「もう、動画ファイルってサイズがデカ過ぎ」
「PCもクラウドもパンパンだ~」
という方はいませんか?

そこで、今回の記事では、評判のソフト『VideoProc』を使って、動画を素早くコンパクトに保管する方法をご紹介します。画質はそのままにサイズが1/4近くになることもありますよ~!

スポンサーリンク

VideoProcの使い方・動画ファイルを圧縮する秘密は?

サイズダウンの秘密は「HEVC形式」への変換。

な~んだ知ってるという方も多いことでしょうが、これが数クリックで出来てしまうとどうでしょう?そう、ポイントは「手軽に動画変換ができる」ということなんです。

動画を圧縮する秘密はHEVC変換

HEVC変換

まずは、HEVC形式について概要をおさえておきましょう。

HEVCとは動画の圧縮形式=コーデックのことです。では、コーデックによってどのくらいファイルサイズが違ってくるのでしょうか?

上の動画の種類による比較表をご覧ください。DVDのコーデックはMPEG2。このサイズを仮に100としておきます。次に一般的な動画ファイルはのコーデックはh.264DVDと同じ画質でほぼ半分になるとされています。

そして、今回のHEVCのコーデックはh.265という新しい圧縮形式。目安のファイルサイズは、動画の内容によるものの同画質での比較でDVD1/4にもなるとされています。とても効率的な形式であると言えると思います。

ポイント
HEVCのコーデックは『h.265』という新しい圧縮形式。目安のファイルサイズは、動画の内容によるものの同画質での比較でDVDの1/4にもなる

簡単な使い方で動画圧縮をできるVideoProcとは?

VideoProc

そのHEVCに、動画ファイルを簡単に変換できるソフトがあります。

それが、今回ご紹介する『VideoProc(ビデオ・プロック)』です。

VideoProcは、動画変換、DVD変換、動画保存、PC画面録画と多機能ビデオ処理ソフトで、WindowsMacの両方に対応しています。

このソフトには、無料版と有料版があります。無料版では、扱える動画が5分までなど、機能に制限があるので、注意が必要です。キャンペーン期間中であれば4,0006,000円程度で購入できます。

VideoProcの主な4つの機能
●ビデオ=動画編集機能
●DVD=動画のファイル変換
●ダウンロード=ダウンロード機能やYouTube&twへのアップロード動画圧縮
●録画=ライブ録画、メイキング録画、ゲーム実況など、PC画面録画と多機能ビデオ処理
商品の特徴
●WindowsとMacの両方に対応
●有料版と無料版がある
●キャンペーン期間中に購入すると4,000〜6,000円
\購入チャンス! 6/1〜夏キャンペーン開催中/

 

VideoProcの使い方・動画圧縮の手順

それではVideoProcでできる動画変換の方法を、実際の動画を変換しながら見ていきましょう。

使い方❶ 変換したい動画を準備

動画を変換1

使い方の手順 まとめ❶
●まず、トップ画面の4つのアイコンの中から「ビデオ」を選び、動画変換ツールを立ち上げます。
●上部メニューにある「ビデオ」から、変換したい動画を選択します。
●すると、ツール画面に、選択した動画が表示され、読み込みが完了します。
●この画面でから読み込んだ動画のコーデックや解像度、長さも確認できます。

 

動画を変換2

 

さらに動画アイコンの横にある「i」ボタンをクリックすると、より詳細な動画の情報が表示されます。

 

動画を変換3

 

今回のサンプル動画は、長さ=357秒、解像度=フルHD、形式=MP4h.264)、ファイルサイズ=297MiB(※)でした。

完了を押すと元に戻ります。

使い方❷ 変換したい動画形式を選ぶ

続いて、最下部のタブの中から「ビデオ」を選択します。

※MiBとは…メビバイト。二進数を利用してデータ容量のサイズを表すための単位。MB(メガバイト)と大きな差は出ないのでここではソフトの仕様のまま表記しています。

動画を変換4

 

すると、様々な動画の形式が表示され、変換後の形式を選ぶことができます。

形式には、MP4h.264)やWMVWMV2)、Youtube用やFacebook用、スマホ用、さらには4Kの形式などがあり、動画の用途に対応しています。今回はこの中からMP4HEVC)を選びます。

 

動画を変換5

 

すると丈夫の動画の情報欄の右側に、変換後の情報が表示されます。コーデックとしてHEVCが使用されることになったことがここで確認できます。

使い方の手順 まとめ❷
●最下部のタブの中から「ビデオ」を選択
●動画の形式が表示されるので、変換後の形式を選ぶ
●形式には、動画の用途に対応して、MP4(h.264)やWMV(WMV2)、Youtube用やFacebook用、スマホ用、さらには4Kの形式などがある
●上部の動画の情報欄の右側で、変換後のコーデックとしてHEVCが使用されることになったことを確認する

使い方❸ 詳しい書き出し設定もできる

動画を変換6

このまま書き出してもいいのですが、さらに、右端にある「オプション」というアイコンをクリックするとプロファイルのページでより詳しい書き出し設定をすることもできます。

ビデオコーデック欄にあるフレームレート、解像度、アスペクト比の3項目を「元と同じ」にしておくとよいでしょう。

変換したい形式が決まったら、次は変換後の動画の保存場所を設定します。右下部分にある「出力フォルダ」の項目から、自分の保存したい場所のフォルダを選択します。

すべての設定が完了したら、右下部分にある「RUN」ボタンを押すと変換が開始されます。

使い方の手順 まとめ❸
●変換したい形式と変換後の動画の保存場所を設定
●「出力フォルダ」から、自分の保存したい場所のフォルダを選択
●設定が完了したら「RUN」ボタンで変換を開始

VideoProcの使い方・動画圧縮の評価は?

変換が完了する時間は、動画の長さや変換したい形式によって変わってきます。ですので、理論通りにいく場合と、そうでない場合もあります。

VideoProcの書き出しスピードは?

今回、VideoProcを使ってみた結果は、357秒の動画を53秒で変換・書き出しすることができました。

このソフトは、書き出しが非常に速いこともアピールポイントにしていますが、なかなかのスピードだと思います。

 

VideoProcの書き出しスピード

 

変換が無事に完了したら、自動的に保存場所のフォルダが開かれるので、実際に再生して確認しましょう。

以上で動画変換の作業は終了となります。

VideoProcの動画圧縮は、評判通りだった!

では、どのくらいサイズを小さくすることができたのでしょう。

今回のサンプル動画は、形式=MP4h.264)、ファイルサイズ=297MBでした。こちらをHEVC形式に変換した結果は79.0MB。なんと1/4近くサイズダウンすることができました。

VideoProcの動画圧縮データ

 

再生して確認しても画質はしっかりキープされています。

 

VideoProcの画質が良い

今回、実際に使ってみて、これはとても画期的だと感じました。

長期保存の必要がある動画はこの方法でコンパクトに収納すれば、HDDやクラウドのコストダウンにもつながるのではないでしょうか。

そして、この方法は、動画ファイルだけではなく、DVDの保存にも使えます。その方法はまた次回のレビューでお伝えします!

VideoProcの動画圧縮機能以外にも注目

今回使用したVideoProcは、動画の変換以外にも、動画の簡単な編集、PC画面のキャプチャー、webカメラの録画・録音など様々な機能をもっています。

実際に使ってみた感想としては、色々な用途に使えるので、便利だな、と思いました。ちょっと詳しくは書けないけど、動画圧縮のダウンロード機能も、ほかのソフトにはない特色をもった機能です。

VideoLabでは、そのほかの機能についても、順次レビューしていきます。VideoProcには、無料版もあるので、一度試してみてください。

4大機能を一本のソフトに凝縮

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事