GoProにもNDフィルターを付けた方が良いらしいけど、どんな効果があって何を買えば良いのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、GoPro用NDフィルターの効果から必要な理由、おすすめのNDフィルターまで詳しく説明しているので、是非参考にしてください。

GoProにも必要なNDフィルターとは?

GoProは撮影設定をできる項目が一眼レフなどと違い、限られています。NDフィルターを使うとより綺麗に撮影が可能なのですが、そもそもNDフィルターとはどのようなもので、なぜGoProに必要なのかを詳しく説明しています。

NDフィルターの役割と構造

NDフィルターとはカメラのレンズに付けるサングラスのようなもので、撮影する際に光量を抑える役割を担っています。

光量を抑えることで、白飛びやカクカクした動画になることを防ぐ効果があり、より鮮明に動画・写真を撮影することが可能です。

ちなみにGoProにNDフィルターを取り付けるのは簡単で、レンズカバーの上から着用するものと、レンズカバーを外して着用する2種類があります。

一眼レフなどに使用することが多いのですが、最近ではGoPro用のNDフィルターも多く発売されていて、使用している人も増えています。

 

GoProにNDフィルターが必要な理由|F値が固定されている

F値とは絞りの値です。数字が小さいほど光を多く取り込めて、数字が大きくなるとレンズを通る光が少なくなります。F値を変えるとピントが合う範囲も変わってくるので、カメラにとってF値は重要な設定となるのですが、GoProではこの値を変更することができません。

F値の設定ができないと言うことは、光が多く入りすぎると、当然白く飛んでしまう場面が出てきます。光量が設定で調整できないため、NDフィルターを使って調整する必要があります。

 

GoProにNDフィルターが必要な理由|シャッタースピード

GoProにはシャッタースピードを設定できる項目があります。シャッタースピードとはシャッターが開いている時間を調整するものです。早くすれば光を取り込む量が少なく、遅くすればより多く光を取り込むことが可能になります。

原理としては、明るい状況下で撮影する場合シャッタースピードを早くすれば、丁度良い明るさで撮影ができるのですが、早くしすぎると、撮影したコマの繋がりが無くなり、映像がカクカクしてしまいます。

シャッタースピードを遅くすると露出が上がってしまい、結果的に白とびしてしまうことがあります。シャッタースピードの設定だけでは、解決できない明るさの問題には、NDフィルターが活躍します。

 

GoProにNDフィルターが必要な理由|白とび黒つぶれを防ぐ

F値、シャッタースピードの設定に限度があり、特に白とびが起こりやすいから、NDフィルターを使った方が良いと言う結論なのですが、なぜ白とび、黒つぶれしてはいけないのかと言う理由も合わせて知っておく必要があります。

白とびと黒つぶれは情報として色が残っていない状態を表します。つまり白く飛んではいますが、情報としては白ではありません。パラメーターを振り切ったような状態です。

この状態になってしまうと後に編集する場合も手の施しようが無く、いくら色を調整しようとも潰れた部分は潰れたままになってしまいます。そのため、白とび・黒つぶれは防ぐ必要があるのです。

ちなみにNDフィルターには、「ND8」と言うように数値があり、数字が大きければ大きいほどレンズに光を取り込む量が少なくなっていきます。撮影する状況の明るさによって使い分けが必要になるので、複数の種類を持っておくと便利です。

 

GoProのNDフィルターを買うべきはこんな人!

GoPro用のNDフィルターがそもそも自分に必要であるかどうかが分からない。と言う方も多いのではないでしょうか?以下の項目に当てはまる方はNDフィルターがあった方が良いと言えます。

GoProでもっと綺麗な映像を撮りたい人

NDフィルターを付けずに撮影した場合、全体的な色合いが白っぽくなってしまうことが多くあります。また反射による影響も大きく受けるのも白っぽくなる原因の1つです。

NDフィルターを付けることによって、白っぽさが無くなるため鮮明に映像を撮影することが可能になるので、映像のクオリティーを上げたい方におすすめです。

 

シャッタースピードなど基本設定がAUTOな人

シャッタースピードを含めたカメラ設定が、基本的にAUTOな人にもNDフィルターがおすすめです。上記でも説明しましたが、設定をAUTOにしたまま撮影すると光を多く取り込みすぎて白とびするか、シャッタースピードが早くなり映像がカクカクしてしまう機会が増えます。

ですが煩わしい設定なしでどんな場所でもすぐに撮影できるのもGoProの利点です。NDフィルターを付けておくと設定はAUTOのままでも、いつもとは違った映像を撮ることができます。

 

動きのあるものを撮影したい人

GoProは日中太陽が出た状態だとシャッタースピードが早くなる傾向にあるため、滑らかな映像を撮影することに長けていません。特に水が関わる撮影では、水が全く繋がって見えずしぶきのような状態になってしまいます。

そのため、滝や渓流など水が関わるものや、スピードの速いもの(車、バイク)を撮影することが多い方にNDフィルターがおすすめです。

 

おすすめのGoPro用NDフィルター3選!

ここからは、おすすめのNDフィルターを3つ紹介していきます。手軽に試せるものからよりクオリティを上げたい人向けのものまで紹介しているので、是非参考にしてください。

おすすめのNDフィルター|LENSKINS MRC


ワンタッチ脱着式のNDフィルターで、ND4、ND8、ND16、ND32がラインナップされています。両面コーティング加工で傷が付きにくく撥水性にも優れています。

機能面も優れているのですが、GoProのコンパクトさを失わずに、取り付けが可能です。そのため使いやすいのが特徴。

 

おすすめのNDフィルター|Neewer フィルターセット

「ND4、ND8、ND16、ND32」4つのフィルターとUV・CPLフィルターが1つずつセットになっています。これだけのセットが2000円弱で購入できるので、かなりコストパフォーマンスに優れています。

撮影環境にNDフィルターの数値が合っているかを確かめるのは、実際に使用してみる他ないので、4つのフィルターがセットになっているのは、嬉しいポイントです。

 

おすすめのNDフィルター|PolarPro シネマシリーズ

「IND8、ND16、ND32」合計3種類のフィルターがセットになっています。レンズカバーを取り外すタイプで、GoPro用のNDフィルターとしては高価ですが、アクションカメラで撮影したとは思えないほどのクオリティに仕上がります。

他のカメラと併用してGoProを使用しても、違和感が無く映像を使用することができるレベルの撮影が可能です。

 

GoPro用のNDフィルターを使って撮影を楽しもう!

今回の記事ではGoPro用のNDフィルターについて詳しく説明しました。これからNDフィルターの購入を考えている方は、NDフィルターの数値や脱着方法などを良く確認してから購入するようにしましょう。

この記事を参考にして撮影環境に合ったGoPro用のNDフィルターを見つけてください。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事