Adobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)安くお得に買いたい

動画編集をしたいと思った人が、一度は候補に上げて購入を考えるのが、Adobe Premiere Pro。

でも「Premiere Proは高くて手が出せない」と、あなたも悩んでいませんか?

そこで今回は

●Premiere Proの値段が知りたい
●どこよりも安い価格・金額でお得に手に入れたい!

と思っているあなたのための記事を執筆しました。

世界中の動画クリエイターが使っているプレミアプロの値段について、どこよりも安い価格・金額でお得に買う方法について調査しました。

どうぞ最後までご高覧ください。

この記事の信頼性について

●筆者は、動画制作会社を経営
●Adobeプレミアプロを中心にAdobe製品を使い倒す毎日
●テレビ番組や企業向け動画も、当然『Premiere Pro』を使って制作
●同会社にて、映画会社のTwitter周りの動画も同製品
●Adobeソフト歴=Illustrator5.0(1993年)から、すでに30年(…Adobe税を払っている)。

スポンサーリンク

プレミアプロのお値段は?

プレミアプロのお値段は?


まずはAdobe公式サイトで、プレミアプロを単体プランで購入した場合の値段です。

Adobe公式サイトでの購入金額

まずは、Adobe製品を公式サイトから、単体プランで購入した場合です。

Adobeには、Premiere Pro以外にも、たくさんソフトがあるし、興味があるソフトもあると思うので、まとめて一覧表にしてみました。

ソフト例
月契約(月払い)年契約(月払い)年契約(一括払い)
Photoshop 3,828円 2,728 円28,776円
Illustrator 3,828円 2,728 円28,776円
InDesign 3,828円 2,728 円28,776円
Lightroom--1,078円12,936円
Premiere Pro 3,828円 2,728 円28,776円
Premiere Rush--12,936円
After Effects 3,828円 2,728 円28,776円
Animate 3,828円 2,728 円28,776円
XD--1,298円10,978円
Dreamweaver 3,828円 2,728 円28,776円
Acrobat Pro2,948円1,738円20,856円
編集長
一番お得な金額は、年間契約で一括払い。大抵の人はこれだね
編集部ディレクター
年契約だと月契約(3,828円)より1,430円安いですからね

最初から、年契約するのが怖い!という場合は、体験版があるから、それを使ってみてから、次に月契約。

それでも大丈夫そうなら年契約。みたいに段階を追っていくのもOK。

ちょっと割高に感じるけど、月々プランは1ヶ月単位で解約できるのがメリット!

Amazonや楽天、ヤフーでの価格は?

次に、Amazonやヤフーショッピングはどうか?

残念ながら、Adobe Premiere Proは、Amazonや楽天、ヤフーショッピングでの単体販売がありません。

Amazon取り扱いなし
楽天市場取り扱いなし
Yahoo!ショッピング取り扱いなし
編集長
Adobe Creative Cloudコンプリートプランは売ってるけどね
編集部ディレクター
はい。なので単体プランは公式サイトからでないと買えません

Premiere Proの学割プランは?

残念ながら、Premiere Proを学割プランで購入することはできません。

Premiere Pro単体に学割プランはない

学割価格で購入できるのは、Adobe CCのソフトが全部セットになった『コンプリートプラン』に限られます。

ただし、すでに卒業している社会人でも、学割に近い金額で、コンプリートプランを購入できるプラチナパートナー制度を利用すれば、月々の単体プランよりも安く、Premiere Proを手に入れることができます。

利用者プラン名料金(年間)
公式サイトコンプリートプラン
(通常)
72,336円
学生コンプリートプラン
(オンライン講座付き)
39,980円
社会人コンプリートプラン
(学生・教職員版)
26,136円

高校生・大学生は『学生・教職員版』を買うのがベスト。

それ以外の社会人は、Adobe CCコンプリートプランとAdobeソフトの講習をオンラインで受けられるAdobeプラチナパートナー制度を利用したプランを利用するのが、一番お得。

編集部ディレクター
プラチナパートナープランは、記事の後半でも、くわしくお伝えします

単体でプレミアプロを安く買う3つの方法

プレミアプロ単体を安く買う3つの方法

プレミアプロ単体をもっと安い値段で買いたい方という人は、次の選択肢が考えられます。

Adobe公式サイトでは、手が出なくても、諦めるにはまだ早い!

プレミアプロ単体を安く買う3つの方法とは?

(1)Adobeセール←(おすすめ)
(2)買い切り版
(3)中古版←(オススメできない)

(1)Adobeセールを狙う←おすすめ

Adobe社では、不定期にセールがあります。

セールの期間や割引率は、その都度違うけど、確実に定価より安い!ので、Premiere Pro単体での購入を狙うなら、こちらが最安でしょう。

ちなみに過去のセールはこんな感じで開催されてました。

■2020年のAdobe公式セール(計7回)

4/1
~4/10
4/29
〜5/8
5/25
〜5/29
6/29
〜7/9
8/7
8/20〜
10/1
〜10/8
11/26
〜11/27

■2021年のAdobe公式セール(8回)

1/5
~1/15
2/22
〜3/5
3/29
〜4/9
4/29
〜5/7
5/24
〜6/4
6/28
〜7/9
8/23
〜9/3
9/29
〜10/13

■2022年のAdobe公式セール(12/8現在<一般向け5回+学割セール2回>)

1/7
~1/21
42/23
〜3/4
3/21
〜4/8
3/23
〜3/31
(学割)
4/20
〜4/28
(学割)
5/26
〜6/3
11/12
〜12/2

■2023年のAdobe公式セール(11/30現在<一般向け3回+学割セール1回>)

2/19
〜3/3
3/24
~4/7
新生活応援セール
4/24
〜4/28
(学割)
11/17
〜12/4
Black Fridayセール
??
〜??

セールでの割引率例としては

セールの割引率

●Creative Cloudコンプリートプラン=47,520円(年間プラン一括)が34%オフ
●Premiere Proなどの単体プラン=年間一括払いが22%オフ22,176円

Adobe公式サイトの割引セールの最新情報

追記:最新情報です。Adobe公式サイトのセール情報をまとめた記事をアップしています。

>> Adobe公式 割引セール 最新情報はこちら

セール開催時期には、最新情報を更新します

(2)買い切り版

プレミアプロは、定額制のサブスク販売。なので、毎月料金が発生します。

なので、一回払うだけで済む『買い切り版』が欲しい!と思いますよね?

編集部ディレクター
以前はあったPremiere Proの買い切り版はすでにありません

プレミアプロの買い切り版は『CS6』という2012年に発売されたバージョンです。

Adobe Premiere Pro CS6

ただ、残念ながら、こちらの商品は、現在、購入することができません!

(3)中古版←(オススメできない)

買い切り版を中古で買うという方法もあります。

じっさいに、楽天市場やメルカリのサイトでは、いまでも中古の『Adobe Creative Suite 6』などが売られています。

中古製品であれば、購入が可能です。

ですが、これらを買うことはオススメしません。

その理由は

中古のAdobe製品をオススメしない理由

●Adobe社が中古販売を認めていないため、ライセンスを無効にされる可能性がある
●今のパソコンだと動かない
●ウィルスが混入されている危険がある
●その後、追加された新しい機能は一切使えない
●海賊版の可能性もある

からです。

なので、そんなリスクを冒すくらいなら、最初から諦めて、正規の製品をできるだけ安く買う方法を考えた方が得策です。

編集部ディレクター
新しいバージョンは、どんどん便利になっていて、絶対そっちがオススメ

>> Premiere Proを公式サイトでさらに詳しく

Premiere Elementsという代替ソフトとしての選択肢

Premiere Elements(プレミア エレメンツ)は買い切り版

Adobe社には、4つの動画編集ソフトがありますが、Premiere Proの代わりに使えるソフトは、Premiere Rush(ラッシュ)とElements(エレメンツ)の2つです。

4つのソフトの紹介は、こちらからご覧いただけます。

Adobe社の4つの動画編集ソフト
Adobe After Effectsでできることは?その魅力や特徴を紹介します!

After Effects

アニメーションなど特殊効果に強み

プレミアラッシュとプロの違い

Premiere Rush

プレミアプロの
簡易版

「Elements」と「Pro」の違いは?

Elements

プレミアプロの
簡易版

(1)Premiere Elementsは使える?値段と評判

ちょっと分かりづらいけど、Rushは、スマホで操作するソフトなので、プレミアプロと比較するなら、Elementsのみ。

Premiere ProPremiere RushPremiere Elements
利用環境パソコン主:スマホ|副PCパソコン
使用レベルプロ向き初心者向け初心者向け
編集歴として使える使えない使えない
機能性
アップデートサブスク
無料
サブスク
無料
買い切り
12,980円
値段2,728円1,078円19,580円
Premiere Rush

●スマホやタブレットで、SNSへの投稿をメインに、ショートムービーを作る人向けのソフト
●本格的な動画編集には向かない

Elements

●クイック編集・ガイド編集・エキスパート編集の3つから選べる。
●クイック編集は、起動するだけで動画を生成
●本格的な動画編集には向かない
●買い切り版として購入可能

ちなみに、Premiere Elementsは、Adobe社のなかでは珍しく、買い切り版(19,580円)での購入が可能です。

編集長
Premiere Proをサブスクで購入すると月額2,728円だったよね?
編集部ディレクター
はい。なので8ヶ月使うとエレメンツを買った方がお得という計算です(19,580÷2,728=7,177)
Premiere Elementsはコレ

Elementsは、本格的な動画制作というよりも、初心者向きソフト

なので、気軽に動画をアップするのが目的なら、Premiere Proより、こちらのソフトの方が、むしろオススメです。

▼それぞれのソフトの違いを詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考になります。

(2)買い切りソフト『Premiere Elements』の評判は?

じゃあ、実際に、エレメンツを使っている人の評判は?についても調査しました。

正直、良いものとそうでないものとあります。ほんとは、Premiere Proが良いけど、やっぱり価格や値段を考えると『う〜ん…』という人に参考にして欲しいので、あえて掲載します。

Premiere Proのアドビ製品以外の代替ソフトは?

Premiere Proのアドビ製品以外の代替ソフトは?

動画編集は、Premiere Proじゃなくてもできます!

なので、ElementsやPremiere RushでもOKだと思います。

一方で、動画編集スキルを磨きたい人は、Premiere Proを使う方がメリットがあります。

それは、それ自体がスキルとして認められるし(Premiere Pro歴5年みたいな)、その後、動画制作会社に就職したり、仕事が発生する可能性があるから、です。

趣味として楽しむ

ElementsやRush、ほかのソフトでもOK

動画の仕事をする

Premiere Proを使った方が良い

ここでは、自分で楽しみたい人向けのPremiere Proの代替ソフトをご紹介します

(1)他社の代替ソフトを使って動画編集を楽しむ

動画編集ソフトは、Adobe社以外からもたくさんのソフトがリリースされています。

無料でも良いソフトがあるから、試してみるのもアリです。

商品名 コメント 無料or有料 値段 Win Mac
Lightworks 元はプロ用の有料ソフト。 無料(要・会員登録)
VideoPad 音響編集も可。日本語対応 無料版/有料版 999円/月〜
Movie Studio PCスペックが悪くても安心 有料 ×
Filme 無料版にはウォーターマーク 無料版/有料版 1,980円/月〜
PowerDirector 自動編集やアクションカメラにも対応 有料(体験版有り) 571円/月〜
Olive 縦動画にも対応。4K書き出しOK 無料
GOM Mix Pro 必要最低限に機能限定された簡単操作 無料版/有料版 3,300円 ×

プレミアプロは単品よりコンプリートプランの購入がお得

プレミアプロは単品よりコンプリートプランの購入がお得

ここまで、単体プランで購入する方法を中心にご紹介しました。

でも、1番のオススメは、プレミアプロ を単品で買うよりも、Adobe CCのコンプリートプランを買ってしまうことです。

編集長
結局、コンプリートプランがオススメなの?
編集部ディレクター
ちゃんと理由があるんですよ

おすすめ理由① コスパ良し

その理由は、やっぱりコンプリートプランの方がコストパフォーマンスが良いから。

ひとつだけしかソフトを使わないなら、確かに単品購入の方が金額は安い!

でも、もし2つ以上のソフトを使うなら、金額的にコンプリートプランは、お得さが際立っています。

お得な理由は?

●Adobe Premiere Proを単体プランで買う……………………= 2,728 円/月。
Adobe CCコンプリートプランをお得に安く買う方法を使う=3,331円/月。

その差はたった603円!

もう一度、こちらの一覧表を見てみましょう。

ソフト一例月契約(月払い)年契約(月払い)年契約(一括払い)
Photoshop 3,828円 2,728 円28,776円
Illustrator 3,828円 2,728 円28,776円
InDesign 3,828円 2,728 円28,776円
InCopy968円638円6,336円
Lightroom--1,078円12,936円
Premiere Pro 3,828円 2,728 円28,776円
Premiere Rush--12,936円
After Effects 3,828円 2,728 円28,776円
Animate 3,828円 2,728 円28,776円
XD--1,298円10,978円
Dreamweaver 3,828円 2,728 円28,776円
Acrobat Pro2,948円1,738円20,856円

Premiere Proしか使えない単体プランよりも、プレミアプロ 以外にも、PhotoshopやIllustratorや、After Effectsが使えるコンプリートプランの方が圧倒的にお得

単体プランで、プレミアプロとフォトショップを2つ買ったら、5,456円。

でも、2つ以上のソフトを使うことが決まっているなら、コンプリートプランしかないってことです!

おすすめ理由② 動画制作は2つ以上のソフトを絶対使うから

2つ目の理由は、動画制作は、Premiere Proだけじゃなく、ほかのソフトも絶対使うから、です。

たとえば

解説者

サムネイルやテロップ作りには、Photoshopが便利で、効率がいい

解説者

特殊効果のインフォグラフィックやCG作成には、After Effectsが必須

などです。

Adobeソフトを連携すると、全体のクオリティを劇的に上げることもできて、なにより効率が良い!

コンプリートプランは、Adobeソフト(デスクトップだけで23種類、モバイル版も15種類)を全部使えるので、予算が許せば、こちらを選択した方が正解です。

プレミアプロを学生プランで安く買う!

プレミアプロを学生プランで安く買う!

Adobeには、学生・教職員プランというAdobe CCコンプリートを安く買えるプランがあります。

学生・教職員しか買えないけど、すごくお得なプラン。

普通は社会人は利用できません。

じゃあ、なんでここでオススメするの?

それは、社会人も安く買える方法があるから、です。

Adobeが実施するプラチナパートナーという制度があって、Adobe社が認定したスクールにだけ、Adobeソフトを安く提供しています。

すべて通信講座で、日本では下の3校がAdobe社から認定中。

ここを利用すれば、一般の社会人でも、学生価格でAdobe CCコンプリートプランが、39,980円で購入できます。

▼Adobeソフトとオンライン講座セットの最強プラン
こちらの記事で詳しく解説中!

通常だと→ 74,976円/年

スクールパートナー→39,980円

なので、その差はなんと、34,996円!

割引率は46%オフ!

編集長
なにか授業を受けないといけないんじゃ?
編集部ディレクター
大丈夫。とくに課題の提出とかは一切ありません

Premiere Pro(プレミアプロ)の値段は?まとめ

まとめると

Adobe Premiere Proの値段は?
ソフト月契約
(月払い)
年契約
(月払い)
年契約
(一括払い)
Premiere Pro3,828円2,728円28,776円
プレミアプロ単体を安く買う3つの方法とは?

(1)Adobeセール
(2)買い切り版は?
(3)中古を買うのはオススメできない

オススメの代替ソフトは?

●Lightworks
●VideoPad
●Movie Studio
●Filme
●PowerDirector
●Olive
●GOM Mix Pro

コンプリートプランの方がお得な理由は?

●Adobe Premiere Proを単体プランで買う……………………= 2,728 円/月。
Adobe CCコンプリートプランをお得に安く買う方法を使う=3,331円/月。

でした。

Adobe Premiere Proが欲しいけど「どうしようかなぁ」と迷っている人に、今回の記事が参考になったら嬉しいです。

\まずは無料体験/

今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

動画制作や映像・撮影機材・Adobe製品の専門メディア『VideoLab』

動画で副業を始めたいあなたへ

動画で副業を始めるなら、動画編集ソフトは『Premiere Pro』一択。その理由は、仕事を発注する側もほとんどPremiere Proを使っているから…。もしも違うソフトで作業をして、互換性のトラブルが発生したら、発注先にも迷惑がかかってしまうかもしれません。Premiere Proを使えば、それだけで、あなたの動画編集の効率と信頼性は、ワンランク上に見てもらえますよ。

動画で副業(PC)Premiere Pro

\まずは無料体験/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事