PDFを扱う上では欠かせないソフトであるAdobe Acrobat DC。

この記事ではPDF編集ソフトであるAdobe Acrobat DCを無料で使いたい方に向けて、Adobe Acrobat DCの説明と無料でダウンロードする方法について解説していきます。

Adobe Acrobat DCとは?

まずは、そもそもAdobe Acrobat DCがどんなソフトなのか見ていきましょう。

また、Adobe Acrobat DCと間違えやすい、Adobe Readerとの違いについても解説していきます。

Adobe Acrobat DCはPDF編集ソフト!

Adobe Acrobat DCは、Adobe社が販売するPDF編集ソフトで、PDFの作成、編集、表示、印刷などができます。

PDFとは世界中で普及している電子文書フォーマットです。

PDFの表示や作成ができるソフトはAdobe Acrobat DC以外にも数多く存在しますが、中でもAdobe Acrobat DCが1番性能が高く、使いやすいと言われています。

それもそのはずで、そもそもPDFとはAdobe社が世界で最初に開発した電子文書フォーマットなのです。

PDFを開発した会社の提供するPDF編集ソフトですので、他のソフトよりPDFを扱いやすく、他のソフトには引けを取らない性能を誇っています。

 

【似ているようで違うソフト】Adobe Readerとは?

Adobe Acrobat DCと同じPDFを扱うソフトに、Adobe Readerがあります。

Adobe ReaderはPDF ファイルの表示、検索、印刷が可能なソフトで、Adobe Acrobat DCと同じAdobe社が開発・提供を行っています。

どちらもPDFを扱うソフトですが、2つのソフトの間にはとても大きな差があります。

そこで次は、2つのソフトの違いについてご紹介していきます。

 

Adobe Readerとの違い|Adobe ReaderができるのはPDFの読み込みだけ!

Adobe Acrobat DCとAdobe Readerの1番大きな違いは、その機能の違いにあります。

Adobe ReaderはReaderという名前の通り、PDFを読み込み、表示させることが主な機能で、他にも注釈の追加やPDFの印刷が行えます。

対してAdobe Acrobat DCは、Adobe Readerの表示、検索、印刷機能に加えPDFの作成、編集、PDFの結合や変換などが行えます。

PDFの表示しかできないAdobe Readerに対して、Adobe Acrobat DCは作成も編集もできる上位モデルのソフトとなっています。

 

Adobe Readerとの違い|Acrobat DCは有料でAdobe Readerは無料!

Adobe Acrobat DCとAdobe Readerの大きな違いの一つとして、ソフトの値段があげられます。

Adobe Acrobat DCは月間サブスクリプション契約をすることで利用ができる有料ソフトですが、Adobe ReaderはAdobeから無償で配布されている無料ソフトです。

また、Adobe Acrobat DCのサブスクリプションはプランを選択することができ、高度機能の備わった上位プランであるAcrobat Pro DCと、基本機能を備えたAcrobat Standard DCの、2プランから選ぶことができます。

 

Adobe Acrobat DCを無料でダウンロードする方法は?

ここまでAdobe Acrobat DCの概要をご説明してきましたが、できれば無料でダウンロードして使いたいですよね。

そこで次からはAdobe Acrobat DCを無料でダウンロードする方法についてご紹介していきます。

Adobe Acrobat DCを無料でダウンロードするには無料体験版しかない!

Adobe Acrobat DCを無料でダウンロードして利用するには、無料体験版を利用するしか方法はありません。

Adobeの多くのソフトには無料体験版が存在しますが、Adobe Acrobat DCも他のソフトと同じように無料体験版が存在していますので、そちらを利用することでAdobe Acrobat DCを無料で使うことができます。

Adobe Acrobat DCの無料体験版は、Adobe公式ホームページから簡単に無料ダウンロードして使うことができます。

しかし、Adobe Acrobat DCの無料体験版には期間が定められているうえに、一度しかダウンロードができませんので注意が必要です。

 

無料体験版を永遠に使い続ける事はできる?

結論から言うと、無料体験版を無料のまま永遠に使い続けることはできません。

無料体験版には無料期間が定められており、Adobe Acrobat DCの無料体験期間は7日間と定められています。

7日というと短く感じるかもしれませんが、Adobe Acrobat DCの動作環境や性能を、導入の前に一度試してみたいという人にとっては、動作の確認には十分な期間設定となっていますのでご安心ください。

 

無料体験期間中であれば途中解約しても無料!

Adobe Acrobat DCの無料体験期間中は、途中解約をしても料金が発生しません。

無料体験版で注意が必要なのが、無料体験期間が終了すると自動的に有償プランへと移行してしまうことです。

ですので、お試しで使ってみてやっぱりやめたという人や、まだ熟考したいという人は早めに無料体験版を解約しておくことをおすすめします。

 

無料体験版には機能制限がない!

無料体験版には、機能制限がありません。

機能制限がなく、有償プランと全く同じ機能を試してみることができるのは、大きなメリットです。

せっかく制限なく様々な機能を使うことができるので、実際に使用する場合を想定して様々な機能をお試ししてみましょう。

 

Adobe Acrobat DCが有料でも人気の理由は?

PDFの編集・書き出しが簡単で便利!

Adobe Acrobat DCは、PDFの表示機能に加えて、表示されたPDFをそのまま編集できます。

さらに、文字や画像を編集する際に元のレイアウトや書式を崩すことなくそのままの形を保持したまま行うことができます。

また、WordやPowerPointで設定されたレイアウトもそのまま保持して編集ができる上に、PDFをWordやExcelなどのファイル形式にして書き出すこともできます。

 

クラウドの利用がとても便利!

Adobe Acrobat DCとDocument Cloudと呼ばれるAdobeのクラウドサービスを一緒に利用することで、とても便利にAdobe Acrobat DCを使うことができます。

クラウドを使ってPDFデータの共有作業が簡単にでき、モバイル版からデータを確認することもできます。

また、クラウド上のPDFデータを編集できるので、オフィスのパソコンで途中まで作業していて外出した場合も、出先で編集作業の続きができます。

 

PDFの文字化けやレイアウト崩れが起きない!

PDFを読み込んだり、印刷する場合に意外と多いのが、文字化けやレイアウトの崩れ現象です。

しかし、Adobe Acrobat DCを使って作成したPDFデータは、文字化けやレイアウトの崩れが起きる心配はありません。

PDFを正確に表示したり印刷したりする機能もしっかりしており、品質も保証されています。

もちろん、Adobe CCで作られた複雑なPDFも、文字化けやレイアウト崩れを起こすことなく表示ができます。

 

まずはAdobe Acrobat DCを無料で試してみよう!

ここまでAdobe Acrobat DCの説明から、無料体験版の解説、Adobe Acrobat DCの人気の理由までをご紹介してきました。

PDFの編集にはとても便利なAdobe Acrobat DCを、ぜひ無料体験版を利用して一度お試ししてみましょう。

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事