【太字で力強い】毛筆のフリーフォント11選!【2020年最新版】


毛筆の力強いフォントは、動画を印象付けるのに最適です。しかし、探してみても商用利用ができるのか不安な点もあります。そんな方に向けて、フリーで使える毛筆フォントを商用利用可能と個人利用可能に分けて紹介します。太字で力強いものをメインに紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

力強い毛筆のフリーフォント7選【商用フリー編】

力強い毛筆のフリーフォント1:英椎行書(リアルな習字らしさ)

リアルな毛筆の習字体を求めているなら、「英椎行書」がおすすめ。毛筆の滑らかさとちょっとしたかすれ具合、優しく撫でるタッチが本物の習字のように感じます。習字といえば、力強い魂のこもった文字が印象的ですが、「英椎行書」ならその力強い魂を感じるでしょう。

無料でダウンロードできますし、落ち着きのある動画やサムネイルを作りたい人には最適なフォントです。

https://www.ac-font.com/jp/detail_jb_006.php

 

力強い毛筆のフリーフォント2:青柳疎石フォント(かすれありの習字)

書家である青柳疎石さんが描いたものをフォント化したもので、アダルトなかすれのある習字が特徴です。日本庭園などの映像に映えるような、和を感じます。リアルな毛筆のかすれとともに文字の優しさもどこかに感じるようなクセもあるリアルな習字です。

https://opentype.jp/aoyagisosekifont.htm

 

力強い毛筆のフリーフォント3:衡山毛筆フォント(力強い角がある)

書家である青柳衡山さんが書いたものをフォント化した力強い角があるフォントです。手書きがベースになっているので、一瞬フォントっぽくない感じがしますね。青柳疎石フォントとは真逆の印象で、一筆一筆に力が入っているように感じます。力強い上勢いもあるので、使い勝手も良いフォントです。

https://opentype.jp/kouzanmouhitufont.htm

 

力強い毛筆のフリーフォント4:むつき(見やすさ重視の習字体)

「むつき」は古書などに使われていそうなフォントというイメージがピッタリ。文字の一つ一つが力強い印象を与えてくれますし、何よりも使いやすいフォントなので大活躍すること間違いなしです。サムネイルを印象付けたり、動画の中でも使いやすそうですね。フリーなのがありがたい。

http://mandel59.github.io/mutsuki/sample.html

 

力強い毛筆のフリーフォント5:おつとめフォント(勢いのある太字)

今回、紹介している毛筆のフォントの中でも動画やサムネイル、チラシなどにも使えるのが「おつとめフォント」です。太字で勢いがあるフォントのため、一度見たら強く印象に残ります。また、どこかポップな印象もありつつ、毛筆の雰囲気も忘れていません。

汎用性は非常に高く、フリーなのでダウンロードしておいて損はなしです。

http://rooms.webcrow.jp/font/index.html

 

力強い毛筆のフリーフォント6:ジンへなかな(はっきりとした太字)

力強いはっきりとした太字で、印象的ではあるのだけれども、どこかフニャッとした感じがかわいいフォントです。バラエティ動画の効果音などとともに使うのがしっくりとくる感じのフォントで、フリーでダウンロード可能なので、とりあえず入れておきましょう。

唯一の欠点は漢字が収録されていないことです。ひらがな、カタカナ、英字、数字のみ使用可能。

http://zinsta.jp/font/download.html

 

力強い毛筆のフリーフォント7:ジンへな墨流-RCF(勢い重視の太字)

「ジンヘな墨流」は、勢いがあって文字から重厚感が伝わってくるフォントです。ただ、どこか頼りないような雰囲気を感じさせます。和紙に書いた習字を水で濡らしたときのようなゆらゆら感が特徴で、どことなくポップな印象もあります。

ただ、太字で力強い印象がありフリーなので、とりあえずダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

http://zinsta.jp/font/content.html

 

力強い毛筆のフリーフォント4選【個人利用可】

力強い毛筆の無料フォント1:白舟書体お祭りフォント(歴史感じる書体)

漢字の表記は使用するフォントによっては、日本風だったり中国風だったりします。「白舟書体お祭りフォント」は、圧倒的に中国風なフォントです。中国の歴史書などで使われていそうなイメージがピッタリ。しかし、一度見たら忘れられないような印象を与えてくれます。太字で動画内でも映えるフォントで、無料でダウンロードできます。

注意点としては個人利用はできるものの、商用利用はできないということ。商用利用したい場合は、作者まで問い合わせが必要になります。

http://www.hakusyu.com/download_shiki_summer.htm

 

力強い毛筆の無料フォント2:青柳隷書しも(書家が書いた勢いある習字)

先ほども紹介した書家である青柳衡山さんが実際に手書きをして作ったフォントです。毛筆のリアルさもあり、やはり力強い太字で味を感じさせます。

勢いと所々にかすれた印象もあるのがリアルで良い感じです。ダウンロードは無料ですが、無断での商用利用が禁止されています。商用利用したい場合は、作者である青柳衡山さんに問い合わせてみましょう。

https://opentype.jp/aoyagireisho.htm

 

力強い毛筆の無料フォント3:年賀状フォント(読みやすいのが特徴)

まさに年賀状で見るフォントです。そのため、意外と汎用性の高いフォントで、動画だけでなく写真やイラスト、チラシなどにも使いやすいのが特徴。相手に印象付けるフォントというよりは、文字によって写真がおしゃれになるようなフォントです。

商用利用したい場合は、問い合わせが必要なので忘れないようにしておきましょう。こちらも無料で利用できるのはありがたい。

http://www.hakusyu.com/download_shiki_winter.php

 

力強い毛筆の無料フォント4:大甘書道体(クセのある力強いタッチ)

今回紹介する中ではもっとも力強いフォントで、荒々しさを感じます。一文字に魂がこもっている感じで、かなり強い毛筆のクセが出ています。汎用性は高くはありませんが、「大甘書道体」を使った場面は頭から離れないでしょう。そのくらい印象深いものがあります。

アニメでも使われていたフォントということで、映像業界のプロも使用したいフォントです。無料で利用はできますが、商用利用が不可能になっているため、個人の作品だけで利用するようにしましょう。

https://www.vector.co.jp/soft/data/writing/se506577.html

 

力強い毛筆のフリーフォントをダウンロードしよう!

フリーフォントでも、力強い印象に残る毛筆フォントがたくさんありました。中でも最後に紹介した「大甘書道体」や「おつとめフォント」は、YouTubeなどでも利用しやすいバラエティ向きの毛筆フォントです。

使うタイミングは見極める必要がありますが、無料でダウンロードできるので、とりあえず入れておくことをおすすめします。

また、最後に注意したいポイントは、商用利用できるものと個人利用だけしかできないものがあることをしっかりと把握しておくことです。商用利用不可となっているものであれば、一度問い合わせることをおすすめします。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事