写真の加工や編集をしたい方で、Lightroomを無料で使いたいと考えている人は多いのではないでしょうか?

この記事ではLightroomを無料で使う方法や、注意点などについて詳しく説明しています。是非参考にしてください。

Adobe Lightroomを無料で使う方法は?

AdobeのLightroomを無料で使う方法は、体験版を利用するかモバイル版を利用するかの2択です。どちらも無料で利用することが出来る方法なので、まずは試してみることをおすすめします。

Lightroomを無料で使う方法|体験版を利用する

Lightroomを継続して無料で使用することはできませんが、体験版では一定期間Lightroomを無料で使用することができます。

体験版で作ったデータは、製品版でも利用することができます。Lightroomを契約しようか考えている方におすすめです。

 

Lightroomを無料で使う方法|モバイル版を利用する

Lightroomにはモバイル版が存在します。モバイル版ではLightroom CCで使うことができるすべての機能、ツール、および編集を無料・無制限で利用することが可能です。

ただし、他のAdobe製品との同期とCreative Cloudの利用はできません。ただ、スマートフォンで写真撮影する機会が多い方は、モバイル版だけでもLightroomを利用すると、いつもとは違った編集を施すことが可能になります。

 

Adobe Lightroom体験版のダウンロード方法

Adobeの公式ホームページよりダウンロードすることが可能です。この場合「単体プラン」「コンプリートプラン」と「フォトプラン」から選択することができます。

コンプリートプランLightroom、Premiere Pro、Photoshop、Illustratorなどを始めとするAdobe製品を全て体験することができます。

フォトプランでは、Lightroom、Lightroom Classic、Photoshopの3つの製品を体験することが可能です。

Adobe製品は1つのソフトあたりの容量が大きく、PCストレージを圧迫するので全てのソフトをインストールするとPCが重くなる可能性があります。そのため使いたいソフトのみインストールすることをおすすめします。

また体験版を利用する際にクレジットカード番号の登録が必要になるので注意が必要です。

 

Lightroomの体験版ダウンロードはこちらから!

 

Adobe Lightroomの無料体験版の期間・制限は?

Lightroomの無料体験の期間や制限、気をつけたいポイントを詳しく説明しています。ソフトに関して制限はありませんが、注意したいポイントもありますので、是非確認しておいてください。

Lightroom無料体験版の期限は7日間

Lightroomの体験版を利用できる期間は7日間となっています。この期間中は自分のPCにソフトをインストールすることが可能です。

アプリケーション内のファイルやプログラムに変更を加えようとした場合や、アンインストールした上で、再インストールなどを行うと予定の7日より早く終了する場合があるので注意が必要です。

 

Lightroom無料体験版の制限は無し

Lightroomの体験版には利用制限がありません。この期間中は本契約した時と同じように、Lightroomを使用することが可能です。

また体験版の期間中に作ったファイルも保存しておけば、製品版を契約した際に再び利用することが可能となっています。契約する前提であれば、その期間中に作った作品も無駄にならないのが嬉しいポイントです。

 

Lightroom無料体験版を繰り返し利用することは可能?

Lightroomの無料体験版を繰り返し利用することは不可能です。試用期間が過ぎた後はアンインストールして、再インストールをしても、延長することはできません。また日付の設定、時間の設定等を変更・リセットすると、試用期間がそこで終了するので注意が必要です。

 

 

有料でもLightroomが人気の理由は?

写真を編集したり、現像するソフトは他にも沢山ありますが、有料であってもLightroomが人気の理由について詳しく説明しています。

Lightroomが人気の理由|写真に関する全てのことができる

Lightroomの他にもAdobe製品には、Photoshopと言う編集ソフトがありますが、Lightroomはより「写真」に特化した編集ソフトになります。写真の取り込み、管理、現像、書き出し、プリントまでを一貫してLightroomのみで完了させることが出来るので、プロの方のみならず写真に携わる方から厚い人気と信頼があります。

 

Lightroomが人気の理由|カタログ管理だから検索が効率的

通常写真は、PCのデータなどと同じようにフォルダ管理のソフトが多いですが、Lightroomではカタログ管理をすることができます。この管理方法によって数万枚あるデータでも検索やフィルタリングすることが可能です。

また自分のポートフォリオを作るのにも適しているので、プロの方の多くが愛用しています。

 

Lightroomが人気の理由|Creative Cloudのストレージを利用できる

Lightroomには「Lightroom Classic CC」と「Lightroom CC」の2つが存在します。

「Lightroom Classic CC」は従来のLightroomの後継にあたりデスクトップベースのソフトです。「Lightroom CC」はクラウドベースで管理するLightroomになるので、Creative Cloudのオンラインストレージを利用することが可能です。

プランによって利用できるストレージは異なりますが、膨大な写真データをクラウドで管理できるのは大きなポイントです。なおこの2つに性能面での大きな違いはありません。

 

Adobe Lightroomの購入方法や価格は?

Lightroomの購入方法や価格、プランについて詳しく説明しています。買い切り版についても詳しく書いていますので、是非参考にしてください。

Adobe Lightroomは月額制・価格は?

Lightroom単体の場合は980円/月の月額制となっています。製品を購入する必要がないため、まとまった初期投資は不要なのがポイント。月に1000円弱であれば、比較的簡単に始めることが可能です。

また同じ980円/月でLightroom、Lightroom Classic、Photoshopが利用できる「フォトプラン」があります。同じ値段ですがクラウドストレージが20GBまでになるので、クラウドストレージを優先したい場合は、1TBがついた単体プランがおすすめです。

 

Adobe Lightroomの買い切り版は現在購入できない

Lightroomにも買い切り形式のパッケージ版が存在しましたが、2017年でパッケージ版のサービスは終了しています。今から始める方は月額制のLightroom契約か、複数のAdobe製品が使えるCreative Cloudの「フォトプラン」、あるいは「コンプリートプラン」を契約するしかありません。

 

 

まずはAdobe Lightroomを無料体験版で使おう!

今回の記事ではLightroomについて詳しく比較しました。これから契約を考えている方も、迷っている方も、この記事を参考にしてまずは、無料で使える体験版を利用してみてください。

 

体験版のダウンロードはこちらから!

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事