動画編集の求人情報のチェックポイント。おすすめ求人メディアも紹介

「動画編集の求人はどうやって探せば良い?」「在宅やアルバイトとしても働くことができる?」

たくさんの企業や個人がマーケティングや販促に利用するようになり、制作会社以外での動画編集の求人も増えつつあります。しかし、動画編集の仕事に対しては、就業形態や勤務形態、必要スキルについて疑問を持つ人も少なくありません。

そこで今回は、動画編集の正社員や在宅のアルバイトなど、求人に応募する際のポイントや求められるスキルなどを詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

動画編集の求人ってどんなメディアがおすすめなの?

動画編集の求人を探す場合、どのような求人サイト転職サイトを使えば良いのでしょうか。ここでは、動画編集者の募集に強みを持つ3つのサイトを紹介します。

doda(デューダ):動画編集を含めた求人数が最大規模

doda(デューダ)は、10万件以上もの求人を保有する国内最大規模の転職サイトです。

とうぜんですが、動画編集者を募集するものもあり、多数の案件から自分に最適な求人を探すことができます。また、自ら検索して仕事を探す求人サービスのほか、専属アドバイザーに悩みを相談できるエージェントサービスを利用できるのも強みの一つです。

転職の相談や非公開案件の紹介、さらに年収交渉まで行ってくれます。

 

Green(グリーン):動画編集の求人などのIT業界に特化

Green(グリーン)は、IT・Web業界の求人に特化した転職サイトです。

特定の業界に限定しているので限定求人レア案件が見つかりやすく、すでに業界や職種が決まっている人に向いています。

動画マーケティングを活用する企業が増える中、自社内で動画を制作したいニーズも手伝って、在宅ワークでの動画の編集者を探すケースも珍しくありません。Greenは同業界で大手の転職サイトにあたるため、中小から大企業まで幅広い企業を探せます。

 

キャリトレ:未経験でも可能な仕事が見つかる

キャリトレは、ビズリーチが運営する第二新卒向けの転職サイトです。20代の転職者に特化したサービスなので、未経験から動画編集を始めたい人に向いています。

自分自身で仕事を探すこともできますが、プロフィールを登録しておくだけでヘッドハンティングされる可能性もあります。

能動的かつ受動的に転職を進めていける優れた転職サイトです。

 

動画編集の求人情報を探す時のチェックポイントは?

動画編集の正社員や在宅のアルバイトの求人を探す際は、どのような点に注意すべきなのでしょうか。ここでは、求人情報を探す時のチェックポイントを解説します。

自己分析で自分の理想や将来像をイメージする

まずは自己分析を行い、自身のやりたいことや目的を明確にしましょう。

一口に動画編集といっても将来の独立のために実績作りとして行うのか、それとも現在の働き方を見直そうと考えているのかなど、一人ひとり目的が違います。また、企業に所属して働きたいのか、業務委託で個人として活動したいのか、も異なります。

そのため、いままでの経歴やスキルなどを見つめ直し、自分の将来像をイメージして仕事を探すことが大切です。

 

応募先を限定しない

求人を探す際は、なるべくたくさんの企業に興味を持ち、多数の正社員や在宅のアルバイトなどの求人へ応募するようにしましょう。応募先を限定してしまうと比較検討の判断材料が欠けるほか、落選した場合の保険がなくなってしまうからです。

さまざまな動画編集の求人へ応募し、多くの採用担当者と話しをすることで、その企業の強みや弱みが明確になるメリットがあります。

複数の応募先を比較することで、自分に向く企業が判別しやすくなるでしょう。

 

さまざまな媒体から情報調査を行う

気になる企業が見つかった後は、徹底的に情報収集を行いましょう。最低限の情報は求人に記載されていますが、社内の雰囲気や風土などの働きやすさに影響する情報は自分で調べないといけません。

たとえば、企業の公式ホームページや口コミサイト、OB・OG訪問、ハローワークなど、さまざまな媒体を駆使できます。

より精細な情報を集めておくと、入社後に「こんな会社とは思わなかった」と後悔するリスクを抑えられます。

動画編集を仕事にするのは大変なのか?

初めて動画編集の仕事を行いたい人にとっては、「動画編集はきついのでは?」というイメージを抱く場合もあるでしょう。そこで、動画編集の正社員や在宅のアルバイトなどの求人募集に応募する場合やフリーランスで働く場合によくありがちな疑問を以下で紹介し、それぞれの内容を検証してみます。

定時で働くのは難しい

動画編集の仕事は、特に業務時間が決まっていません。そのため、「子育てがあるので定時以外の仕事はきつい」という方には不向きでしょう。

その代わり、働く時間について比較的自由に決められるメリットがあります。納期をしっかりと守って納品すれば働く時間帯は自由なことが多いため、自分のライフスタイルに合わせて柔軟に働きたい人におすすめです。

在宅やアルバイトとしての求人もありますので、積極的応募していきましょう。

 

仕事では自己表現よりも正確性が求められる

動画編集の仕事を求人から探す場合、クライアントの要望を叶える作品を提出することが基本です。そのため、自分が動画で表現したいことを実現する場ではありません。

クライアントが求める品質や納期、編集内容を厳守する必要があり、自己表現よりも正確性が求められます。

もしクリエイティブに動画を編集したいという方は、仕事の受注によって経験を積み、十分に実力をつけてから求人募集への応募やフリーランスの仕事に挑戦すると良いでしょう。

 

在宅やバイトでも自分自身で頑張れる方法を探す必要がある

無事に入社したあとは、スキルアップモチベーションアップなど、頑張れる方法を探しましょう。

ずっと画面を見て何かを作り上げることが好きな人には問題ありませんが、やはり拘束時間が長かったり、思ったような職場でなかったときに、モチベーションが下がってしまうこともあります。

100%希望通りの会社で働けることは、それほど多くはありません。当然、不満もありますが、そんなときには「時期によってどのような動画が求められているのか」「最近のトレンドは何か」など、自身で常に成長を図り、モチベーション維持に努めましょう。

 

クライアントによって要望が細かく異なる

動画編集の仕事を受注する場合、クライアントによって要望や仕様書の内容が細かく異なります。

そのため、アルバイトや在宅ワークでもクライアントの要望をしっかりとヒアリングし、正確納品を心がけなくてはいけません。

さまざまなクライアントとの取引は自分を成長させてくれます。マニュアルや仕様書を読んでいるだけでも勉強になりますし、相手に気に入ってもらえれば新しい仕事につながる可能性も秘めています。

 

動画編集の求人に応募したい。どんな経験が必要?スキルは?未経験者は?在宅でもOK?

動画編集の正社員や在宅のアルバイトなど、求人に応募したい場合、どのような経験やスキルが必要なのか、または未経験でも可能なのかなど、人によって悩みや疑問はさまざまです。そこで、スキルや経験、就業形態などのよくある疑問への回答を以下でお伝えします。

最低限の専門知識とコミュニケーションスキルが必要

動画編集を行う場合はまず最低限の専門知識が必要です。たとえば、動画の不要な箇所を取り除くカットや、タイトルや字幕などを付与するテロップ挿入などです。専門知識とはいえ習得は難しくないため、求人に応募する前に独学でも十分に学べます。

一方、コミュニケーションスキルとは、クライアントの意図を正確に読み取って作品に反映する理解力や、単価や納期などを調整するための交渉力などを指します。

上記の専門知識よりも高度なスキルですが、何度も仕事をこなしていくうちに上達が可能です。

 

未経験者はややきついが独学も可能

「未経験で動画編集の仕事はきつい」と悩んでしまい、求人への募集をためらってしまうケースもあります。結論からいえば、未経験でいきなり動画編集の仕事を受注するのはやや困難といえます。

クライアントはお客様です。未経験者を一から丁寧に指導してくれるわけではありません。

一方、自分自身で頑張れる方法もあります。たとえばYouTubeの動画講座やオンライン学習サイトなどを使えば独学であっても、仕事ができる範囲までスキルを向上できるでしょう。

 

在宅やアルバイトの求人も多い

動画編集の仕事は、在宅やアルバイトの求人も少なくありません。

在宅の場合は自宅で効率良く作業ができ、アルバイトは空き時間を生かして仕事をしやすいといったメリットがあります。

また、ある程度経験を積めば、フリーランスとして活動することもできるでしょう。求人サイト以外にもクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングから受注もできるため、取引先や仕事の条件などの選択肢が広がります。

 

受かってからが本番。動画編集をしたい人向けの求人のその先は?

ここまで、動画編集の求人を探すポイントや必要なスキルなどを紹介しました。大手転職サイトでも動画編集者を募集する求人が増えており、スキルは独学でも習得できるため、決してハードルの高い仕事ではありません。

ただし、動画編集に限らず、仕事は決まってからが本番です。クライアントの要望に添い、安心・確実な作品を納品しなければならないでしょう。

そのため、仕事を獲得した後も自己研鑽を怠ってはいけません。常に学ぶ意識を持ち、いま以上に良い得意先を獲得したり、より高い品質の作品を作れるような頑張れる方法を見つけましょう。

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

 

スポンサーリンク
おすすめの記事