Adobe InDesignを購入前に、無料版や体験版などの利用を考えている方も多いと思います。

この記事では、DTPソフトのAdobe InDesignについて、体験版の利用方法や使い続ける方法などをまとめました。

スポンサーリンク

Adobe InDesignを無料で使うには?

Adobe InDesignは、有料DTPソフトです。

しかし、他のAdobe製品と同様、短い期間だけ無料で使える体験版があります。

ここでは無料体験版の利用方法についてご紹介します。

Adobe InDesignの体験版をダウンロード!

Adobe InDesignも、体験版の使用中は、無料で利用する事ができますが、基本的に一度しかダウンロードできません。

また、期間も決められています。なので、体験利用できる時間があるか?しっかり確認してからダウンロードする事をお勧めします。

体験版をダウンロードする方法!

体験版をダウンロードするには、Adobeの公式ホームページからアカウントを作成して頂き、Adobe InDesignを選択してダウンロードする必要があります。

体験版のみ使用したい場合は更新手続きの見直しを忘れない様にしましょう。

7日間を過ぎると、自動で体験版から有料版に切り替わってしまいます。使い続ける方は、安心して使用していて大丈夫です。

>>>Adobe InDesignの体験版ダウンロード

Adobe InDesignの無料体験版の期間・制限は?

Adobe InDesignの無料体験版の期間は7日間

Adobe InDesignの体験版を使用するにあたっては、InDesignだけを無料で使う選択と、Adobe コンプリートプランの体験版でInDesignを使う方法があります。

InDesignだけを無料で使う選択と、Adobeコンプリートプランですべてのソフトを体験する方法がある

どちらもInDesignを無料で7日間使うことはできます。

が、DTPソフトとしてInDesignを使うなら、PhotoshopやIllustratorで素材が作れるとよりクオリティの高いものが作れるので、体験版をダウンロードするなら、コンプリートプランを選択するのがオススメです。

>>>Adobe CCコンプリートプラン体験版をダウンロード

Adobe InDesignの体験版に使用制限はない

体験版って聞くと、使用制限があって全部使えないって印象がありますよね?でも、Adobeの有料ソフトウェアの体験版は、全て製品版と変わらずに使用する事ができます。これは大きなメリットですね。

製品版と変わらずに使用できるので無料で使える7日間はなるべく多くの機能を利用するようにしましょう。InDesignはできる事が多いですが使っていく間に多くの機能を覚えていく事が可能です。

無料体験版で色々な機能を試してみて、購入すべきかどうか検討してみましょう。

InDesignが有料でも人気の理由は?

色々な所からDTPソフトは出ていますが、その中でも知名度が高くてプロの方々も使用しているのがAdobe InDesignです。

ここでは、Adobe InDesignの良いポイントを紹介していきます。

DTPソフトの中でもできる事が多い!

Adobe InDesignはDTPソフトウェアなのですが、意外にできる事が多いのです。

InDesignは単なるレイアウトにとどまらず、Adobe Illustratorで作れるものはInDesignでも賄えるものがほとんどです。つまり、グラフィックを作成する事も可能なのです。

Adobe InDesignはDTPソフトの中でも直感的で効率的な作業ができる機能がしっかり備わっていて使いやすいのも特徴です。画像をレイアウトするにしても、複数の画像を均等に同じ大きさで簡単に配置する事ができたりします。

縦組みテキストにも特化している点も注目で縦組みだと数字が横になってしまう事もあるのですがAdobe InDesignでは自動縦中横設定で1発で修正する事ができます。

他のAdobe製品との互換性!

Adobe製品は様々なソフトウェアがありますね。InDesignとIllustratorは似ている部分はありますが併用することによってさらにAdobe InDesignの使い勝手が良くなります。

Adobe InDesignのレイアウトページ上に直接Illustratorで作った画像、パスをコピーしてペーストする事もできます。

Adobe Photoshopのデータもそのまま配置できる点も魅力的ですね。

Adobe製品のPhotoshop、Illustratorでグラフィックを作って、レイアウトをAdobe InDesignで行うという作業により、効率的で完成度の高いものが仕上がります。

まずは無料でAdobe InDesignの体験版を利用しよう!

Adobe InDesignはDTPソフトとして人気が高く体験版もあるのでまずは無料で試してみてください。7日間のみと期間は長くないですが、長期の休みなど時間がある時に色々使ってみる事をオススメします。

また、コンプリートプランの体験版ならAdobe Photoshop、Illustratorなども無料体験できるので余裕のある方は検討してみてください。

>>>Adobe InDesign体験版ダウンロード

 

今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

動画制作や映像・撮影機材・Adobe製品の専門メディア『VideoLab』

 

動画で副業を始めたいあなたへ

動画で副業を始めるならPremiere Pro動画で副業を始めるなら、動画編集ソフトは『Premiere Pro』一択です。その理由は、仕事を発注する側もほとんどPremiere Proを使っているから…。もしも違うソフトで作業をして、互換性のトラブルが発生したら、発注先にも迷惑がかかってしまうかもしれません。Premiere Proを使えば、それだけで、あなたの動画編集の効率と信頼性は、ワンランク上に見てもらえますよ。

 

まずは体験版でその価値を試してみませんか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事