AdobeにはPhotoshopとPhotoshop Elementsの2つの画像編集ソフトがあります。どちらも似ていて違いがよくわからないですよね。この記事では、PhotoshopとPhotoshop Elementsの2つの違いを紹介します。

PhotoshopとPhotoshop Elementsの価格の違い

PhotoshopとPhotoshop Elements(エレメンツ)は同じAdobe社が販売している画像編集ソフトの種類になります。しかし、この2つは金額にも機能にも大きな違いがあります。(2020年2月の情報)

価格の違い1|月会費と買い切り

PhotoshopとPhotoshop Elementsの大きな違いは、月会費型か買い切り型かの違いです。Photoshopが月会費型に当てはまり、現在ではAdobe社が販売している製品のほとんどが、月会費型になっていています。月会費は毎月料金が発生する形になります。

反対にPhotoshop Elementsが買い切り型です。一度購入したらそれ以上は金額がかからないので、安上がりに済むと考えても良いでしょう。

 

価格の違い2|Adobe Photoshopは月会費2,480円

月会費のPhotoshopはいくらかかるのかが気になるところですよね。Photoshopは2,480円の月会費制です。1年間で使うことを考えると、2,480円×12か月=29,760円です。またPhotoshopには1年間の一括プランがあり、26,160円で購入できます。年間で買ったほうがお得ですね。

Adobe社の製品はPhotoshop以外にもさまざまな種類のソフトを取り扱っています。LightroomやIllustratorはデザインを作る上でも役立つソフトです。これらのAdobe製品を一括して使用できるコンプリートプランがあります。デザインに幅を効かせたいならコンプリートプランがお得です。月会費は少し高額の5,680円です。

 

価格の違い3|Photoshop Elementsは13,800円の買い切り

Photoshop Elementsは買い切り型の画像編集ソフトで、アマゾンでは13,800円で購入できます。Photoshopと比べると、1年間で1万円以上の価格差がありますので、Photoshop Elementsの方がお得です。

買い切り型はバージョンが更新されないなどの違いもありますが、価格が非常に安いので、価格を重視するならPhotoshop Elementsが良いでしょう。

 

PhotoshopとElementsの機能・特徴の違い

価格だけを比較すると、Photoshop Elementsが買い切り型でお得なことがわかりました。しかし価格よりも大切なのが機能ですよね。機能と価格をしっかりと比較することで、あなたに合う製品を購入しましょう。

特徴比較1|種類の違いはプロ向けか初心者向けか

PhotoshopとPhotoshop Elementsの違いは、プロ向けか初心者向けかという一言につきます。Photoshopがプロ向けのソフトで、Photoshop Elementsが初心者向けのソフトです。もちろんPhotoshop Elementsは、ショボい画像編集しかできないわけではありません。

Photoshopは画像編集ソフトの中でもできることが多いソフトです。画像に特殊なエフェクトをかけたり色味の微調整を行ったり、画像内の一部をくり抜いて加工することができます。そのため直感的な使用は難しく、使い方を覚えるまでに時間がかかると考えて良いでしょう。

Photoshop Elementsは作業画面を見るとわかりますが、Photoshopと違いとてもシンプルでスッキリとした画面になっています。そのため直感的に使うことができます。簡単に画像を編集できるので、たまに画像の編集をしたいという人にはおすすめのソフトです。

 

特徴比較2|多機能すぎるPhotoshop

Photoshopはとにかく多機能で、画像全体をガラッと変えるような画像編集から色味を少しだけ変えるような細かな編集まで作業ができます。デザインの職場では基本的にPhotoshopが利用されていることからもわかるように、プロが使用するソフトと言えるでしょう。

Photoshop Elementsでは、利用できないトーンカーブや16bitモード、ベクトルデータなどもPhotoshopでは利用可能です。またコンプリートプランでAdobeの他の製品と連携させることで、幅広いクリエイティブな表現ができます。

 

特徴比較3|わかりやすいPhotoshop Elements

Photoshop Elementsの良いポイントは、何よりも直感的に画像編集ができるということです。勉強しなくても作業画面を開いてどんどんエフェクトをかけることができます。Photoshopのような細かな編集が得意なわけではありませんが、ハイセンスなエフェクトを簡単にかけることが可能です。

たまにしか画像編集をしないという人には、直感で使えるPhotoshop Elementsがおすすめです。

 

特徴比較4|常に最新バージョンのPhotoshop

月会費制のPhotoshopですが、常に最新バージョンを使えることが最大のメリットです。毎年のように新しい技術がアップデートされていきますので、どんどん快適に画像編集ができます。

しかし、買い切りであるPhotoshop Elementsは、新しいソフトを買うまで古いソフトを使い続ける必要があります。また数年が経過するとソフトとパソコンの互換性から使うことができなくなることも考えられます。この違いが大きな差とも言えるでしょう。

 

【結論】おすすめは...

「機能とか価格の差はわかったけど、結局どっちを買えば良いかわからない!」という人は、どんなことをしたいかで考えましょう。さらに無料の体験版もあるので、両方の体験版を使ってみてから決めるのもありですよ。

高機能な画像編集がしたい!|Photoshopがおすすめ

「こだわった画像編集がしたい!」

「デザインの勉強もかねて画像編集がしたい!」

 

このような人はPhotoshopを購入しましょう。こだわりのある画像編集はPhotoshop Elementsではできません。そして、デザインの業界で働きたいと考えているならPhotoshopを使えることが必須です。

デザイン系の求人情報にPhotoshopの使用経験の有無が書かれていることはありますが、Photoshop Elementsが書かれているのは見たことがありません。

 

Photoshopの体験版ダウンロードはこちらから!

 

簡単に綺麗な画像を作りたい!|Photoshop Elementsがおすすめ

「ややこしいのは嫌だ!とにかく簡単に画像編集したい!」

「家族写真を月に1回くらい編集したい。」

 

このような人はPhotoshop Elementsを購入しましょう。Photoshopではできることの幅は広いのですが、使いこなせるようになるまで勉強が必須です。しかしPhotoshop Elementsなら直感的に使えるので、週末にちょこっといじるくらいの画像編集ならPhotoshop Elementsがおすすめですよ。

また月に1回くらいの低頻度しか使わないのであれば、月会費はかなり高くつきます。

 

Adobe体験版をダウンロードして比較しよう!

 

いまだに悩んでいる人には、PhotoshopとPhotoshop Elementsの体験版をダウンロードしましょう。体験版なら無料で利用できますし、違いがしっかりとわかります。ただ体験版には、期限が決まっているので注意しましょう。

Photoshopが7日間、Photoshop Elementsが30日間です。まずは無料で使って決めるのが、お金の無駄にもならずに良い方法だと思いますよ。

 

体験版のダウンロードはこちらから!

 

PhotoshopとElementsの違いを理解し自分にあった方をダウンロードしましょう!

 

PhotoshopにもPhotoshop Elementsにも両者にメリットとデメリットがあります。この2つの種類をしっかりと比較して選ぶようにしましょう。ただ実際に使ってみないとわからないことが多いですよね。

そのようなときは、両方の体験版をダウンロードして使ってみるのがおすすめです。しっかりと比較してから、自分に合ったものを購入しましょう。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事