Adobeのおすすめプランを紹介!あなたにあったプランはどれ?

クリエイターにとって、欠かせない制作ツールであるAdobeソフトは、ソフトの種類はPC版だけで20種、モバイル版も加えると約40種もあります。

これだけ種類があると、どのアプリやどのプランを選べばよいのか悩みませんか?

そこで、今回の記事では、Adobeのどのプランで契約したらいいのか?迷っている人に、Adobeの各プランと、おすすめのプランをご紹介します。

スポンサーリンク

Adobe CCにはどんなプランがあるの?

Adobe CCにはどんなプランがあるの?

まずは、Adobeプランの一覧表です。

品名 契約プラン
(支払い方法)
月額 年額 体験版
無料期間
Illustratorロゴ単体プラン 1ヶ月ごと契約  3,828円 45,936円 7日間
年間契約/月払い  2,728 円 32,736円
年間契約/一括払い 28,776円
フォトプラン 年間契約/月払い 1,078円 12,936円 無料プラン
(書き出し3回まで)
年間一括 12,936円
AdobeCCコンプリートプランCreative Cloud
コンプリートプラン
1ヶ月ごと契約 9,878円 118,536円 7日間
年間契約/月払い 6,248円 74,976円
年契約/一括払い 72,336円
AdobeCCコンプリートプランCreative Cloud
学生・教職員版
年間契約/月払い 2,178円 26,136円 7日間
年間契約/一括払い 26,136円

上記の図からわかる通り、Adobe CCのプランには、3つのプランがあります。

Adobe CC 3つのプラン
(1)単体プラン
(2)フォトプラン
(3)コンプリートプラン

学生・教職員版は、一番安いのですが、残念ながら、学生か教職員しか購入できないので、ここでは割愛します。

また、法人プランもありますが、こちらも個人の方には関係ないので、同じく割愛します。(それぞれを調査したページにリンクを貼ってありますので、詳しくはそちらから)

というわけで、Adobe CCの上記3つのプランについて、それぞれについてお伝えします。

(1)Adobe CC 単体プラン

(1)Adobe CC 単体プラン

単体プランのほとんどは、月額2,480円Acrobat DCは1,580円/月、InCopyは480円/月)のサブスク(定額制)です。

こちらもAdobeの代表的なソフトについて表にしてみました。

ソフト一例 月契約(月払い) 年契約(月払い) 年契約
(一括払い)
Photoshop  3,828円  2,728 円 28,776円
Illustrator  3,828円  2,728 円 28,776円
InDesign  3,828円  2,728 円 28,776円
InCopy 968円 638円 6,336円
Lightroom -- 1,078円 12,936円
Premiere Pro  3,828円  2,728 円 28,776円
Premiere Rush -- 1,078円 12,936円
After Effects  3,828円  2,728 円 28,776円
Animate  3,828円  2,728 円 28,776円
XD -- 1,298円 10,978円
Dreamweaver  3,828円  2,728 円 28,776円
Acrobat Pro 2,948円 1,738円 20,856円

(表示価格はすべて税込)

単体プランは、上記のような各アプリケーションの中から、どれか一つだけを選択して購入するプランです。

どれか一つのアプリしか使わないと決めている人には、このプランでOKです。

(2)Adobe CC フォトプラン

(2)Adobe CC フォトプラン

フォトプランは画像編集ソフトが使えるプランで、月額1,078円(税込)で利用できます。

フォトプランで使える3つのソフト

 

以上の3つのアプリが、ひとつにパッケージ化されています。なので、特にPhotoshopを使用したい人は、単体プランよりフォトプランを選んだほうが、断然お得です。

(3)Adobe CC コンプリートプラン

(3)Adobe CC コンプリートプラン

Adobe Creative Cloudコンプリートプランでは、下記のソフトがすべて使えて、月額6,428円(年間契約/月払いの場合)。

ソフトは全部で約40種
デスクトップ版 モバイル版
1 Photoshop 1 Premiere Rush
2 Illustrator 2 Photoshop Camera
3 InDesign 3 Photoshop Express
4 InCopy 4 Photoshop Fix
5 Lightroom 5 Photoshop Mix
6 Lightroom Classic 6 Photoshop Sketch
7 Bridge 7 Lghtroom Mobile
8 Premiere Pro 8 Spark Video
9 Premiere Rush 9 Spark Post
10 After Effects 10 Spark Page
11 Audition 11 Fresco
12 Character Animator 12 Capture
13 Aero Desktop 13 Comp
14 Prelude 14 Aero
15 Creative Cloud Express 15 Creative Cloud モバイル版
16 XD
17 Dreamweaver
18 Animate
19 Dimension
20 Substance
21 Adobe Acrobat Pro
22 Media Encoder

Adobeのアプリはそれぞれが専門分野に特化しています。

なので、高いクオリティのものを制作しようとすると、いくつかのアプリを横断して使う必要が出てきます。

編集長
じゃあ単体プランよりコンプリートプラン?

編集部ディレクター
そうなんです。単体でアプリ購入するよりも、コンプリートプランを選んだほうがお得なんです

なので、予算が許すなら、オススメはコンプリートプラン一択です。

Adobeの支払いプランも3つある

Adobeの支払いプランも3つある

次に、支払い方法も見ていきましょう。こちらも3つの支払い方法があります。

Adobe CC 3つの支払い方法
(1)年間契約/月々払い
(2)年間契約/一括払い
(3)月々契約/月々払い

支払いプランにも種類がある!おすすめは年間プラン一括払い契約!

支払いプランにも種類がある!

各プランの支払方法には、「年間契約/月々払い」、「年間契約/一括払い」、「月々契約/月々払い」の3つの支払いプランがあります。

それぞれの支払い方法の違いは、

年間契約/月々払い
年間ライセンスを購入し、月々支払うプラン
年間契約/一括払い
年間ライセンスを購入し、一括で支払うプラン
月々契約/月々払い
月間ライセンスを購入し、月々支払うプラン(フォトプラン適用外)

です。

一番、金額的にお得なのは「年契約/一括払い」です。「年契約/一括払い」は、一度に支払う金額は大きいけど、結果的にはお得です。

AdobeCCコンプリートプランCreative Cloud
コンプリートプラン
1ヶ月ごと契約 9,878円 118,536円 7日間
年間契約/月払い 6,248円 74,976円
年契約/一括払い 72,336円

仮にコンプリートプランの購入を『1ヶ月ごと契約』と『年契約/一括払い』と比べると、年間43,560円安くなります。

【結論】あなたにおすすめのAdobeのプランは...

では、結局、あなたには、どのプランがオススメなのか?について、お話しします。

Adobeプランおすすめチャート

まずは、学生なら学生版、法人なら法人プランの選択肢もあるので、それに当てはまる人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

IllustratorやInDesignなど、1つのアプリだけを触りたい人は単体プランがおすすめ!

1つのアプリだけを触りたい人は単体プランがおすすめ!

使うアプリは一つだけと決めている人、もしくは使いたいアプリを1か月だけ試したい!という人には、単体プランがおすすめです。

まずは、無料体験版を利用して、使い勝手を確認しましょう。

>> Adobe公式【7日間限定】無料体験してみる

カメラマンの方など、写真の加工がしたい人はフォトプランがおすすめ!

カメラマンの方など、写真の加工がしたい人はフォトプランがおすすめ!

カメラマンなど、写真の加工がメインの人は、LightroomとPhotoshopが、両方使えるフォトプランがおすすめです。

この2つのアプリがあれば写真加工の大半はこなせるから、です。

しかも、月額1,078円(税込)と、お財布にも優しいフォトプランは非常にコスパが良く、Photoshopが欲しいなら、このプラン一択です。

>> フォトプランを7日間無料体験してみる

動画制作・編集がしたい人はコンプリートプランがおすすめ!

動画制作・編集がしたい人はコンプリートプランがおすすめ!

Premiere ProやAfter Effectsで、動画制作をしたい人には、コンプリートプランがおすすめです。

その理由は、動画制作には、Premiere ProやAfter Effectsはもちろん、Photoshopなど、いくつかのアプリを横断して使用する必要があるため、です。

動画編集をメイン作業にするなら、複数アプリを利用できるコンプリートプランが必須です。

IllustratorとPhotoshopを使いたい人はコンプリートプランがおすすめ!

IllustratorとPhotoshopを使いたい人はコンプリートプランがおすすめ!

Adobeの2大ソフトと言えば、IllustratorとPhotoshop。

この2つのソフトは、特にグラフィックデザインをされる方にとっては、必須のソフトで、使用する頻度もめちゃくちゃ高いです。

2つのソフトを単品でそれぞれ購入するのと、さほど金額が変わらないので、コンプリートプランがお得です。

単体購入(年間契約/月払い)
●Illustrator=2,728円
●Photoshop =2,728円
合計5,458円
コンプリートプラン(年間契約/月払い)
●コンプリートプラン=6,248円
その差はたったの792円

この差しかないなら、どのソフトも使えるコンプリートプランにするメリットは、捨てがたい、です。

【結論】コンプリートプランがオススメ

ソフトを使って、実際に作業をしてみると、やっぱり他のソフトがあれば良かった…と感じることがたくさんあります。

後で後悔する例
●動画編集だけだから『Premiere Pro』だけで良いと思っていたけど、YouTube投稿には、サムネイルが必要なので、結局『Photoshop』も必要になった
●デザインだけだから『Illustrator』だけで良いと思っていたけど、ページ物を入稿するには、『InDesign』が便利だと気付いた

などです。

「やっぱり、あのソフトが欲しかった」となる前に、できれば予算を余計に1,100円くらい奮発して、コンプリートプランを買う方が、絶対に後悔しません。


>> Adobeコンプリートプランを7日間無料体験してみる

7日間の間に解約すれば、お金はかからないので、「どうしよう」と迷っているなら、試してみることをオススメします。

自分に合ったAdobeのプランを契約しよう!

Adobeのプランのそれぞれの特徴や、おすすめのプランをご紹介してきました。

プランの契約は、 Adobe公式サイトで、行うことができます。

自分の目的をよく考えて、自分に合った後悔しないAdobeプランを契約するようにしましょう。それには、まず無料体験で試してみるのが、オススメです。

----Adobe公式【7日間限定】無料体験してみる----

今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

動画制作や映像・撮影機材・Adobe製品の専門メディア『VideoLab』

 

動画で副業を始めたいあなたへ

動画で副業を始めるならPremiere Pro動画で副業を始めるなら、動画編集ソフトは『Premiere Pro』一択です。その理由は、仕事を発注する側もほとんどPremiere Proを使っているから…。もしも違うソフトで作業をして、互換性のトラブルが発生したら、発注先にも迷惑がかかってしまうかもしれません。Premiere Proを使えば、それだけで、あなたの動画編集の効率と信頼性は、ワンランク上に見てもらえますよ。

 

まずは体験版でその価値を試してみませんか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事