動画編集の在宅バイトはどんな仕事?求人サイトや業務内容をご紹介!

動画編集を趣味でやっている方で、バイトや在宅ワークとして仕事にしたいと考えている方も多いでしょう。今回は動画編集のバイトの探し方業務内容メリットデメリットなどを徹底解説していきます。

ぜひこの記事を参考にして動画編集のバイトを始めてみてください。

 

動画編集のバイトの業務内容とは?

動画編集のバイトの業務内容は、YouTube(ユーチューブ)の動画編集結婚式のための映像編集など様々です。

行う業務は、撮影された動画のカットや音楽の挿入、インサート(写真など)の挿入、テロップ入れ・文字起こしなどがメインになります。動画編集の業務は、テロップのタイミングや色・大きさなど工夫一つで、視聴者に与える影響が変わるので、やりがいやおもしろさを感じられるでしょう。

 

YouTubeの動画編集

芸能人やビジネス系YouTuber、大学生などもYouTubeで発信をする人がかなり増えてきています。YouTuberが増えているので、需要が拡大していて案件も多いです。

また、YouTubeの動画編集は最低限の編集スキルでお仕事を出来ます。

 

ブライダルの動画編集

続いてはブライダルの映像の編集です。結婚式中に流す新郎新婦の思い出ムービーやプロフィール動画の編集の仕事などがあります。

また、結婚式で撮影された映像を編集して記念の動画を納品するお仕事もあり、節目に携われるので、やりがいのある仕事になるでしょう。

 

企業や商品のPR映像の編集

企業のPR動画や商品のPR映像を編集するお仕事です。

PR動画のレベルになってくるとYouTubeの動画編集よりも高度なスキルが求められるようになります。スキルをしっかり身に付けて、PR動画を制作出来るレベルになると単価も高くなってくるでしょう。

 

動画編集バイトのメリット・デメリットは?

動画編集バイトのメリットデメリットを解説します。動画編集バイトの特徴をしっかり把握していきましょう。

 

動画編集バイトのメリット①:在宅で将来使えるスキルが身に付く

動画編集は在宅ワークが可能なものがほとんどなので、地方に住んでいても高時給で働けます。動画編集のバイトをすることで、スキルが身に付くので一つ手に職を付けることが可能です。実際に自分のスキルで仕事をすることで就活に役立つだけでなく、クリエイターになることを考えている方は、第一歩を踏み出せます。

また、スキルを身に付けることで将来の選択肢や可能性が広がるのも大きなメリットでしょう。

 

動画編集バイトのメリット②:動画市場が拡大している

5Gが来るといわれていて動画の市場がどんどん拡大しているので、動画編集者の需要は大きいです。また需要が増えている市場で、スキルをしっかり身に付けておくことで高い時給でお仕事をすることが可能です。

レベルの高い動画編集者になれば、仕事がなくなるということはないでしょう。

 

動画編集バイトのデメリット:依頼者の意向を読めない人はNG

動画編集のお仕事は、クライアントの意向に沿った動画を作るために編集するので、自己表現をしたい方には向いていないでしょう。

また、動画編集の仕事はある程度の型はあってもマニュアル通りに編集すればいいということはありません。テロップのフォントや色などによって視聴者の評価が変わるので、視聴者に合わせた動画編集を行う必要があるでしょう。

 

動画編集バイトに向いている人は?

メリットとデメリットを踏まえたうえで、動画編集のバイトに向いている人はクライアントの意向や動画の目的を理解して、それに沿った動画を編集できる人です。クライアントだけではなく、どうやったら視聴者に刺さるか、どうやったら伝わりやすいかを想像できることも必要になってくるでしょう。

また、長時間パソコンに向かって編集をすることになるので、黙々と作業出来る人が向いています。総じて、黙々と作業に取り組めてクライアントや視聴者など動画に関わる人のことを考えられる人にピッタリの仕事です。

 

動画編集バイトの求人はどうやって探す?

動画編集バイトの特徴がわかったところで、動画編集バイトの求人を探す方法を定番からあまり知られていない方法まで4つ紹介いたします。

 

求人サイトを利用して在宅ワークを探す

1つ目は一般的な方法ですが、タウンワークやIndeedなどの求人サイトを利用する方法です。動画編集者を募集している会社を探して、自分が望む条件にマッチする会社を探しましょう。

 

企業のホームページから探す

2つ目は、企業のホームぺージから直接応募をする方法です。

動画編集は映像会社だけでなく、ウェブ制作の会社や先ほど述べた通りブライダル関連の会社でも募集しています。様々な企業を調べて自分の気に入った企業に応募してみましょう。

 

クラウドソーシングで仕事を探す

3つ目はクラウドソーシングで仕事を探す方法です。ランサーズwww.lancers.jp)やクラウドワークス(https://crowdworks.jp)などのクラウドソーシングのサイトで仕事を探す方法です。

クラウドソーシングで仕事をする場合は、大きな問題はないですが、業務委託になるので普通のアルバイトとは違う点に注意しましょう。クラウドソーシングでは数多くの動画編集の案件があるので、ぜひチェックしてみてください。

 

Twitterで仕事を探す

4つ目はあまり知られていないのですが、Twitterで仕事を探す方法です。Twitterで「動画編集 募集」などで検索をかけると、仕事の募集が出てきます。

Twitterでお仕事を探す際は、仕事を募集している方がどのような方かアカウントを見ればわかるので、安心して仕事を応募できます。マイナーな方法ですが、かなり有効なのでぜひ試してみてください。

 

動画編集バイトで収入を上げる方法を厳選!

仕事をする際はどうせなら収入が高い方がいいですよね。そこで動画編集バイトをする上で収入を上げる方法を3つ紹介いたします。

 

収入UPの方法①:編集スキルを磨く

ここは、簡単な話ですが動画編集のスキルを磨くことが大事です。

単純なテロップ入れや音楽の挿入でも、工夫1つで伝わり方が変わってくるので、伝わりやすい編集・ワンランク上の編集ができると収入UPに繋がります。

 

収入UPの方法②:ハイクオリティなポートフォリオを作成する

動画編集者が仕事を獲っていく上で欠かせないのが、ポートフォリオの作成です。ポートフォリオを制作することで、依頼者に自身のスキルを証明できるので、案件獲得にも繋がります。

自身のスキルが100%わかるクオリティの高いポートフォリオを作成することで、高単価な案件を獲得出来るかもしれません。仕事に応募する前に自身のスキルを証明するためのポートフォリオを作成しましょう。

 

収入UPの方法③:他のスキルを掛け合わせる

最後3つ目は、他のスキルを掛け合わせる方法です。動画編集のスキルだけでなく、After EffectsやPhotoshopなどを掛け合わせて利用できる人は収入UP出来るでしょう。

また、それだけでなくクライアントに対して「視聴者の反応が変わったので、○○した方が良いのではないでしょうか」など提案を出来る方は、継続の案件を獲得出来たり単価交渉しやすくなります。

動画編集が好きなあなたに最適の在宅バイト!

動画編集が好きな方はまずYouTubeの動画編集のバイトから始めてみましょう。YouTubeの編集は最低限のスキルがあれば始められるので、第一歩としてYouTubeの動画編集から始めてスキルを重ねるごとにステップアップしていくことをおすすめします。

動画編集の仕事は在宅で出来るだけでなく、様々なメリットがあるのでこの記事を参考にして仕事を探すことから始めてみてください。

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事