有名Youtuberも使っていることで知られる、動画編集ソフト「Final Cut Pro」

Appleが開発する動画編集ソフトなのですが、Windowsでも使えるのでしょうか。

この記事では、Final Cut ProがWindowsでも使えるかどうかの解説や、Windowsで使えるおすすめの動画編集ソフトを、Windowsユーザーの方に向けてご紹介していきます。

Final Cut ProはWindowsでも使える?

Final Cut ProがWindowsでも使えるのか、そもそもFinal Cut Proとはどんなソフトなのかをご紹介していきます。

Final Cut ProはWindowsでは使えない!

Final Cut Pro(ファイナルカットプロ)はMac専用の動画編集ソフトなので、Windowsでは使うことができません。

MacのAppストアやAppleのオンラインストアからのみ、購入できるようになっています。Final Cut Proは初心者でも使いやすく、高機能が揃っている非常に万能な動画編集ソフトで、有名Youtuberも動画編集に使っていることで知られています。

そんなFinal Cut Proですが、Windowsユーザーの方は使えませんので、Windowsでも使えるソフトを検討する必要があります。

 

Final Cut ProはiMovieの高機能版

MacにはiMovieという無料の動画編集ソフトが標準で用意されていますが、Final Cut ProはiMovieの上位互換とも言える高機能な動画編集ソフトです。

iMovieは直感的に使いやすい優れたインターフェイスを採用しているため、初心者でも使いやすく入門用として優れた動画編集ソフトです。ただ、iMovieでは動画編集に欠かせないテロップ入力の自由度が低いなど、あくまで動画編集ソフトの入門用ソフトという立ち位置です。

対してFinal Cut Proは、テロップの入力の自由度も高く、エフェクトや編集機能もたくさん用意されており、かなり高機能な動画編集ソフトになっています。

 

Final Cut Proの特徴①|直感的な操作がしやすく使いやすい

Appleが開発する動画編集ソフトというだけあって、Final Cut Proはユーザーインターフェイスが優れており、直感的に操作しやすく使いやすいソフトになっています。

編集画面も見やすく、動画の切り貼りやレイヤーを複数並べた作業などがしやすく、初心者でも比較的使いやすい動画編集ソフトです。また、Final Cut Proは、動画に映像効果を付け加えられるエフェクトがたくさん用意されています。

エフェクトの種類が多いことで、複雑な加工編集をしなくても簡単に自分好みの動画に仕上げられます。このようにFinal Cut Proは、これから動画編集を始めたいと考えている初心者にもおすすめの、使いやすい動画編集ソフトです。

 

Final Cut Proの特徴②|買い切りの購入形式

Final Cut Proは高機能で使いやすい優れた動画編集ソフトですが、買い切りの購入形式をとっています。買い切り形式とは、一度ソフトを購入すれば課金無しで使い続けられる購入方法のことです。

多くの高機能な動画編集ソフトは、月額制や年額制といったサブスクリプション方式をとっていますが、Final Cut Proの買い切り形式であれば、ソフトを長く使い続けるほどお得に利用できます。

これから本格的に動画編集を始めたい方は、お得に高機能な動画編集ソフトを使えるので、Final Cut Proはおすすめです。

 

Final Cut Proの代わりにWindowsで使えるソフトは?

Final Cut ProはMacでしか使えず、Windowsユーザーの方は利用できません。

そこで、Windowsでも使える、高機能でおすすめの動画編集ソフトをご紹介します。

【Windowsで使える高機能動画編集ソフト】Premiere Pro

Final Cut Proの代わりにWindowsでも使える動画編集ソフトでおすすめなのが、Premiere Proです。

Premiere Proはかなり高機能で使いやすい動画編集ソフトで、その性能の高さによってプロからアマチュアまで世界中のたくさんのユーザーに愛されている動画編集ソフトです。

ハリウッドでも使われるようなプロレベルの編集機能を備えている上に、Final Cut Pro同様に直感的に操作しやすい動画編集ソフトとなっています。

 

Premiere Proの特徴①|ネットで情報を集めやすい

Premiere Proは世界中に多くのユーザーがいるので、ネット上で情報を集めやすいソフトです。

動画編集ソフトは操作が多く、時には複雑な操作を必要とする場合もあり、操作方法でつまずくことがよくあります。そんな時に、Premiere Proであればネット上にたくさん情報がありますので、操作方法やレベルの高い機能の使い方を検索して自力で解決しやすいです。

YoutubeにもPremiere Proのチュートリアル動画がありますので、参考にしてスキルアップも図れます。Premiere Proはネット上に情報が多く、操作法や機能を調べやすいので、初心者でもおすすめできるソフトです。

 

Premiere Proの特徴②|他のクリエイターソフトと連携しやすい

Premiere Proは、同じAdobe社が開発・販売を行う他のクリエイターソフトとスムーズに連携できる特徴があります。

動画編集をする時には、画像や音楽、アニメーションなどを他のソフトで作成・編集しながら動画に挿入していく作業が必要になります。

Premiere Proなら、Adobe社の画像編集ソフト「Photoshop」でサムネイルや画像を作ったり、音声編集ソフト「Adobe Audition」で音声を作ったり、動画制作ソフト「After Effects」を使ってショートムービーを挿入したりして動画編集できます。さらに、Adobeのコンプリートプランに加入すれば20以上のクリエイターソフトを使い放題にもできます。

こうした他のクリエイターソフトと連携して動画編集を行えるのも、Premiere Proを使う大きなメリットです。

 

Premiere Proの無料体験版を使おう!

Premiere Proには、無料で使える体験版が用意されています。

Premiere Proの無料体験版は7日間の期間制限はありますが、期間中は完全無料で機能を試すことができます。無料体験期間中に解約をしても、一切費用はかからないので安心して機能を試せます。また、他のソフトの体験版によくあるロゴの透かしなどがなく、機能制限も一切ありませんので、実際に動画編集をしてみて全ての機能を体験できます。

Premiere Proが気になった方は、完全無料で全ての機能が使える体験版をぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

無料体験版はAdobeの公式サイトからダウンロードできます。

(https://www.adobe.com/jp/products/premiere/free-trial-download.html)

 

WindowsユーザーはFinal Cut Pro以外のソフトを検討しよう!

Final Cut ProはMac専用の動画編集ソフトなので、WindowsユーザーはFinal Cut Proを使うことができません。

Windowsユーザーは、高機能で操作方法を調べやすいPremiere Proがおすすめです。
Premiere Proには無料体験版もあるので、ぜひ一度使ってみましょう。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事