Photoshopとは?Lightroomとの違いと魅力。プロカメラマンが徹底解説

Photoshopは、画像を扱うデザイナーやプロカメラマンなら、ほぼ100%使用しているAdobeの編集ソフト。

カメラマン
もちろん私も使ってます

Photoshopの最大の魅力はズバリ「写真編集でできないことはない!」と断言くらい幅広い画像編集ができることです。

でも、初心者には、機能が多すぎて「どこをどのようにいじっていいかわからない。っていう人も多いですよね?そこで

●Photoshopの魅力とは?
●同じ画像編集ソフトAdobeのLightroomとの違いとは?

 

この記事では、プロカメラマンとしての筆者が感じる、Photoshopの魅力とLightroomの使い分けについて、解説します。

スポンサーリンク

PhotoshopLightroomで、できることとできないこと

もうちょっと詳しく教えて

どんなことが得意なのか?というとこんな感じです

●Photoshop:1枚の写真を細かく修正(レイヤーが使える=画像の加工が楽)
●Lightroom:大量の写真をまとめて編集・管理(タグ付可能)

じゃあ、それぞれの得意分野について、もうちょっと見ていきましょう!

Photoshopの得意分野は?

じゃあ、Photoshopの得意分野はなにか?というと

✅  トーンカーブや彩度で色味や明るさを編集
✅  イラストを描ける
✅  テキストと写真を合成してデザインできる
✅  写真に写り込んだものを消したり、入れ替えたりできる
✅  空の色や肌の質感を簡単に変えられる
✅  違和感のない写真合成
✅  レイヤー機能がある

AdobeのPhotoshopでは、写真の色味や明るさなどを編集できるほか、合成や消したい箇所を削除できたりと、さまざまな機能が備わっています。

その他にもブラシツールを使えば凝ったイラストも描くことができます。

言ってしまえば、Photoshopだけですべての作業ができる無敵の写真編集ソフトです。

Lightroomの得意分野は?

次に、Lightroomの得意分野も見てみます。

🔘  写真管理機能が充実している
🔘  ライブラリフィルターで、撮影日/シャッタースピード/レンズ/カメラなど、写真の検索が楽にできる
🔘  たくさんの写真をまとめて編集できる
🔘  さまざまな加工を可能にする『RAW』データを保持しつつ記録できる。

Lightroomの1番の得意分野は、大量の写真をまとめて色調補正ができることと、写真の管理がしやすいことです。

プロカメラマンなら、ほぼ100% Lightroomを使っています(もちろん私も)。それは、やっぱり大量の写真をまとめてスムーズに編集ができることが、大きな理由です。

カメラマン
特に写真を探す作業がとってもラク!

編集部
自分の片付けが下手なだけじゃないの?

カメラマン
いやいや、自分で撮影した写真のストックが多くなってくると、どこにどれがあったのか、だんだん分からなくなってくるんですよ(苦笑)。そんなときにLightroomはとっても便利なんです。

細かな合成などは、Photoshopみたいにできないけれど、グループ分けした写真を整理しつつ、編集することに関しては、PhotoshopよりもLightroomの方が機能性が上です。

PhotoshopとLightroomは、どんな時に使うの?

どんなときにPhotoshopとLightroomを使い分けたらいいのか?というと

Photoshopを使う場面:複雑な合成やデザイン作業をしたい時
Lightroomを使う場面:写真の調子(色味や明るさなど)を修正したい時

色味や明るさなど写真の編集をしたい場合は、Lightroomがお勧めです。

実際、プロのカメラマンは、写真の編集には、大抵の場合、Lightroomを使用します。

AdobeのPhotoshopを使う時には、写真を合成をしたり、写真にデザインを加えたりして、クリエイティブを追求するときです。

LightroomにはないPhotoshopだけの機能とは?

それぞれのソフトでどんなことができて、できないか?というとこんな感じです。

PhotoshopとLightroomの機能

AdobeのPhotoshopは、画像編集においてほとんどの機能が使えます。Photoshopがあれば、ほとんどの編集はできると言っても過言ではありません。

ここではLightroomにはない、Photoshopだけの機能を紹介します。

合成で比べてみる

写真の合成といえばPhotoshopと言われるほど、簡単な操作で写真に違和感なく合成することができます。

切り抜いた部分の境界線をぼかして合成するなど違和感なく他の画像に合成できます。

Photoshopのレイヤー機能

また、レイヤーを使った合成処理を行えるので、作業ごとにレイヤーを分けておけば、作業を失敗してもレイヤーを消せば、すぐに元どおりになります。

色調補正をおこなう調整も、調整レイヤーというレイヤーで、作業ができます。

Lightroomでも簡単な画像の修正ができますが、レイヤーがないので、常に1枚の写真の上で、上書きされる状態での画像修正となります。

カメラマン
失敗するとやり直し。でも簡単な合成ならLightroomでもOK

ゆがみによる写真の修正

Adobe Photoshopでは、顔の輪郭や体の修正をゆがみと言う機能を使って簡単に行うことができます。

顔の補正に関しては顔認識がされていれば調整バーを動かして目の大きさや鼻の高さ、輪郭の細さまで自由自在に操れます。

顔認識がされていない場合でも手動で写真を歪ませることができることの一つです。

違いとしてはLightroomにはそのような機能は実装されていませんので、写真の一部を歪ませると言う作業はできません。

写真の1部分削除

写真に不要なものが映り込んでしまった場合、簡単に他の背景と馴染ませながら削除できたらいいですよね。

Lightroomとは違いPhotoshopでできることの一つとして、そんな作業も簡単に行えてしまいます。

一番簡単な方法は、消したい部分をツールで選択し、コンテンツに応じた塗りつぶしと言う項目から一度で背景と馴染みながら削除することができます。

そうすることで不要な部分をあっという間に消すことができてしまいます。

AdobeのLightroomにはそのような機能は実装されていませんので、写真の一部を簡単に消すことは難しいです。

最強の画像編集ソフト・Photoshopの実力

Photoshopには、合成や一部の削除以外にも、多重露光のような写真を作成したり、肌の修正などを簡単にできる機能がまだまだあります。

肌の修正

高画質で撮影された写真は、肌の凹凸や荒れ具合を鮮明に映し出しますよね。

Adobe Photoshopでできることは、Lightroomとは違い肌の修正を違和感なく行うことができます。

肌の修正方法としては写真をまず明るく設定し、さまざまなしみやほくろを「スポット修復ブラシツール」などを用いてあっという間に除去していきます。

その後は肌の質感を綺麗にするために新たなレイヤーで「フィルター」から「ぼかし(ガウス)」を選択しレイヤーマスクを反転させれば圧倒うまにツルツルなお肌の完成です。

あっという間にこれだけの補正が行えてしまうPhotoshopはとても便利で使い勝手がいいです。

違和感のない合成

合成にも強いPhotoshopでできること。Lightroomでは難しい工程で、合成したい写真の境界線をぼかして合わせることができます。

ほかにも合成部分を切り取らなくても「コピースタンプツール」を用いて一部分だけ合成することも可能です。

集合写真などで1人だけ目をつぶってしまったと言う場合でも、目だけ・顔だけ他の写真から合わせることもできます。

PhotoshopLightroom。こんな人に使って欲しい

編集部
じゃあ、どんな時に、どっちのソフトを使えばいいの?

カメラマン
デザインや複雑な合成はPhotoshopで、まとめて補正したい時はLightroomです。

Adobe Photoshopの利点をたくさんおすすめしました。

でも場合によってはLightroomの方が使い勝手がいいという場合があります。

画像を制作する上ではPhotoshop、写真を大量に編集する場合はPhotoshopとは違いLightroomが最適です。

Photoshop Lightroom
サムネイルなどのデザイン 写真の管理がしたい
レイヤーを使ったレタッチ 簡単な画像編集レタッチ
真顔を笑顔になど、大きな画像変化 大量の写真をまとめて色調補正
デザイナーや動画編集者に必須 カメラマンに必須

デザイン力が高い画像を制作するならPhotoshop

Adobe Photoshopは、写真1枚に対して、無限のこだわりを表現することができます。デザイナーや、デザインを目指している方は間違いなくPhotoshopを使用しましょう。

ただし、仕事をする上でPhotoshopは必須になりますので、たくさんの機能を使いこなせる必要があります。

早いうちからLightroomよりPhotoshopの使い方に慣れて、スムーズに編集作業を行えると即戦力になること間違いなしです。

大量の写真編集にはLightroomと連携

Adobe Photoshopではできることはほぼ無限です。

が、写真を一度にたくさん編集することができません。1枚1枚画像を開いて、その上で編集する必要があります。

でも、Lightroomなら、画像をいちいち開かなくても一度取り込んでしまえば、一気にまとめて編集内容を同期し、選択した写真全てを編集することができます。

まとめて色調補正ならプロカメラマンも御用達のLightroom

すべての写真を、同じ雰囲気に仕上げる編集が必要な場合に、プロカメラマンがよく使うのは、Lightroomの機能です。

かなりの作業時間を短縮できるからです。

また、Photoshopと連携して作業することもできます。両ソフトをインストールし、Lightroomから「Photoshopで編集」を開くことで、簡単に連携も完了します。

Photoshop CCとClassicの料金の違いは?

たくさんの機能が備わったAdobe Photoshop CCと、写真の編集に特化したLightroom Classic。ここでは料金の比較やおすすめのプランを見ていきましょう。

Photoshop CCとLightroom Classic単体プランの比較

さて、料金プランの確認です。Adobe Photoshop CCとLightroom Classicでの単体プランだとどのくらい料金に違いがあるのでしょうか。

Lightroom Photoshop
プラン 単体プラン・フォトプラン 単体プラン・フォトプラン
年間単体プラン
(税込)
1,078円〜(月払い) 2,728円〜(月々払い)
12,936円(一括払い/年) 28,766円(一括払い/年)
月々単体プラン(税込) 3,828円〜(月々払い)
特徴 大量の写真を一括編集+管理 画像編集+デザイン

カメラマン
でも、もっとお得なプランもあるから、そっちがおすすめだよ

お得なAdobeのフォトプラン

じつは、Adobe PhotoshopもLightroom Classicも使える便利な「フォトプラン」というのがあります。

料金はなんと月額¥980。このお値段で、PhotoshopとLightroomのどちらも使えるという、とっても便利なプランです。

編集部
もう、何も考えずに、このプラン一択で良いんじゃないの?

カメラマン
そのとおり!!しかもフォトプランだとLightroomCCも使えるから、クラウド上にデータを保存できるよ。

フォトプランなら、PhotoshopとLightroom Classicのほかに、Lightroomをクラウド環境で保存も作業もできるLightroomCCをまとめて利用することができます。

LightroomCCだと、クラウド上に保存できるストレージ付きで、20GBのプランと1GBの2つのプランがあります。

フォトプラン−20GB フォトプラン−1TB Lightroom単体プラン Photoshop単体プラン
月払い料金 1,078円〜 2,178円〜 1,078円〜 2,728円〜
年間一括料金 12,936円 26,136円 12,936円 28,766円
利用可能ソフト lightroom CC
Lightroom-Classic
Photoshop
lightroom CC
Lightroom-Classic
Photoshop
lightroom CC Photoshop
ストレージ 20GB 1TB 1TB 100GB

>>Adobeフォトプラン体験版

Adobeのコンプリートプランという選択肢もある

Adobeでは、PhotoshopとLightroomが使えるフォトプランのほかに、Adobeのソフトがすべて使えるコンプリートプランもあります。

通常では年間¥65,760ですが、通常での購入とは違い、Adobe公認スクールで購入する場合年間¥36,346で月額にするとおおよそ¥5,000。

もし他のプランも満遍なく使う場合はコンプリートプランの購入もおすすめです。できることが圧倒的に拡がります。

>>すべての製品が使えるCreative Cloudコンプリートプラン

 

まとめ:Photoshop CCとClassicのどっちがいい?

どちらのソフトにもメリットが多いし、料金的にもお得なので、誰かにオススメするなら、両方のソフトを安く使えるフォトプランが断然オススメです。というかフォトプラン一択と言ってもいいです!

●デザイン性の高い画像処理=Photoshop
●まとめて色調の補正&管理=Lightroom

1枚の画像をデザイン性の高いものに仕上げたり、合成や修正を加える場合はAdobe Photoshop CCにて編集することをおすすめします。

写真の色味や明るさなどの修正のみの場合や、一度にたくさんの写真編集を要する場合はLightroom Classicがおすすめです。

どちらにも、使うメリットがあって、欲しい機能がある上に、料金がお得なので、ぜひフォトプランを購入することをおすすめします。

>>Adobeフォトプラン体験版

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事