写真編集に欠かせないAdobeソフト、Lightroomには2種類あることをご存知ですか?この記事ではAdobe Lightroom CC、Lightroom Classic CCの違いを具体的に説明します。違いを知って、ニーズに応じて使い分けましょう!

Lightroom CCとLightroom Classic CCとは?

そもそもLightroomとは何ができるソフトなのでしょうか?画像編集をPhotoshopで行っている方なら聞いたことがある方が多いのはないでしょうか。

Lightroom CCとLightroom Classic CCって? 


Adobe Photoshop Lightroomは写真管理と写真現像に特化して開発されたソフトです。

デジタル写真の画像処理及び管理を行うことができます。 また写真の現像や修整、写真の管理のみならず、本やスライドショーの作成も可能です。

 

LightroomCCでは何ができるの?

大きく変わったのは、クラウド上で写真管理ができるようになったことです。

2017年に「 Adobe Photoshop Lightroom」が大きく変わり、従来のソフトは「Lightroom ClassicCC」と名称を変更し、新たに「Photoshop Lightroom CC」が追加されました。

この二つのアプリは別のものだと認識ください。違いを理解し、比較することで用途別に使い分けましょう。

新「Lightroom CC」の大きな特徴は写真管理方法です。新「Lightroom CC」は写真の保管先が全てクラウドになりました。この結果、全く異なる環境から、そして他のデバイス(PCアプリ、スマートフォンアプリ、Webブラウザアプリ)からも同じ画像が簡単に利用・編集できるようになりました。

これまでのLightroom Classic CCも消滅することなくプロのフォトグラファー向けソフトとして進化し続けるとAdobeは発表しています。これまでLightroom Classicに慣れていた人は、引き続き安心して使うことができそうです。

 

Lightroom とLightroom Classic CCの購入方法

Adobe公式ホームページから購入、ダウンロードすることができます。

どちらかのプランを選択し、クレジットカード情報を登録するだけで簡単に購入が可能です。

なお、買い切り版の販売は終了しており、サブスクリプション版での年間契約(月払い可能)となります。ソフト毎に購入方法の違いはありません。

 

Lightroom とLightroom Classic CCの価格比較

価格はプランごとに違います。Lightroom は単体プランでの購入が可能ですが、Lightroom Classic は、単体での購入ができません。購入する場合は「フォトプラン」という、Lightroom、Lightroom Classic、Photoshopがセットになったプランを選ぶ必要があります。

Lightroom単体プランの価格は月980円です。ストレージは1TB(20万枚のjpeg画像の取り扱いが可能)と、大変容量が多いです。

Lightroom Classicを購入したい場合はフォトプランになりますが、フォトプランはストレージに応じて20GB(4000枚程度のjpeg画像)だと月980円1TBだと1980円(1TB)で契約可能です。

 

https://www.adobe.com/jp/creativecloud/photography.html

 

LightroomとLightroom Classicの違いは?

違い①写真の主な作業場所

LightroomとLightroom Classicはそれぞれ主な作業場所が決まっています。

Lightroom Classicはパソコンのデスクトップでのみ作業可能です。一方新しいLightroomは、インターネット環境さえあれば、どのデバイスでも(パソコン・スマートフォン・タブレット)使える、クラウドベースの新しいフォトサービスです。

Lightroom Classicを使う場合は、特定のパソコンにソフトをインストールする必要があります。ソフトをインストールしたパソコンのハードディスク内にデータが保存されるので、他のパソコンではこのソフトを使うことができません。

LightroomはデータがAdobeのサーバー上に自動的に保存されるので、ネットを介せば場所やデバイス問わずフレキシブルに写真編集ができます。この違いを理解して使い分けましょう。

 

違い②元画像の保管場所

Lightroom Classic CCはローカルのハードドライブに保存します。

一方Lightroom CCはクラウド上です。一度アプリで作業した画像は、クラウド上に保存されるのでどこからでも作業可能です。

 

違い③ファイルのバックアップ

Lightroom Classic CCのバックアップは手動で行います。

一方Lightroom CCは自動でAdobeのサーバーにバックアップが取られるようになりました。

 

違い④使いやすさ

Lightroom Classic CCを操作するには写真に関する幅広い知識が必要です。

一方Lightroom CCは直感的で、Lightroom Classic CCと比較すると大変簡素化されており、誰でも簡単に操作しやすくなっています。

 

違い⑤整理と写真検索

Lightroom Classic CCはキーワードを入力し検索します。

一方Lightroom CCは自動タグ付けとインテリジェント検索が可能です。

 

違い⑥機能

Lightroom Classic CCは従来通り全ての機能が使えます。

一方Lightroom CCはLightroom Classic CCに対して現像機能に制限がいくつかあります。例えば「トーンカーブ」「明暗別色補正」「カメラキャリブレーション」「フリンジ除去」などは使えません。より高度な写真編集をしたい方は機能の違いを確認しましょう。

 

違い⑦扱える写真の量

Lightroom Classic CCは無制限です。(内臓ハードディスクの要領では足りなくなった場合も、外付けのハードディスクを別途購入することで無制限に利用可能。)

一方Lightroom CCは10TBまでと制限があります。(1TBを超える場合は追加料金で10TBまで拡張可能。)

 

【結論】おすすめはどっち?

プロのカメラマンにはLightroom ClassicCCがおすすめ

より写真編集の機能が優れているのはLightroom Classic CCです。操作は少し難しいですが、より自由自在に写真編集が可能です。綿密・正確な写真補正を施すことができます。

RAW現像(カメラが捉えた光の情報であるRAWから写真(JPEG)を作ること)といったらLightroom Classic CCと言われるほど有名なソフトです。こう言った理由から、プロのカメラマンを目指している方やより深くまで写真を追求したい方には、Lightroom Classic CCがオススメです。

 

前から使っていた人にはLightroom Classic CCがおすすめ

Lightroom ClassicCCは、「Adobe Photoshop Lightroom」がバージョンアップしたものです。バージョンアップしたものの以前と使い方に違いはないです。2017年以前から愛用していた人は、引き続きデスクトップで高度な写真補正が可能なLightroom ClassicCCがおすすめです。Lightroom Classic CCはデスクトップ向けのワークフローに最適化されています。写真のローカル記憶領域は、パソコン上のファイルやフォルダーとなり、インターフェイス、写真の読み込みや整理機能、一連の編集機能が以前のバージョンと同じく大変スムーズに行えます。

 

Adobeソフト初心者にはLightroomCCがおすすめ!

Adobeソフト初心者にはLightroom CCがおすすめです。アプリが簡素化されていて、直感的に簡単に作業できるように設計されています。よくある写真加工アプリのように気軽に始められます。無料体験版があるのでまずは試してみましょう。体験版を使って慣れてくれば違いもわかってくるはずです。初心者の方はまずはLightroom CCの無料体験版を試してみましょう。

 

Lightroomの体験版ダウンロードはこちら!

 

デバイスや場所問わず作業したい人にはLightroomCCがおすすめ

クラウド上でデータを保管するのが主流な今、ハードディスクへいちいち保存するのは面倒ですよね。Lightroom CCであれば、自動的にクラウド上に保存されるのでパソコンからもスマートフォンからでも、そしてどんな場所でも編集が可能です。

一つの写真を様々な環境で編集したい人にはこちらがおすすめです。ここが従来のソフトと比較すると一番大きな違いですので、この利便性を享受しましょう。パソコンからもスマホからもいろんな場所から写真編集する可能性の高い方は、Lightroom CCがオススメです。

 

LightroomとLightroom Classicの違いを理解して、自分にあった方をダウンロードしよう!

2つのアプリの違いはわかりましたでしょうか?それぞれに良さがあるので、比較し、違いを知って使い分けましょう。Lightroom Classic CCはデスクトップでの写真編集に限られますが、写真編集を深く追求できるアプリ、一方Lightroom CCはネット環境さえあればパソコン、スマートフォン、タブレット、どこからでも編集可能で便利ですが、写真編集の機能が限られます。

まずは、無料体験版をダウンロードしてみましょう。試してみてどちらが自分にあっている方を選び、使い分けましょう。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事