YouTube SEOのメリットとは?

YouTube動画のアクセス数が伸びなくてお困りですか?

それは、YouTube SEO対策をしていないのが原因です。YouTube SEO対策をすれば、収益アップだけでなく、マーケティング効果や売上増も可能になります。

本記事では、YouTube SEOのメリットから、検索上位に表示させてアクセス数を増やす方法について、ご紹介します。

スポンサーリンク

YouTube SEOとは何か?

YouTube SEOとは、YouTubeの検索結果で上位表示させる手法です。

Google検索結果で上位表示させるSEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)のYouTube版です。

「動画検索エンジン最適化」という意味で、VSEO(Video Search Engine Optimization)という用語もありますが、YouTube SEOは、そのなかに含まれます。

YouTube SEO対策のメリット

・動画のアクセス数を増やせる
・YouTubeの収益をアップさせられる
・自社製品やサービスを効率的にアピールできる(マーケティング効果が高い)
・自社製品やサービスの売上増に繋がる
・広告宣伝費の節約によりコストダウンが図れる

YouTube SEO対策で、公開した動画を検索上位に表示させられれば、動画のアクセス数を増やすことはもちろん、YouTubeからの広告収益などのアップも期待できます。

世界2位の検索エンジンを制すること

YouTubeは世界一のアクセス数を誇るGoogleのグループ企業としても知られていますが、同時に世界第2位の検索エンジンでもあります。

YouTubeを活用したマーケティグは、テレビやメディアの広告宣伝費よりもコストが安く、予算の限られる企業でも積極的に行うことができます。

つまりYouTubeは今や単なる動画投稿サイトではなく巨大な広告市場であり、企業にとってはマーケティングにおいて無視できない存在なのです。

動画を使ったマーケティング

動画は、文字情報メインのWEBサイトに比べて、直感的にユーザーにメッセージを伝えやすい特徴があります。

見やすい動画は、ユーザーにとっても心理的にアクセスしやすいため、自社製品やサービスを効率的かつ効果的にアピールできるのです。

YouTube SEO対策と動画を組み合わせることで、世界第2位の検索エンジンを制することで、大きなマーケティング効果が得られ、自社製品やサービスの売上増に繋げることが可能になります。

YouTube検索アルゴリズムの特徴

YouTubeの検索アルゴリズムは、「クオリティが高い」と判断した動画を検索上位に表示させる特徴を持っています。

この「クオリティが高い」とは、「動画がユーザーに有益な情報を伝えているか」です。

クオリティが高い=ユーザーに有益な情報であること

ユーザーが求める情報とそれに関連したキーワードを検索すると、YouTubeのアルゴリズムは、そのキーワードに合致または関連性の高い動画を検索上位に表示させます。

そのため、YouTube SEOでも、キーワードやサブキーワードの選定が重要です。

YouTube SEO対策は動画のクオリティ向上にも役立つ

YouTube SEO対策をすることで、自然に動画クオリティの向上にも役立ちます。その理由は

YouTubeの検索アルゴリズムが「視聴者維持率」も重視しているから。

仮に、YouTubeの検索結果で上位表示させることに成功して、アクセス数を増やせたとしても、多くの視聴者が動画を最後まで見ていなければ、「クオリティの高い動画」とはアルゴリズムに判断されません。

加えて、ユーザーが見続けたいと思える動画でなければ、メッセージを伝えることもできないのです。YouTube SEOは視聴者の関心を引き付け、「視聴者維持率」の長い動画作りにも貢献します。

YouTube SEOで動画を上位に表示させる方法

YouTube SEOでは、動画を上位に表示させるために、2つの大きな柱があります。それは

(1)YouTube動画のクオリティ
(2)YouTube動画のメタデータ

です。こちらは、VSEO(Video Search Engine Optimization)の記事でご紹介していますので、ご参照ください。

ここでは、そのほかに重要となるキーワードの選定についてご紹介します。いくら自分の主張が正しかったとしても、誰も興味のない市場性の薄いキーワードだったら、見向きもされないから、です。

キーワードを検索して選定する

まずは、メインキーワードを選定しましょう。メインキーワードとは、「動画のテーマ」となるキーワードです。

タイトルにはメインキーワードを必ず入れ、動画の概要欄(説明欄)にも入れます。

YouTube SEOのキーワード検索に役立つ、便利ツールを使います。

キーワード検索に役立つ便利ツール(無料あり)

✅ [無料]Googleキーワードプランナー

✅ [無料]Keyword Tool

✅ [有料]Ahrets

✅ [有料]DOOONUT

✅ [無料/有料]Kamuitracker

Google検索のSEOによく用いられるGoogleキーワードプランナーは、YouTube SEOにも有効です。Googleアカウントがあれば、Google広告の利用手続きを行うだけで無料で利用できます。

Keyword Toolは、YouTubeやGoogleの他、InstagramやTwitterなどのSNSの他にも、Amazonといったインターネット通販サイトのキーワード検索にも対応しています。ただ、Keyword Toolは、ビジネス用途では不足を感じるケースも出てくるかもしれません。

その場合は、有料ですが、Ahrets(エイチレフス)やDOOONUT(ドーナツ)、Kamuitracker(カムイトラッカー)がおすすめです。

こちらはビジネスでのWEBマーケティグをメインにサポートしており、YouTube SEOにも便利です。

サブキーワードでYouTube SEOを強化

YouTube SEOで動画を上位に表示させるには、メインキーワードに加えてサブキーワードの選定も重要です。サブキーワードは、「サジェスト」や「関連キーワード」と言い換えられ、YouTubeの検索欄にメインキーワードを入力して、スペースを押したときに出てくるキーワードです。

サブキーワードを洗い出すことで、ユーザーがメインキーワードと共に検索する情報やニーズを知ることができます。メインキーワードとサブキーワードを組み合わせることで、検索にヒットする機会を増やせます。

サブキーワードは、タイトルだけではなく、動画のタグにも使用することでYouTube SEOが強化できます。

キーワードは検索ボリュームも重要

メインキーワードとサブキーワードは、検索ボリュームにも注目してください。検索ボリュームとは、実際に検索されている回数を指します。

キーワードの検索と選定の段階では、サブキーワードについても、検索ボリュームの回数の多いものも少ないものも混ざった状態で出てきてしまうのが問題点です。

Googleキーワードプランナーなどのツールを用いると、キーワードの検索ボリュームも調べられます。多く検索されているキーワードを選定することで、YouTube SEO対策もより強力になります。

YouTube SEOを活用したアクセス数が増える動画の作り方

YouTube SEOを活用した、アクセス数が増える動画の作り方についてもご紹介します。

検索結果で上位に表示させるのに加え、動画のクオリティ向上もYouTube SEOの柱です。

視聴者維持率を意識するのがポイント

動画クオリティにおいて、YouTubeのアルゴリズムは「視聴者維持率」を特に重視します。

「視聴者維持率」とは、再生時間ごとにどれだけの視聴者が動画を見続けていたかの割合です。視聴者の多くが最後まで動画を見続けているほど、YouTubeのアルゴリズムは「クオリティが高い動画」と判断します。

YouTube SEOを活用した動画作りでは、常に視聴者維持率を意識して、視聴者の関心と集中力を維持し続ける工夫をしなければなりません。それには企画や構成だけでなく、高度な編集テクニックも必要となります。

YouTubeアナリティクスでチェック

視聴者維持率は、YouTubeアナリティクスで確認できます。YouTubeアナリティクスはYouTube SEO対策に便利な動画の視聴データです。公開者であれば、アカウントだけで無料で利用できます。

YouTubeアナリティクスでは視聴者維持率だけでなく、平均再生率、総再生時間、シェア数といった詳細なデータが確認できます。YouTube SEOとデータを同時に活用すれば、動画クオリティの飛躍的向上も可能です。

高評価・コメント・SNS共有を目指す

YouTube SEOでは、高評価・コメント・SNS共有も目指します。

高評価(グッドボタン)の数が多ければ、YouTubeアルゴリズムが「クオリティが高い」と判断し、上位に表示させられるからです。

また、人気のある動画はコメント数も多い傾向にあるため、視聴者が共感できる動画作りを目指しましょう。そして、動画視聴後に視聴者がSNSで共有すれば、情報が拡散されアクセス数の増加に繋がります。

チャンネル登録者を増やしてファン獲得

チャンネル登録者は、ファンの数と言い換えられます。チャンネル登録されていれば、新しい動画の公開が自動でユーザーに通知されるため、安定してアクセス数を獲得できるのです。

チャンネル登録者とファンの獲得は特定の製品やサービスへの一時的な関心ではなく、企業そのものへの関心といったブランディング効果があります。より高いレベルでのマーケティグのためにも、チャンネル登録者の獲得は重要です。

動画の最後で視聴者にアクションを促すと効果的

動画の最後に、「視聴アクション」を加えましょう。

「視聴アクション」とは、視聴者が動画を見た後の2次的行動のこと。

高評価、コメント、SNS共有、チャンネル登録も、動画の終盤でアピールして視聴アクションを促します。

また、概要欄(説明欄)に、企業や製品・サービスのホームページのリンクURLを添付してアクセスを促せば、マーケティング効果も期待できます。

YouTube SEO対策は、アクセス数と視聴維持率の増加に加え、視聴アクションの3段階のステップ全てに貢献します。

まとめ

YouTube SEOのメリットから、検索上位に表示させてアクセス数を増やす方法についても解説しました。

YouTube SEOとは、Google検索結果で上位表示させる手法であるSEOのYouTube版です。

YouTube SEOのメリットは?

●YouTubeの検索結果で動画を上位に表示させ、アクセス数を増やすことできる
●自社製品やサービスをアピールするマーケティング効果も高めて売上増にも貢献
●動画の終盤で視聴アクションを促せば、ブランディングにも効果的

特徴と対策

●ユーザーの検索するキーワードと動画のタイトル・タグ・概要欄(説明欄)との関連性が高いほど上位に表示させる特徴がある
●メインキーワードとサブキーワードの検索・選定が重要。
●作業には、無料のGoogleキーワードプランナーといったツールが便利。

YouTubeのアルゴリズムは?

●ユーザーの検索するキーワードと動画のタイトル・タグ・概要欄(説明欄)との関連性が高いほど上位に表示させる特徴がある
●メインキーワードとサブキーワードの検索・選定が重要。
●作業には、無料のGoogleキーワードプランナーといったツールが便利。

YouTubeのアルゴリズムは?

●「視聴維持率」が高いほどにクオリティが高い動画と判断して上位に表示させる
●最後まで視聴したくなる動画作りの指標にする


今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

動画制作や映像・撮影機材・Adobe製品の専門メディア『VideoLab』

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事