YouTuber収入ランキング

YouTubeで動画アップすると収入はどれくらい?

ユーチューバーって『お金持ち』とか『芸能人並みに人気がある人物』っていう感じですが、YouTuberの収入事情って、実際どうなんでしょう?

というわけで今回は、YouTuberの収入ランキングを日本と世界で調査しました。これからYouTubeで活動を始めたい!という人は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

日本のYouTuberランキング・登録者数と収入は?

日本のYouTuberランキング・登録者数と収入は?

YouTubeで動画投稿やライブ配信などを行うと、一体どれくらいの収入になるのでしょうか。まずは日本のYouTuber収入ランキングをご紹介します。

※(注記:記事内での年収は、再生回数1回あたり0.1円の収入とし、その総額から各YouTuberの登録年数を割った概算です)

YouTubeでもっとも稼ぐ人物は?日本のYouTuber収入ランキング【2022年】

日本のYouTuber収入ランキング

YouTubeでもっとも稼ぐ人物は誰か、YouTuberランキングをご紹介します。日本のYouTuberトップ10は次の通りです。(2022年)

順位 YouTuber チャンネル登録者数 推定平均年収 累計収入
1位 Sagawa/さがわ 1,030万人 11億4500万円 11億5050万円
2位 Junya.じゅんや 1,660万人 6億3800万円 11億1500万円
3位 Fischer`s-フィッシャーズ 750万人 2億5000万円 17億900万円
4位 東海オンエア 652万人 2億4200万円 12億8900万円
5位 Saito さいとう 194万人 2億4100万円 2億5000万円
6位 まいぜんシスターズ 257万人 2億1700万円 6億4300万円
7位 mania japansong 595万人 2億1600万円 1億2300万円
8位 takahashi taiyou 399万人 1億9100万円 4288万円
9位 HIMAWARIちゃんねる 294万人 1億7700万円 8億5300万円
10位 コムドット 1080万人 1億6200万円 11億8800万円

有名YouTuberだったヒカキンはベスト10圏外だけど

有名YouTuberだったヒカキンはベスト10圏外だけど

2022年の収入ランキングでは11位とトップ10から姿を消しているヒカキンですが、チャンネル登録者数は1080万人で3位をキープ。高い人気を裏付けています。

収入ランキングでのトップ10落ちも、単純に小中学生向けの動画やゲーム実況動画など、合計4つのチャンネルを持って分散を計っていることが原因の一つです。

ヒカキンは、YouTuberとしては草分け的な人物で、まだYouTuberという言葉が世の中に馴染んでいない2011年にチャンネルを開設し、YouTubeで収入を得る仕組みを開拓しました。

メインの「HikakinTV」の総再生回数だけでも99億回を超え、推定平均年収は約1億6,277万円。広告収入は0.1円で概算をしていますが、それよりも高い単価を獲得している可能性もあるでしょう。

第3位のFischer`s-フィッシャーズは約2億5000万円、第4位の東海オンエアで、約2億4,200万円と、サラリーマンでは考えられない収入の持ち主たちがランキング入りしており、予想通り、夢のある世界となっています。

YouTuberの登録者数・最新ランキング【2021.11→2022.07】

ここでは、YouTuberを語る上で、一番指標となる登録者数ランキングを調べてみました。

チャンネル名 チャンネル登録者数 1動画あたり再生回数
1位 Junya.じゅんや 1130万人→1660万人 30.98万
2位 せんももあいしー Ch Sen, Momo, Ai& Shii 1050万人→1120万人 9.51万
3位 HikakinTV 1030万人→1080万人 212.3万
4位 Sagawa/さがわ 1030万人 282.1万回
5位 はじめしゃちょー(hajime) 971万人→1020万人 347.7万回
6位 Fischer's-フィッシャーズ 696万人→750万人 518.2万回
7位 タキロン Takilong Kids' Toys 736万人→747万人 152.5万回
8位 Nino’s Home 738万人 646.7万回
9位 Maryana Ro 666万人 454.1万回
10位 THE FIRST TAKE 656万人 558.6万回

毎年どころか、毎月毎月、新しい人が現れるのもYouTubeの面白いところ。

その一方でヒカキン、はじめしゃちょー、東海オンエア、フィッシャーズなどの上位常連たちも、登録者数が0.1%〜0.3%など増えていて、YouTuberたちの熱量の凄さを感じます。

YouTubeで稼いでいる人は何人いるの?平均収入は?

YouTubeで稼いでいる人は何人いるの?平均収入は?

日本のYouTube収入ランキングでは、推定年収で1億円以上稼ぐ人物が30人程度います。

トップ勢以外のYouTuberも含め、どれくらいお金持ちなのでしょうか。ここでは、YouTuberの収入事情をご紹介します。

YouTuberの収入事情

YouTuberの収入事情

YouTuberの収入は、基本的に公開されていません。

YouTuber自身で収入を公開するケースは極めて珍しいからです。また、具体的な数字を計算しようとしても、動画広告の単価も異なれば種類も多いため、収支を詳しく説明するのは不可能といわれています。

一方、YouTuberの収入事情を知る手掛かりとなるデータも存在します。日本のYouTuberランキングでは伝えきれないリアルな収入事情を知りたい場合に役立ちます。

ユーチューバーNEXTが行った「YouTuberの収入・副業に関する調査」(PRRIMES)では、副業でYouTube活動を行っている約5,000人の人物にアンケートを行った結果(有効回答数817件)、「収入非公開」と答えた人以外はいくらかの収入があることが分かりました。

アンケート結果は、月1~5万円が233名ともっとも多く、5~10万円が98名、10~30万円を稼ぐ人が105名です。上記は副業YouTuberの収入なので、本職としてYouTubeで動画投稿を行っている人は、さらに高額な収入があることが分かります。

本当にお金持ち?人気YouTuberの平均年収

人気YouTuberの平均年収

YouTubeでは、基本的に人気が出るほど広告単価も上昇します。日本のYouTuber収入ランキングでお伝えした通り、チャンネル登録者数200万人を超える人物は、1億円近い収入(概算)を稼いでいるお金持ちです。

YouTubeチャンネルの登録者数が10万人を超えると贈られる「クリエイター表彰プログラム」でアワードを受け取ったYouTuberの場合、概算の平均年収は800~900万円前後といわれています。

トップ勢と比べると見劣りするものの、普通のサラリーマンと比較すると十分にお金持ちといえるでしょう。国税庁が公表する「平成30年分民間給与実態統計調査結果」を参考にすると、給与所得者の平均給与は年441万円で、上記の概算でもその倍の年収があるからです。

有名YouTuberはどんな人物?スタッフはいるの?収入は?

有名YouTuberはどんな人物?スタッフはいるの?収入は?

冒頭でご紹介した日本のYouTuber収入ランキングのトップ勢について、具体的な収入や人物像、活動方法などをご紹介します。

はじめしゃちょー

はじめしゃちょー

有名YouTuberはじめしゃちょーは、意外にも給料制で収入を得ているようです。

【衝撃】はじめしゃちょーの月収大公開!!!

給料制にしている理由は、はじめしゃちょー自身がお金の管理に甘いと母親に指摘されたから。そこで、法人化し、資金管理を専門家に任せるようにしました。YouTubeで得た資金は一元管理され、その一部が給与としてはじめしゃちょーの手元に入る仕組みです。

上記の動画でも収入について具体的な数字は公開されていません。概算収入は約1億166万円。累計10億7700万円。十分お金持ちですね。

ヒカキン

ヒカキン

下記の動画で月収公開を匂わせています。が、具体的な数字は伏せられたままです。ただ、2018年に公開されたこの動画の再生回数はすでに400万回を突破しており、単純に広告単価0.1円で計算しても動画1本で40万円の収入となります。

ヒカキンの月収がこちらです【YouTuber月収診断】

現在は4つのチャンネルで複数ジャンルの動画を投稿する人気の高い人物ですが、もともとYouTubeを始めたのは、高校生のときにヒューマンビートボックスを配信したことがきっかけです。2010年にはその動画が日本で1位を記録しました。

その後は、自宅に撮影スタジオを設け、企画から撮影、編集まですべて1人でこなすようになり、ランキングで概算した収入は約1億6,277万円となっています。

ラファエル

ラファエル

人気YouTuberラファエルの収入も公開されていません。が、以下の動画でYouTubeの収入事情やお金持ちになる人物の条件などを紹介しています。実際にYouTubeで活躍している人の話なので、非常にリアルな内容が聞けます。

YouTuber年収トップ20!!!最も稼いだ奴は誰だ!?【Raphael】

ラファエル自身の推測ではあるものの、チャンネル登録者数が10万人、動画1本あたりの再生数が平均10万回を超える場合、ケースにもよりますが、月収約200万円の収入になるようです。今回はランキング外ではあるものの、自身もYouTubeで生計を立てていることもあり、説得力のある言葉といえるでしょう。

世界のYouTuber・ランキング上位の収入は?

世界のYouTuber・ランキング上位の収入は?

さて、ここまで日本のYouTuber収入ランキングをご紹介しました。でも世界に目を向けると、世界のYouTuberたちは、一体いくら稼いでいるのでしょうか?ここでは、世界のYouTuber収入ランキングをご紹介します。

YouTubeでもっとも稼ぐ人物は?世界のYouTuber収入ランキング

世界のYouTuber収入ランキング

世界に目を向けると、YouTubeで高収入を上げるトップ勢の年収は数十億円以上。日本よりもさらにお金持ちの人物が多いといえるでしょう。

YouTuber収入ランキングのトップ10は以下の通りです。

YouTuber チャンネル登録者数 推定平均年収
(1ドル=130円で計算)
1位 MrBeast 8,870万人 約70億2,000万円
2位 Jake Paul 2,0400万人 約58億5,000万円
3位 Markiplier 3,170万人 約49億4,000万円
4位 Rhett and Link 1,740万人 約39億円
5位 Unspeakable 1,290万人 約37億500万円
6位 Nastya 8,600万人 約36億4,000万円
7位 Ryan Kaji 3,150万人 約36億4,000万円
8位 Dude Perfect 5,700万人 約26億円
9位 Logan Paul 2,330万人 約23億4,000万円
10位 Preston Arsement 1,190万人 約20億8,000万円

参考:2022 年に最も稼いだ 10 人の YouTuber

わずか10歳のYouTuberも!

わずか10歳のYouTuberも!

世界のYouTuber収入ランキングと日本のランキングを比較すると、世界のほうがチャンネル登録者数も推定平均年収も1桁多い!ことが分かります(もう凄すぎて笑えます)。

今回7位にランクインしている『Ryan kaji』は、なんとまだ10歳。2015年3月に家族と一緒に動画を撮り始め、DIYの科学実験や家族についての雑談、新商品のおもちゃのレビューなどで多くの子供視聴者の人気を集めています。

わずか10歳にして世界のお金持ちとなったRyan君。チャンネル登録者数は3,150万人と、推定年収も36億円以上で、幼いながらも前人未到の記録を打ち立てました。現在は「Ryan‘s World」というライセンス商品もリリースし、YouTube以外にも幅広い活動を行っています。

YouTubeって儲かるの?まとめ

YouTubeって儲かるの?まとめ

今回は、日本と世界のYouTuber収入ランキングをご紹介しました。日本の場合は世界のYouTuberよりチャンネル登録者も推定年収も低いものの、トップ勢だと1億円以上もの収入を得るお金持ちもいました。

上位のヒカキンやはじめしゃちょーなどはYouTube黎明期から動画投稿を始めた人物で、10年以上もの活動実績があります。チャンネルを開設したばかりの頃は収入が低くなるかもしれませんが、長く続けることで彼らのような人気や高額収入を獲得できる可能性が生まれます。

あなたも一攫千金を目指して、YouTuberを目指してみませんか?

今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

動画制作や映像・撮影機材・Adobe製品の専門メディア『VideoLab』

 

動画で副業を始めたいあなたへ

動画で副業を始めるならPremiere Pro動画で副業を始めるなら、動画編集ソフトは『Premiere Pro』一択です。その理由は、仕事を発注する側もほとんどPremiere Proを使っているから…。もしも違うソフトで作業をして、互換性のトラブルが発生したら、発注先にも迷惑がかかってしまうかもしれません。Premiere Proを使えば、それだけで、あなたの動画編集の効率と信頼性は、ワンランク上に見てもらえますよ。

 

まずは体験版でその価値を試してみませんか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事