Adobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)安くお得に買いたい

動画編集をしたいと思っている人なら、一度は候補に上がるソフトですよね。

でも「Premiere Proは高くて手が出せない」と悩んでいるあなたへ、今回の記事では、世界中の動画クリエイターが使っているプレミアプロの値段について、どこよりも安い価格・金額でお得に買う方法について調査しました。

スポンサーリンク

プレミアプロのお値段は?

プレミアプロのお値段は?
まずはAdobe公式サイトで、プレミアプロを単体プランで購入した場合の値段です。

Adobe公式サイトでの購入金額

まずは、Adobe製品を公式サイトから、単体プランで購入した場合です。他にも欲しいソフトがあると思うので、一覧表にしてみました。

ソフト一例 月契約(月払い) 年契約(月払い) 年契約(一括払い)
Photoshop  3,828円  2,728 円 28,776円
Illustrator  3,828円  2,728 円 28,776円
InDesign  3,828円  2,728 円 28,776円
Lightroom -- 1,078円 12,936円
Premiere Pro  3,828円  2,728 円 28,776円
Premiere Rush -- 12,936円
After Effects  3,828円  2,728 円 28,776円
Animate  3,828円  2,728 円 28,776円
XD -- 1,298円 10,978円
Dreamweaver  3,828円  2,728 円 28,776円
Acrobat Pro 2,948円 1,738円 20,856円

一番お得な金額は、年間契約で一括払いをした場合です。

年間に28,776円だと1ヶ月あたり2,398円。年契約なら、1ヶ月ごとに更新に比べて、1,430円安く買える計算です。

Amazonや楽天、ヤフーでの価格は?

次に、公式サイトの値段が高ければ、Amazonやヤフーショッピングはどうか?を考えますよね?

でも、残念ながら、現在、Adobe Premiere Proは、Amazonや楽天、ヤフーショッピングでの単体販売がありません。すべて、Adobe公式サイトからのみの販売です。

Adobe Creative Cloudコンプリートプランは売ってるけど、単体プランは販売なし!

 

ちなみに、Adobe公式サイトで、単体プランコンプリートプランの金額を比べる

単体プラン(年間契約/一括払い)
28,776円→月額に換算すると 2,398円
コンプリートプラン年間契約/一括払い
72,336円→月額に換算すると6,028円

です。単体プランもコンプリートプランも企業ならともかく、個人だとちょっと出すのがつらい金額です(笑)。

編集部デザイナー
なので、少しでも安く買える方法として、セールで買う方法があります。

プレミアプロを安い値段で買う3つの方法

プレミアプロを安い値段で買う3つの方法

Adobe公式サイトでは手が出なくても、諦めるにはまだ早い!

プレミアプロをもっと安い値段で買いたい方という人は、次の2つの選択肢が考えられます。

プレミアプロ を安い値段で買う3つの方法
(1)Adobeセールで買う←おすすめ(というか一択)
(2)買い切り版を買う ←すでにない
(3)中古を買う ←リスクが高い

 

(1)Adobeセールを狙う←おすすめ

Adobe社では、不定期にセールをしています。セールの期間や割引率は、その都度違います。

■2020年のAdobe公式セール(計7回)

4/1
~4/10
4/29
~5/8
5/25
~5/29
6/29
~7/9
8/7
~8/20
10/1
~10/8
11/16
~11/27

■2021年のAdobe公式セール(現在7回)

1/5
~1/15
2/22
~3/5
3/29
~4/9
4/29
~5/7
5/24
~6/4
6/28
~7/12
8/23
~9/3

最近のセールでの割引率は、

セールの割引率
●Creative Cloudコンプリートプラン=29%オフの月額4,378円。
●Photoshop、Illustrator、Premiere ProやAfter Effectsなど=最大で42%オフ
コンプリートプランでは、年間最大22,400円オフの超お買い得!見つけたら即買いです。

Adobe公式サイトの割引セールの最新情報

追記:最新情報です。

期間限定なので、お早めに!

(2)買い切り版を買う

プレミアプロ は、定額制のサブスク販売。なので、毎月料金が発生します。なので、一回払うだけで済む『買い切り版』が欲しい!と思いますよね?

注意!以前あった買い切り版は、すでにありません

 

プレミアプロ にも以前は買い切り版がありました。CS6という2012年に発売されたバージョンでした。

Adobe Premiere Pro CS6

ただ、残念ながら、こちらの商品は、現在、購入することができません!

(3)中古を買う

楽天市場やメルカリのサイトでは、いまでも中古の『Adobe Creative Suite 6』などが売られています。中古製品であれば、購入が可能です。

ですが、これらを買うことはオススメしません。

その理由は

中古のAdobe製品をオススメしない理由
●Adobe社が中古販売を認めていないので、ライセンスを無効にされる可能性がある
●古い製品なので、今のパソコンだと動かない可能性が高い
●バージョンアップされていないので、使えない機能が多い
●もしかしたら海賊版の可能性もある

からです。なので、そんなリスクを冒すくらいなら、最初から諦めて、正規の製品をできるだけ安く買う方法を考えた方が得策です。

VideoLabデザイナー
新しいバージョンは、どんどん便利になってるので、絶対そっちがオススメです

>> Premiere Pro 7日間無料体験してみる

Premiere Elements(プレミア エレメンツ)は買い切り版

Premiere Elements(プレミア エレメンツ)は買い切り版

Adobe社からは、Premiere Proだけじゃなくて、ほかにも動画編集ソフトがリリースされています。

特に、Premiere Elements(プレミア エレメンツ)というソフトは買い切り版です。

(1)Premiere Elementsは使える?値段と評判

Adobe社には、4つの動画編集ソフトがあります。

それぞれどんなソフトか?を知りたい方は、過去記事をご参照いただけます。

Adobeの動画編集ソフト4選
Premiere Pro
After Effects(アフターエフェクト=アニメーションなど特殊効果)
Premiere Rush(プレミア ラッシュ=プレミアプロ の簡易版)
Elements(エレメンツ=プレミアプロ の簡易版)

Premiere Proの代わりに使えるAdobeの動画編集ソフトには、Premiere RushとElementsがあります。

Premiere Proの代替ソフト、Premiere RushとElementsの違いはなにか?というと
Premiere Rush
●PCで長時間作業するよりも、スマホやタブレットで、SNSへの投稿をメインに、ショートムービーを作る方に向いているソフト
●本格的な動画編集には向かない
Elements
●クイック編集・ガイド編集・エキスパート編集の3つから選べる。
●特にクイック編集では、起動しただけで動画を生成できる
●本格的な動画編集には向かない
●買い切り版として購入可能

Premiere Elementsは、Adobe社のなかでは珍しく、買い切り版(19,580円)での購入が可能です。

編集長
Premiere Proをサブスクで購入すると月額2,728円だったよね?

ディレクター
はい。なので8ヶ月使うとエレメンツを買った方がお得という計算です(19,580÷2,728=7.177)

Premiere Pro Elements 値段

Elementsは、本格的な動画制作というよりも、初心者向きソフト。なので、SNSなどに気軽に動画をアップする目的なら、Premiere Proより、こちらのソフトの方がオススメです。

▼それぞれのソフトの違いを詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考になります。

 

(2)買い切りソフト『Premiere Elements』の評判は?

じゃあ、実際に、エレメンツを使っている人の評判は?についても調査しました。

正直、良いものとそうでないものとあります。ほんとは、Premiere Proが良いけど、やっぱり価格や値段を考えると『う〜ん…』という人に参考にして欲しいので、あえて掲載します。

Premiere Proの代替ソフトは?

Premiere Proの代替ソフトは?

動画編集をどういう目的でおこなうか?によるけど、自分で楽しみたいだけ、であれば、Adobe Premiere Proにこだわらなくても、ElementsやPremiere Rushでも、ちゃんと動画編集はできます。

ただ、動画編集スキルを磨きたい人は、Premiere Proを使えること自体がスキルとして認められるので(Premiere Pro歴5年みたいな)、動画制作会社に就職したり、そこから仕事をもらえたりというメリットもあります。

自分だけで楽しむ
Premiere ProでなくてもOK
仕事として動画編集をしたい
Premiere Proを使う方が良い
ここでは、自分で楽しみたい人向けのPremiere Proの代替ソフトを紹介するよ

(1)他社の代替ソフトを使って動画編集を楽しむ

動画編集ソフトは、Adobe社以外からもたくさんのソフトがリリースされています。

無料でも良いソフトがあるから、試してみるのもアリです。

商品名 コメント 無料or有料 値段 Win Mac
Lightworks 元はプロ用の有料ソフト。 無料(要・会員登録)
VideoPad 音響編集も可。日本語対応 無料版/有料版 999円/月〜
Movie Studio PCスペックが悪くても安心 有料 ×
Filme 無料版にはウォーターマーク 無料版/有料版 1,980円/月〜
PowerDirector 自動編集やアクションカメラにも対応 有料(体験版有り) 571円/月〜
Olive 縦動画にも対応。4K書き出しOK 無料
GOM Mix Pro 必要最低限に機能限定された簡単操作 無料版/有料版 3,300円 ×

プレミアプロは単品よりコンプリートプランの購入がお得

プレミアプロは単品よりコンプリートプランの購入がお得

ここまで、単体プランで購入する方法を中心にご紹介しました。

でも、1番のオススメは、プレミアプロ を単品で買うよりも、Adobe CCのコンプリートプランを買ってしまうことです。

編集長
なんでコンプリートプランがオススメなの?

編集部ディレクター
ちゃんと理由があるんですよ

おすすめ理由① コストパフォーマンスが良い

その理由は、やっぱりコンプリートプランの方がコストパフォーマンスが良いから。

ひとつだけしかソフトを使わないなら、確かに単品購入の方が金額は安い!でも、もし2つ以上のソフトを使うなら、金額的にコンプリートプランは、お得さが際立っています。

お得な理由
●Adobe Premiere Proを単体プランで買うと 2,728 円/月。
Adobe CCコンプリートプランをお得に安く買う方法を使うと3,331円/月。
その差はたった603円!

 

もう一度、こちらの一覧表を見てみましょう。

ソフト一例 月契約(月払い) 年契約(月払い) 年契約(一括払い)
Photoshop  3,828円  2,728 円 28,776円
Illustrator  3,828円  2,728 円 28,776円
InDesign  3,828円  2,728 円 28,776円
InCopy 968円 638円 6,336円
Lightroom -- 1,078円 12,936円
Premiere Pro  3,828円  2,728 円 28,776円
Premiere Rush -- 12,936円
After Effects  3,828円  2,728 円 28,776円
Animate  3,828円  2,728 円 28,776円
XD -- 1,298円 10,978円
Dreamweaver  3,828円  2,728 円 28,776円
Acrobat Pro 2,948円 1,738円 20,856円

Premiere Proしか使えない単体プランよりも、プレミアプロ 以外にも、PhotoshopやIllustratorや、After Effectsが使えるコンプリートプランの方が圧倒的にお得

単体プランで、プレミアプロとフォトショップを2つ買ったら、5,456円。2つ以上ソフトを使うことが決まっているなら、コンプリートプランしかないってことです!

理由② 動画制作は2つ以上のソフトを使うから

2つ目の理由は、動画制作では、Premiere Proだけじゃなく、結局ほかにもソフトがあった方が良いから…です。たとえば

サムネイルやテロップ作りには、Photoshopを使った方が便利だし、効率がいい
特殊効果のインフォグラフィックやCG作成には、After Effectsの使用が必須

など、Adobeのソフトを連携させることで、クオリティを劇的に上げることもできるし、効率も良くなります。

Adobeソフト(デスクトップだけで23種類、モバイル版も15種類)を全部使えるコンプリートプランなら、こちらを選択するのが正解です。

理由③ コンプリートプランならAmazonでも購入できる

もう一つの理由は、コンプリートプランになると、Amazonでの購入はもちろん、学生プランでお得に購入する手を使えるから…です。

created by Rinker
¥65,102 (2022/05/25 04:35:34時点 Amazon調べ-詳細)
通常だと→ 74,976円 Amazonで購入だと→ 52,092円

なので、その差は、マイナス22,884円!

VideoLabデザイナー
機能制限もない通常版だし、こっちの方が全然安い!

>>こちらも要チェック●Amazon<Adobe製品ページ>

プレミアプロを学生プランで安く買う!

プレミアプロを学生プランで安く買う!

Adobeには、学生・教職員プランというのがあります。学生・教職員しか買えないけど、すごく安く買えるプランです。

普通は社会人は利用できません。

じゃあ、なんでここでオススメするの?

 

それは、Adobeが、スクールパートナープログラムを実施していて、それを社会人も使えるから…です。

スクールパートナーは、自社製品を教材やトレーニングサービスを幅広い人々へ提供するのを目的に、Adobeが認定したスクールにだけ、ソフトを安く提供している通信講座です。

日本では下の4校がAdobe社から認定されて、一般の人にも学生版を販売してます。

パソコンスクールISA
43,230円
アドバンスクール
51,700円

編集長
さらにお安くなっているね。でも授業とか受けないといけないんじゃ?

VideoLabデザイナー
大丈夫。カリキュラムを利用して勉強はできるけど、課題の提出とかはないです!
通常だと→ 74,976円/年 スクールパートナーなら→ 39,980円/年

なので、その差はなんと、マイナス34,996円!

割引率は46%オフ!

 

ソフトの機能制限はまったくなく、Adobe公式サイトで購入したものと同じものが提供されます。

詳しくは▼こちらの記事も参考に!

VideoLab編集部としては、自分たちも使っていて安心なので『デジタルハリウッド』さんの講座をオススメしています。

>>デジハリ公式サイト:デジハリONLINE Adobeマスター講座

プレミアプロ の価格は?どこよりも安い値段とお得に買う方法!まとめ

まとめると

Adobe Premiere Proの値段は?
単体プランで買うと 2,728 円/月。
動画編集のオススメ代替ソフトは?
●Lightworks
●VideoPad
●Movie Studio
●Filme
●PowerDirector
●Olive
●GOM Mix Pro
Premiere Proしか使わないなら
●単体プランがオススメ
2つ以上のソフトを使うなら
●学生版コンプリートプランがオススメ
結局は学生プランがお得!
●プレミアプロ を単体プランで買った場合 =2,728 円/月(プレミアプロ だけ使える)
●Adobe スクールパートナープランを使えば=3,331円/月 (Adobeのソフトが全部使える)
その差はたったの603円で、Adobeのソフトが使いたい放題!

でした。

Adobe Premiere Proが欲しいけど「どうしようかなぁ」と迷っている人に、今回の記事が参考になったら嬉しいです。

 

動画で副業を始めたいあなたへ

動画で副業を始めるならPremiere Pro動画で副業を始めるなら、動画編集ソフトは『Premiere Pro』一択です。その理由は、仕事を発注する側もほとんどPremiere Proを使っているから…。もしも違うソフトで作業をして、互換性のトラブルが発生したら、発注先にも迷惑がかかってしまうかもしれません。Premiere Proを使えば、それだけで、あなたの動画編集の効率と信頼性は、ワンランク上に見てもらえますよ。

 

まずは体験版でその価値を試してみませんか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事