「自分の撮った動画を映画風にしたいなー」なんて思ったことはありませんか?

実はスマートフォンで撮影したものもフィルターや編集次第で簡単にシネマティックになるんです!

というわけで本日はPremiereProで動画を映画風にする方法を紹介します。

Premiereで動画を映画風に編集する方法【画面比編】

画面の幅と高さの比率をアスペクト比と言います。

現在、動画は16:9が一般的ですが、画面にクロップという枠を上下に出して2.35:1のワイドスクリーンにすることで映画風になります

これは1950年代テレビの隆盛で危機感を持った映画界が、映画館でしか味わえない迫力を映像に持たせたことによるものです。

ということで、まずはPremiereProで上下にクロップを出す方法をお教えします。

エフェクトで「クロップ」を検索


PremiereProを開き、プロジェクトで編集したい動画をタイムラインに入れたら「エフェクト」の窓に「クロップ」と入れます。このまま1つ1つのクリップに入れていくことも可能ですが、かなり面倒なので裏技が実はあるんです。

 

調整レイヤーにクロップを入れる

「プロジェクト」の「新規項目」から「調整レイヤー」を作成し動画クリップの上に(動画がV1なら調整レイヤーはV2)それを配置して全てのクリップに被るように延長してください。

 

エフェクトコントロールで上下のクロップの高さを調整

調整レイヤーを選択したのち「エフェクトコントロール」を開くと「クロップ」の設定欄があるので、上下ともに12%にすると枠が大きくなりアスペクト比が2.35:1に変更され映画風の動画になります。

 

クロップを入れることにより余白が生まれカッコ良さがぐっと上がる上、もし「うまく撮影できなかった」と言う場合でもアスペクト比が小さくなり画面を動かすことができるので、ちょうどいい構図に調整が可能です。

PremiereProでうまく編集し、個人作品を作ってみてください。

Premiereで動画を映画風に編集する方法【色味編】

続いて紹介するのがPremiereProで色調を変えて映画風にする方法です。上下にクロップがあるだけではシネマティックな動画になるには物足りないので、色んなフィルターを使ってサクッと映画風にする方法を紹介します。

PremiereのエフェクトのLumitriプリセットで動画を映画風にしよう

PremiereProの「エフェクト」を選択するとビデオトラディションやプリセットという前もって設定されたモード選択があります。

その中でも「Lumitriプリセット」のなかに「映画」というカテゴリーがあるので、そちらを動画クリップにドラッグ&ドロップすると簡単に変更することができます。

 

Lumitriカラーのクリエティブフィルターで動画を映画風にする

ウィンドウからLumitriカラーを開き「クリエイティブ」の欄に「Lookという項目があります。動画クリップを選択した状態で、それを選択するとすでに設定されている映画風のフィルターをかけることができます。

白黒からセピアまで様々なスタイルにワンクリックで編集することができるので個人的には一番これが楽です。

 

自分で色を微調整して動画を映画風にする

Lumitriカラーには他にも「基本補正」で露出量、コントラスト、シャドウ、ハイライト、白レベル、黒レベル、彩度を微調整したり、クリエイティブ」でシャドウ色相調整、ハイライト色調調整を変更したり、カーブ」で色相/彩度カーブ、RGBカーブを好きなように変えることができます。「なんか複雑…」と思うかもしれませんが、この細かい調節ができるのがPremiereProのいいところです。映画風にしたい場合はコントラストを上げて彩度を下げるといいので、色々と試してみてください。

とはいうものの、作品として仕上げるとなった際、慣れるまでは難しいのでまずは上記のフィルターやプリセットを使って雰囲気を把握しておくと徐々に何がいいかが掴めていきます。

 

 LUTでLOGデータを一括編集する【上級編】

「いいカメラで撮ったのに何かボヤけた動画になっている」ということがありますが、それはLOG撮影をしている場合があります。LOGとはフィルム撮影の素材をデジタル化するために生まれたものでフィルムの特性をビデオで再現することで、明るいところと暗いところを同時に写せ(ダイナミックアレンジが広い)明暗さの少ない自然な印象に仕上げることができます。これによりバンディングという印刷した際、クラデーションが縞になってしまうことを少しでも起こさないように設計されているのですが、そのまま使おうとするとボヤけた眠たい映像になってしまいます。

そこで使うので「LUTの適用」です。

Lumitriカラー→基本補正→LUT設定」でLOGに合ったものを選んでください。すると一気に色鮮やかなものになるのがわかると思います。つまり、LOG撮影とはPremiereProなどの編集を前提とした撮影ということです。よりいい映像を撮るには有効なので興味のある方は試してみてください。

 

Premiereで動画を映画風に編集する方法【フレームレート編】

フレームレートを24で撮影する

映画風の動画を撮るのに、もう一つキーになるのがフレームレートです。60fps30fpsなんて数字を見たことある方もいるかと思いますが、60fpsというのは1秒間に60コマの画像が入っていると言うことです。つまりものすごいスピードでパラパラ漫画を見せられているので僕らは滑らかな動画に見えるわけです。そして、もし映画風に撮るのでしたらフレームレートは24fps(1秒間に24コマ)にすることが大切です。

「PremiereProで編集すればいい」と設定を適当にせず、目的に合わせたカメラや設定が必要となります。もちろん、よりいい動画を撮るには、それに合わせたレンズも重要です。コストはかかりますが、かっこいい映像を撮影する際には強力な武器となりますので検討してみてください。

 

PremiereProで映像素材そのもののフレームレートを変える

PremiereProで映画風の動画を作る際はシーケンスを24fpsに合わせることから始めます。プロジェクトウィンドウにある「新規アイコン」から「新規シーケンス」を選び自分の映像素材に合わせた画像サイズのものを選んでください。(表示に1080p24や720p24と書いてあるものです)

そして24fpsの映像を使用するといいのですが60fpsで撮影したものを24fpsにすることも可能です。

まず、使用したい動画をプロジェクトに入れ動画を右クリックし「変更→フッテージを変更」を選択します。

メニュー画面が出てくるので「フレームレート」の中の「フレームレートを指定」にチェックを入れ「24」と入力すると60fpsの動画を24fpsにすることができます。

もちろん、1秒間に60枚ある画像を1秒間に24枚にしているのでスローの映像となります。

 

タイムライン内で動画クリップを変更する

タイムライン内で動画を選択し、上のメニューバーから「クリップ⇨速度・デュレーション」をクリックします。撮影した動画が60fpsの場合、24fpsにするには速度を「40%」にします。そして「補間オプション」は元が通常のスピードの動画の(高速撮影でない)場合はオプティカルフローにすると高品質な映像になります。すると同様に1秒間に24fpsの動画を作ることができます。

表現方法の1つとして車やスポーツなど激しい動きをしているものをスローにするととても迫力が出るので、ぜひ活用して見てください。

 

フレームレートについては、こちらの記事でより詳しく説明しているため、ぜひ参考にしてみてください!

Premiereで動画を映画風に編集しよう!

以上、PremiereProの編集で動画を映画風にするには

・上下にクロップという枠つける

・フィルターをかけ色を変える

・24fpsにする

ということでした。

PremiereProを使えば、このように何でもできますので、今回のことを活用して、かっこいい映像を作ってください。

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事