映像制作の求人サイト4選!未経験でも映像関係の仕事に就ける?

映像制作の仕事は、市場がどんどん拡大していて将来性もあることから、今注目の業種とされています。この記事では未経験の方に向けて、映像制作の仕事内容から未経験でも就職・転職する方法おすすめの求人サイトまでをご紹介していきます。

未経験でも映像関係の仕事に就きたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 

映像制作の仕事内容とは?

そもそも、映像制作はどんな仕事内容なのでしょうか。映像制作に関わる業務は多岐に渡りますが、ここでは簡単に映像制作の仕事内容について解説していきます。

 

映像制作の仕事は制作系と技術系に分かれる!

映像制作は、映画やテレビ番組・テレビCMといった、幅広い種類の動画コンテンツを制作する仕事です。その業務内容は多岐に渡り、企画や編集・シナリオ作りといった役割を担う制作系の職種と、撮影や音声収録、CGグラフィックなどの専門的な分野を担う技術系の職種の、2つに大きく分けることができます。

ここからは、制作系と技術系のそれぞれの仕事の内容について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

制作系【プロデューサー・ディレクター】


プロデューサーは、企画からスポンサーの手配、撮影スケジュールの管理までを行う職種です。人やお金の管理もするので、動画の企画力に加えて総合的なマネジメント力が必要になります。

ディレクターは、プロデューサーの指示に沿って制作演出を行う職種です。現場で指揮をとるので、人をまとめて管理する能力や動画編集と演出の能力が必要です。

 

技術系【編集オペレーター・カメラマン・音声】

編集オペレーターは、ディレクターの指示のもとで実際に動画編集を行う職種です。カメラマンの撮影した映像や音声を、動画編集ソフトを使って編集していきます。

カメラマンは、ロケやスタジオでカメラ機材を使って撮影を行う職種です。撮影技術はもちろん必要ですが、重い機材を運んで撮影することもあるので体力に自信のある人が向いています。

音声は、動画に必要な音声をミキサーなどの機材を使って収録する職種です。効果音をスタジオで作成したり、音声編集を行ったりするのも音声の仕事です。

 

映像制作の仕事への就職・転職方法

映像制作の仕事の内容が分かったところで、どうすれば映像制作の仕事に就くことができるのでしょうか。ここからは、映像制作の仕事への就職・転職の方法についてご紹介します。

 

専門学校などで学んでから就職する

映像制作への就職の方法として1番オーソドックスなのは、専門学校や大学などで映像制作について学び、就職活動をする方法です。即戦力として重宝される専門的なスキルを学ぶことができるので、大手企業を目指すこともできます。

在学中に作品作りもできるので、ポートフォリオを充実させて就職・転職活動ができるメリットがあります。

 

映像関係の専門転職求人サイトに応募する

求人サイトの中には、映像制作に特化した専門求人サイトがあります。

もちろん一般的な求人サイトでも映像制作の仕事は募集されていますが、専門サイトであれば映像制作に関する業種だけが集められているので、自分に合った求人を探しやすいメリットがあります。

 

広告代理店などの映像制作をしている企業に転職する

映像制作を仕事で行っている業種は、かなり多岐に渡ります。映像制作会社だけでなく、広告代理店やテレビ局、ゲーム会社なども映像制作を行っています。

そうした映像制作に関連する企業に一般職として転職し、働きながらスキルを身につけて映像制作の現場へと配置転換を狙うのも、映像制作の仕事に就く一つの方法です。

 

クラウドソーシングサイトを使ってフリーランスとして働く

クラウドソーシングサイトには、映像制作の仕事がたくさん募集されています。そうした仕事を受注し、フリーランスとして働くこともできます。

クラウドソーシングサイトで受注した仕事をこなしてスキルや実績を身につけ、作ったポートフォリオを持って就職・転職活動を行うこともできます。

 

未経験でも求人に応募できる?

映像制作の仕事が未経験の人にとっては、未経験でも求人に応募できるのか、心配ではないでしょうか。ここからは、未経験でも映像制作の仕事の求人に応募できるのか解説していきます。

 

未経験でも映像関係の仕事の求人に応募できる!

未経験の方でも、映像制作の仕事の求人に応募することはできます。映像制作に関連する業界は、急激な市場拡大に伴って人手不足になっています。

本来は、即戦力として使えるような経験者を企業側は欲しいでしょうが、人手不足の今なら未経験者でも映像制作会社に就職・転職できます。実際に、求人サイトでも「未経験者OK」と表示された求人も数多く掲載されています。

 

未経験でも求人に応募するには①|動画編集などのスキルを身につける

未経験でも映像制作の求人に応募するには、まずはスキルを身につけましょう。

スキルが無くても求人自体に応募はできますし、採用してくれる会社もありますが、スキルを身につけて実績が豊富にあったりポートフォリオが充実していたりするほうが、就職や転職活動には有利です。例えば動画編集であれば、Youtubeやサイトを利用して独学で学習したり、オンラインスクールを利用したりしてスキルを身につけることができます。

行きたい企業に採用してもらえる可能性を高めるためにも、求人に応募する前にできるだけスキルは身につけておきましょう。

 

未経験でも求人に応募するには②|コンテストで実績を作る

映像制作に関連する様々な企業が、様々な種類のコンテストやコンペを開催しています。

コンテストに出品して受賞すれば、立派な実績として就職・転職活動に有利に使えます。さらに、企業コンペであれば、作った作品が実際に企画として動き出すこともあります。

そうなればその企業に入れる可能性もありますので、企業によってコンテストを選ぶことも効果的です。

 

未経験でも求人に応募するには③|動画編集をしてYoutubeにアップする

クオリティの高い作品をYoutubeにアップすると、企業の目に留まってスカウトされることもあります。さらに、自分のチャンネルを持っておけば、そのままポートフォリオとして就職・転職活動にも使えます。

うまくいけば、そのままユーチューバーとして活躍できる可能性もある、チャンスのある方法です。

 

映像関係の仕事の求人サイト4選

映像関係の仕事へ就職・転職したいときに使える、おすすめの求人サイトを4つご紹介します。ぜひ、自分に合うサイトを見つけて就職・転職活動に利用してください。

リクルート

求人サイト大手の、リクルートがおすすめです。新卒向けのリクナビや転職者向けのリクナビネクスト、専任キャリアアドバイザーの転職サポートを受けられるリクナビエージェントなどがあります。

大手エージェント会社なだけあって、映像制作に関連する会社を幅広く探せるので、自分に合った業務内容の仕事を、幅広い選択肢の中から選ぶことができます。

 

映像しごと.com

映像制作の求人に特化した、専門求人サイトです。映像制作に関連した企業だけが求人をしているのでマッチングしやすいうえに、20のジャンルと40の職種に細分化されているので、自分に合った求人を探しやすいです。

また、映像制作の専門エージェントのサポートも受けられるので、安心して就職・転職活動ができます。

 

マスメディアン

マスメディアンは、広告・Web・マスコミ職種に特化した転職求人サイトです。求人案件がとても多く、映像制作に関連した企業だけでなく、一般企業の映像制作部門への転職案件も多いのが特徴の求人サイトです。

面接アドバイスなどのサポートも充実しているので、転職が初めての人でも安心して転職活動ができます。

 

IMAGICA DIGITALSCAPE(イマジカ デジタルスケープ)

映像業界やWeb、ゲームなどの求人に特化した転職エージェントサイトです。専任コンサルタントがトータルに転職活動をサポートしてくれるので、自力で転職活動をする時間のない人でも、おすすめできる求人サイトです。

 

映像制作の求人サイトで適職を見つけよう!

ここまで、映像制作の仕事内容から就職・転職する方法やおすすめの求人サイトなどをご紹介してきました。この記事を参考にして、映像制作の求人サイトで自分に合った職種を見つけましょう。

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事