マイクの選び方

スマホ用の外部マイクは、どのようにして選べば良いのでしょうか。

ここからは、スマホ用外部マイクの選び方を用途別にご紹介していきます。

動きながら動画撮影するならピンマイク式

ピンマイク式

屋外などで歩いたりして動きながら動画撮影をする場合には、ピンマイク式の外部マイクを選びましょう。

ピンマイク式とは、服にクリップなどで取り付ける小型のマイクのことで、サイズが小さく軽量なため、取り扱いしやすいメリットがあります。

動きのある撮影では、取り回しやすいピンマイク式の外部マイクがおすすめです。

高音質で録音したいならガンマイク式

ガンマイク式

音質重視で、雑音の少ないクリアな音で録音したい場合には、ガンマイク式の外部マイクがおすすめです。

ガンマイク式とは、一定方向の収音機能を高めることで離れた場所の音を拾えるようにしたマイクです。

ガンマイク式は収音性能が高く、余計な雑音が入りにくいメリットがある一方で、大型なものが多く、取り回しのしやすさはピンマイク式には劣ります。

インタビューや音楽の収録などの音質を重視する場面では、狙った音だけをクリアに録音できるガンマイク式を選びましょう。

ハンズフリーで通話・録音したいときはイヤホン・ヘッドセットタイプ

イヤホン・ヘッドセットタイプ

ハンズフリーで通話や録音をしたい場合には、イヤホンやヘッドセットと一体化したタイプのマイクがおすすめです。

ガンマイクタイプやピンマイクタイプは、マイク本体やマイクを取り付けたスマホを録音の対象に近づける必要があります。

しかし、イヤホンやヘッドセットタイプであれば、自分の声を収録したい場合にわざわざマイクを持つ必要がなく、マイクが口元に近いのでクリアな音声を収録できます。

録音したい対象に合わせて指向性のタイプを選ぶ

指向性のタイプ

マイクには、一定の方向の音を拾う単一指向性と、正面と背面の前後両方向からの音を拾う双指向性、全方向からの音を拾う無指向性の3つの指向性タイプがあります。

そのため、録音したい対象や周囲の環境に合わせて、この指向性タイプを選択する必要があります。

単一指向性

一定方向からの音だけを拾うので、周囲の雑音がノイズとして録音されにくいというメリットがあります。

一方で、音を拾う向きが決まっていて集音範囲も狭いため、録音したい対象に確実にマイクを向けておく必要があります。

双指向性

マイクの前後両方向の音をレコーダーとして拾えるため、単一指向性のマイクより集音範囲が広いメリットがあります。

両方向からの音を拾うので雑音が入りやすく、室内の撮影やスタジオ撮影、対談での収音に使われます。

無指向性

全方向からの音を拾うことができ、単一指向性や双指向性より広い範囲の音を録音できます。

雑音やノイズは入りやすい一方で、会議などで、たくさんの人がいる場所で効果を発揮します。会議やライブ会場などでの撮影に向いています。

Androidスマホ用の外部マイクおすすめ7選!

ここからは、Androidスマホ用のおすすめ外部マイクを7つ厳選してご紹介します。

様々なタイプのマイクをご紹介していきますので、ぜひ自分に合ったマイクを選んでみてください。

Androidスマホ用外部マイク① スマホカメラマイク Tikysky

スマホカメラマイク Tikysky

【風切り音が防止できる】

このスマホ用外部マイクは、風切り音防止のためのウィンド スクリーンが付属したマイクです。

このウィンド スクリーンがあることによって、屋外の撮影でも風切り音を気にせずに動画撮影が行えます。

単一指向性のマイクなので狙った方向の音を確実に拾うことができ、クリアで高音質な録画が可能です。

Androidスマホ用外部マイク② FIFINE クリップマイク

FIFINE クリップマイク

【ピンマイク式】

FIFINEのクリップマイクは、小型で携帯しやすく、撮影時に取り回しが楽なピンマイク式の外部マイクです。

無指向性のマイクなので、全方向からの音を収録でき、より自然な聞こえ方で動画撮影ができます。

スマホだけでなく、カメラやパソコンなど、対応機器が多いのも嬉しいポイントです。

Androidスマホ用外部マイク③ ZealSound コンデンサーマイク

ZealSound コンデンサーマイク

【高音質でおすすめのステレオマイク】

ZealSoundのコンデンサーマイクは、3.5mmステレオミニジャックに対応しており、スマホ、PC、タブレットなど様々な機器で使用できる便利なマイクです。

なんとボリュームやエコーが調整できるので、簡易的なミキサーの役割も果たします!

ラジオ収録やテレビ会議など、いろいろな場面で力を発揮する便利な一台です。

created by Rinker
¥3,236 (2021/10/22 12:20:15時点 Amazon調べ-詳細)

Androidスマホ用外部マイク④ UHURU ガンマイク ビデオマイクキット

UHURU ガンマイク スマートフォンビデオマイクキット

【照明・三脚・マイクのセット】

狙った方向からの集音が得意なミニガンマイク式。人物撮影や自撮りなどの動画撮影におすすめのマイクです。

ガンマイク、照明、三脚が一体なので、自撮りはもちろん、スマホをモニターにも使えます。三脚を手に持ってのインタビューにも便利です。バラバラに買うよりもまとめて欲しい人にオススメです。

Androidスマホ用外部マイク⑤ ZumYu USBコンデンサーマイク PC/スマホ対応

ZumYu USBコンデンサーマイク PC/スマホ対応

【スマホを使って自宅をスタジオ化】

単一指向性集音USBコンデンサーマイク。周囲の騒音を効果的に抑え、正面を中心として約130°の範囲で集音します。

サンプリングレートは最大192kHz/24bitに達して、プロなサウンドカードが内蔵され、収録した音声を忠実に再現できます。

Windows、Mac OS、Linux OSなどに対応。宅録はもちろん、YouTube用動画の収録、ニコニコ生放送などの配信プラットフォームを使ったゲーム実況やライブ配信にもおすすめです。

created by Rinker
MANLI
¥4,199 (2021/10/22 12:20:16時点 Amazon調べ-詳細)

Androidスマホ用外部マイク⑥ Arama ヘッドセット

Arama 携帯電話ヘッドセット マイク付き

【ウェブ会議やオンライン授業におすすめ】

Aramaのヘッドセットタイプのマイクは、軽量で女性にも使いやすく、長時間の利用でも疲れにくいのでウェブ会議やオンライン授業などで活躍する外部マイクです。

また、ノイズキャンセリング機能が内蔵されているため、クリアな音質で収音してくれます。

Androidスマホ用外部マイク⑦ WINTORY MG-1

WINTORY MG-1

【携帯性バツグン】イヤホンヘッドセット

イヤホンにマイクが付属したような小型タイプの外部マイクです。ヘッドホンタイプでなくイヤホンタイプになっているので、ヘッドセットよりも重量が軽く取り扱いが楽です。

また、装着式マイクとインラインマイクの2種類のマイクが使えるようになっています。

ゲーム実況や英会話、ボイスチャットなどで利用する際には、アームを自由に調整できる装着式のマイクを取り付けることでより高音質でクリアに音声収録ができます。

【最新版】Androidスマホ用のおすすめ外部マイク7選!

ここまで、Andoroidスマホ用外部マイクの必要性や選び方、おすすめマイクを7つご紹介しました。

外部マイクをおすすめする理由は?
●SN比を高めるため
●スマホマイクは、録音専用のマイクではないから
●風切音を防止できる
●ハンズフリーで録音できるから
外部マイクを選ぶポイントは?
●動きながらならピンマイク式
●高音質ならガンマイク式
●ハンズフリーならイヤホン・ヘッドセットタイプ
●対象に合わせて指向性で選ぶ
Androidスマホ用の外部マイクおすすめ7選は?
1:スマホカメラマイク Tikysky
2:FIFINE クリップマイク
3:ZealSound コンデンサーマイク
4:UHURU ガンマイク ビデオマイクキット
5:ZumYu USBコンデンサーマイク
6:Arama ヘッドセット
7:WINTORY MG-1

でした。

今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

動画制作や映像・撮影機材・Adobe製品の専門メディア『VideoLab』

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事