高機能で使いやすく、他のAdobe製品と一緒に使うと非常に便利なAdobe Stock(アドビストック)。

そんな使いやすいAdobe Stockを、なんとか無料で使いたいですよね。

そこでこの記事では、Adobe Stockを無料で利用する方法と体験版の使い方についてご紹介していきます。

Adobe Stockを無料で利用する方法は?

まずは、Adobe Stockを無料で利用する方法についてご紹介していきます。

Adobe Stockを無料で利用するには、無料体験版しかない!

Adobe Stockは素材を購入することで、使用許諾の範囲内であれば商用利用も自由な画像を手に入れることができるサービスですが、基本的には素材の購入は有料になります。

しかし、無料体験版を利用することで、期間内であれば無料で素材を利用できます。

この無料体験版にはいくつか種類がある上に、利用期間も定められていますので、次は無料体験版の種類についてご説明していきます。

 

Adobe Stockで画像を無料で10枚利用する方法!

Adobe Stockの無料体験版には、2種類のプランがあります。まずは、無料で10枚利用できる無料体験版のプランについてご説明します。

画像を10枚無料で利用するには、「3,480円/月(通常アセット10点/月)」プランの1ヶ月無料体験版を利用する方法があります。

このプランは通常時、1ヶ月で10点の素材を利用できるプランですので、無料体験版を利用することで1ヶ月で10点の画像を無料で利用することができます。

 

Adobe Stockで画像を無料で40枚利用する方法!

Adobe Stockで画像を無料で40枚利用するには、「9,480円/月(通常アセット40点/月)」プランを利用する方法があります。

このプランは先ほどのプランより値段が高い分、1ヶ月で40点の素材を利用できるというプランです。

無料体験版を利用するだけなら、上記のどちらのプランを利用しても無料ですので、こちらのプランを選んで無料体験版を利用するほうが格段にお得になります。

 

Adobe Stockの体験版はこちらから!

Adobe Stockの無料体験版の使い方は?

それでは次に、Adobe Stockの無料体験版の使い方について見ていきましょう。

まずはアカウントを登録しよう!

Adobe Stockの無料体験版を利用するには、まずアカウント登録が必要です。

Adobe Stockの公式ホームページを開いてアカウントの登録をしましょう。

アカウントの登録には名前・アドレス・パスワード・生年月日などが必要になりますので、必要事項を入力して登録を行います。

 

無料体験版のプランを選ぼう!

アカウントの登録が完了したら、加入する料金プランを選択します。

Adobe Stockの料金プランは、年間プランや月々プランがある他、月間で利用できる通常アセット数によって細かく分かれています。

ここで注意が必要なのが、無料体験版が利用できるのは、年間プラン(月々払い)の、

 

「3,480円/月(通常アセット10点/月)」

「9,480円/月(通常アセット40点/月)」

 

以上の2つのプランのみです。

他のプランは無料体験版が存在しませんので、注意して選びましょう。

 

無料体験版で画像を入手しよう!

プランを選択して登録が完了したら、実際に画像を入手してみましょう。

Adobe Stockではアプリケーション版からの利用も行えますが、この記事ではWeb版からのダウンロード方法についてご説明します。

まずはAdobe Stockの公式ホームページを立ち上げます。

ホームページ上部に検索窓が表示されますので、入手したい素材のキーワードを入れて検索をかけ、一覧の中から目的の画像を選択します。

すると保存の項目が出ますので、保存先を参照して確定するだけで、素材データの入手が完了します。

 

無料体験版は途中解約しても料金がかからない!

無料体験版は、無料体験期間中であれば途中解約をしても料金が発生することはありません。

無料体験版の期間は、ご紹介した2つのプランどちらとも「1ヶ月」となっています。

画像を無料で利用できる枚数はプランによって決まっていますので、無料体験期間を過ぎてしまって自動更新が行われる前に、所定の枚数の画像を入手して早めに解約をしておくことをおすすめします。

 

Adobe Stockが他の素材サイトより優れている点は?

次に、Adobe Stockが他の素材サイトより優れているポイントについてご説明します。

作業をしながら画像検索がしやすい!

他の素材サイトだと、画像検索を行う際は今作業をしているアプリを一時中断して、Webを立ち上げる必要があります。

しかし、Adobe Stockは、Adobeのアプリで作業をしている場合、アプリ内のライブラリ機能を使うことで、作業しているアプリ内で画像検索からダウンロードまでを行うことができます。

いちいち別のウィンドウを開く必要が無く、同一のアプリ内で作業が完結するのは非常に便利な点です。

 

グループ内での素材の共有が簡単!

一度ライセンスを取得した画像は「ライセンス取得済」と表示され、同一のグループのメンバーであれば同じ画像を利用できます。

また、複数人でライブラリを共有しておけば、リアルタイムにデータの共有を行うことができます。

これらの機能は、複数人のチームで作業をすることの多いクリエイターにとってはとても便利な機能になっています。

 

データ内の画像や素材の差し替えが簡単!

他の素材サイトを利用していてよくあるのが、作業の途中で画像の差し替えが必要になった時に、画像番号を控えるのを忘れていてまた画像検索をやり直して探す、、という状況です。

ところがAdobe Stockでは、Adobeの他のアプリを使っているときに画像を差し替えたい場合、アプリ上で「ライセンス取得」の項目をクリックするだけで簡単に差し替えることができます。

一から画像を探す手間が省け、さらに元の画像にしていた加工もそのまま新しい画像に適用されます。

 

Adobe Stockの代わりとなる無料素材サイトを紹介!

次に、Adobe Stockの代わりとなるような、他の無料素材サイトをご紹介します。

Unsplash

Unsplashは、約20万点の素材が掲載されている海外の素材サイトです。

海外サイトなので英語表記になっていますが、プロの写真家が撮影した素材が多く掲載されており、ブログのアイキャッチ画像にピッタリな画像を探すことができます。

https://unsplash.com/

 

Pixabay

Pixabayは、160万枚以上の無料素材をダウンロードできる有名素材サイトです。

アイキャッチ画像に使用するようなテイストの画像が多くあり、膨大なデータベースの中から素材を選ぶことができます。

Pixabayは商用利用が可能なほか、会員登録も不要ですので、気軽で簡単に画像の入手ができます。

https://pixabay.com/ja/

 

photoAC

ユーザー投稿型の素材共有サイトであるphotoACは、日本最大級の素材サイトになります。

人物系の素材が多い印象のサイトですが、食べ物や動物など幅広いジャンルにも対応しています。

クリエイターベースでの検索ができるので、気に入ったクリエイターを見つけてクリエイターから素材を探していくこともできます。

https://www.photo-ac.com/

 

skyseeker 

こちらのサイトは少し変わり種となりますが、美しい空や雲の画像専門の素材サイトです。

空や雲は素材として高頻度で使用しますので、たくさんの空と雲の素材が用意されているこちらのサイトは、とても重宝します。

どれも目を引くような美しい素材ばかりなのが、こちらのサイトのおすすめポイントです。

https://www.skyseeker.net/

 

まずはAdobe Stockの無料体験版を試してみよう!

ここまでAdobe Stockを無料で利用する方法や、無料体験版などについてご紹介してきました。

Adobe Stockの無料体験版では、1か月間無料で画像の入手が可能ですので、ぜひ一度無料体験版を試してみてはいかがですか?

Adobe Stockの体験版はこちらから!

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事