YouTubeなどに動画を投稿するならビデオカメラとマイクを使って音質の良い動画を投稿したいですよね。実は、ビデオカメラの内蔵マイクは音質があまりよくありません。そこで外付けのマイクを使います。この記事では、ビデオカメラにおすすめの外付けマイクを紹介します。

ビデオカメラでの動画撮影に外付けマイクが必要な理由は?

外部マイクは音質が良い

「なぜ内蔵マイクではダメなの?」と思う人もいますよね。理由は簡単で、内蔵マイクの音質があまり良くないからです。

マイクは音を集める専門器具です。良い音質で動画撮影したいなら外部マイクが必須といえます。

 

動画撮影の状況に合わせて集音できる

内蔵マイクはビデオカメラ周囲の音声を全体的に集音します。そのため目の前の人の声を重点的に拾ってほしいときには向いていません。そこで外部マイクが登場します。

マイクの種類が違えば、集音範囲に差が出るのも外部マイクの特徴。つまり、目の前の人の声だけを拾うマイクもあれば、コンサートのような広い範囲の音を拾うマイクあります。

どのような動画を撮影したいのかによってマイクの使い分けができるため、外部マイクは動画撮影にとって重要です。状況に合わせて集音できるのがメリットでしょう。

 

音質の良さは動画の良さに直結する

音質の良さが動画の良さに直結します。YouTubeなどの動画でも人の声があまり聞こえないような動画は、見ていて不快に感じるでしょう。外での撮影では風の音が強すぎて、見にくいと感じる人も多いはずです。それだけ、音質は動画の質に大きな影響を与えるのです。

外部マイクをつける理由は、良い動画にするため。音無しの動画ではない限り、外部マイクを付けるのが重要だと覚えておきましょう。

 

ビデオカメラ用の外付けマイクを選ぶポイントは?

外付けマイクは電源方式に注意

ビデオカメラ用の外付けマイクを選ぶときに重要なことは、電源方式を確認しておくこと。良いマイクかどうか以前に、電源方式をしっかりと確認しておかないと、外付けマイクそのものが使えないこともあります。

電源方式は基本2つです。

  • プラグインパワー方式
  • 電池式

 

プラグインパワー方式は、ビデオカメラ本体から電気を供給してもらう方式です。気軽に使えるのがメリットですが、ビデオカメラとの相性が悪いとノイズが走ってしまうことも。

電池式は、ノイズが走らないなどのメリットはありますが、常に電池の残量を確認する必要があるため面倒が増えます。

ビデオカメラによってはプラグインパワー方式に対応していないこともあるため、外付けマイクを購入する前に確認しておきましょう。

 

指向性で選ぶ

指向性とは、どの方向から集音するのかということです。大きく分けると3つの指向性があります。

  • 無指向性
  • 単一指向性
  • 超指向性

 

指向性の種類は他にもありますが、この3つを覚えておけば良いでしょう。無指向性とは360度を集音します。会議やコンサートなどで使うことが多いです。

単一指向性は一方向を集音します。後ろの音は拾わないため使い勝手の良いマイクと言えるでしょう。また外付けマイクのほとんどが単一指向性です。

超指向性とは、集音の範囲が極度に狭いマイクです。単一指向性よりも鋭い角度の音を拾えます。ガンマイクと呼ばれるのは超指向性マイクのこと。

 

モノラルかステレオか

集音の方法には、モノラルとステレオの2つがあります。モノラルは音の発生源が1つのときに利用したい方法です。モノラルの「mono」とは1つという意味があり、音が1ヶ所から聞こえるような状態です。

ステレオは音に広がりがあり、臨場感を味わえる方式です。イヤホンで聞くと右と左から別々の音が聞こえるのがステレオになります。

人が話しているような動画ではモノラルがおすすめですが、自然の音を拾いたいときはステレオがおすすめ。

 

ビデオカメラ用の外付けマイクおすすめ7選!

ビデオカメラ用の外付けマイクおすすめ1:RODE VideoMic GO コンデンサーマイク 003396


RODEの外付けマイクは、最初に買うマイクとしておすすめです。何よりRODEというメーカーが有名で人気が高く、使っている人も多いです。1万円以内で購入できるマイクとしては音質が良いので、初めて買う人には特におすすめです。

created by Rinker
RODE
¥11,000 (2020/02/25 00:12:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

ビデオカメラ用の外付けマイクおすすめ2:RODE VideoMicro


上と同じRODEの外付けマイクですが、こちらはMicroと名前がついている通り少し小さめ。値段も安く5000円程度で購入できます。さらに機能性も優れていて、コンパクトながら人気が高いです。ウインドジャマーショックマウントが付いています。こちらも初めて買う人におすすめ。

 

ビデオカメラ用の外付けマイクおすすめ3:オーディオテクニカ AT9946CM


オーディオテクニカはイヤホンなどでも有名ですが、外付けマイクも人気が高いです。特にAT9946CMは1万円前後で良い音質で集音できます。最大の特徴は、超指向性マイクの両サイドに単一性指向マイクがくっついていること。環境音とともに人の声もしっかりと拾うマイクですよ。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥9,681 (2020/02/25 00:12:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

ビデオカメラ用の外付けマイクおすすめ4:BOYA 指向性コンデンサーマイク BY-VM01


「とりあえず外付けのマイクがほしい!」という人には、BOYAのマイクがおすすめ。特にBY-VM01は、格安で購入できるのにも関わらず、ウインドジャマーやショックマウントが付いています。内蔵マイクよりは明らかにクリアな音を表現できるので、格安で購入したい人は候補に入れてみてください。

 

ビデオカメラ用の外付けマイクおすすめ5:ソニー SONY ECM-GZ1M C


ソニーのビデオカメラを持っている人は、ソニーのECM-GZ1M Cという外付けマイクがおすすめ。理由としてはソニーのビデオカメラなら互換性があるので、ノイズが走ることもないということ。そして、120度まで指向性を変えられるということです。動画撮影の状況に応じて使い分けられるのが特徴と言えるでしょう。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥8,170 (2020/02/25 00:12:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

ビデオカメラ用の外付けマイクおすすめ6:RODE VideoMic Pro+


「またRODEか!」と思うかもしれませんね。ただ、RODE VideoMic Pro+はRODEの中でも最上級のマイクです。値段も4万円近くしますが、機能性や音質はバツグン。ノイズを軽減できる仕組みや電源方式も3種類あり、電源が切れる心配をなくしてくれます。プロの映像クリエイターも利用するマイクですよ。

 

ビデオカメラ用の外付けマイクおすすめ7:アツデン SMX-30


メイドインジャパンの製品にこだわりをもつアツデン。SMX-30は、外付けマイクの中では高価で、機能性に富んでいます。特徴は超指向性のモノラルマイクと単一指向性のステレオマイクが付いていることです。状況により使い分けができるのでおすすめ。

created by Rinker
Azden
¥29,741 (2020/02/25 00:12:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

ビデオカメラにもマイクを付けて撮影しよう!

一眼レフカメラと比べるとビデオカメラの内蔵マイクの方が優れていると言います。しかし、あくまでも内蔵のマイクです。外付けマイクの音質には劣ってしまいます。そのため、良い動画を作りたいなら、外付けマイクで良い音質で撮影するようにしましょう。

まずは安価なものでも購入することをおすすめします。内蔵マイクよりは明らかに音質が違いますよ。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事