PowerDirector(よみ:パワーディレクター)は、多くのサイトで、おすすめソフトとして紹介されている動画編集ソフトです。

どんなソフトなのか気になりますよね。

この記事では、PowerDirectorの特徴や他のソフトと比較した結果をご紹介します。動画編集ソフトを探している方はこの記事を読んで、ソフト選びの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

PowerDirectorってどんなソフト?

まずはPowerDirectorの簡単な紹介です。

PowerDirectorは、基本的な動画編集機能がメインで、初心者〜中級者の方におすすめのソフトです。

動画編集ソフトを選んでいる人にとって、一番気になる『価格』や『購入方法』について、まずは情報をまとめました。

PowerDirectorってなに?

PowerDirectorは、CyberLink(サイバーリンク)社が開発・販売を行う動画編集ソフトです。

カット編集や、動画へのテロップやBGMの挿入など、一般的な動画編集の機能を備え、様々な機器やフォーマットに対応したエンコード出力も可能です。

DVDやブルーレイディスクへの書き出しも可能なので、このソフト一本で動画編集の一連の作業を完結させることができます。

PowerDirectorの5つのエディションの違い

PowerDirectorは、機能や購入方法によって5つのエディションが販売されています。それぞれのエディションについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

PowerDirector Ultra
価格=¥12,980 目立った機能制限はないが、一番標準的なモデル。
PowerDirector Ultimate
価格=¥15,980 Ultraにテンプレートやエフェクトを追加したモデル。
PowerDirector Ultimate Suite
価格=¥20,980 Ultimateよりもテンプレートやエフェクトが多く追加されており、AudioDirector(音声編集ソフト)やColorDirector(ビデオ用色編集ソフト)が一緒に収録されている。
PowerDirector 365
価格=¥517/月 サブスクリプション版。動画用アドオンや、BGMと効果音を全て無料で利用することができる。
Director Suite 365
価格=¥998/月 サブスクリプション版。PhotoDirector(写真編集ソフト)やAudioDirector、ColorDirectorが一緒に収録されている。

PowerDirectorのエディションは以上のように分けられています。

下位モデルのUltraでも十分な動画編集機能は備えていますので、Ultraを購入しておけば一通りの動画編集はできます。

また、長く使い続けるのであれば、最新版へのアップデートが可能なサブスクリプション版がおすすめです。

PowerDirectorを購入する方法

PowerDirectorを購入するには、公式サイトで購入する方法と、AMAZONで購入する方法、家電量販店などで購入する方法があります。

公式サイトでは割引セールが行われていて、お得に購入できる場合がありますし、30日間の返金保証もついてきます。

AMAZONや家電量販店などで購入する場合は、独自のセールでお得に買えたり、ポイントの利用ができたりしますが、サブスクリプション版は公式サイトでしか購入できません

PowerDirectorの特徴・評価は?

ここからは、PowerDirectorを他の動画編集ソフトと比べた場合の特徴や、評価についてご紹介していきます。

PowerDirectorの特徴①|使い方がわかりやすい

PowerDirectorの1番の特徴として、使い方がわかりやすく、直感的な操作がしやすいということが挙げられます。

ツールバーの操作やタイムラインの形状が独特で、わかりにくいというデメリットもありますが、その反面、ユーザーインターフェースは、とてもシンプルです。

目的の機能がどこにあるか一目でわかるようなデザインです。

PowerDirectorの特徴②|エフェクトの種類が豊富

PowerDirectorは、エフェクトの種類が豊富に用意されています。

シーン別にエフェクトがたくさん用意されており、エフェクトの拡張性は高いです。

用意されているエフェクトは比較的簡単なものが多く、初心者〜中級者の方に限らず、十分に動画編集を楽しむことができるでしょう。

PowerDirectorは総合的に評価があまりよくない!?

PowerDirectorは、ネット上では高評価で紹介しているサイトが多いです。

PowerDirectorは、入門用として初心者や中級者の方にはおすすめできる動画編集ソフトです。

ただし、将来的に、動画編集を副業として稼ぎたいのなら『Adobe Premiere Pro』のようなソフトへの乗り換えが必要になる可能性があります。

編集長
理由は簡単。発注元と同じソフトを使っている人の方が信頼性が高いから

編集部ディレクター
修正の際にソフトの互換性が問題になる可能性が考えられるためです

でも、そうでなければ、PowerDirectorでも、基本的な編集機能から高度な編集まで、動画編集を楽しむことは可能です。

PowerDirectorと他の動画編集ソフトを比較

ここまでPowerDirectorについてご紹介してきましたが、ここからはPowerDirectorと比較すべき動画ソフトについてご紹介していきます。

もしも、他のソフトを使ってみたいと思ったときに、PowerDirector以外でもおすすめの動画編集ソフトをご紹介します。

【比較するべきソフト】Premiere Pro

動画編集ソフトで、世界的に有名なソフトと言えば、Premiere Proです。

Premiere Proは、Adobe社が開発・販売を行う動画編集ソフトで、高い機能性や拡張性の高さから、プロ御用達の動画編集ソフトと言われています。

Premiere Proはソフト単体としての機能の高さはもちろんのこと、Adobeの出す他のクリエーターソフトとの連携がしやすいというメリットがあります。

PowerDirectorも写真ソフトと連携可能

他のソフトとの連携のしやすさや、ソフト単体の機能性の高さなどから考えると、動画編集ソフトとしてはPowerDirectorよりPremiere Proの方がおすすめだという人もいます。

でも、PowerDirectorも操作が直感的にしやすく、多くのユーザー数が示すように、優秀なソフトであることは間違いありません。

連携面でも、最上位の『Director Suite』では、写真や音声、色編集ができるから、です。

Premiere Proの体験版を使ってみよう!

上の動画は実際にPremiereProで編集された動画です。

Premiere Proがおすすめソフトであることが分かったところで、導入前に実際に使ってみたいですよね。

そんな時は、Premiere Proの無料体験版を使ってみましょう。

>> Premiere Pro 7日間無料体験してみる

Premiere Proの無料体験版には、機能制限が一切ありません。

ですので製品版と同じ機能を、同じ環境で、期間内は完全無料で試してみることができます。

是非、Premiere Proの無料体験版を利用してみて、ソフトの性能の高さや、動作環境を体験してみましょう。

PowerDirector以外のソフトも検討しよう

ここまで、PowerDirectorの特徴や、他のおすすめ動画編集ソフトについてご紹介してきました。

どちらも優秀なソフトです。なので、予算や副業としてやるのか?ただ、YouTuberとしてやってみたいのか?などを検討して、購入をすることをオススメします。

まずは、どんなソフトを使ったとしても『やってみること』です(笑)。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

動画制作や映像・撮影機材・Adobe製品の専門メディア『VideoLab』

 

動画で副業を始めたいあなたへ

動画で副業を始めるならPremiere Pro動画で副業を始めるなら、動画編集ソフトは『Premiere Pro』一択です。その理由は、仕事を発注する側もほとんどPremiere Proを使っているから…。もしも違うソフトで作業をして、互換性のトラブルが発生したら、発注先にも迷惑がかかってしまうかもしれません。Premiere Proを使えば、それだけで、あなたの動画編集の効率と信頼性は、ワンランク上に見てもらえますよ。

 

まずは体験版でその価値を試してみませんか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事