最近は、スマホカメラの機能も上がり、「ムービー撮影もスマホで十分」という機会もふえました。しかし、お子様の運動会や発表会、仲の良い友達との旅行などの映像はもっときれいに残したい!と思うこともあるのではないでしょうか。そんな時はやはり、ビデオカメラが活躍してくれます。今回は、数あるデジタルビデオカメラの中でもパナソニックのおすすめをご紹介します。

パナソニックのビデオカメラの特徴は?

ビデオカメラの主なメーカーとして、パナソニックに加え、SONYJVCの3社が有名です。SONYは他社と比べ、高機能で価格が高く、JVCは比較的安価ですがラインナップが多くありません。その中でパナソニックは、豊富なラインナップで価格の幅も広く多くの選択肢があるのが魅力です。

他社ビデオカメラと比較 パナソニックの特徴①|ズームに強い

SONYのハンディカムのズームはフルハイビジョンで30倍、JVCでも40倍のところ、パナソニックは50倍の光学ズームを搭載しており、遠くのものをより大きく移すことが可能です。ただし、倍率を高くすると手振れが出やすくなるので、三脚などの利用は必須です。

 

他社ビデオカメラと比較 パナソニックの特徴②|4K

上記3社の中で4K映像が撮れるのが、SONYのハンディカムパナソニックのビデオカメラです。SONYの場合は4K専用のSDカードを用意する必要がありますが、パナソニックなら、普通のSDカードに4K映像を記録することができます。

 

他社ビデオカメラと比較 パナソニックの特徴③|ワイプ撮り

他社にはないパナソニックカメラの特徴として、ワイプ撮り機能があります。メインのカメラのほかに、モニタの横にサブカメラがついていて、撮影者の顔を同時に撮影できたり、お遊戯会の引き映像と、拡大映像を同時に撮影できたりする機能です。ただし、ワイプ撮りをした映像をあとから編集で消したりできないため、こちらの機能には賛否両論があります。

 

他社ビデオカメラと比較 パナソニックの特徴④|手振れ補正が弱い

パナソニックのビデオカメラも手振れ補正機能はついていますが、残念ながらSONYのハンディカムに比較するとその性能で劣ります。歩きながらの撮影や激しい動きを撮影する場合には、手振れが気になるかもしれません。

 

手ぶれに強いのはSONYのハンディカムです。以下に詳しくまとめた記事がありますので、気になる方はご覧ください。

 

パナソニックのビデオカメラを選ぶ際のポイントは?

パナソニックのビデオカメラはラインナップが豊富です。どういった点に注目すれば、自分に合ったビデオカメラが選べるのでしょうか。パナソニックの製品を比較してみました。

パナソニック製品比較①|「4K」か「フルHD」か?

パナソニックの製品には4Kの映像が撮れるものと、フルHDのものがあります。4K映像を見るためには4K映像が見られるモニタが必要です。価格も「4K」と「フルHD」では大きく異なってきます。思い出の映像はよりきれいに残したいという場合や、4Kテレビをお持ちで、予算が許すのであれば4Kが撮れる商品を選ぶとよいでしょう。価格を抑えたい、4Kを移すことのできるモニタは持っていない。という場合には、フルHDで十分です。また、「4K」と「フルHD」で光学ズームの倍率も異なります。4K商品だと20倍程度、フルHDだと50倍の商品が多く、どのような映像を撮りたいのかを検証して選ぶのがよいでしょう。どちらもデジタルズームを併用すれば、より遠くのものを移すことも可能です。

 

パナソニック製品比較②|重さ

パナソニックのビデオカメラは全体的に軽量な印象ですが、「4K」のハイエンド商品は、400g以上の重量があります。一方、「フルHD」の商品は200~300g程度です。女性が片手で長時間撮影する場合などは、重さも重要なポイントです。最新のパナソニックの新製品では比較的軽い355g程度の4K Airと呼ばれるビデオカメラも登場したので注目です。

 

パナソニック製品比較③|ワイプ撮り機能の有無

上記にも書いたように、パナソニック製品の特長として、ワイプ撮りができるものがあります。しかし、撮影後に編集できなかったりと、実際に機能としては賛否両論あり、ワイプ撮り機能の有無で重さや値段も変わってくることから、実際にその機能を使う場面があるのかどうかを購入前によく検討するのがよいでしょう。

 

パナソニック製品比較④|内蔵メモリ

内蔵メモリとはSDカードを入れなくても本体に記録できる容量を示しています。PCに移して編集などする場合にはSDカードが便利ですので、容量の大きなSDカードを利用するのであればそれほど気にする必要はないかもしれませんが、SDカードを忘れてしまった時など、内蔵メモリが十分にあると安心です。

 

パナソニックのビデオカメラおすすめ5選!

さまざまな観点からおすすめのパナソニックビデオカメラをご紹介します。

Panasonic HDビデオカメラ V480MS


初めてのビデオカメラにおすすめなのが、V480MS。Panasinicのビデオラインナップの中でも、機能が最低限でシンプルかつ3万円以下の価格を抑えられるのがこの商品。画質はフルHDで、ワイプ撮影機能はありませんが、本体重量は213gととても軽いのが特徴です。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥28,300 (2020/01/26 11:48:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

Panasonic 4K ビデオカメラ VX1M

Panasonic4Kビデオカメラの中で一番人気なのが、VX1M。4Kなのでズーム倍率は24倍ですが、デジタルズームをあわせると250倍まで拡大できます。また広角が25mmと広い画角で撮影できるので、室内など狭い場所での撮影にも向いています。4Kビデオカメラですが、ワイプ撮影機能はないため、価格も6万円前後で落ち着いています。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥59,800 (2020/01/26 11:48:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

Panasonic HDビデオカメラ W590M


今年発売されたばかりのワイプ機能付きフルHDです。価格も4万円程度。フルHD機種なのでズームも光学ズームだけで50倍まで拡大できます。本体カラーもピンクなどがあり、女性にも手が出しやすいビデオカメラです。内蔵メモリも64GBで、SDカードなしでもたっぷり撮影することができます。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥45,900 (2020/01/26 11:48:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

Panasonic 4K ビデオカメラHC-VX992M 


今年発売されたばかりの4Kカメラで、4Kながら、軽さにこだわった製品で、本体重量は約355g(バッテリー含まず)に抑えられています。スマートフォンのアプリと連携することで、スマホをリモコンにしてリモートで操作することができます。価格は6万円台

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥63,000 (2020/01/26 11:48:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

Panasonic 4K ビデオカメラHC-WX2M


現行のパナソニックビデオカメラの中で、最新で最高スペックの4Kビデオカメラです。ワイプ機能付きの4Kビデオカメラで、暗いシーンでも撮影ができます。レンズにはライカのレンズを採用し、広角は25㎜、光学24倍ズームを実現しています。Panasonic製品の中で最新最高スペックですので、価格は8万円程度と、他の製品と比較すると高価格ですが、その性能は間違いありません。

 

パナソニックのビデオカメラで動画撮影を楽しもう!

製品のラインナップが多いパナソニックのデジタルビデオカメラ。画質は「4K」がいいのか「フルHD」でいいのか。ワイプ撮影機能は必要か、不要か。ご自身がビデオ撮影をする場面を想像しながら、自分に合ったビデオカメラを選んで、お子様やご家族の思い出を楽しく残しましょう。持った時の重さや、4KとフルHDの画質の違いなどは実際に電気屋さんなどで体験してみるのもよいかもしれません。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事