AdobeといえばPhotoshopやillustratorといった製品が有名ですが、Adobeからはさまざまな分野の専門アプリケーションソフトが何十種類と提供されています。

そこで今回は、たくさんの種類があるAdobeソフトの中から、おすすめのソフトを一覧にしてご紹介していきます。

Adobeデスクトップアプリ(ソフト)一覧

まずはAdobeのデスクトップアプリを一覧でご紹介していきます。

これからご紹介するアプリは全てAdobe CCに含まれていますので、Adobe CCの契約をすれば全てのソフトを利用できます。

 

【Adobeの2大定番ソフト!】Photoshop(フォトショップ)

最も有名なソフトの一つ、Photoshop。

画像編集からレイアウト、Webデザインまでをこなす万能ツールです。

特に画像編集機能に優れており、画像の切り抜きや合成など画像編集のほとんど全ての作業をこなせる万能な製品です。

 

【Adobeの2大定番ソフト!】illustrator(イラストレーター)

こちらも超有名デザインソフトの一つ、illustrator。

Photoshopがビットマップ方式と呼ばれる画像形式を採用しているのに対して、illustratorは拡大しても画像が荒くならないベクタ方式を採用しています。

また、雑誌やポスターなど紙面印刷物のレイアウトにも向いています。

 

【写真の加工も一覧表示もできる!】Lightroom(ライトルーム)

Lightroomは、Photoshopよりも写真編集に特化しており、写真を綺麗に美しく加工できます。

またPhotoshopには無い、画像を見やすく整理できるアルバム機能が備わっているのも大きな特徴です。

 

【ショートムービー制作ソフト!】After Effects(アフターエフェクト)

After Effectsは、その名の通り動画や画像にエフェクトをかけることのできるソフトです。

動画や画像どうしに合成処理をかけたり、VFXを作ることができます。

ショートムービーの作成が得意な動画制作ソフトです。

 

【動画編集の定番製品!】Premiere Pro(プレミア プロ)

動画編集の世界で知らない人はいないであろうクリエイターソフト、 Premiere Pro。

このソフトは先ほどのAfter Effectsとは違い、動画を切り取ったり動画どうしをつないだりできる動画編集ソフトです。

動画にテロップを入れることもできるので、YouTube用の動画制作にもおすすめの製品です。

 

【PDF編集ならこのソフト!】Acrobat Pro DC(アクロバット プロ ディーシー)

Acrobat Pro DCはPDFの作成や編集ができ、ビジネスシーンで活躍する製品です。

このソフトと間違われやすいAcrobat ReaderはPDFの表示や印刷しかできません。

無料で配布されているAcrobat Readerとは違い、Acrobat Pro DCは有償ソフトですが、PDFの文字化けやレイアウト崩れすることなくPDFの作成や編集ができます。

 

【アニメーションがつけられる!】Character Animator(キャラクター アニメーター)

Character Animatorは、文字通りキャラクターにアニメーションをつけるソフトです。

Photoshopやillustratorで作成したキャラクターに、Webカメラを通して自分の動きをアニメーションとしてつけることができます。

 

【Webアニメーション制作ソフト!】Animate(アニメイト)

Animateは、webアニメーションの制作ができるアニメーションソフトです。

イラストの作成からアニメーションの付与までを行うことができ、Web上で動作するコンテンツを自由に作成できます。

 

【紙面レイアウトはこのソフト!】InDesign(インデザイン)

InDesignは、雑誌などの冊子のデザインができるソフトです。

印刷物のレイアウトはillustratorも得意ですが、ページをまたいだ編集はこちらのInDesignに軍配が上がります。

枚数の多い紙面のデザインが得意なので、出版業界や広告業界で多く使われています。

 

【Adobeのオーディオ編集ソフト!】Audition(オーディション)

Auditionは、オーディオファイルの編集ソフトです。

音源を取り込んで編集やミキシングに加え音程の調節などもでき、オーディオ編集の一連の作業ができる製品です。

 

Adobeモバイルアプリ(ソフト)一覧

次に、モバイル版のアプリを一覧でご紹介します。

【Photoshopのモバイルアプリ!】Photoshop Mix(フォトショップ ミックス)

画像の切り抜きや合成ができるアプリです。

デスクトップ版の簡易バージョンのようなアプリで、作業途中のデータをデスクトップ版の製品で引き継ぐことができます。

 

【写真加工ならこのアプリ!】Photosop Fix(フォトショップ フィックス)

簡単な写真加工が行える写真編集アプリです。

明るさやカラーを調整でき、簡単な写真の合成や切り抜きが可能です。

高度な編集はできませんが、モバイルアプリ製品としてはかなり優秀です。

 

【Adobeのお絵描きアプリ!】Photoshop Sketch(フォトショップ スケッチ)

ビットマップ形式のお絵描きアプリです。

出先でも簡単に手描き感覚の描画が行えます。

質感やテクスチャも選択することができ、デスクトップ版の製品で本格的に仕上げることもできます。

 

【lightroomのモバイルアプリ!】Lightroom モバイル版(ライトルーム)

Lightroomの簡易モバイル版のアプリです。

豊富なプリセットが用意されているので、ワンタップで自由にフィルターをかけて画像を加工できます。

出先で撮ったばかりの写真を、簡易的に加工してみるのにおすすめです。

 

【Adobeの便利アプリ!】Chapter (チャプター)

目の前にある色やテクスチャを写真で撮ることによって抽出できるアプリです。

ブラシやベクターシェイプを作成でき、Photoshopやillustratorなどで使うことができます。

 

Adobeのソフト一覧まとめ

ここまで、代表的なAdobe CCのソフトを一覧でご紹介してきました。

ここで紹介したソフト以外にもまだ多くの種類の製品がありますので、ぜひ一度Adobe CCを利用して、様々な便利ソフトを使ってみましょう。

 

あなたはその編集ソフトで満足してますか?

Youtuberから映画制作の現場まで、ほとんどの編集者が使用している動画編集ソフトがAdobeのPremiere Proです。直感的でわかりやすい操作性でありながら、その表現の幅は無限大。Premiere Proを使う最大のメリットは、インターネット上に多くの情報が存在することです。使用者が多いため、わからないことや編集テクニックなどはすべてWebサイトやYoutubeに載っています。Premiere Proを使えば、あなたの動画のクオリティも向上すること間違いないでしょう。まずは、体験版でその価値を試してみませんか?

おすすめの記事