Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)とは?

Adobe Premiere Elements(よみ:アドビプレミアエレメンツ)は、Adobeの動画編集ソフト。

Adobe製品の中では、珍しい部類の買い切り型商品です。

同じPremiereでも、Premiere Proと比べると、初心者でも使いやすいと言われるElementsだけど、実際はどうなのか?気になります。

というわけで、今回の記事では、Adobe Premiere Elementsは、どういうソフトなのか?を調査しました。

また、Premiere Proとの違いや、価格、また、本当に初心者にやさしいソフトなのか?についてもお伝えします。

この記事でわかること

●Premiere Elementsは、どういうソフトなのか?
●ElementsとPremiere Proの違いは?
●Elementsの価格は?
●本当に初心者にやさしいのか?の口コミを見る

どうぞ、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

Adobe Premiere Elements(プレミアエレメンツ)はどんなソフト

Adobe Premiere Elements(プレミアエレメンツ)はどんなソフト

まずは、Premiere Elementsが、どういうソフトなのか?についてです。

Adobe Premiere Elements(プレミアエレメンツ)とは?

①Premiere Elementsは何ができる?
②ElementsとPremiere Proの違いは?
③Premiere Elements(プレミアエレメンツ)PCの推奨スペックは?

一つずつ見ていきましょう。

①Premiere Elementsは何ができる?

Premiere Elementsは、動画編集ソフトとして、一般的な機能が、すべて備わっているソフトです。

4Kといった高画質での動画編集も可能です。

Adobeのソフトらしく、直感的な操作ができるので、初心者にも使いやすい反面、たとえばカラーグレーディングで色を演出したりする機能は、力不足です。

>> カラーグレーディングについて、もっと詳しく

②ElementsとPremiere Proの違いは?

2つのソフトを比べるとこんな感じです。

ElementsとPremiere Proの違いは?

●Premiere Proの方がより高機能でプロ向け
●Elementsは、AIやプリセットによる動画編集のサポート機能が充実している
●Elementsは買い切り、Premiere Proはサブスクリプション

Premiere Proは、映画やドラマ、YouTubeといった動画制作のプロの現場でも使われているソフト。

一方で、Elementsは、機能面で、Premiere Proよりも劣るものの、AIやプリセットによる動画編集のサポート機能が充実しています。

趣味で「動画を編集するだけ」なら、Elementsで十分と言えます。

③Premiere Elements(プレミアエレメンツ)PCの推奨スペックは?

最新のAdobe Premiere Elements(プレミアエレメンツ)2023です。

Elements 15とElements 14も人気のあったバージョンですが、それぞれの推奨PCスペックを調べてみました。

以下、一覧表です。

Elements 2023のPC推奨スペック

Mac
Windows
CPU
・Intel の第6世代以降(第7世代以降推奨)
・Apple シリコン M1 以降
・Intelの第6世代以降(第7世代以降推奨)
・SSE4.1をサポートする同等のAMDプロセッサー
OS
・macOS 11
・macOS 12(12.4以降)
・Windows 10 バージョン 21H1
(バージョン 21H2 を推奨)
・Windows 11  
メモリ
8GB(HDは16GB、4Kは32GB推奨)8GB(HDは16GB、4Kは32GB推奨)
推奨ストレージ
6GBのハードディスク空き容量5GBのハードディスク空き容量
ディスプレイ
解像度
1280×800(倍率100%の場合)1280×800(倍率100%の場合)

Elements 15のPC推奨スペック

Mac
Windows
CPU
intelマルチコアプロセッサー
(64ビットのみ)
2GHz以上(SSE2サポート)
OS
・Mac OS X 10.11
・Mac OS X 10.10
・Windows10
・Windows 8
・WIndows 7 SP 1
メモリ
4GB4GB
推奨ストレージ
10GBのハードディスク空き容量
(コンテンツ追加で要12GB)
12GBのハードディスク空き容量
(コンテンツ追加で要5GB)
ディスプレイ
解像度
1024 x 768(倍率100%の場合)1024 x 768(倍率100%の場合)

Elements 14のPC推奨スペック

Mac
Windows
CPU
intelマルチコアプロセッサー2GHz以上(SSE2サポート)
OS
・Mac OS X 10.11
・Mac OS X 10.10
・Mac OS X 10.9
・Windows10
・Windows 8
・WIndows 7 SP 1
メモリ
2GB2GB
推奨ストレージ
5GBのハードディスク空き容量10GBのハードディスク空き容量
ディスプレイ
解像度
1024 x 768(倍率100%の場合)1024 x 768(倍率100%の場合)

Adobe Premiere Elementsを買う前に検討すること

Adobe Premiere Elementsを買う前に検討すること

気になる価格などをお伝えします。

Adobe Premiere Elementsを買う前に検討することは?

(1)Premiere Elements|単独か?バンドル版か?値段は?
(2)やっぱり体験してから買いたい!
(3)ほかの動画編集ソフトも試してみたい人は
(4)Premiere Elementsをすぐ買いたい
(5)Premiere Elementsをアップグレードしよう

(1)Premiere Elements|単独か?バンドル版か?値段は?

Elementsの価格・値段は19,580円(1ライセンス)です。

このほか『Premiere Elements』と『Photoshop Elements』が、セットになったバンドル版が27,280円で販売されています。

ついでに、Photoshop Elementsにも興味があれば、バンドル版の方がお得です。

Elementsの価格は?

19,580円(1ライセンス)

Elements+Photoshop Elementsバンドル版

27,280円(1ライセンス)

(2)やっぱり体験してから買いたい!

Elementsには、体験版があります。

一応、初心者向けと言ってるけど、使ってみたら「ちょっと違うな」という場合だってやっぱりあります。

なので、まずは体験版を使ってからの購入がオススメです。

Elements体験版①

無料体験版の期間は30日間

Elements体験版②

全ての機能が使用可能

編集長
Adobe IDを作るのが面倒だよね
編集部ディレクター
無料版を体験できるんだから、ここは我慢でいきましょう

(3)ほかの動画編集ソフトも試してみたい人は

動画編集ソフトは、Adobeだけではなく、たくさんの会社から発売されています。

なので、いろいろ使ってみて、自分に相性の良いソフトを見つけましょう。

(4)Premiere Elementsをすぐ買いたい

念のため、すぐに買いたい場合は、Adobe公式サイトか、Amazonから購入します。

Premiere Elementsをすぐ買いたい

▼Amazonで購入するなら

created by Rinker
¥19,976 (2022/11/30 02:43:47時点 Amazon調べ-詳細)

(5)Premiere Elementsをアップグレードしよう

最新のElementsのバージョンは2023。

もし、旧バージョンを持っているなら、新品を買うより安く最新版にアップグレード可能です(有料だけど)。

旧ライセンスからのアップグレードなら

●Premiere Elements単=12,980円
●Elements+Photoshop=20,680円

新品を普通に買うと

●Premiere Elements単=19,580円
●Elements+Photoshop=27,280円

編集部ディレクター
旧バージョンがあれば、だいぶお得です

Adobe Premiere Elementsの評価は?口コミを抜粋

Adobe Premiere Elementsの評価は?口コミを抜粋

Elementsを使ってみた人の声をTwitterからまとめてみました。

Premiere Elementsの良い口コミ

https://twitter.com/dashk_adhd/status/1103864184146554881?s=20&t=YloaA4ZY7bnrPNnBifn5uA

●ある程度予算があるなら、Premiere Elementsはオススメ
●朝6時から夜9時までハマっていじくりまわしてた
●副業案件が受けやすくなるので自分への投資で買った

Premiere Elementsの良くない口コミ

当然だけど、良くない方の口コミもあったので、それも共有します。

https://twitter.com/wakanaE6/status/1588671947264913409?s=20&t=DnJ7NlkkvUUpaKMqt4aEAw

●Elementsは痒い所に手が届かない
●Premiere Proは同じAdobeだけど難しい
●初心者には、フィモーラ>PowerDirector>プレミアエレメンツの順でおすすめ

他のソフトから乗り換えた場合に「使いづらい」という意見が目立ちました。

また、やっぱりPremiere Proが欲しいという意見や、初心者には別の動画編集ソフト(Filmora)を進める意見もありました。

Adobe Premiere Elementsとは?まとめ

Adobe Premiere Elementsとは?まとめ

Adobe Premiere Elementsについてご紹介しました。

まとめると

Adobe Premiere Elements(プレミアエレメンツ)とは?

①Premiere Elementsは何ができる?
②ElementsとPremiere Proの違いは?
③Premiere Elements(プレミアエレメンツ)PCの推奨スペックは?

ElementsとPremiere Proの違いは?

●Premiere Proの方がより高機能でプロ向け
●Elementsは、AIやプリセットによる動画編集のサポート機能が充実している
●Elementsは買い切り、Premiere Proはサブスクリプション

Adobe Premiere Elementsを買う前に検討することは?

(1)Premiere Elements|単独か?バンドル版か?値段は?
(2)やっぱり体験してから買いたい!
(3)ほかの動画編集ソフトも試してみたい人は
(4)Premiere Elementsをすぐ買いたい
(5)Premiere Elementsをアップグレードしよう

Elementsの価格は?

19,580円(1ライセンス)

Elements+Photoshop Elementsバンドル版

27,280円(1ライセンス)

Elements体験版①

無料体験版の期間は30日間

Elements体験版②

全ての機能が使用可能

旧ライセンスからのアップグレードなら

●Premiere Elements単=12,980円
●Elements+Photoshop=20,680円

新品を普通に買うと

●Premiere Elements単=19,580円
●Elements+Photoshop=27,280円

●ある程度予算があるなら、Premiere Elementsはオススメ
●朝6時から夜9時までハマっていじくりまわしてた
●副業案件が受けやすくなるので自分への投資で買った

●Elementsは痒い所に手が届かない
●Premiere Proは同じAdobeだけど難しい
●初心者には、フィモーラ>PowerDirector>プレミアエレメンツの順でおすすめ

でした。

\30日間無料体験してみる/

今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

動画制作や映像・撮影機材・Adobe製品の専門メディア『VideoLab』

動画で副業を始めたいあなたへ

動画で副業を始めるならPremiere Pro動画で副業を始めるなら、動画編集ソフトは『Premiere Pro』一択。その理由は、仕事を発注する側もほとんどPremiere Proを使っているから…。もしも違うソフトで作業をして、互換性のトラブルが発生したら、発注先にも迷惑がかかってしまうかもしれません。Premiere Proを使えば、それだけで、あなたの動画編集の効率と信頼性は、ワンランク上に見てもらえますよ。

 

まずは体験版でその価値を試してみませんか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事