こんにちは。VideoLabのMIYASANです。

「Premiere Proの使い方|初心者向け 定番テクニック」と題して、初心者向けに、YouTubeで頻繁に使う定番テクニック4つをご紹介する記事を連載中です。

■プロが使う4つの定番テクニック
①ガシガシ縮める
②表情をアップや白黒にする
③テロップで言葉を強調する
④音量を調整する

2回目となる今回は、②の定番テクニック・テロップ編と題して、テロップの基本テクニックをご紹介します。

スポンサーリンク

定番テクニック③「テロップで言葉を強調する」

今回の記事も、動画をご用意しています。動画を見ながら、記事を読んでいただけると、より分かりやすく、理解が深まりますので、ぜひ、ご利用ください。

3つめの定番テクニックは、「テロップで言葉を強調する」です。使用する動画ソフトは、Adobe Premiere Proです。

〜7日間無料 体験〜

テロップを入力する

ツールパレットから『T』を選択して、映像をクリックすると、文字入力できるようになります。

ツールパレットから『T』を選択

ポインターを映像上でクリックします。すると、入力したテロップの位置を動かせるようになります。適切な位置になるように調整してください。

ポインターを映像上でクリック

文字を適切な位置に調整

■詳しい手順
●再生して書く言葉を決めておく
●タイムライン左端のツールパレットから「T」を選んで文字入力に切り替える
●ポインターを映像に合わせてクリックすると直接文字入力できる
●テロップを入力したら選択ツールに戻す
●テロップをクリックして位置を調整する

 

テロップにデザインを加える

メニューの「ウィンドウ」から、「エッセンシャルグラフィックス」を選択します。

エッセンシャルグラフィックスを選択

エッセンシャルグラフィックスパネルの上部に「T」と入力したテロップ(この場合は「次、マヨネーズいきます」)が表示されますので、これをクリックしてブラックからグレーに切り替えます。

パネルを選択して文字を編集
フォントの種類を選ぶ

エッセンシャルグラフィックスパネルの「テキスト」の項目から、好きなフォントをフォントを選びましょう。

「アピアランス」項目で、フォントの色やエッジを加工

エッセンシャルグラフィックスパネルの下部にある「アピアランス」の項目で、フォントの色やエッジを加工します。

動画の編集ディレクションとして、動画のイメージ合わせたフォントと色を選択しておきましょう。

■詳しい手順
●メニューの「ウィンドウ」から、「エッセンシャルグラフィックス」を選択する
●エッセンシャルグラフィックスパネルからテロップを選択し、編集可能にする
●エッセンシャルグラフィックスパネルの中部にある「テキスト」から好みのフォントを選ぶ
●エッセンシャルグラフィックスパネルの下部の「アピアランス」で色やエッジを加工する

 

最初の1枚が肝心

テロップのフォント、色やエッジのデザインができたら、その「最初の1枚が肝心」です。

最初の1枚が肝心

入力したテロップをコピーして使用すると文字数によって、左に寄っていたり、左右のバランスが取れていない状態になります。

そこで、最初の1枚に「センタリング」という作業をしておきます。

最初の1枚に「センタリング」

エッセンシャルグラフィックスパネルの「テキスト」の項目にあるフォントサイズ調整の下に、横線が何本もあるアイコンが、並んでいるのを確認してください。

このアイコンは文字列の配置を指定しています。センタリングには、中央の「中央揃え」アイコンをクリックします。

「中央揃え」アイコンをクリック

作業手順によって、テロップが左右に寄ってしまう場合もあります。その場合は、エッセンシャルグラフィックスパネルの「整列と変形」項目から、上記の指定アイコンを選びます。

「整列と変形」項目から指定アイコンを選ぶ

センタリングができると、この後に異なる文字数のテロップを入力しても、自動的に左右中央に配置されるようになります。

■詳しい手順
●センタリングを行うと自動的にテロップが中央に配置され作業効率が高まる
●エッセンシャルグラフィックスパネルの「テキスト」の項目にあるフォントサイズ調整の下に、横線が何本もあるアイコンが3つ並んでいるのを確認する
●3つのアイコンから中央のセンタリング(中央揃え)を選ぶ
●さらに「テキスト」と「整列と変形」のテロップ配置アイコンをクリックすると、中央に配置できる

 

テロップを追加する

テロップを追加するには、2つの方法があります。最初のテロップをコピーする方法と、テロップのひな形を保存してコピーする方法です。

(1)最初のテロップをコピーする

1つめは、最初に作ったテロップをコピーする方法です。

タイムラインから最初に作ったテロップのクリップを選択します。そして、Alt(macはOption)キーを押しながら、横方向にドラッグします。

最初に作ったテロップをコピーする方法

すると、同じテロップが生成されるので、このテロップの文字だけを新しいものに入力し直しましょう。

プログラムウィンドウの映像からテロップをダブルクリックすると、文字が変更できます。

映像からテロップをダブルクリックすると、文字が変更できる

先ほどセンタリングしてあるので、テロップは自動的に中央に配置されているのが確認できます。

■詳しい手順
●最初に作ったテロップのコピーでテロップを追加できる
●コピーするには最初のテロップのクリップを選択してAlt(macはOption)キーを押しながら横方向にドラッグする
●コピーしたクリップの文字を変更することで、別のテロップが作成できる

 

(2)テロップのひな形を保存してコピー

2つめの方法は、参照タブからドラッグ&ドロップする方法です。まずはひな形を作ります。

参照タブからドラッグ&ドロップする方法

ひな形の名前と保存先の設定

タイムラインにある、最初に作ったテロップのクリップを選択します。右クリックして「モーショングラフィックステンプレートで書き出し」を選ぶと、パネルが表示されます。

テロップのひな形を書き出す場所を指定できるので、ファイルが扱いやすいライブラリを選択します。今回は、マイライブラリを保存先にし、OKを押すと登録が完了しました。

保存したテロップを確認

エッセンシャルグラフィックスパネルの上部からタブを「編集」から「参照」に切り替えると、ひな形にしたテロップが確認できます。

タイムラインにドラッグ&ドロップ

ひな形化したテロップの一覧から目的のものを選択して、タイムラインにドラッグ&ドロップし、文字を変更することで、同じデザインのテロップを量産できます。

■詳しい手順
●タイムラインにある最初に作ったテロップのクリップを選択して右クリックし、「モーショングラフィックステンプレートで書き出し」を選ぶ
●テロップのひな形を書き出す場所を指定する
●エッセンシャルグラフィックスパネルのタブを「参照」に切り替えると、ひな形にしたテロップが確認できる
●ひな形にしたテロップの一覧からタイムラインにドラッグ&ドロップする
●映像のテロップをダブルクリックして新しい文字を入力する

 

Premiere Proの使い方|初心者向け4つの定番テクニック2|テロップ編・まとめ

今回は、手軽な定番テクニックの中から、効率的なカット編集についてご紹介しました。

スマホのアプリを含めて手軽な動画編集ソフトはたくさんあります。でも、YouTubeのような長い収録時間の動画を作る場合は、Adobe Premiere Proのような本格ソフトがおすすめです。

ぜひ、今回ご紹介した定番テクニックを使って、YouTubeデビューを目指してみて下さい!

>>Premiere Pro体験版はこちら

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事