ワイヤレスピンマイクが欲しいけど、どれを選べば良いか分からないと言う方も多いのではないでしょうか?

この記事ではワイヤレスピンマイクの特徴や選び方、おすすめのワイヤレスピンマイクについて詳しく説明していますので、是非参考にしてください。

ワイヤレスピンマイクの用途は?

この項目では、ワイヤレスピンマイクはどんな時に使用するものなのか?その用途について詳しく説明しています。無線で録音ができるワイヤレスマイクには様々な用途や使い方が存在します。

ワイヤレスピンマイクの用途|無線だから音を対象近くで録音可能

一眼レフやシネマカメラに挿すガンマイクなどは、有線でカメラのマイク端子に挿して使用するため、人の音声を録音するには少し距離が空いてしまうことがあります。

距離が開くと音声が聞き取りづらくなったり、遠くから聞こえるような感じに録音されてしまうため、そのような状況下ではピンマイクが使用されることが多くあるのです。

マイクの長さ、線の長さを伸ばせばマイクを近づけることが可能ですが、線が邪魔になってしまったり、カメラにマイクと線が映り込んでしまうため、TVを始めとする映像作品では外ロケ、スタジオに関わらずタレントの方はピンマイクを付けて撮影しています。

特にワイヤレスピンマイクは無線のため、カメラとマイクの位地を考えずに対象の音声を録音することが可能です

 

ワイヤレスピンマイクの用途|ゲームのボイスチャットや配信が可能

最近ではPS4やNINTENDO Switchなどオンランに接続できるゲーム機の普及で、ゲーム用にマイクを使用される人も増えています。

ゲームの場合は受信機や送信機などは使用せずに、BluetoothやWi-Fiで通信するタイプのピンマイク多いです。

 

ワイヤレスピンマイクの用途|イベントなど両手を空けた状態での録音可能

ワイヤレスピンマイクはイベントやセミナーなどの場でも活躍します。マイクを握ったままだと、片手が塞がりますが、ワイヤレスピンマイクを利用すれば両手を空けた状態で、ホワイトボードに文字を書いたり、受講者に内容を伝えやすくなります。

 

【用途別】ワイヤレスピンマイクの選び方は?

ワイヤレスピンマイクと一括りにしていますが、収音の指向性や、周波数など様々な種類があります。用途に合わせて自分に合ったワイヤレスピンマイクの選び方を詳しく説明しています。

ワイヤレスピンマイクの選び方|全ての音を録音したいなら全指向性

全指向性のワイヤレスピンマイクは360度の音を収音することが可能です。どこに喋りかけても同じように録音することができます。そのため、マイクにより限度はありますが1つで複数の音声、その場の空間全体を録音することができるため、会議など不特定多数の音声を録音することに長けています。

ただし全方向を録音できると言うことは、ノイズなども入りやすくなるため、映像作品の制作などには不向きです。

 

ワイヤレスピンマイクの選び方|特定の音だけの録音なら単一指向性

単一指向性のワイヤレスピンマイクは、マイクが向いている方だけの音を録音することが可能なマイクです。マイクが向いていない方からの音声は後ろから話しかけられたように録音されます。

録音したい音だけを収録できるため、ノイズが入りにくく綺麗に録音することが可能です。ただしマイクの向きが外れると、上手に録音されないので注意が必要です。

 

ワイヤレスピンマイクの選び方|周波数で選ぶ

周波数とは簡単に説明すると録音できる音の高さと低さの事です。声の周波数は概ね100Hz~1000Hzなので、この範囲が録音できるワイヤレスピンマイクを選ぶと、人の声は問題なく録音することが可能です。

しかし同様の周波数では、楽器の音などが綺麗に録音できないので、使用する用途に合わせてピンマイクの周波数帯域にも気をつけて購入が必要です。

 

ワイヤレスピンマイクの選び方|安いものを選ぶ

ワイヤレスピンマイクには安いものから、高いものまで存在します。一般的には送信機と受信器があってワイヤレスピンマイクを使用することが可能です。なので送信機、受信器を高くて性能の高いものにしておいて、ピンマイク自体は安いものを選ぶと言う選択肢もあります。

 

ワイヤレスピンマイクおすすめ7選!

ここからは、おすすめのワイヤレスピンマイクを紹介していきます。本格的なものから低価格で購入できるライトなものまで、紹介しているので是非参考にしてください。

おすすめのワイヤレスピンマイク|2.4G ワイヤレスマイク


高音質に音を再現できる2.4GHz帯を使用したワイヤレスピンマイクです。送信機と受信器が付属しており、このセットを購入すればすぐに使用することができます。また送信機側は手元で音量を調整することができるコントローラーにもなっているので、受信器(カメラ側)から遠く離れた場所でも操作が可能になります。

 

おすすめのワイヤレスピンマイク|RODE ワイヤレスマイクシステム


RODEワイヤレスマイクシステムは、送信機と受信器のセットで、ワイヤレスマイクシステムとしては、ほかの製品と比べてもかなり小型で軽量です。送信機側がそのままマイクになっていて、クリップで胸元に付けることができます。

また外部のピンマイクの接続できるので、好きなピンマイクの送受信システムとしてだけでも使用することができます。

 

おすすめのワイヤレスピンマイク|パナソニックWX-4300B


800MHz帯までのスピーカーに音を送信することが可能な、ワイヤレスハンズフリーのピンマイクです。送信機は手のひらサイズなので、ポケットに収納可能。ビジネスシーンや講義など多くの場所で活躍するワイヤレスピンマイクです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥25,800 (2020/02/24 15:16:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめのワイヤレスピンマイク|ワイヤレスマイク セット


送信機2台と受信器1台がセットになって、1万円を切るコスパの高いワイヤレスピンマイクのセットです。送信機は周波数が2台とも異なるため、受信器1つで同時に使用することも可能です。

受信器が大きくほぼ据え置き型のため、イベント、セミナー、講演会など移動を伴わない環境での使用におすすめです。

 

おすすめのワイヤレスピンマイク|Alvoxcon ワイヤレスマイク


UHF無線伝送技術を使用した単一指向性のワイヤレスピンマイクです。自動ペアリングで使いやすく送信距離は40メートルまでとなっており、飛び抜けて広くはありませんが、街中のロケや移動を伴う撮影でも問題なく使用できるだけの、性能を備えています。

5,000円以下で購入ができてコスパが高く、アマゾンレビューでも高い評価を受けています。

 

おすすめのワイヤレスピンマイク|SABINETEK SmartMike+

スマートフォン向けの超小型のワイヤレスピンマイクです。スマホとはBluetoothで接続できるので、操作が簡単です。スマホで映像を撮る場合は音声の悪さがネックですが、これを使用すればYouTubeなどにアップしていてもおかしくないクオリティで撮影が可能です。

 

おすすめのワイヤレスピンマイク|ワイヤレス ピンマイク 無線マイク


価格が1,230円で送信機、受信器が付いている破格のワイヤレスピンマイクセットです。

手のひらサイズで、ボリューム調節も手元で可能と、一通り必要な性能を備えたセットとなります。本格的なものは、まだ必要ではないけど、とりあえず必要な場合はこのセットがおすすめです。

 

用途にあったワイヤレスピンマイクを見つけよう!

今回の記事では、ワイヤレスピンマイクについて詳しく説明しました。本格的な撮影で使用するものから、ゲームなどに使用するものなど、様々なものがあるのでワイヤレスピンマイク選びの参考にしてください。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事