Adobe Animateは一体何ができるソフトなのか、疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

この記事ではAdobe Animateの特徴や、Adobe After Effectsなど他のソフトと何が違うのかを詳しく説明していますので、是非参考にしてください。

Adobe Animateってどんなソフト?

この項目では、Adobe Animateはどんなことができるソフトで、どんな特徴があるのかを詳しく説明しています。また似ているソフトAdobe After Effectsとの違いも確認しておきましょう。

Adobe Animateの特徴|アニメーションを作成できる

Adobe Animateはアニメーション、主にFlash、HTML5 Canvas、WebGLなどフォーマット向けアニメーションを作成できるソフトです。ウェブを標準とした幅広いプラットフォームに対応するアニメーションを作ることができます。

元々Adobe Flash Professionalだった名前がAdobe Animateへ変更されています。さらに2020年にはFlashのサポートを終了するとAdobeは発表しているのです。FlashとはWEB上でゲームやアニメーションを動かすことができて、音を出力する技術の1つです

WEB上で動くアニメーションを作る場合には、まず元となるイラストが必要です。そのイラストにPremiere ProやAfter Effectsでもお馴染みのタイムラインで動きをつけますそしてWEBで動かすためのプログラムが実装されて初めて、WEB上で動くアニメーションになるのです。

上記に挙げた工程をこなせるソフトがAdobe Animateになります。

 

Adobe Animateの特徴|イラストを作成できる

アニメーションを作るには、元となるイラストが必要です。AnimateはAdobeの製品なので、PhotoshopやIllustratorと連携してレイヤー構造のまま読み込むことももちろん可能ですが、Animateの中にも描画機能があるため、グラフィックの作成からそれをアニメーション化するまでを1つのソフトで行うことが可能です。

ペンツールを始めとする様々なツールがIllustrator由来のもので、ショートカットキーも同じなので、Illustratorを使用してイラストを作っている方は特に馴染みやすいです。

さらにx、y、z軸を使った3Dアニメーションも作成することが可能です。

 

Adobe Animateの特徴|知識なしでもコーディングが出来る

Adobe Animateには、コードスニペットと言う機能があり、これを使用することによってJavaScriptやActionScripと言ったスクリプトを簡単に実装することができます。プリセットが存在しますが、ファイルにスクリプトを追加するこもできるので、簡単に呼び出すことが可能です。

これによって詳しいコーディングの知識がなくても、コードを追加することができます。もちろん通常通りJavaScriptをソフト内で書くことも可能です。

 

Adobe Animateの特徴|プラットフォームに対応した書き出しができる

Flashはその脆弱性やタッチパネルに対応していないなどの点から、iPhoneでは実装されていませんこれがFlashがサービスを終了するきっかけにもなりました。現在はHTML5+JavaScriptで実装するのが主流となっています。

Adobe AnimateはこれらのHTML5にも対応できるようにHTML5 Canvasを追加して、現在の「Adobe Animate」になった経緯があるのです。そのため現在のAdobe Animateは、スマホでもPCでも動かすことが可能で、ほとんどのプラットフォームに対応した書き出しが可能だと言えます。

 

Adobe After Effectsとの違いは?

After EffectsとAnimateの大きな違いはインタラクティブなものが作れるか作れないかにあります。インタラクティブとはユーザーの選択によって動きが変わるような返答のあるコンテンツのことを指します。

After Effectsはあくまでもクオリティの高いアニメーション動画を作成することが可能なソフトのため、非インタラクティブです。Animateはプログラムを組み込み、ユーザー操作が可能なアニメーションを作成することが可能なソフトになります。

どちらもアニメーションを作ると言う点では同じに感じますが、その用途は基本的に異なります。

動画形式のアニメーションを作りたいのであれば、VFXを始めとする高度なアニメーションが作成できるAfter Effects。WEB上でインタラクティブなアニメーションを作成するならAnimateを使うと言った感じになります。

 

Adobe Animateの価格・購入方法は?

Adobe Animateの価格や購入方法、プランについて詳しく説明しています。是非参考にしてください。

Adobe Animate CCの価格・購入方法|月額制

Adobe Animateは買い切り型のソフトではなく、月額制のサブスクリプションモデルです。製品を購入するため、数万円の初期費用は必要ないのがポイント。月額2,480 円(税別)でAnimate単体を利用することができます。

またAdobeには、Animateの他にもPhotoshop、Illustrator、After Effects、Premiere ProなどAdobeの全製品が使えるCreative Cloudコンプリートプランが存在します。月額5,680 円(税別)となっているので、2つ以上のソフトを利用するのであればCreative Cloudコンプリートプランの方がお得に利用することが可能です。

 

Adobe Animate CCの価格・購入方法|単体かコンプリートを選ぶ

Adobe Animateの購入方法は、Adobe公式サイトから「クリエイティブ関連」→「すべての製品を見る」→「Animate」を選択することで購入プランを見ることができます。

購入プランは単体Creative Cloudコンプリートプランどちらか好きな方を選択して、ダウンロードしましょう。

 

Adobe Animateを無料で使う方法は?

Adobe Animateを無料で使う方法は、体験版を利用するしかありません。製品版と同様のソフトを無料で利用することが出来る方法なので、まずは試してみることをおすすめします。

Adobe Animateの無料体験版を利用する

Adobe Animateを無料で使うには体験版を利用する方法があります。体験版を利用する場合は、Adobe Animate単体ではなくCreative Cloudコンプリートプランの体験版になるので、Adobe Animate意外にも様々なソフトを無料で利用することが可能です。

 

Adobe Animateの無料体験版を利用できる期間は?

体験版を開始してから7日間が利用できる期間です。その間はAdobeの製品を制限なく製品版と同様に使用することが可能です。7日間と短い期間になるので、Adobe Animateが目当てで体験版を始めたのであれば、出来るだけ多くの機能に触れておくことをおすすめします。

また期間内に契約を決めた場合は製品版の登録に移行することもできます同一の環境から利用できるのは1回になるので、十分に機能を確かめる余裕がある期間に利用しましょう。

 

まずはAdobe Animateを無料で試してみよう!

Adobe AnimateはWEB上でインタラクティブなコンテンツを作成するソフトとして人気が高いです。そしてAdobe Animateなら無料の体験版もあります。7日間のみ使用することが可能ですので、長期の休みなどの時間があるときに目一杯使うことをおすすめします。

またAdobe Animateだけでなく、Adobe Creative Cloudなら動画表現の幅が大きく広がりますので、ぜひ利用してみましょう。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事