Photoshopを使いたい!でも高いからどうしよう…と悩んでいる方はいませんか?

Photoshopは、言わずと知れたAdobeの画像編集ソフト。平面系デザイナーはもちろん、写真を扱うカメラマン、動画編集スタジオなど、幅広く使われているソフトです。

画像の調子をいじったり、ある物を消したり、サムネイルを作ったり、動画のテロップを作ったり、守備範囲の広さが半端なくスゴイ!

そこで、今回の記事では、この優秀なPhotoshopをいかにして安いお得な値段で手に入れるか?について、調査をしました。どんなプランでいくらで手に入れられるか?をお伝えします!

スポンサーリンク

Photoshopの値段

まずは、Adobe公式サイトで購入をした場合のPhotoshopのお値段です。

Adobe製品は、ほとんどが定額制での販売です。

Photoshopも同様です。7日間、無料の体験版を使うことはできますが、そのあとは、正規版に移行して、月額課金(定額制)の料金が発生します。

フォトプラン−20GB フォトプラン−1TB Lightroom単体プラン Photoshop単体プラン
月払い料金 1,078円〜 2,178円〜 1,078円〜 2,728円〜
年間一括料金 12,936円 26,136円 12,936円 28,776円
利用可能ソフト lightroom CC
Lightroom-Classic
Photoshop
lightroom CC
Lightroom-Classic
Photoshop
lightroom CC Photoshop
ストレージ 20GB 1TB 1TB 100GB

>>Adobeフォトプランを7日間無料体験してみる

この表にあるフォトプランは、Photoshop以外にも『LightroomCC』と『LightroomClassic』が使えるプランです。さらにストレージ(20GB)付きで、月額1,078円という不思議?でお得な料金体系です(笑)。

この表を見てわかる通り、Photoshopは、単体プランで買うよりも、フォトプランで買わないと損です!

その理由は、フォトプランで購入した場合のPhotoshopにも、機能制限はないこと。それと、『LightroomCC』と『LightroomClassic』も使えること。さらには金額も単体プランで買う場合より約6割引の値段だから、です。

単体プラン/2,728円
Photoshopロゴ
フォトプラン/1,078円
フォトプラン
コンプリートP/6,248円
AdobeCCコンプリートプラン
なので、Photoshop単体で契約する人は、ほぼいません(苦笑)。

デザイナー必須の組み合わせの場合

平面系デザイナーさん必須のソフトのひとつに『Illustrator』があります。デザイナーの方のなかには、PhotoshopとIllustratorの2つだけしか使わないという方もいますよね。その場合の料金は、

2つのソフトしか使わない場合
単体の値段は、2,728円なので、 @2,728円×2本=5,456円(月額)です。

この先、絶対に2つしかAdobeのソフトは使わない!っていう場合を除いて、もしも Acrobat Proなど、ほかにもAdobe製品を使うかもしれない…っていう場合には、Adobe Creative Cloudコンプリートプラン(Adobe CCコンプリートプラン)を選ぶという選択肢もあります。

こちらも、Adobeのソフトが全部使えるのに、月額6,248円という不思議な価格設定(笑)で、絶対にお得だから、です。

Photoshop+Illustrator

ソフトを2つで5,456円/月

AdobeCCコンプリートプラン

全部使っても6,248円/月

 

PhotoshopとIllustratorの2つのソフトだけで5,456円するのに、ほかの全部のソフトを使っても6,248円です。

その差は、たったの792円です。(6,248円-5,456円=792円)

っておかしいですよね(笑)?

編集部デザイナー
お得感だけを考えたら、どう考えても、コンプリートプラン一択という選択肢になっちゃいます

Photoshopをもっと安く買う方法・3選

ここまで、Adobe公式サイトで、普通に買った場合の金額をお伝えしました。

というのは、実際には、割引セールやキャンペーンで、もう少し安く買えるチャンスがあるんです。

PhotoshopなどのAdobe製品を安い値段で買えるキャンペーンやセールは、下記の3つです。

PhotoshopなどのAdobe製品を安く買う方法
●Adobe公式サイトの割引セール
●Amazonの割引セール
●Adobeスクールパートナーでコンプリートプランに入る

 

Adobe公式サイトの割引セール

Adobeのセールは、毎年、時期や回数が不定期です。なので、参考までに過去のセールを例として取り上げます。

■2020年のAdobe公式セール(計7回)
4/1
~4/10
4/29
~5/8
5/25
~5/29
6/29
~7/9
8/7
~8/20
10/1
~10/8
11/16
~11/27

2020年は計7回のセールが行われました。続いて、2021年6月1日現在のセール情報も見てみましょう。

■2021年のAdobe公式セール(現在6回)
1/5
~1/15
2/22
~3/5
3/29
~4/9
4/29
~5/7
5/24
~6/4
6/28
~7/12

2021年はすでに6回セールが行われています。2021年は、Adobe社も広告予算を投入して、テレビCMなども打っていて、勝負をかけている感じです。

なので、毎月初めに、Adobeの公式サイトを確認すると今後もセールをやりそうです。わかり次第、このサイトでもお知らせします。

編集部デザイナー

編集部デザイナー
最新のセールでは
●AdobeCCコンプリートプランが29%オフの月額4,378円。年間最大22,400円オフ。
●Photoshop、Illustrator、Premiere ProやAfter Effectsが、最大42%オフでした!

 

Adobe公式サイトの割引セールの最新情報

追記:最新情報です。

2021年の8/23〜9/3までの期間、Adobe社のセールがおこなわれます。

単体プラン コンプリートプラン
値段 割引率 値段 割引率
月額 1,848円 32%オフ 3,960円 36%オフ
年間一括料金 22,176円 22%オフ 47,520円 34%オフ
単体プランの対象ソフトには、下記の人気ソフトも含まれます。
●Photoshop
●Illustrator
●Premiere Pro
●After Effects
●InDesign
●Animate
●Dreamweaver
●Audition
ぜひ、活用してください!

Amazonの割引セール

Amazonでもセールがあります。大元のAdobe社がセールをすると、Amazonでもセールをします。なので、Amazonでは、最低Adobeセールと同じ数だけは、Amazon内でもセールがあります。

そのほか、Amazon独自に、タイムセールとか、プライムデー、など独自セールがあって、そのときにAdobe製品の割引キャンペーンをするときもあります。

編集部デザイナー

編集部デザイナー
ただし注意が必要なのは、Amazonの独自セールでは、かならずAdobe製品も割引になるとは限らないこと!です
■2020年のAmazonでのAdobe製品割引セール(計7回)
4/1
~4/10
4/29
~5/11
5/25
~5/29
6/29
~7/9
8/7
~8/20
10/13
~10/14
11/16
~11/27
■2021年のAmazonでのAdobe製品割引セール(計7回)
1/5
~1/15
2/22
~3/5
3/29
~4/9
4/29
~5/7
5/24
~6/4
6/28
~7/12

ほとんど、Adobe社のキャンペーンと同じだけど、ちょっとだけ、こちらの方が期間が短いことが多いです。

●Amazon<Adobe製品ページ>

編集部デザイナー

編集部デザイナー
Amazonセールのときの割引率は、毎回違うけど、おおよそ20〜40%です。

あと、なぜかAmazonだけには『Photoshop+Illustrator』っていうプランがあります。

正直、デザイナーの世界では、PhotoshopとIllustratorの組み合わせは最強。なので、これは夢プラン。Adobeさんでも、フォトプランみたいに、ストレージを20GBくらいつけてもらって、Adobeの公式サイトで、常時販売して欲しい。

2,000円/月くらいだったら、結構買う人がたくさんいる気がする。Adobeさん、お願いしますね!

Adobeスクールパートナーの割引キャンペーン

Adobe社では、スクールパートナープラグラムとして、日本で認定されている講座が4校あります。

その講座で、Adobe製品を使ったオンラインで講習を受けると、Adobeの製品が安く購入できます。

なので、こちらは、Photoshop単体でのキャンペーンということではありません。じゃあ、なんで紹介するのか?というと、やっぱりお得感があるから、です。

例えば、Photoshop+Illustratorの2つのソフトを通常で購入したとしましょう。すると5,456円/月です。でもこのスクールパートナーを利用したコンプリートプランなら、月額換算3,331円!こっちの方が絶対お得です。

編集長

編集長
編集部でも毎年これを利用してます!
■日本のAdobeスクールパートナー4校
●デジタルハリウッド
●パソコンスクールISA
●アドバンスクール
●ヒューマンアカデミー
料金の目安はこちら
スクール名 料金(税込) いつから学べる
デジタルハリウッド 39,980円 決済確認後から(最短10分)
パソコンスクールISA 43,230円 申し込みから6日程度
アドバンスクール 51,700円 申し込みから3営業日以内
ヒューマンアカデミー 39,980円 3~7営業日くらい

編集部デザイナー

編集部デザイナー
※どのプランやキャンペーンでもソフトの機能制限は一切ありません

講習を受けるといっても、絶対に講習を受けないといけないわけでもないし、提出義務もありません。ただ、ソフトを使うだけでもOK、です。

一年後に更新時期がくれば、もう一度申込めるから、何度でも更新可能です。

もうちょっと詳しく知りたい人は、こちら
>>AdobeCCの価格とサービス内容|一番安い購入方法とおすすめプランは?

Photoshopの買い切りソフトは?

ここまで、何通りかの、Photoshopの値段を安くする方法をお伝えしました。でも「やっぱり定額制は嫌だ」という人もいますよね?

なので、ここからは、買い切りで一回払ったら、それ以上お金のかからない買い切りソフトと、Photoshopと同じような機能を持った代替ソフトについて、お伝えします。

Photoshop Elements

残念ながらPhotoshopには、買切り版はありません。

でも、Adobeの画像編集ソフトに、Photoshop Elements(以下Elements)という買い切りソフトがあります。

Photoshopとの違いを一言でいえば、Elementsは、Photoshopの初心者版です。Photoshopよりもスッキリ、シンプルです。

とは言っても、結構なんでもできる高機能なソフトですよね。

Photoshop Elements 2021

Amazonで、現在販売されている、Elementsの値段は、17,800円(税込)です。

Elements 2021の値段(2021.8.5現在)
Amazon 17,800円
楽天市場 19,580円
ヤフーショッピング 13,300円
(Windows版)
ヨドバシカメラ 19,580円
買って損はないか?
損か得か?金額面でいえば、もちろん損はしません。仮に17,800円で購入して、5年使ったとします。一度、払えばお金はかからないとはいえ、パソコンの寿命やソフトのバージョンアップを考えると、そのくらいが耐用年数として限界です。
その場合、17,800円÷5年=3560円/年です。仮にフォトプランを選んだなら年間12,936円。 ×5年=64,680円。金額差は(64,680円-17,800円=46,880円)です。なので、損はしません。
機能面でのPhotoshopとの違いは?
●RGBカラーモードのみ対応
●トーンカーブがない
●曲線のペンツールがない
●スマートオブジェクトがない
●ぼかしフィルターが少ない
●HDRが使えない
など
created by Rinker
¥16,200 (2021/09/20 12:20:50時点 Amazon調べ-詳細)
そして、Photoshopの廉価版的な位置付けのElementsですが、若干、機能面でPhotoshopに劣ることはあっても、十分な機能を持っています。その点でも損はしないです。たまに画像の編集をしたいという頻度しかない人は、Elementsで十分です

ただ、Elements使用歴が10年!と言っても、キャリアとしては通用しません。なので、今後、デザイナーやクリエイターを目指して、本格的に業務をこなしたい人は、Photoshopを選ぶ方が正解です。

PhotoshopとPhotoshop Elementsの違いは?おすすめはどっち?

 

Adobe社推奨のシステム要件にも注目

ちなみに、Adobeが推奨しているシステム要件があります。(CPUとかメモリとか)使っているパソコンによっては、Photoshopを動かすのは難しいとなったら、Elementsを選択する、という手もありです。

Photoshop Elements
CPU 64 ビットをサポートしている Intel® または AMD プロセッサー、SSE 4.2 以降の 2 GHz 以上のプロセッサー Intel第6世代以降のプロセッサー
OS Windows 10(64 bit)Ver.1809 以降
macOS Mojave(Ver.10.14)以降
Windows10(64bit)
macOS10.14〜10.15またはmacOS11
メモリ 8GB(推奨16GB以上) 8GB
グラフィックカード DirectX 12 をサポートしている GPU
2 GB の GPU メモリ
空き容量 Win  : 4GB
mac : 4GB
Win  : 7.3GB
mac : 7.8GB
ディスプレイ解像度 1280*800
思ったほど大きな差はないけど、一番違うのは、グラフィックカード。Photoshopは、GPUを積んでないでちょっと厳しい!!

>>グラフィックカードに関しての情報はこちら

Photoshopの代替ソフトは?

Photoshopは欲しい。でもやっぱり高い!から、ほかの代替ソフトを選びたいという人もいますよね?なので、ここでは、Adobe社の代替ソフトと他社の代替ソフトをご紹介します。

モバイルソフト

Photoshopには、モバイル系のソフトもあります。

アプリ名 対応OS 用途
Photoshop Camera ・iOS
・Android
Photosopで加工したような写真が簡単に撮影できる
Photoshop Express ・iOS
・Android
・Windows
オールインワンの画像編集に加えてコラージュもできる
Photoshop Fix ・iOS
・Android
画像の修復、明るさ、色やゆがみの調整
Photoshop Mix ・iOS
・Android
合成や色調補正などの簡単画像編集
Photoshop Sketch ・iOS
・Android
イラスト描画ツール
Photoshopほど本格的に使うわけでもなく、買切り版とはいえ、お金のかかるElementsでもない。という人で、SNSにアップするときにちょっと使ってみたい!という人にオススメ

 

Photoshopの代替ソフト・おすすめ10選

無料で使えるPhotoshopの代替ソフトは、他社からもかなり出ています。ちょっと表にまとめました。リンクも貼ったので、こちらも興味がある人は試してみて!

ソフト名 対応OS 料金 日本語対応は?
GIMP Win/Mac/Linux 無料 あり
PIXLR Web 無料 あり
Seashore Mac 無料 なし
Paint.net Win 無料 あり
PIXER.US Web 無料 なし
FotoFlexer Web 無料 なし
SUMO Paint Web 無料 なし
INKSCAPE Win/Mac/Linux 無料 なし
Canva Web/iOS/Android 無料 あり
Pixelmator Pro Mac 4,900円
(無料体験版あり)
あり

↓各ソフトについては、こちらのサイトで詳しく説明しています。

 

結論・おすすめはフォトプランかコンプリートプラン

いかがだったでしょうか?ここまでの調査結果として、もしPhotoshopを購入したいなら、フォトプラン一択だと思います。

フォトプランがおすすめの理由

フォトプラン

その理由は、ズバリ金額です。

Photoshop以外にLightroomCCとLightroomClassicが使えて、さらにストレージ(20GB)付きで、月額1,078円という不思議(笑)な料金体系です。

これを利用しない手はない!

正直、フォトプランがあるのに、Photoshop単体で契約する人は、ほぼいない(笑)と思ってます。

>>Adobeフォトプランを7日間無料体験してみる

コンプリートプランがおすすめの理由

AdobeCCコンプリートプラン

次に、Photoshop以外のソフトも使いそうなら、コンプリートプランが一番お得なことは間違いありません。

もちろん通常で買うと、月額6,428円なので、それなりの出費です。

でも、デジハリなどAdobe社が推奨しているスクールパートナープログラムなら、最安で年間39,800円。月額にすれば、3316円。ほぼ半額の48%オフ!!

それで、全部のソフトが、常に最新バージョンで使えるなら、もう絶対そっちの方がお得だと言わざるを得ません。

>>AdobeCCコンプリートプランを7日間無料体験してみる

Photoshopの値段は?一番お得に安く買う方法・まとめ

以上、Photoshopの値段は?一番お得に安く買う方法。買切り版は?ということでお伝えしました。
まとめると

Photoshopの正規の値段は?
●Photoshopの正規の値段は月額2,728円
●Photoshop単体で契約するよりフォトプランがおすすめ

 

Photoshopをもっと安く買う方法3選
●アドビ公式の割引セール
●Amazonの割引セール
●アドビ提携スクールの割引キャンペーン

 

Photoshopの買い切りソフトは?
●Photoshop Elements
●Elementsは買っても損はないけど、キャリアにはならない。
●システム要件に満たない場合は、Elementsの選択肢もあり

 

Photoshopの代替ソフトは?
●モバイルソフト
①Photoshop Camera
②Photoshop Express
③Photoshop Fix
④Photoshop Mix
⑤Photoshop Sketch
Photoshopの代替ソフトは?
●他社の代替ソフト
① GIMP
② PIXLR
③ Seashore
④ Paint.net
⑤ PIXER.US
⑥ FotoFlexer
⑦ SUMO Paint
⑧ INKSCAPE
⑨ Canva
⑩ Pixelmator Pro

 

結論・おすすめはフォトプランかコンプリートプラン
●フォトプランがおすすめの理由は不思議な料金体系
●コンプリートプランがおすすめの理由は、スクールパートナープログラムだと48%オフで、全部のソフトが使えるから

 

でした。

PhotoshopやAdobe CCが、良いサービスなのはわかるけど、どうしても料金が気になりますよね?

わかります。その気持ち(笑)。

なので今「どうしようかなぁ」と迷っている人に、今回の記事が参考になったら嬉しいです。

Photoshopを体験する

Adobe CCコンプリートプランを体験

今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

動画制作や映像・撮影機材・Adobe製品の専門メディア『VideoLab』

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事