ビデオカメラ用スタビライザーおすすめ7選!【手ぶれ防止グッズ】

一眼レフ用のスタビライザーの情報は沢山出てくるけど、ビデオカメラ用のスタビライザーに関しては、情報が無くて困っている方も多いのではないでしょうか?

ビデオカメラには手ブレ補正機能が付いているものが多くありますが、よりクオリティの高い映像制作をするのであれば、スタビライザーは手振れ防止グッズとしてより効果を発揮します。

この記事では、ビデオカメラ用のスタビライザーの選び方から、おすすめのスタビライザーまで詳しく説明しています。ビデオカメラ用のスタビライザーを検討されている方は是非参考にしてください。

ビデオカメラ用スタビライザーの選び方は?

スタビライザーと一括りにしていますが、機械式や、電動式など様々な種類があります。用途に合わせて自分に合ったスタビライザーの選び方を詳しく説明しています。

ビデオカメラ用スタビライザーの選び方|機械式を選ぶ

機械式はカメラの重さに合わせて、スタビライザーの重りを使ってバランスを取ります。アナログな方法ですが、微調整がしやすい点がポイントです。

例えばSONYのビデオカメラは、レンズが動きに合わせて補正される機能が付いているものがあります。プラスアルファなら、機械式でも十分な効果を発揮すると言えます。

値段も電動式に比べて格段に安いので、手軽に始めたい方におすすめです。

 

ビデオカメラ用スタビライザーの選び方|電動式を選ぶ

電動式は、スタビライザーに内臓された電動モーターによって、水平を保つことができます。モーターで補正しているため、機械式では対応できないような小さい振れにも対応することが可能で、幅広い場面で活躍します。クオリティを求めるのであれば、電動式がおすすめです。

ただ撮影前に行う設定が、難しいものがあります。最近の製品はホイールでの調整ができたり、スマホでの調整が可能なので、比較的設定しやすいものが多いですが、慣れるまではセッティングに時間を要します。

 

ビデオカメラ用スタビライザーの選び方|耐荷重で選ぶ

スタビライザーによって、耐えられる重さが異なります。耐荷重を超えると、モーターの動きが悪くなり、本来の性能を発揮できなくなることや、破損してしまうこともあるので注意が必要です。

また耐荷重と共に気をつけて見ておきたいのが、スタビライザー自体の重量です。ビデオカメラ単体であればさほど重量を感じないことが多いですが、スタビライザーを合わせると手がだるくなるほど重たくなることもあります。

 

ビデオカメラ用スタビライザーの選び方|形状で選ぶ

スタビライザーは大きく分類すると、軽量で片手で扱うことのできるハンドル型、より本格的な映像を撮影するためのボディマウント型、手だけでなく肩で支えるショルダーマウント型などがあります。

ハンドル型は種類が多く、持ち運びにも便利なため、ほとんどの用途でオールマイティに使うことが可能です。また自撮りをする場合にも片手持ちのハンドル型がおすすめです。

ボディマウント型とショルダー型は持ち運びには向いていませんが、より性能が高く振れの少ない映像が撮影できます。

 

主なスタビライザーのメーカーは?

ジンバル・スタビライザーの有名なメーカーを紹介していきます。

ジンバル・スタビライザーのおすすめメーカー|DJI

DJIドローンで多くのシェアを誇るメーカーですが、ドローンに使用されているジンバル技術を用いて性能の高い製品がラインナップされています。特にスマホ用のスタビライザーが多く、人気を集めているのが特徴。

 

ジンバル・スタビライザーのおすすめメーカー|Feiyu Tech

中国にある自動制御の企業で、アクションカメラから、一眼レフやビデオカメラに使用できるものまで、多くのジンバルをラインナップしています。

コンパクトなパッケージになっているセットがあり、荷物を減らしたいビデオカメラユーザーでも活用することができます。

 

ジンバル・スタビライザーのおすすめメーカー|ZHIYUN

5万円前後で購入できるジンバルが多くラインナップされていて、コスパが高く近年人気が上昇しているスタビライザー専門のメーカーです。カメラコントロール機能に力を入れていて、直接カメラを操作することなく、スタビライザー側で設定できる機能などが充実しています。最近では、多くのYouTuberが取り上げています。

 

ジンバル・スタビライザーのおすすめメーカー|MOZA

アマゾンで多く出品されていて、その製品の多くが高い評価を受けています。他のジンバルに比べても価格が低く、安いものであれば1万円前後で購入することができます。

 

ビデオカメラ用スタビライザーおすすめ7選

ここからは、おすすめのスタビライザーを紹介していきます。本格的なものから低価格で購入できるライトなものまで、紹介しているので是非参考にしてください。

おすすめのスタビライザー|ZHIYUN Official Weebill S


A4サイズとコンパクトでありながら、しっかりとブレを抑えてくれるので、「小さな巨人」とキャッチコピーがつくほどパワフルに使えます。

通常の縦持ちから、ローアングルまでこなせる設計になっているので、使い勝手も間違いありません。

 

おすすめのスタビライザー|FeiyuTech G6 Max

ビデオカメラ、一眼レフ、アクションカメラ、スマホまで、この一台のジンバルに取り付けることが可能な、多機種用のジンバルスタビライザーです。片手持ちで使えて、軽量なので自撮りにも向いています。

 

おすすめのスタビライザー|UTEBIT カメラ スタビライザー

機械式スタビライザーで、U型なことから主にビデオカメラでローアングルを撮影するのに向いています。価格が2000円前後で、電子式のものに比べてかなり安いので、スタビライザーの入門としておすすめです。

 

おすすめのスタビライザー|Feiyu Tech  a2000


片手持ちのジンバルと、ボディマウント用のハンドルがセットになったプロ仕様の3軸ジンバルです。対応重量は2500gまでなので、ビデオカメラでも一眼レフでも使用することができます。

 

おすすめのスタビライザー|DJI RONIN-S


DJI RONIN-Sはシンプルでありながら、高性能で人気があります。バランス調整が簡単で、重量は多少ありますが、絶対にジンバル選びを失敗したくない方におすすめ。

created by Rinker
DJI
¥66,000 (2020/07/14 15:03:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめのスタビライザー|MOZA Aircross 2

マグネシウム合金を使った本体は、わずか950gでありながら3.2kgまでの耐荷重があります。撮影モードが多くホイール調整のため、直感的な操作ができます。

スタビライザーを触ったことのない方でも、比較的使用しやすく、機能に関しても申し分ない1台です。

 

おすすめのスタビライザー|ZENIC スタビライザー


機械式のスタビライザーで、重りを使ってバランスを取ります。調整はコインでできるため工具は必要なく、調整も難しくありません。

電動式のジンバルと比べると劣りますが、光学手振れ補正が付いているビデオカメラと合わせて使用すれば、安定した撮影ができます。

 

おすすめのスタビライザーを使ってビデオカメラで動画を撮ろう!

今回の記事では、ビデオカメラ用のスタビライザーについて詳しく説明しました。カメラに付いている手ぶれ補正に加えて、スタビライザーも使用すればクオリティが一段と上がること間違いなしです。スタビライザー選びの参考にしてください。

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事