映像制作を独学で学ぶ方法

映像制作は独学で学習が可能!独学でスキルを身に付けるための、おすすめの勉強方法や本・講座を紹介します!

この記事では、独学での映像制作の勉強方法や、おすすめの本・書籍、おすすめのYoutubeチャンネルやおすすめのオンライン講座について詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

映像制作を独学で学ぶ方法は?

いくつかの方法を複合的に利用する

映像制作は、専門の学校に通わなくても独学で技術を学ぶことができます。動画・映像制作を学ぶ方法はたくさんありますが、VideoLab編集部として、以下の4つをご紹介します。

(1)オンライン講座を利用する
(2)本、書籍を使って勉強する
(3)YouTube動画を使って勉強する
(4)復習を兼ねて、実際に作って、発信してみる

このうち(1)〜(3)については「どれで学ぶのがいい」ということではありません。たとえば、本だけを読んだからと言って、映像制作ができるようにはなりません。逆にオンライン講座で学んでも、実際にやってみたらわからないことも出てきます。

そのときにYouTubeや書籍で補完しながらなど、ソースを複合的に利用して、少しずつ覚えていくのが確実に覚えられるコツです。

 

映像制作を独学で勉強する方法(その1):オンライン講座を利用する

オンライン講座:4選

独学でオンライン講座を利用

映像制作のオンライン講座を利用することで、効率的に映像制作を学ぶことができます。

オンライン講座のメリットは、空いた時間に自分のペースで映像制作を学べるということです。オンライン講座は映像制作のプロの講師による効果的な学習ができ、独学でわからない部分を質問することもできます。

また、映像の専門学校に通うよりも費用を抑えられるので、初期投資を安く済ませられます。

独学での学習は、講座を活用することでより効果的な学習ができます。そこで、映像制作の独学におすすめの講座を4つご紹介します。会社員の方などはこのような強制的な集中して学ぶ場を作ることも大切です。

①【独学の映像制作レベルに合わせてコースが選べる】Udemy

Udemy

Udemyは、アメリカ発の大手オンライン学習サイトです。

コースごとの買い切り方式になっており、入門クラスからクリエイターコースまで難易度に合わせて様々なコースが設定されています。

企画の段階から映像制作、公開までの一連のワークフローを学ぶことができ、より実践的な学習ができるのがUdemyの特徴です。

【独学の映像制作レベルに合わせてコースが選べる】Udemy

 

②【最短3ヶ月/どこでも学べるオンライン講座】ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー
ヒューマンアカデミーの動画クリエイター講座は、最短3ヶ月で、外出せずにどこでも学べるオンライン講座です。

こちらのお勧めポイントは、なんと言ってもさまざまなAdobe製品をまとめて学べるところです。

動画編集を学ぶ上で必須となる『premiere Pro』『aftereffect』の習得はもちろんのこと、それ以外にも『Photoshop』『Illustrator』についても学べる点です。

最終的には、動画制作をする上で、必要になってくるこれらのソフトについても学べる点が最大の強みです。

【最短3ヶ月/どこでも学べるオンライン講座】ヒューマンアカデミー

 

③【Youtubeに特化した動画編集講座】Movie Hacks

Movie Hacks

Movie Hacksは、YouTube用の映像制作に特化したオンライン講座です。

YouTubeに動画をアップするにあたって必要なスキルを、ひと通り身につけることができます。講座の内容がYouTube用の映像制作に特化しているので、習得も早く早期の収益化を狙うことができます。

【Youtubeに特化した動画編集講座】Movie Hacks

 

④【現役講師から学べる】セガジョブ

セガジョブ
自分のスケジュールに合わせて3ヶ月と6ヶ月のコースが選べます。こちらの講座の1番のメリットは、講師が現役クリエイターのため、最前線の情報を得られる確率が高いでしょう。

現役クリエイターの教えによって、最短距離で、スキルを習得してしまいましょう。

【現役講師から学べる】セガジョブ

映像制作を独学で勉強する方法(その2):本、書籍を使って勉強する

映像制作を独学で学習するのにおすすめの本・書籍を5つご紹介します。書籍からの情報量は、どの学習方法よりも豊富な知識をもたらしてくれます。

おすすめの本・書籍5選

本やネットで勉強

本やネット上のサイトを利用することで、映像制作のノウハウを学ぶことができます。

本は多くの人が見ることを想定しているので内容がわかりやすい上に、情報も正確なので正しい映像制作の知識を得るには打ってつけの教材です。

ただ、本は最新情報に弱い部分があるので、その部分はネットの情報を使いましょう。

映像制作のノウハウをわかりやすくまとめたサイトはたくさんありますので、そうしたサイトを使って自分のペースで学習を進めましょう。

① 知識ゼロからはじめるPremiere Proの教科書 CC対応

知識ゼロからはじめるPremiere Proの教科書
動画編集ソフト「Premiere Pro」の初心者入門編として、最適な一冊です。

基本機能から上級のテクニックまでを、初心者向けにわかりやすく解説しています。サンプルデータを使って、実際に手を動かしながら学習できるおすすめの教材です。

created by Rinker
¥4,263 (2021/08/05 01:28:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

② Premiere Pro パーフェクトガイド [CC対応版]

Premiere Pro パーフェクトガイド
Premiere Proを詳しく学びたい時におすすめの一冊です。

400ページの大容量で、Premiere Proを使う上で必要な操作を全て学ぶことができます。わからない操作が出てきたときに、辞書のように使える本になっています。

created by Rinker
¥3,850 (2021/08/05 01:28:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

③ はじめよう! 作りながら楽しく覚える After Effects

はじめよう! 作りながら楽しく覚える After Effects
動画制作ソフト「After Effects」の、初心者向けチュートリアルブックです。

基本的な機能を中心に、ある程度一連の映像制作ができる技術を身につけられます。After Effectsの入門編としては、最適な一冊です。

 

④ Adobe After Effects トレーニングブック

Adobe After Effects トレーニングブック
この本は、After Effectsの使い方を詳しく学ぶための中級者以上向けの本です。

要点がわかりやすくまとめられている上にボリュームも多いので、操作方法につまずいた時に逆引きすることもできます。作例を作りながら、効果的に学べる一冊となっています。

 

⑤ 仕事に使える動画術 成功例に学ぶYouTube活用とオリジナル動画作成法

仕事に使える動画術
映像制作に関して、総合的に学べる一冊です。

ビジネス用に動画がどのように使われているのか、事例を分析しながらポイントを抑えられます。映像制作の分野全体を学びたい時に、おすすめの本です。

 

映像制作を独学で勉強する方法(その3):YouTube動画を使って勉強する

映像制作を独学で学習する時に、おすすめのYotubeチャンネルを3つご紹介します。オンラインや書籍だけではわからない問題解決、たとえば実際の操作方法を覚えることに向いています。

おすすめのYoutubeチャンネル3選

動画で勉強する

Youtubeには、映像制作のチュートリアル動画がたくさんアップされています。

チュートリアル動画での学習は、いつでも何度でも見返すことができ、動画を見ながらソフトを動かしたりできるなどのメリットがあります。また、動画を見るだけなので、映像制作の初心者でも取り掛かりやすいです。

Youtubeには特に、動画編集ソフト「Adobe Premiere Pro」のチュートリアル動画を出しているユーザーが多く、日本語のチュートリアル動画もあります。

Youtubeであれば視聴料金も発生しませんので、まずは映像制作で検索してチュートリアルを見てみましょう。

 

① ダストマンTips

ダストマンTips

Premiere ProやAfter Effectsのチュートリアル動画をメインに投稿している、YouTubeチャンネル【ダストマンTips】です。

長めのチュートリアルも用意されており、作業項目ごとに詳しく学ぶことができます。

 

② AKIYA MOVIE

AKIYA MOVIE

Premiere Proのチュートリアル動画を多く出しているYouTubeチャンネル【AKIYA MOVIE】では、短い動画で端的に制作の要領やポイントを紹介しています。

まだ動画数はそれほど多くはありませんが、更新頻度が高いのでこれからますますチュートリアル動画が充実していくでしょう。

 

③ Yusuke Okawa

Yusuke Okawa

映像クリエイターとして有名な、大川優介さんのYouTubeチャンネルです。

Premiere Proなど動画編集ソフトのチュートリアルを多く出しているチャンネルで、短めの動画で要点を抑えて操作法などがまとめられています。

映像クリエイターの大川優介さんについても紹介している「動画・映像クリエイターになるには?独学の有名クリエイターも紹介!」という記事もありますので、ぜひご覧ください。

 

実際に映像制作して発信する

復習を兼ねて、実際に作って、発信してみる

映像制作して発信

独学での学習に、一番効果的なことは、学んだことをできるだけ早く実践することです。間を開けてはいけません。人間の記憶はそれほど優秀ではないからです。

そのためには、自分なりの作品を実際に作って発信することです。

恥ずかしいことは一つもありません。知識やノウハウを溜め込んでいるだけではスキルアップに繋がりませんので、作品を作って他人に評価をしてもらうことが重要です。

 

一番下手な作品は、一番最初に作ったもの

一番下手な作品は、一番最初に作ったもの

どんな名人でも、一番下手な作品は、一番最初に作ったものです。1作品目と100作品目では、レベルに雲泥の差があります。つまり、やればやるだけ上手になる。ということです。

今は、発表できる場がYouTubeに限らず、たくさんあります。例えばYoutubeに動画をあげて、視聴者やクリエイターにコメントをもらうのも一つの勉強の法です。

他にも、TwitterやInstagramなどのSNSを利用する方法もあります。作品を作りながら映像制作の技術を高め、他人に評価してもらいましょう。

 

独学で映像制作スキルを身につけよう!

独学で映像制作スキルを身につけよう

いかがでしたか?映像制作を独学で学習する勉強方法やおすすめの書籍、YouTubeチャンネルや講座などをご紹介してきました。講座などをうまく利用すれば、独学で映像制作の技術を習得することは可能です。

まずは初めてみることが大切です。

ぜひこの記事を参考にして、映像制作の学習を始めてみましょう!

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事