昔はプロの仕事だった動画編集ですが、結婚式の余興ビデオからYouTubeまで、今では一般の方でも動画編集の需要が高まっています。

そこで、一般の方でも有料で本格的な動画編集ソフトをお探しの方、多いのではないでしょうか。

この記事では、有料動画編集ソフトの選び方と、おすすめの有料動画編集ソフトをTOP5までご紹介していきます。

この記事を読んで、有料の動画編集ソフト選びの参考にしてください。

有料の動画編集ソフトの選び方

有料の動画編集ソフトは、山のような種類のソフトが販売されています。初心者にとっては種類が多すぎて、正直どれがいいのか迷いますよね。

そこで、まずは動画編集ソフトの選び方についてご紹介していきます。

対応OS【Mac・Windows】

動画編集ソフトを選ぶ際にまず大切なのが、お使いのパソコンのOSに対応しているかどうかです。OSに対応していなければソフトは動きませんので、1番重要な基準となります。

また、最近ではiPadを筆頭としたタブレットで仕事をするクリエイターもいますが、タブレットユーザーにとっては、タブレットに対応しているかどうかも重要なポイントとなります。

 

プラグインの種類

初心者の方は、プラグインがたくさん用意されているものを選んだ方が良いです。

動画編集ソフトには、動画編集を楽にする機能にプラグインというものがあります。

プラグインとは拡張機能のことで、作業を簡単にできるプラグインや、動作を覚えさせるプラグインなどを導入することで、編集作業がとても楽になります。

 

他ソフトとの連携のしやすさ

動画編集ソフトは、他のクリエイターソフトと連携しやすいかどうかも重要なポイントです。

動画編集は、他のクリエイターソフトを使いながら、同時並行で作業する場合が多いです。

例えば、動画に挿入する画像を編集するために画像編集ソフトを使ったり、BGMを入れる場合には音楽編集ソフトを使ったりします。

そのため、他のソフトとの互換性が高いものや、連携機能が整っているものを選んだ方がストレスなくスムーズに作業できます。

有料の動画編集ソフトおすすめランキングTOP5!

ここからは、おすすめの有料動画編集ソフトを比較してご紹介します。

おすすめソフトを調査・経験から独自にランキングにしたので、参考にしてください。

1位| 有料動画編集ソフトの定番【Premiere Pro】

まず第1位は、Adobe社が開発・販売を行うPremiere Proです。

Premiere Proは動画編集ソフトとしては超定番の、プロ御用達ソフトとなっています。

Premiere Proの特徴として、編集機能の高さはもちろん、他のソフトとの連携のしやすさが挙げられます。

同じAdobeの動画制作ソフト「After Effects」と連携して使うことで、動画制作のほぼ全ての作業をこなすことができます。

Adobeでは他にも、画像編集ソフト「Photoshop」を使ってサムネやテロップを作ったり、イラスト制作ソフト「Illustrator」を使ってイラストを作ったりできますが、こうしたソフトで素材を作ってPremiere Proと連携することで、ハイレベルな動画を作ることができます。

このように、Premiere Proは動画編集を始めたい方には、一度は試していただきたい優秀なソフトです。

そんなPremiere Proを、無料でお試しする方法があります。

そこで次は、Premiere Proを無料でお試しする方法についてご紹介します。

 

まずはPremiere Proの体験版がおすすめ!

Premiere Proを無料で使うには、無料体験版を利用する方法があります。

Premiere Proの体験版は、7日間、完全無料で使うことができます。

体験版によくあるロゴの透かしや、機能制限などは一切ありません。

また、「Photoshop」や「Illustrator」、「After Effects」などAdobeの他のソフトにも無料体験版が存在しますので、Premiere Proと一緒に使ってみて、動画編集の一連の流れを体験してみてください。

 

2位|Macユーザーに人気の有料動画編集ソフト【Final Cut Pro X】

Final Cut Pro Xは、Apple社が提供するソフトで、世界的にもかなりユーザー数が多いソフトで、Premiere Proと並んで動画編集ソフトの定番と呼ばれています。

Final Cut Pro Xは、さすがApple純正ソフトだけあって動作が安定しています。

操作性も、Premiere Proよりは操作難易度が低めで、初心者でも使いやすいソフトです。

効果音の素材が、豊富に用意されているのも大きな魅力です。

ただ注意が必要なのが、Apple純正ソフトであるため、当たり前ですがMacにしか対応していません。

作業環境がWindowsの方は、そもそも使えませんので注意が必要です。

 

3位|プロレベルのカラー補正ができる【DaVinci Resolve】

DaVinci Resolveは、オーストラリアの映像制作会社が提供する動画編集ソフトです。

DaVinci Resolveは、もともとカラーグレーディングソフトとして提供されていました。

カラーグレーディングとは、簡単に言うと色補正のことで、映像の色を補正したり、色を付け加えたりする作業のことを指します。

ですので、DaVinci Resolveは色補正機能に強く、プロレベルの色補正機能を備えています。

動画編集の機能は豊富に備わっており、非常に多機能なソフトですが、機能が多い分操作も少し難解なソフトですので、初めての場合は多少苦労するかもしれません。

初心者の方は、一般ユーザー向けに機能が縮小された無料版も用意されているので、まずはそちらを使ってみてはいかがでしょうか。

 

4位|初心者におすすめの動画編集ソフト【PowerDirector】

PowerDirectorは、国内ではトップレベルの人気を誇る動画編集ソフトです。

一般ユーザー向けに作られているため、操作が簡単で初心者でも使いやすいソフトです。

一般向けとは言っても、編集機能は豊富に用意されているので、上級者の方までオールラウンドに使いやすいソフトになっています。

ただ、PowerDirectorはWindows版しかなく、Macに対応していないので、Macユーザーの方は注意してください。

また、ここまで紹介した他のソフトと比べると機能面で劣りますので、あくまで趣味としての使用や、動画編集ソフトを初めて触るという方におすすめするソフトです。

 

5位|初心者でも簡単に動画作成できる【Premiere Elements】

Premiere Elementsは、Premiere Proを初心者向けに操作を簡単にしたソフトです。

Premiere Proは紹介した通り、機能も豊富でレベルの高い動画編集ができる分、誰でも最初から使いこなせるソフトではありません。

そこで登場したのがこのPremiere Elementsで、機能性の高さは残しつつ、手軽に動画編集ができるソフトになっています。

値段もPremiere Proより安価なので、Primiere Proを使う前の入門用として使ってみても良いかもしれません。

 

有料の動画編集ソフトがおすすめ!

ここまで、有料の動画編集ソフトの選び方と、おすすめソフトTop5をご紹介しました。

Premiere Proなどは無料体験版がありますので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

この記事を参考に、有料の動画編集ソフトを選んでみてください。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事