動画編集ソフトランキングTOP5

「ゲーム実況に最適な動画編集ソフトってなんだろう?」

ゲーム好きならYouTubeに実況動画を投稿してみたい人も多いでしょう。ただ、初心者にとってどの動画編集ソフトがゲーム実況に向いているかわからないですよね。

この記事では、ゲーム実況におすすめの動画編集ソフトや選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

ゲーム実況におすすめの動画編集ソフトランキング7選

まずは、ゲーム実況におすすめの動画編集ソフト5つピックアップしてみました。ランキング形式でお伝えしますね。

ゲーム実況におすすめの動画編集ソフト 1位:Premiere Pro

動画編集ソフト 1位:Premiere Pro

ゲーム実況におすすめの動画編集ソフト1位が、Adobe Premiere Proです。洗練された動画編集ソフトとして世界でもっとも知名度が高く、初心者でも直感的に使えるのがおすすめポイントです。

世界的に使用ユーザーが多いので、動画編集で困ったときすぐに解決策をググれます。

さらに、YouTubeにも編集の仕方というチュートリアルがたくさん上がっています。有料版であることがデメリットですが、初心者からプロまで使える動画編集ソフトですよ。

実況動画だけではなくオールマイティの編集に特化

オールマイティの編集に特化

Premiere Proのおすすめポイントは、実況動画だけでなく、MVやVlog、ドラマ、映画など、オールマイティに使えることです。

多くの映像クリエイターも使っている動画編集ソフトなので、ゲーム実況でも今までにないような個性的な作品を作ることも可能です。

さらに、Premiere Proの良いところは初心者でも簡単な編集ができること

そして、シンプルな編集だからこそ、いろんな味付けを加えることができます。他とは違う圧倒的な実況動画を作りたいと考えているならPremiere Proから入るのが良いのではないでしょうか。

動画編集初心者は必見!Premiere Proの体験版について

Premiere Proの体験版について

Premiere Proは有料ですが、体験期間であれば無料で使うことができます。「最初から有料を使うのは荷が重い」という人は体験版を使ってみるのも良いでしょう。

最初に体験版のPremiere Proを使ってみて、そのあとに無料ソフトを使ってみましょう。

Premiere Proの使いやすさに驚くはずです。とりあえず無料で使ってみてから考えてみるのがおすすめですよ。

Premiere Proの体験版ダウンロードはこちらから!

ゲーム実況におすすめの動画編集ソフト 2位:Premiere Elements

Premiere Elements

Premiere Elements(プレミアエレメンツ)は、買切り版の動画編集ソフトです。Adobeプレミアプロなど、現在のAdobe製品は、ほとんどサブスクリプション(定額制)の料金設定ですが、こちらは買切り版のソフトとして販売されています。

買切り版なので、一度買えば、2度とお金を払わずに済む。というメリットがあります。

その一方で、バージョンアップしないので、いつの間にか「作った動画が時代遅れになっていた」という可能性もあるので注意しましょう。

 

ゲーム実況におすすめの動画編集ソフト 3位:Premiere Elements

Premiere Elements

Premiere Rush(プレミアラッシュ)は、外出先でも気軽に動画編集を楽しめるソフトとして販売されています。

プレミアプロの簡易版だと考えて間違いありません。簡易版なので、機能が限定的ですが、その分金額もお手軽に設定されています。

プレミアプロはラッシュの上位互換なので、外では、ラッシュを使って、スマホやタブレット端末で動画編集をして、自宅に戻ったらプレミアプロを使ってPCで編集という使い分けができます。

 

ゲーム実況におすすめの動画編集ソフト 4位:iMovie

動画編集ソフト 2位:iMovie

iMovieは初心者にも使いやすく、PCだけでなくiPhoneでも編集可能な動画編集ソフトです。

直感的に編集でき、何よりも無料で利用できることがメリット。

「とにかくお金をかけないで実況動画を撮影したい!」人にはおすすめです。しかし、macユーザーのみが使用できるのがデメリットと言えるでしょう。

ゲーム実況におすすめの動画編集ソフト 2位:iMovie

ゲーム実況におすすめの動画編集ソフト 5位:Final Cut Pro

動画編集ソフト 3位:Final Cut Pro

Final Cut ProはYouTubeの動画編集に興味がある人なら一度は聞いたことある動画編集ソフトかもしれません。

HIKAKINなどをはじめとした有名YouTuberも使用するソフトで、人気が高いです。HIKAKINはゲーム実況も行っているため、実況動画の編集にもおすすめの動画編集ソフトですよ。

ただし、Final Cut Proが使えるのもmacユーザーだけです。

ゲーム実況におすすめの動画編集ソフト 3位:Final Cut Pro

ゲーム実況におすすめの動画編集ソフト 6位:PowerDirecter

動画編集ソフト 4位:PowerDirecter

PowerDirecterは、Windowsでも使用できるソフトです。

家電量販店では人気の高い動画編集ソフトとして有名です。実況動画に必要なテロップやカット、エフェクトが充実していて、初心者でも使いやすいです。

また、他の動画編集ソフトと比べると軽いことに定評があります。

ゲーム実況におすすめの動画編集ソフト 4位:PowerDirecter

ゲーム実況におすすめの動画編集ソフト 7位:AviUtl

AviUtl

無料で使える動画編集ソフトの中では高い知名度を誇るAviUtl。

この動画編集ソフトは、KENくんと呼ばれる人が開発したソフトで、日本産の動画編集ソフトです。AviUtlは軽くハイレベルの動画編集が可能であり、多くの有志によりエフェクトが追加されています。

みんなで作る動画編集ソフトと言っても良いでしょう。ただ、初心者が使いこなすのはかなり難しいので、ある程度動画編集についてわかっている人におすすめです。

ゲーム実況におすすめの動画編集ソフト 5位:AviUtl

 

おすすめ動画編集ソフト7選:一覧表

商品名 金額
(全て税込)
対応OS おすすめポイント デメリット
Adobe Premiere Pro 2,728円/月 Win/Mac 初心者でも使いやすい動画編集ソフト。このソフトがあれば、ほとんどの動画編集が可能です サブスクリプションしかなく、年間の費用がそれなりにかかること。ただし、それでもクリエイターの人気はNo.1というのは、それだけ素晴らしいソフトだという証明です。
Adobe  Premiere Elements 19,580 円 Win/Mac 買切り版の動画編集ソフトです。金額もかからず、ボタンを押していくだけの簡単操作で動画編集が出来てしまうので、初心者向きのソフトです。 ソフトが重いために、パソコンのスペックがある一定以上でないと、動きが遅いです。操作方法が上級者には使いづらい面があります。
Adobe Premiere Rush 1,078 円/月 Win/Mac スマートフォンやタブレットで編集できる動画編集ソフト。PremiereProの簡易版です。プレミアプロに比べて機能が限定されているが、操作も簡単で、金額の安価。 保存先がクラウドのみ。書き出し形式がH.264の制限もあり。必要最低限の編集機能しかないため、外では、Rush、家ではProなどの使い分けをおすすめします。
iMovie 無料 Mac iMovieは、Macにバンドル(最初から付いている)ソフトです。動画編集の初心者は、まずは作業の工程を覚えて、その後有料ソフトを購入するのがおすすめです。 Macでしか、使えない
Final cut Pro 36,800円 Mac 動画編集ならMacというイメージを定着させたApple社が開発の老舗ソフト。YouTuberでも使っている人も多く、長く使われている製品なので、安心感も高いです。 Macでしか、使えない
PowerDirecter 998円/月
(個人)
Win/Mac 動画編集ソフトとしては、動きが軽い。家電量販店などでのパッケージ(永続版)の購入が可能。個人契約でサブスクリプション12ヶ月プランだと月額998円から利用可能 法人プランだとサブスクリプションで、年間6200円。月額517円で利用可能だが、こちらは法人のみ。
AviUtl 無料 Win/Mac KENくんが開発した国産の動画編集ソフト。根強いファンが多く、効果をプラスするエフェクトも有志の方々によって、たくさん追加されています。 個人開発なので、なにか分からないことがあれば、自力で解決が大前提です。ただし、それを補ってあまりある魅力があるから、これだけのファンがいるということも事実。

 

ゲーム実況におすすめの動画編集ソフトの選び方

OSやスペックを確認しておく

スペックを確認

まず、あなたが使っているパソコンのOSやスペックを確認しましょう。特に初心者はOSやスペックについてあまりわからないかもしれませんが、確認することは必須です。

たとえば、ここでラインナップされている、iMovieという動画編集ソフトは、Mac専用のためWindowsでは利用できませんこのようにOSと動画編集ソフトで、そもそも利用できないこともあります。

また、スペックを確認しておきましょう。スペックによって使用できない動画編集ソフトがあるわけではありませんが、スペックが低いとフリーズしてしまいます。

 

  • CPU:Core i5(できればCore i7)
  • メモリ:8GB(できれば16GB)

 

これくらいのスペックがあると良いでしょう。

 

YouTubeへの書き出しが楽か

YouTubeへの書き出しが楽

動画編集初心者は、動画ファイルの形式や書き出し形式などで迷うことが多いでしょう。

ゲームを実況をする場合は、YouTubeやニコニコ動画にあげる人が多いと思います。そのため、YouTubeに適している動画ファイルやサイズにするための動画編集ソフトを選びましょう。

ちなみにYouTube推奨の形式は「MPEG4(H.264)拡張子:MP4」です。

 

初心者でも簡単に使えるか

初心者でも簡単に使える

もしあなたが動画編集初心者であるなら、初心者でもわかりやすい動画編集ソフトを選ぶべきです。直感的に使うことができると、編集も楽しくなります。

このあと、使いやすい動画編集ソフトを紹介しますが、やはり有料の方がサポートもしっかりしているため使いやすい傾向にあります。もちろん無料でも使いやすいものはあります。

 

プラグインの種類

プラグインの種類

動画編集ソフトを強化するためにプラグインを入れることがあります。

プラグインは、カスタマイズのようなもので、さまざまなエフェクトを追加することができます。実は、難しい編集技術もプラグイン一つで作れてしまうものだったりします。

動画編集力はプラグインの種類の多さでも決まります。動画編集ソフトの種類によっては、プラグインが多いものもあります。

有料版ですとAdobe Premiere Proがプラグインの数も多いですし、実際に多くのYouTuberも利用しています。無料版ですと、AviUtlはプラグインが多めのソフトです。

 

ゲーム実況に適した動画編集ソフトを使おう!

ゲーム実況に適した動画編集ソフト

ゲーム実況に適した動画編集ソフトとして7つあげさせていただきました。

個人的には私も使用しているPremiere Proがおすすめです。有料ソフトなのでハードルが高いかもしれません。そのため、無料期間に試しで使ってみるのが良いと思います。

無料期間が終わったタイミングで、他の無料ソフトも試して比べてみましょう。何より自分に合う動画編集ソフトを使うのが重要なポイントですよ。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事