After EffectsとPremiere Proを連携する方法

Premiere ProAfter Effects連携できたら編集も非常に楽になりますよね。

実は、Dynamic Linkという機能を使えば、After EffectsとPremiere Pro、2つのソフトを簡単に連携させることができます。

今回の記事では、After EffectsとPremiere Proの連携方法をご紹介します。

今回の内容
連携①|Premiere Proで作ったデータをAfter Effectsで編集する
連携②|Premiere Proで編集中のデータをAfter Effectsで編集する
連携③|After Effectsで作ったデータをPremiere Proで編集する
連携④|After Effectsで編集中のデータをPremiere Proで編集する
スポンサーリンク

連携①|Premiere Proで作ったデータをAfter Effectsで編集する

まずは、Premiere Proで作ったデータをAfter Effectsで編集する方法を紹介です。

手順を確認しながらやれば難しくはありません。

手順1:Adobe Dynamic Linkを選択

手順1:Adobe Dynamic Linkを選択

まずはAfter Effectsを開きましょう。そして以下の手順で選択していきます。

〈ファイル〉→〈Adobe Dynamic Link〉→〈Premiere Pro シーケンスを読み込み...〉

手順2:読み込みたいPremiere Proのシーケンスを選択

手順2:読み込みたいPremiere Proのシーケンスを選択

次に読み込みたいPremiere Proのシーケンスを選択していきます。シーケンスを選んだらOKを押すだけで、After EffectsにPremiere Proで作ったデータを編集できるようになります。

手順2:読み込みたいPremiere Proのシーケンスを選択2

Premiere Proで作ったデータをAfter Effectsで編集するのは、手順も多くないためそこまで難しくありません。

Adobe Dynamic Linkを利用すれば、簡単にPremiere ProとAfter Effectsの連携ができます。

連携②|Premiere Proで編集中のデータをAfter Effectsで編集する

次に、Premiere Proで編集中のデータをAfter Effectsで編集する方法を紹介します。

ここで注意ポイントが「編集中のデータ」であることです。連携①では編集が完了したデータでした。そのため混同しないようにしましょう。

そして編集中のデータを連携したあと、After Effectsで編集すると、自動的にPremiere Proでも編集が行われます。手間が省けるので作業効率もアップしますよ。

一つ一つ確認して、間違えないように連携させましょう。

手順1:選択したクリップで「After Effectsコンポジションに置き換え」をクリック

手順1:選択したクリップで「After Effectsコンポジションに置き換え」をクリック

Premiere Proを開いて、After Effectsで編集したいクリップを右クリップで選択しましょう。

右クリック→〈After Effects コンポジションに置き換え〉

この手順で選択していきます。

手順2:After Effectsが開きクリップが読み込まれる

手順2:After Effectsが開きクリップが読み込まれる

〈After Effects コンポジションに置き換え〉をクリックしてから、しばらくすると勝手にAfter Effectsが開きます。

そして選択したクリップが、自動的に挿入された状態になっています。

ここのAfter Effectsに編集を加えていくことで、Premiere Proにも反映がされるようになります。

連携完了:After Effectsに読み込んだ素材を編集するとPremiere Proでも反映される

連携完了

上の画像はAfter Effectsの画面になります。早速動画に「Adobe」というテロップを入れてみましょう。

連携完了2

すると、Premiere Proにも「Adobe」というテロップが挿入されました。

このようにAfter Effectsで編集すると、Premiere Proにも反映されるようになるのです。

連携③|After Effectsで作ったデータをPremiere Proで編集する

次は、After Effectsで作ったデータをPremiere Proで編集する方法です。

Adobe Dynamic Linkを利用すれば難しくありません。

こちらは、先ほどご紹介した、連携①|Premiere Proで作ったデータをAfter Effectsで編集する。とほとんど同じ作業になります。

手順1:Adobe Dynamic Linkを選択

手順1:Adobe Dynamic Linkを選択

まずはPremiere Proを開いてください。そして以下の手順で選択していきます。

〈ファイル〉→〈Adobe Dynamic Link〉→〈After Effectsコンポジションを読み込み...〉

手順2:読み込みたいAfter Effectsのコンポジションを選択

手順2:読み込みたいAfter Effectsのコンポジションを選択

次に読み込みたいAfter Effectsのコンポジションを選んでいきましょう。選ぶとき迷うことがないように、フォルダにはわかりやすい名前をつけておくと良いです。

あとはOKを押すだけで、Premiere Proに読み込まれます。

手順2:読み込みたいAfter Effectsのコンポジションを選択2

Premiere Proで作ったデータをAfter Effectsで編集するのは難しいことではありません。

読み込みに時間が少しかかるくらいで、あとはスムーズに進みますよ。

連携④|After Effectsで編集中のデータをPremiere Proで編集する

最後は、After Effectsの編集中データをPremiere Proで編集する場合です。

今までの連携は変換を行う必要があったので、少し手間がかかりました。

でも、After Effectsで編集中のデータをPremiere Proで編集するのは、とても簡単です。

ドラッグ&ドロップするだけで連携

ドラッグ&ドロップするだけで連携

After Effectsで編集中のデータをPremiere Proで編集する方法は、ドラック&ドロップをするだけでOKということです。

上の写真の矢印のように、After EffectsのコンポジションをPremiere Proに移動させるだけで完了します。

もっとも簡単な方法ですね。

After EffectsとPremiere Proを連携する方法まとめ!

動画編集を行うとき、After EffectsとPremiere Proの両方を使用している人が多いですよね。

そしてDynamic Linkの存在を知らない人は、データの移動に時間を取られることが多々あります。

そのためDynamic Linkをうまく活用して、決まったワークフローを作ってしまいましょう。作業がとても効率化しますよ。

 

今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

動画制作や映像・撮影機材・Adobe製品の専門メディア『VideoLab』

 

動画で副業を始めたいあなたへ

動画で副業を始めるならPremiere Pro動画で副業を始めるなら、動画編集ソフトは『Premiere Pro』一択です。その理由は、仕事を発注する側もほとんどPremiere Proを使っているから…。もしも違うソフトで作業をして、互換性のトラブルが発生したら、発注先にも迷惑がかかってしまうかもしれません。Premiere Proを使えば、それだけで、あなたの動画編集の効率と信頼性は、ワンランク上に見てもらえますよ。

 

まずは体験版でその価値を試してみませんか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事