一眼レフで撮影をしていると、どうしても気になる「手振れ」。動画撮影では、手振れは避けて通ることはできません。そこで活躍するのが、ジンバル・スタビライザーです。

まず以下の動画を見てみてください。スタビライザーの有無で全く違う動画が撮影できることがわかります

では、様々な種類がある中、どのように適切なジンバルを選んだらよいのでしょう?

一眼レフ・ミラーレス用ジンバルの選び方は?

ジンバルを使えば手ブレのない、滑らかな映像が撮れることはお分り頂けたと思います。この節では、ジンバルを選ぶ際に考慮すべきポイントをご紹介します。一眼レフでクオリティの高い映像を撮るにはジンバルは必須アイテムです。数あるジンバルからあなたに最適なものを選べるよう、ここで紹介する各項目を参考にしてみてください。

一眼レフ・ミラーレス用ジンバルの選び方①|形状の違い

ジンバルの形状は主に、片手で持てるハンドヘルド型と本体を吊り下げる形で両手や体全体を使って撮影するボディマウント型があります。ほとんどの方はハンドヘルド型を使っていますが、より本格的な映像を撮りたい場合は、ボディマウント型がよいでしょう。

 

一眼レフ・ミラーレス用ジンバルの選び方②|カメラの重さ

ジンバルは、カメラの重心のバランスを取りながら、映像を平衡に保っています。そのため、カメラ機材の重さに対して、適切な装置を使用する必要があります。カメラの重量に合わない装置につけてしまうと、ジンバルとしての機能を果たさないだけでなく、最悪故障してしまいます。ジンバルにはそれぞれ最大積載量があるので、本体やカメラ、マイク等の機材の総重量が、それを超えないようにしましょう。

 

一眼レフ・ミラーレス用ジンバルの選び方③|3軸構成がおすすめ

ジンバルの構造には2軸と3軸の構成があります。2軸は、ティルト(垂直・上下)とロール(回転)の2方向対応しています。しかし、これだと左右の動きを吸収できず、手振れの軽減に限界があります。おすすめは3軸のジンバル。2軸に、パン(水平・左右)の軸が加わります。これにより、手振れの補正はかなり高性能になり、走りながらの撮影など、動きのあるカメラワークもカバーできるようになります。

主な一眼レフ・ミラーレス用ジンバルのメーカー比較

一眼レフ・ミラーレス用のジンバルを作っているメーカーをご紹介します。

DJI

ドローンの会社として知られているDJIですが、ジンバルメーカーとしても大きな存在感のある会社です。DJIのジンバルのシリーズはOsmoとRoninの2種類。Osmoはアクションカメラやモバイルなどの小型機材、そしてRoninは一眼レフやミラーレスでも利用できるプロ向けのシリーズです。特にRoninシリーズは世界中にファンが多く、カメラマンは誰もが憧れるメーカーです。

 

Feiyu Tech

Feiyu Techはジンバルを専門する中国のメーカーで、業界で初めて3軸手持ちシンバルの開発に成功した企業です。持ちジンバルの種類の豊富さはほかのどのメーカーにも負けません。DJIに比べるとプロフェッショナル向けの製品は少ないですが、アマチュアからセミプロレベル向けの製品をそろえており、モバイル向けのラインナップが豊富もこのメーカーの特徴です。

 

ZHIYUN

こちらも中国のスタビライザー専門メーカーですが、上記二社よりも、比較的価格が安いのが特徴です。商品のラインナップも多く、毎年次々と新製品が発表されています。この中でも比較的若い会社ですが、近年急成長をしており、今後注目のジンバルメーカーです。ZHIYUNもFeiyu Tech同様、比較的モバイルやアクションカメラ向けの商品が多きメーカーですが、その技術力は高く、コスパの良い製品がそろっています。

 

ドローンの開発から生まれた高性能ジンバル

上記の3社とも、もとはドローンの会社でした。DJIは今でもドローンで有名ですが、ドローン業界の競争は厳しく、そのドローンの開発に欠かせないスタビライザーの機能を極めたのが、Feiyu TechとZHIYUNの2社です。モバイル向け製品の多い2社ですが、技術力はDJIに劣らないレベルで、繊細かつ高性能なジンバルを取り扱っています。

一眼レフ・ミラーレス用ジンバルおすすめ7選

おすすめの一眼レフ・ミラーレス用のジンバルをご紹介します。今回は、手振れを極限まで減らし、プロ顔負けの滑らかな映像を撮ることのできる3軸構成のジンバル・スタビライザーをご紹介します。

DJI Ronin-S

まずDJIのど定番Ronin-S。一眼レフ・ミラーレスともに使用できる仕様です。最大積載量は3.6kgで、重いレンズを付けない限り、Sony、Panasonic、Nikon、Canonほぼすべての一眼レフカメラ・ミラーレスカメラに対応しています。

created by Rinker
DJI
¥82,500 (2019/12/07 19:09:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

DJI Ronin-SC(ミラーレス専用)


Ronin-Sをさらに進化させたのがこのRonin-SC。こちらはミラーレスカメラ専用のジンバルです。ミラーレス専用ということもあり、軽くコンパクトであるということが、Ronin-Sとの大きな違い。さらに、アクティブトラック技術が搭載され、スマートフォンと連携することで、より快適な撮影をすることができます。

created by Rinker
DJI
¥50,860 (2019/12/07 19:09:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

ZHIYUN WEEBILL LAB(一眼レフ・ミラーレス)

このジンバルの特徴はなんといってもそのデザイン。人間工学に基づき、手首への負担を軽減する形状になっています。また、ワイヤレスでスマートフォンと接続することでスマートフォンをモニターとして利用したり、撮った映像をそのままスマートフォンに転送したりできます。

 

Feiyu Tech AK2000

AK2000には液晶のモニターが搭載され、ジンバルの状態をディスプレイで確認することができます。ハンドル部分のタッチパネルやマジックリングでは、ジンバルだけでなくカメラ側の調整もすることが可能。近年のSony、Panasonic、Canon、Nikonの主な機種であればほぼ適応しています。

 

Zhiyun Crane 2

Crane2の売りはなんといっても最大18時間の駆動時間です。その高品質により、撮影中、リアルタイムでカメラのバッテリーを充電することもできます。世界初といわれる3軸のフォローフォーカスシステムも特徴で、被写体を自動で追いかけます。

 

MOZA Aircross(ミラーレス専用)

MOZAも世界的に人気のジンバルメーカーで、特にプロの映像家に好んで使われています。Aircrossはミラーレス専用ではありますが、専用アプリから様々なリモートコントロールができ、オプションアクセサリを使うと、独自のミミックモーションコントロール機能により離れた場所からもジンバルを制御することができます。

 

DJI Ronin-M(一眼レフ・ミラーレス)

こちらは、片手で操作するハンドヘルド型よりは、本格的ですが、従来のRONINの半分ほどの2.3kg、それでいてプロ仕様の高い性能を誇ります。両手で操作できるので、より安定した映像を撮ることが可能。またリモコン操作もできるため、ジンバル本体とリモコン操作者、2人体制でより複雑なカメラワークを実現できます。

 

おすすめのジンバルを使って一眼レフで滑らかな動画撮影をしよう

今回は、初めてジンバルを使ってみたいという方向けに、使いやすい三軸ハンドヘルド型ものをおすすめしています。一眼レフやミラーレスで動きのある動画を撮影しようと思うと、避けては通れない「手振れ」。ジンバルを導入して、滑らかでプロ顔負けの動画を撮影してみましょう。

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事