Macbook で動画編集はきつい?

MacBook動画編集はきついのでは...?」と考えていませんか?

でも、それは偏見です。2021年に発表された『M1 PRO』『M1 MAX』を搭載した最新型のMacBook Proなら、高負荷な4Kの動画編集も快適にこなせます。

そこで、今回の記事では、快適な動画編集をするために、必要最低限となるMacBook Proのおすすめスペックについてご紹介します。

さらに、おすすめのスペックになっていないMacBookでも、快適な動画編集が可能なソフトと作業のコツを調査しました。

スポンサーリンク

MacBookには、動画を編集するだけのスペックがあるのか?

MacBookには、動画を編集するだけのスペックがあるのか?

結論から言えば、MacBookには動画編集を行うだけの十分なスペックが備わっています。

特に、2021年に搭載された『M1 PRO』『M1 MAX』は、それまでのIntel社製のものと比べても、格段の処理能力がああるから、です。

Intelを搭載したものと何が違うのか?

まずは、スピード面が大幅に改善されています。

以前のMacBook Proの16インチモデルで採用されていたのは、Intel社製のCore i9モデルです。

しかし、M1モデルでは、上記のIntel Core i9と比べて9倍の演算速度があります。

売り場の定員さん曰く

筆者は、パソコンのプロではないので、近くの○○電気さんに言って「何が違うんですか?」って聞いてきました。

店員さん曰く「これまでは、頭はIntel、体はAppleだったのが、すべて自前になったことで、処理伝達能力が格段に上がったんですよ」と説明してくれました。

その説明が、合っているのか?は、筆者にはわかりませんが、数字上でも圧倒的に速くなっているのは事実です。

MacBookのラインナップのどれを選べばいいのか?

現在Appleから販売されているラインナップは、大きく分けて、13インチMacBook Pro、14インチMacBook Pro、16インチMacBook ProMacBook Air種類です。これに加え、仕様やスペックの違いによって豊富なバリエーションがあります。

動画編集では一般的にデスクトップパソコンの方が有利と考えられていますが、最新のMacBook Pro 2021年モデルは、デスクトップと比べても、遜色のない快適な動画編集作業が可能です。

MacBookのラインナップとおすすめは?
●13インチMacBook Pro
●14インチMacBook Proおすすめ
●16インチMacBook Pro おすすめ
●MacBook Air

この中で、当編集部がおすすめするのは、フラッグシップモデルの MacBook Pro(14 or16インチ)です。

13インチMacBook ProとMacBook Airは、14 or16インチのMacBook Proと大きくスペックが違うため、今回の記事では、 MacBook Pro(14 or16インチ)を中心に調査をすすめました。

MacBookでできる動画編集。快適に作業するためのおすすめスペックは?

MacBookでできる動画編集。快適に作業するためのおすすめスペックは?

豊富なバリエーションがあるMacBook Proですが、どれを選べばいいのか判断が難しいですよね。

そこで、今回、動画編集に最適なスペックを見つけるチェックポイントとして、下記の5つに注目してみました。

MacBook Proでの動画編集5つのチェックポイント
(1)14インチも16インチ基本的な性能は同じ
(2)M1 PROでも十分な性能があるがM1 MAXの方がよりパワフル
(3)メモリは16GB以上がおすすめ(4K動画メインなら32GBあると快適)
(4)ストレージ容量は目的や好みによって選ぶ(外付けSSD/HDDとの併用もあり)
(5)M1 PRO/M1 MAXチップの高性能GPUを搭載

以下、それぞれのポイントについて、詳しく解説します。

(1)14インチも16インチも基本的な性能は同じ

MacBook Pro2021年モデルのラインナップ

14インチ① 14インチ② 16インチ① 16インチ② 16インチ③
CPU M1 PRO
(8コア)
M1 PRO
(10コア)
M1 PRO
(10コア)
M1 PRO
(10コア)
M1 MAX
(10コア)
GPU 14コア 16コア 16コア 16コア 32コア
メモリ 16GB 16GB 16GB 16GB 32GB
ストレージ 512GB
(SSD)
1TB
(SSD)
512GB
(SSD)
1TB
(SSD)
1TB
(SSD)
価格 239,800円 299,800円 299,800円 321,800円 419,800円

以前のラインナップでは、MacBook Pro13インチよりも16インチの方が上位モデルとなっていましたが、2021年に発表されたMacBookは、14インチと16インチの2種類がラインナップされています。

インチ数に関係なく、どちらにも最新のApple Silicon『M1 PRO』または『M1 MAX』チップが搭載されています。

MacBook Pro 13インチ

最も価格の安いモデルは、14インチで239,800円。最も高い16インチモデルにのみM1 MAXが搭載されており、価格は419,800円です。

それ以外の違いは『M1 PROのコア数』や『ストレージ容量』です。

14インチモデルでも動画編集に十分対応できる高いスペックが備わっており、必要なモニターサイズに応じて選び分けられます。

(2)十分な性能をもつ『M1 PRO』とよりパワフルな『M1 MAX』

長らくIntelCPUが搭載されていたMacBookですが、Apple独自開発のM1チップの発表されました。

2021年には、そのM1チップの最新版として開発された『M1 PRO』『M1 MAX』搭載のMacBook Proがリリースされています。

M1 PRO/M1 MAXは、intel製の最上位モデルCore i9の2倍以上の処理速度を持つとされています。そのため、M1 PRO搭載の14インチエントリーモデルでも快適に動画編集ができるのです。

M1 PROでも高性能なCPUなので、YouTube用の動画編集といった目的には十分に対応できます。が、M1 MAXはこの高性能なM1 PROをさらにしのぐ処理速度を持っており、プロの要求にも応えられる能力があります。

業務用にも使用できる性能のあるM1 MAX搭載のMacBook Proは、その分、気軽に購入できる金額ではありません。

(3)メモリは16GB以上がおすすめ(4K動画メインなら32GBあると快適)

メモリは16GB以上がおすすめ

動画編集におすすめのメモリ容量は、16GB以上です。動画編集は高負荷な作業となるため、8GBのメモリではカクカクしたり止まったりするトラブルが出てしまいます。

ただし、2021年モデルのMacBook Proは、基本のメモリ容量が16GBなので、どれを買っても動画編集に最適なスペックです。

また、MacBook Pro 購入時にメモリを16GBから増やすことも可能です。M1 PRO搭載モデルは16GBから32GBまで(+4.4万円)、M1 MAXモデルのみ32GBから64GBまで(+4.4万円)増やせます。

4K動画をメインにされる場合は、より高負荷な作業になるので、メモリは32GBがおすすめです。

(4)ストレージ容量は目的や好みによって選ぶ(外付けSSD/HDDとの併用もあり)

ストレージ容量は目的や好みによって選ぶ

MacBook Proはストレージ容量によっても価格が異なりますが、ストレージ容量は購入時に2TB、4TB、8TBのオプションを選ぶこともできます。

ストレージ容量については、目的や好みによって選んでください。

動画編集は続けていくうちに動画素材がどんどん増えてしまうため、外付けハードディスク(SSD/HDD)との併用がおすすめです。

MacBook Proのストレージ容量は基本の512GBにして、動画素材は別途購入した外付けハードディスク(SSD/HDD)に保存すれば購入費用を安くできるでしょう。

(5)M1 PRO/M1 MAXチップの高性能GPUを搭載

M1 PRO/M1 MAXチップの高性能GPUを搭載

MacBook Pro 2021年モデルなら、M1 PRO/M1 MAXチップの高性能GPUが搭載されているので、グラフィックボードを購入する必要もありません。

ベンチマークアプリGFXBenchによれば、M1 MAXのGPU性能は、intel core i9とNVIDIA GeForce RTX 3080 Laptopの組み合わせに匹敵します。M1 PROGPU性能は、M1 MAXの約60%程度です。

スペックが足りないと動画編集はきつい?

スペックが足りないと動画編集はきつい?

MacBook Pro 2021年モデルについてご紹介しましたが、最も安い14インチモデルでも239,800円という価格です。

予算に余裕のない場合、最新のMacBook Proには手が出しづらいです。

では、より価格の手頃なMacBook Airと13インチMacBook Proでは、スペックが足りず動画編集はきついのでしょうか?

MacBook Airと13インチMacBook Proのスペック

MacBook Airと13インチMacBook Pro(両方モニターサイズは約13インチ)のスペックから見ていきましょう。

MacBook Air① MacBook Air② MacBook 13インチ① MacBook 13インチ②
CPU M1(8コア) M1(8コア) M1(8コア) M1(8コア)
GPU 7コア 8コア 8コア 8コア
メモリ 8GB 8GB 8GB 8GB
ストレージ 256GB(SSD 512TB(SSD 256GB(SSD 512TB(SSD
価格 115,280円 142,780円 148,280円 170.280円

最新のMacBook Proと大きく異なるのは、まずCPUです。

MacBook Air13インチMacBook ProCPUは、M1が搭載されています。最新のM1 PRO/M1 MAXに、処理速度の点では及びません。が、何世代か前のパソコンと比べると、決して『ダメな性能』ではなく、むしろ格段に性能UPしています。

メモリ容量もMacBook Air13インチMacBook Proは基本が8GBです。こちらは最大で16GBまで増やせるので、購入時にメモリ16GBのオプションを選ばれるのがいいでしょう。

スペック不足を動作の軽い動画編集ソフトで解消

スペック不足を動作の軽い動画編集ソフトで解消

 最新のCPUではない分、MacBook Airと13インチMacBook Proは、そのスペック不足を、より動作の軽い動画編集ソフトを選ぶことで、補うことができます。

おすすめ動画編集ソフト3選
Final Cut Pro=買い切り型36,800
iMovie=無料
VideoProc Vlogger(ビデオプロック ブラッガー)=無料

まず最初におすすめする動画編集ソフトは「Final Cut Pro X」です。

その理由は、Apple純正の動画編集ソフトのため、Mac専用に最適化されているから、です。動作も軽くプリセットも豊富なので、初心者だけでなく本格的な動画編集にも最適です。

いきなり有料ソフトは気が引ける方には「iMovie」がおすすめです。iMovieは、Final Cut Pro Xの下位互換的位置づけの動画編集ソフトで、こちらもMac専用のため動作も軽いです。

もうひとつの「VideoProc Vlogger」は、Mac専用ソフトではありません。が、動作がとても軽く、使い勝手も当編集部でも評価の高いソフトです。しかも無料。初心者の方が基礎的な部分を学ぶためには、最適なソフトです。

低スペックMacでの動画編集:注意点

低スペックMacでの動画編集:注意点

新しいパソコンに買い換えれば良いけど、以前から使っているMacbookのスペックのまま動画編集をするのであれば、少し工夫が必要です。それは、

低スペックMacでの動画編集:注意点
●20分以上になる長尺の動画編集は避ける
●動画素材のファイル容量を軽くする
●エフェクトを控えめにする
●画質はHD(720p)くらいまでにする
●レンダリングファイルを削除する

です。

まず、20分以上になる長尺の動画編集は避けましょう。収録時間の長い動画は、それだけデータが重くなるからです。

次に、動画編集で扱うファイルの容量を小さくします。動画素材や動画自体のファイルは、大きくても720pくらいのHD画質がおすすめです。動画に特殊効果を付けるエフェクトも負荷がかかりやすいため、控えめにしましょう。

また、こまめなレンダリングファイルの削除も必要になります。

動画編集ソフトの中には、レンダリングファイルという動画のバックアップデータのようなファイルを生成するものがあります。レンダリングファイルはMacBookのストレージを使うため、容量を圧迫して動作を重くしてしまうからです。

Macbook で動画編集はきつい?まとめ

快適な動画編集を行うには、最新型の『M1 PRO』『M1 MAX』を搭載したMacBook Pro 2021年モデルがおすすめです。

4K動画を扱う場合は、MacBook Pro 14インチモデル以上のスペックが必要となり、スムーズに作業するにはM1 MAX搭載の16インチモデルが最適です。

まとめます。

MacBookのラインナップとおすすめは?
●13インチMacBook Pro
●14インチMacBook Proおすすめ
●16インチMacBook Pro おすすめ
●MacBook Air

 

MacBook Proでの動画編集5つのチェックポイント
(1)14インチも16インチ基本的な性能は同じ
(2)M1 PROでも十分な性能があるがM1 MAXの方がよりパワフル
(3)メモリは16GB以上がおすすめ(4K動画メインなら32GBあると快適)
(4)ストレージ容量は目的や好みによって選ぶ(外付けSSD/HDDとの併用もあり)
(5)M1 PRO/M1 MAXチップの高性能GPUを搭載

手頃な価格のMacBook Airと13インチMacBook Proでも動画編集はできます。

が、高度な動画編集にはスペックの足りないシーンが出てくるので、動作の軽い動画編集ソフトを選んだり、動画編集作業に工夫が必要になります。

おすすめ動画編集ソフト3選
Final Cut Pro=買い切り型36,800
iMovie=無料
VideoProc Vlogger(ビデオプロック ブラッガー)=無料

 

低スペックMacでの動画編集:注意点
●20分以上になる長尺の動画編集は避ける
●動画素材のファイル容量を軽くする
●エフェクトを控えめにする
●画質はHD(720p)くらいまでにする
●レンダリングファイルを削除する

 

今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

動画制作や映像・撮影機材・Adobe製品の専門メディア『VideoLab』

動画で副業を始めたいあなたへ

動画で副業を始めるならPremiere Pro動画で副業を始めるなら、動画編集ソフトは『Premiere Pro』一択です。その理由は、仕事を発注する側もほとんどPremiere Proを使っているから…。もしも違うソフトで作業をして、互換性のトラブルが発生したら、発注先にも迷惑がかかってしまうかもしれません。Premiere Proを使えば、それだけで、あなたの動画編集の効率と信頼性は、ワンランク上に見てもらえますよ。

 

まずは体験版でその価値を試してみませんか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事